『アンサング・シンデレラ』第3話あらすじ・ネタバレ感想!透析を受ける教師が薬を飲まない理由とは

『アンサング・シンデレラ』第3話あらすじ・ネタバレ感想!透析を受ける教師が薬を飲まない理由とは

出典:『アンサング・シンデレラ』公式ページ

萬津総合病院に入院することになった小学校教師の新田(浅利陽介)。

葵(石原さとみ)とくるみ(西野七瀬)が彼の持っている薬を確認すると、日付の古いものや半分に割っているものが見つかります。

新田はきちんと薬を飲んでいないようでしたが、そこには彼なりの事情がありました。

ずさんな薬の出し方をした薬剤師に疑問を抱いた葵は、新田が薬を受け取っているドラッグストアに話を聞きに行きます。

その店の薬剤師はなんと小野塚(成田凌)でした。

葵は薬剤師としての考え方を小野塚に問いますが、小野塚はつれない態度で病院薬剤師を敵視しているようでした。

そんな時、病院から抜け出した新田が向かった先とは…?

▼動画の無料視聴はこちら▼

『アンサング・シンデレラ』前回第2話のあらすじと振り返り

病院薬剤師の葵みどり(石原さとみ)と相原くるみ(西野七瀬)が病室を回っていると、骨折で入院している大宮(小林隆)と見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)が何やら揉めていました。

2人は親子だと言いますが、何やら事情がありそう。

大宮は普段服用している薬はないと言いますが、突然トイレの前で倒れ意識不明になってしまいます。

何か隠していると踏んでいた葵は麻利絵と共に飲んでいる薬を突き止めようと奔走します。

一方、クールキャラの主任・刈谷(桜井ユキ)は、息子がマイコプラズマ肺炎になるも、薬を飲んでもらえないシングルマザーと出会います。

薬剤師としての性格が正反対の葵と刈谷ですが、患者のことを思う気持ちは同じ。

2人は衝突しながらも、協力し合い患者と向き合っていくのでした。

【ネタバレ】『アンサング・シンデレラ』第3話あらすじ・感想

紙袋に入った大量の薬

萬津総合病院救急センターに小学校教師の新田(浅利陽介)が運び込まれてきます。

新田は腎機能障害があり人工透析を受けている患者です。

葵(石原さとみ)とくるみ(西野七瀬)は瀬野(田中圭)の要請で手伝いに入りますが、くるみは救急のスピードについていけず落ち込みます。

意識を取り戻した新田は大丈夫だと言って入院を拒否しますが、葵がなんとかなだめて入院させます。

その後、彼が飲んでいる薬を確認すると、大量の薬を紙袋にまとめて持っており、中には日付が古いものや半分欠けているものなどが混ざっていました。

調剤室は今日も大忙し。

販田部長(真矢ミキ)は産休が明けるスタッフが戻ってくることを期待していましたが、彼女はドラッグストアに転職になったと聞かされます。

moyokomoyoko

病院薬剤師は忙しさの割に報酬が少なく、ドラッグストアは夜勤がある分高収入が見込めるのだそうです。薬剤部にさらに人を入れないと、皆疲れ果てて辞めてしまうことになります!

ドラッグストアの薬剤師

半分欠けている薬剤は、半分に割って処方してはいけないものでした。

葵はいつも新田が薬を受け取っているドラッグストアに電話で問い合わせをしますが、電話の向こうの薬剤師は白けた態度を取り、話の途中で電話を切ってしまいます。

葵は直接話を聞くため夜にドラッグストアに向かいます。

そこにはなんと葵が行きつけの中華料理店で顔を合わせる小野塚(成田凌)が働いていました。

小野塚は、なんと薬剤師だったのです。

moyokomoyoko

今まで自分が薬剤師だということを隠していたのは何故でしょうか?

葵は彼が薬剤師だということを隠していたことや電話の対応に憤りを感じますが、小野塚も病院薬剤師に対して良い感情を持っていない様子でした。

新田はドラッグストアでは調剤業務だけではなく、商品管理などの仕事もあり患者一人一人に気を遣っていられないと言います。

理想と現実

小野塚によれば、新田は透析クリニックの帰りに夜の11時に開いているこの店にやってきて、薬と共にカップ麺と栄養ドリンクを6本買って帰るといいます。

腎機能障害がある新田にとって、栄養ドリンクを大量に飲むのは命取りです。

しかし、小野塚は自分にそれを止める権利はないといいます。

葵はせめてきちんと薬を出すように訴えますが、小野塚は時間のない人に時間を作れとは言えず、薬の在庫がなければとりあえずあるものでまかなうことが必要な時もあるのだと、ドラッグストアの現状を語ります。

「病院の外でもそっちの理想振りかざしてんじゃねぇよ」

しかし、小野塚の家には救急認定薬剤師のテキストが積まれていました。

moyokomoyoko

彼には夢があったものの、それを追い求めるのを諦めてしまったようです。

仕事最優先

葵は、あんな薬剤師に新田を任せるわけにはいかないと、新田に薬局を変えるように提案します。

しかし新田は透析のために仕事を残しているので、透析がない日は残業をしなければならず、夜中に空いている店で処方してもらうしかないのだと言います。

新田は以前休職して入院をした時、治療しかない日々の中でなんのために命を繋いでいるのかわからなくなってしまい、それから仕事最優先にすることにしたのです。

しかし今のやり方では長続きはしません。

葵はこの機会に生活の改善のための助言をしようとしますが、新田は会ったばかりの人にとやかく言われたくないと葵の提案を拒否します。

moyokomoyoko

でも新田は病院でも薬を隠してきちんと飲んでいない様子で、具合が悪そうです。大丈夫でしょうか?

患者がして欲しいことをやれ

小野塚に返り討ちに遭い、新田にも放っておいてくれと言われた葵は自分のやり方は間違っていたのかと落ち込みます。

「お前のやり方なんてどうだっていいだろ。お前がしたいことじゃなくて患者がして欲しいことをやれよ」

瀬野にそう諭された葵は、新田から預かった薬を改めて検証してみることにしました。

moyokomoyoko

待ってました!カッコイイ瀬野さん登場です!ツンデレ副部長、クセになりそうです。

その結果、新田はある薬を飲んでいないことがわかりました。

調べてみると、副作用に吐き気があるとのこと。

葵は、新田が入院した直後に、先生の様子を知りたがった児童がいたことを思い出しました。

彼は、新田のことを「ゲロゲロ先生」と言っていました。

もしかすると、新田は副作用を恐れて薬を飲んでいないのかもしれません。

するとその時新田がベッドからいなくなっていることが判明します。

運動会

葵は小野塚に連絡をして協力を頼みますが、断られてしまいます。

しかし、小野塚は夜中に商品陳列をしてつけたポップで近所の小学校で運動会があることを思い出し、小学校に急ぎます。

そこで新田が倒れているのを発見し、救急車を呼びました。

小野塚は新田の無事を確認するまで病院で待っていました。

そんな小野塚を見て瀬野は、後輩にドラッグストアのことを教えてくれたお礼にと近隣の薬剤師を集めた勉強会に彼を誘います。

しかし、小野塚は「俺はあんたたちとは違う」と言って誘いには乗りませんでした。

moyokomoyoko

小野塚は通報した時に手が震えて何もできなかった自分に不甲斐なさを感じているようです。しかし、救急隊員に正確な情報を伝えるなど、きちんと勉強をしているようでした。

理想の教師

葵が新田にどうして薬を飲まなかったのかと聞いてみると、新田はそれを飲むと気持ち悪くなり、一度子どもたちの前でも戻してしまったことがあると打ち明けました。

そして、運動会に出られない自分がせめてもと、クラスの旗を作るために薬を飲まなかったということです。

透析になる以前、新田は自分の理想の教師になれていたのに、今は全く生活が変わってしまいました。

復職しても運動制限があり早退も多くなり、「新田先生はハズレだ」と言われるようになってしまいます。

しかしある日運動会の練習中、子どもたちが寄ってきて先生に走って欲しいと言われます。

ここで全力で走り切ったら元の理想の教師に戻れる気がした新田は、子どもたちの前で走ってみせますが、結局は倒れて入院することになってしまいました。

「何もできていない本当にダメな教師です」

moyokomoyoko

病気は決して本人がダメなせいではありません。やる気があっても身体が思うようにならない。なんとも気の毒な話です。

お薬カレンダー

葵たちが調剤室に戻る途中、以前にも来ていた少年が新田の様子を聞きに来ました。

「先生死んじゃったりしないよね?」

少年は新田に走って欲しいと言った子でした。

彼は自分のせいで新田が入院してしまったと、泣いています。

葵は先生は強いから大丈夫と一生懸命に慰めます。

そして新田が退院する日、葵はお薬カレンダーを新田に見せます。

新田は興味を示しませんでしたが、葵はカレンダーのポケットに児童たちのメッセージカードを入れて見せました。

カードはクラス全員分あります。

皆、新田先生を応援してくれていました。

「クラスのためならできますよね?」

新田は子どもたちの思いに応えるべくまた気持ちも新たにきちんと薬を飲むことを誓いました。

moyokomoyoko

子どもたちと先生という図式はズルイですね。絶対に泣かされてしまいます。親にハズレと言われても、新田の教師としての思いは子どもたちに伝わっていて良かったですね!

うんざりなんだよ!

葵は新田を見つけ通報してくれた小野塚にもお礼を言いに行きます。

小野塚はつれない態度でしたが、小野塚は新田のことを心配して病院まで来てくれたのです。

葵は瀬野に続いて勉強会に小野塚を誘います。

「いい加減にしろよ。うんざりなんだよ!」

小野塚も、現状に満足しているわけではありません。

しかし、ドラッグストアで3年働けば、大学6年間の奨学金は会社が肩代わりをしてくれるのです。

最初のうちは勉強もしていましたが、週3回の夜勤をこなしているうちにそんなことはどうでも良くなってしまいました。

「でもそれはあなた次第なんじゃないですか?」

どんな境遇でも志の高い人はいる。

週4回4時間の透析をしながら毎日15錠の薬を飲んで理想の教師を目指している新田もその一人です。

moyokomoyoko

葵も瀬野も、実は小野塚が知識も豊富で優秀な薬剤師だということを感じ取っているようです。小野塚は意識を変えることができるでしょうか?

理想の薬剤師

葵はどんなに青臭いと言われようとも、自分は理想の薬剤師を目指していくつもりだと、小野塚に宣言します。

「新田さんのことどうかよろしくお願いします!」

実は、小野塚は研修中に萬津総合病院で瀬野の働きぶりを見て感激したという過去がありました。

瀬野は小野塚に救急認定薬剤師の資格を取るといいと、アドバイスをします。

それが、小野塚が資格を取ろうとしたきっかけでした。

今夜もいつものように新田が薬を受け取りに来ました。

小野塚は迷った末、新田に声をかけます。

「困ったことがあったらなんでも相談してください」

一方、販田部長は人材確保に四苦八苦していました。

瀬野に相談すると、心当たりがなくはないと小野塚のことを思い出しますが、自分が誘っても来ないだろうと思っています。

その小野塚は再び資格の勉強を始めていました。

『アンサング・シンデレラ』第3話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

エンディングでは、生活改善をして薬も欠かさず飲んでいる新田が元気を取り戻し、子どもたちに走る姿を見せられるようになるシーンが描かれました。

今回は新田一人をフィーチャーした心温まる物語でした。

子どもたちのメッセージは涙なくして観られませんでした!

今回も薬には割ってはいけないもの、割ってもいいものがあることや、病院薬剤師とドラッグストアの薬剤師の現状など普段はなかなか知れないことを知れました。

かなり近しい存在なのに、知らないことが多く、勉強になります!

次回は調剤室のメンバーとの間で何か起きる模様です。

小野塚の今後も気になりますね。

次回も要チェックです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第4話も続けて読む▼