『エール』第23週111話あらすじ・ネタバレ感想!すれ違いの恋を描いた『君の名は』誕生はハプニングのおかげ?

『エール』第23週111話あらすじ・ネタバレ感想!すれ違いの恋を描いた『君の名は』誕生はハプニングのおかげ?

出典:『エール』公式ページ

社会現象まで起こしたラジオドラマ『君の名は』は、二郎(北村有起哉)や裕一(窪田正孝)、NHKのスタッフ陣で作り出したものでした。

大ヒットに至るまでの道のりはハプニングの連続!

トラブルに躍起になる二郎、知恵を絞る裕一、そして朝ドラおじさんが…。

『エール』見逃し動画配信フル無料視聴!朝ドラ1話から配信でイッキ見!主演に窪田正孝が抜擢された話題作を見る

『エール』前回第22週110話のあらすじと振り返り

林檎農家・畠山(マキタスポーツ)の一人娘、まき子(志田未来)に恋をした浩二(佐久本宝)。

しかし彼女は戦死した恋人が忘れられず、親の意向で東京へ行くことに…。

しかもその期限が早まったことで畠山家が親子喧嘩をしているところに出くわした浩二は、まき子のためを想い「自分の幸せを考えて」と言いますが、彼女には反論されてしまいます。

彼女のためを思って言った言葉で嫌われてしまったと落ち込む浩二。

本当はまき子は引き留めてほしかったんじゃないかと音(二階堂ふみ)に言われるも、浩二はお互いの立ち位置を考えた時にこれ以上、踏み込んではいけないと言います。

頭に来た音は「グダグダ言わない!」「やらないで後悔するより、やって後悔する方がいい!」という父・安隆(光石研)の受け売りの言葉を言い放ちます。

これに心を動かされた浩二はまき子に告白。

浩二が畠山家に嫁ぐという形で、2人はめでたく結婚するのでした。

【ネタバレ】『エール』第23週111話あらすじ・感想

一大ブームを巻き起こしたラジオドラマ『君の名は』はこうして生まれた

昭和23年。

民間情報教育局(CIE)の口出しがなくなり、好きな作品が書けると喜んだ二郎(北村有起哉)の渾身の1作『君の名は』は、当初は真知子と春樹という2人の人物がすれ違い続ける恋物語ではありませんでした。

KAMUIKAMUI

収録の際、春樹役が良いお声…三木眞一郎さんって…名声優が降臨!これには驚きました。

佐渡、志摩、東京、3家族の日常を同時に描こうと決めた二郎。

重森(板垣瑞生)が予算がかかると反対するも二郎は「新しいことを否定するのはNHKの悪い癖だぞ…」と言い、半ば強行突破で製作が開始。

そしてある日、出演者が倒れて収録に来られない、子供たちはおたふくというトラブルに見舞われてしまい、二郎が急いで原稿を書き直すことになります。

その場にいるのは真知子と春樹の声を当てている2人だけ。

収録などできない状況になるも、二郎が無理矢理シナリオを捻じ曲げ「会わない恋愛ドラマを作る」と言い出したのです。

「会いに行くけど会えない!すれ違おう!」と言い、3家族のドラマを画期的に変えてしまったのです。

この切ない展開がずっと続いたことで『君の名は』は多くの人の心を惹きつけたのでした。

KAMUIKAMUI

二郎の想像力の豊かさですよ。画期的だと自分に言い聞かせるところに作家根性を感じました。

作品で多くの人を魅了した二郎(北村有起哉)の疑問に裕一(窪田正孝)は…

『君の名は』が大ヒットを博し、後にテレビドラマ化を果たすと「真知子巻き」というファッションがさらなるブームを巻き起こします。

音で全てを表現しなくてはいけないラジオドラマの現場では惚れ薬の瓶のふたを開ける音や、音を出さずに抜き足差し足というト書きがあり、技術の春日部(日村勇紀)は頭を抱えます。

すると、裕一(窪田正孝)は知恵を絞り、オルガンで音をさらに足して見事な効果音を作り出していったのでした。

KAMUIKAMUI

朝ドラ『エール』の土曜の総集編に出てくる朝ドラおじさんこと日村勇紀さんがここで登場するのはビックリでした。しかもめちゃくちゃ馴染んでいるという…すごいです!

そうして作品がヒットする中で二郎は「仕方がなくやったことがこんなにウケて良いのだろうか」と心中を漏らします。

これに対して裕一も自分の考えを、自身の過去を交えて答えるのでした。

昔は自分の曲ばかり求めていたが、今は音楽に身をゆだねていると…。

最近ではすれ違いドラマと言われている『君の名は』。

二郎はそれを格調高くするため、冒頭に1文入れることを決意します。

そんなことしなくても、二郎の作品はすごいのにと裕一が言うと「俺の作品じゃない。俺たちの作品だ」と、二郎は嬉しいことを言ってくれます。

ラジオドラマ『君の名は』は、昭和29年4月まで続き、その間裕一は500曲もの音楽を作り上げるのでした。

KAMUIKAMUI

1年越えの大作!しかもこれは作り話ではなく、本当に日本で起きた出来事。二郎と裕一のすごさがわかります。厳密には菊田一夫・古関裕而のコンビですがね…。

音(二階堂ふみ)はラジオドラマに浸り、華(古川琴音)は夢を叶える

木曜の8時には銭湯から女性客がいなくなるという都市伝説まで作った『君の名は』。

音(二階堂ふみ)や華(古川琴音)もこのラジオを聞いているのですが、その反応は真逆です。

「またすれ違うの?」と冷ややかなツッコミを入れる華に対し「ちょっと待って今いいところなんだから!」と言ってその切なさに胸をキュンキュンさせる音。

また、二郎から高級なカステラを貰うと音は大喜び。

枕の上にカステラを置き、裕一が手を出そうとすると眠りながらにしてこれを死守するのでした。

KAMUIKAMUI

この仕事で1番喜びを感じているのは間違いなく音ですね!

そして華は、看護学校を無事卒業し、念願の看護婦さんになるのでした。

『エール』第23週111話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

裕一の活躍の場が二郎の登場によりどんどん大きくなっているのがよくわかります。

そして、やりたいことが見つかるかなあと悩んだこともあった華が看護婦さんを目指し見事その夢を叶えたのはとっても嬉しいことですね。

しかしながら、第23週のタイトルは「恋のメロディー」。

そろそろ華にもまた恋の話がやってくるのでしょうかね?

その時、裕一は正気を保っていられるのか…ここに注目していきたいです!

『エール』見逃し動画配信フル無料視聴!朝ドラ1話から配信でイッキ見!主演に窪田正孝が抜擢された話題作を見る

▼次回第23週112話も続けて読む▼