『アンサング・シンデレラ』第4話あらすじ・ネタバレ感想!薬剤師を奴隷扱いする羽倉の父に対し葵は…

『アンサング・シンデレラ』第4話あらすじ・ネタバレ感想!薬剤師を奴隷扱いする羽倉の父に対し葵は…

出典:『アンサング・シンデレラ』公式ページ

ある日、調剤室に羽倉(井之脇海)の母親(宮田早苗)が訪ねてきます。

いつも明るく振る舞っている羽倉ですが、父親(菅原大吉)の名前が出ると態度が一変します。

その父親・龍一は息子が勤務する病院とは知らずに入院していました。

龍一は医師で、「薬剤師は医者の奴隷だ」と口にするような人物で、医学部入学を諦めた羽倉は勘当同然の扱いを受けていました。

一方、葵(石原さとみ)が行きつける中華料理屋の主人・辰川(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)が摂食障害が原因で倒れ、萬津総合病院に運び込まれてきます。

実はその前に、辰川の父で樹里の祖父も末期がんで入院していたのです。

樹里の摂食障害にはそのことが関係しているようです。

樹里は、葵に誰にも言えなかった思いを吐露します。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『アンサング・シンデレラ』前回第3話のあらすじと振り返り

萬津総合病院に入院することになった小学校教師の新田(浅利陽介)。

葵(石原さとみ)とくるみ(西野七瀬)が彼の持っている薬を確認すると、日付の古いものや半分に割っているものが見つかります。

新田はきちんと薬を飲んでいないようでした。

しかし、そこには彼なりの事情がありました。

ずさんな薬の出し方をした薬剤師に疑問を抱いた葵は、新田が薬を受け取っているドラッグストアに話を聞きに行きます。

その店の薬剤師はなんと小野塚(成田凌)でした。

葵は薬剤師としての考え方を小野塚に問いますが、小野塚はつれない態度。

彼は病院薬剤師を敵視しているようでした。

小野塚は、大学の奨学金返済のために仕方なく稼ぎの良いドラッグストア勤務を選んでいました。

はじめは理想に燃えていた彼も、激務の中でその理想を追うことはなくなっていました。

しかし葵や瀬野(田中圭)は、彼の中にある熱いものを見逃してはいませんでした。

【ネタバレ】『アンサング・シンデレラ』第4話あらすじ・感想

辰川の娘

葵(石原さとみ)がいつものように中華料理屋『娘娘亭』で食事をしていると、辰川(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)が帰ってきます。

しかし樹里は明らかに具合が悪そう。

葵は心配しますが、一緒にいた小野塚(成田凌)はおせっかいだと言います。

辰川によれば、多感な時期だからか近頃まともに口を聞いてくれないとのこと。

葵は樹里のことが心配で仕方ありません。

翌日、葵とくるみ(西野七瀬)が病院の廊下を歩いていると、年配の男性患者(菅原大吉)がうずくまっていました。

葵が介助しようとすると、葵が薬剤師なことを知った男性は、自分は医者だから薬剤師よりも自分の体のことはわかっていると言い放ちましたが、病室が分からないようです。

moyokomoyoko

自分の体のことは自分がよくわかっていると言う人ほど信用ならないものです。それが、医者ならなおさらです。それにしても、医者は薬剤師をつくづく下に見ているのですね。

羽倉の両親

調剤室は今日も皆が目まぐるしく調剤しています。

そんな中羽倉(井之脇海)は、ある処方箋について医師に疑義照会をしますが、長年の経験から処方しているので大丈夫だと押し切られてしまいます。

葵はそれが気にかかりますが、羽倉は「仕方ないですよ。医者の言うことは絶対ですから。」と諦めています。

そこへ、羽倉の母(宮田早苗)が調剤室にやってきます。

突然の来訪に羽倉は慌てます。

母親によれば、羽倉の父が事故を起こしてこの病院に入院しているとのこと。

なんと、羽倉の父は病院を経営している医師でした。

父親は羽倉がここで働いていることを知りません。

「お見舞いに行ってあげて。そうすればお父さんも喜ぶわ」

そう言う母親に、羽倉はいつになく厳しい口調で「そんなわけないだろ!」と言い返します。

moyokomoyoko

どうやら、羽倉は父親とうまくいっていないようです。医師の父親に薬剤師の息子。二人の立場に関係があるようですね。

樹里の入院

葵たちは、自分は医師だと言っていたあの男性患者が羽倉の父だということに気がつきます。

羽倉の父・龍一は、薬剤師に対してとても高飛車な態度で、葵が服薬中の薬のことを聞いても薬剤師が診察するのかと言ってまともに対応してもらえません。

そんな時、葵は瀬野(田中圭)から救急センターに呼び出されます。

辰川の娘・樹里が搬送されたと言うのです。

樹里が倒れた時に店にいた小野塚が付き添っていました。

小野塚によれば、樹里は睡眠改善薬を買っていたと言います。

慌てて駆けつけた父親の辰川は、医師から樹里が摂食障害だと聞かされます。

辰川はそのことに全く気がついていませんでした。

樹里は入院することになりました。

葵は辰川に近頃生活環境に変化がなかったか尋ねると、実は辰川の父・太一(伊武雅刀)も末期がんのためにこの病院に入院していると言います。

moyokomoyoko

樹里はとてもおじいちゃん子のようで、祖父に心配かけまいと明日退院できると嘘をつきます。樹里の体調にはこの祖父の病気が大きく関わっているようです。

薬剤師は患者の周りも見る

樹里は葵にも心を開いてくれず、辰川も娘に口を聞いてもらえていないため、葵は話が聞けず困っていました。

すると瀬野が「医者は患者を診るけど、薬剤師は患者の周りも見る。話を聞く相手は他にもいるだろ」と言ったことで、葵は辰川にもう一度話を聞くことにしました。

moyokomoyoko

今回も出ました瀬野さんのナイスパス!ありがたい存在ですね。

辰川は、母親ががんで亡くなっており、抗がん剤で苦しい思いをしたことから、父親の太一には告知をしていませんでした。

葵はそのことを樹里が納得しているのか気にかけますが、樹里にとっては太一が病気になったことがショックで、そこまで頭が回っていないかもしれないと辰川は言います。

葵は一計を案じ、自分が摂食障害で入院していることを太一に知られたくない樹里に、白血病で入院を繰り返しているおしゃれな患者を紹介して痩せた体のラインが出ない洋服を貸します。

樹里はその服を着て太一の見舞いに行くことにしました。

薬剤師は医師の奴隷

その頃、羽倉の周りを病院の医師たちが何人も取り囲んでいました。

聞けば龍一は脳神経外科の権威らしく、羽倉を通じて龍一に取り合おうとしているのです。

販田部長(真矢ミキ)もその一人です。

しかし、羽倉は父には会わない方がいいと言います。

「彼は薬剤師は奴隷だと平気で言う人ですから」

羽倉は当然ながら、元は医師志望でした。

しかし二浪して諦め、薬剤師の道を歩むことにしたのです。

しかし龍一はそれを聞いて烈火のごとく怒りだし、お前はウチの人間じゃないと羽倉を勘当同然に扱っていました。

そんな時、羽倉が昨日疑義照会をかけていた処方の患者から、副作用が出たとクレームが入りました。

やはり医師の処方が間違っていたのです。

しかし、医師だけに謝らせるわけにはいかないと、羽倉も一緒に謝ることに。

医師は、責任を羽倉に押しつけました。

moyokomoyoko

薬剤師をフィーチャーした作品なので、医師が対照的に描かれるのは仕方ないことですが、医師へのイメージはどんどん悪くなっていきます…。

龍一の体調

その様子を、たまたま龍一が見ていました。

「みじめなものだな。やっぱりお前がやっている仕事は医者の奴隷だ」

そう言った途端、龍一はふらついて倒れてしまいます。

羽倉は肩を貸そうとしますが、龍一はお前の助けなどいらないと言い、さらに息子が働いている病院だと知った彼はすぐに退院すると言い出しました。

龍一の体調が良くないことを心配した葵は羽倉の母に事情を聞いてみます。

すると、近頃龍一には物忘れや高血圧、頭痛など認知症とみられる症状があるとのこと。

事故もそのせいで起こしていました。

脳神経外科医である龍一にそのことがわからないわけはありません。

しかし、自分のこととなるとMRI画像などを見る勇気がないようで、症状に合わせた薬を勝手に処方し、飲んでいるというのです。

羽倉母はそれらを逐一メモしていました。

moyokomoyoko

やはり医者も人の子。龍一は認知症のことをよく知っているだけになかなかそれを認めることができないようです。しかし、医師とはいえ勝手に薬を服用しても大丈夫でしょうか?

羽倉家の恥

龍一のことを聞いた羽倉はすぐに精密検査を受けた方がいいと言いますが、母親はあなたから言って欲しいと言います。

自分の引退が近づいて来たことを悟った龍一は、今になって息子のことを母によく尋ねてくるようになったそうで、羽倉がもう一度医者を目指すと言えば言うことを聞いてくれるかもしれないというのです。

moyokomoyoko

それはさすがに無茶ぶりというものではないでしょうか!?ただ、そうでもしなければならないほど龍一が頑固だということでしょう。困ったものです。

羽倉は龍一の病室に行って精密検査を受けるように促しますが、龍一に「お前ごときに何がわかる!」と言われ、カッとなった羽倉は「あんたの気持ちなんかわからない」と返し、言い合いになってしまいます。

「やっぱり羽倉家の恥だな。二度と顔を出すな!」

moyokomoyoko

複雑な親子関係の修復はなかなか難しそうですね。

薬剤師としての責任

羽倉が薬剤部に戻ると、葵が何やら調べものをしていました。

羽倉母手作りのお薬手帳から、多数の薬を併用して認知症に似た症状が出たという論文を思い出したが、どこに書いてあったか思い出せないというのです。

羽倉は奴隷である薬剤師から提案したとしても、父は聞かないと初めから諦めていました。

しかし葵は言います。

「ハクはどう思ってるの?」

羽倉は医者を諦めたけれども薬剤師になったのは、患者のために何かしたいと思ったからではないのかと。

「だったら羽倉龍一さんという患者のために薬剤師として責任を持ちなよ」

その言葉で、羽倉は葵と一緒に論文を探すことを決めました。

しかしなかなか見つからず、捜索は朝までかかってしまいます。

羽倉は医学部を目指していたこともあり、英語の論文も読めます。

そして、葵が疲れて寝てしまった後も、羽倉は父のために1人調べものを続けました。

治るかもしれない

ところが、龍一は朝一で退院することがわかり、葵は慌てて龍一を止めに行きます。

せめて精密検査だけでも受けて欲しいと言っても、自分の体はよく分かっていると言って聞きません。

「治らない病気もあるんだ」

「治るかもしれません!」

論文を見つけた羽倉が駆けつけました。

龍一は、薬の飲みすぎによって認知症と似た症状がある可能性があります。

もしかすると、薬の量を減らせば治るかもしれません。

「医者の真似事をして気が済んだか」

そう強がる龍一に、葵は処方する医師と調剤する薬剤師のダブルチェックがあるからこそ薬は安全に患者に届けられるもの。今回も薬剤師が入っていれば防げたことだと訴えます。

「そのことを忘れないでください」

moyokomoyoko

今回のことは龍一の勝手な行動が引き起こしたものです。それを指摘されても、龍一は首を縦に振りません。どこまでも頑固者ですね!

あんたを救ったのは薬剤師だ

羽倉はたまらず薬剤部の人たちは薬のプロで、あんたよりも薬のことを知っているとぶつけます。

「だから認めろよ。あんたを救ったのは薬剤師だ!」

龍一は振り向き、もう一度医者を目指して俺の跡を継げと言い出します。

しかし羽倉は首を横に振ります。

moyokomoyoko

かつて、患者を救う父は羽倉にとってヒーローでした。でも、今は医者でなくても患者の力になることを知っています。

「僕はここに残って薬剤師を続ける!」

息子の力強い意思を聞いた龍一は、考えを改め、葵に息子をよろしくと言って病院を後にしました。

その様子を薬剤部のメンバーはモニターで見ていました。

羽倉が父に認められたのを見て、刈谷(桜井ユキ)たちは笑顔になります。

moyokomoyoko

薬剤部の絆がよくわかるシーンです。

樹里の本音

樹里は太一を見舞って話をするうち、食事ができるようになるまでに回復してきていましたが、太一の容態が急変したと知るとまた症状が出てきてしまいました。

「辛いよね、家族が苦しんでいるのを見るのは…」

葵は樹里に寄り添います。

樹里は、本当はおじいちゃんに病気のことで嘘をつかないといけないのが苦しいのです。

治る見込みがないとわかっているのに、治療を受けさせていることに、樹里は心を痛めていました。

「すごく怖い」

moyokomoyoko

まだ若い樹里にとって、わからないことがたくさんあります。

そのことで家族がバラバラになっている気がしてどうして良いかわからないと涙ながらに胸の内を吐露する樹里。

「助けて!葵さん」

「大丈夫。私がついてるから」

葵は樹里を抱きしめるしかありませんでした。

『アンサング・シンデレラ』第4話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回は、大好きなおじいちゃんに嘘をつくのが辛く、摂食障害になってしまった女の子と、医者になれず薬剤師になった羽倉が不和である父と向き合うという『家族の絆』がテーマの回でした。

羽倉はなんとか父親に自分の仕事を認めてもらい一件落着しましたが、辰川の娘・樹里の問題は次回まで持ち越しです。

実は、七尾部長(池田鉄洋)が抗がん剤の治験にと太一に目をつけていました。

太一の急変にそのことは関係しているのでしょうか?気になります。

樹里は祖父に嘘をついていることで摂食障害になるほど自分を追い詰めてしまっています。

この気の毒な少女を葵は救うことができるのでしょうか?

次回も見逃せません!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第5話も続けて読む▼