『ザ・ボーイズ シーズン2』第5話あらすじ・ネタバレ感想!人気回復のためホームランダーが頼った人物は…

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

ザ・ボーイズ シーズン2』第5話が9月18日(金)に公開!

第4話ではストームフロントの正体が少し明らかになり、さらにブッチャーとベッカの8年越しの再会、そして別れ…と見どころ盛りだくさん!

第5話からはセブンの中での動きが少し変わってきましたね。

シーズン2からは無双ホームランダーが最悪のアメリカを作り上げるのかと思ったら全然違う!

YUKIYUKI

予想をイイ感じに裏切られて最高です~。
ポイント
  • 人気ポイントが下がりまくるホームランダーの悪あがきがめちゃくちゃカッコ悪!
  • ブッチャーに忍び寄るブラックノワール
  • ショーン・アシュモア演じるランプライターが一瞬登場!ストームフロントの仲間なの!?

それでは『ザ・ボーイズ シーズン2』第5話もネタバレありでレビューしていきます!

▼動画の無料視聴はこちら▼

【ネタバレ】『ザ・ボーイズ シーズン2』第5話あらすじ・感想


人気低迷中のホームランダー。更なる失態で9.5ポイントを失う

スーパーテロリスト討伐に留めをさせなかったホームランダーはこのところ人気が思わしくなく…。

さらに犯罪者を退治するときに過って罪のない村人を殺してしまった動画がSNSで拡散されてしまいます。

この事件で一般人は激怒。人気を9.5ポイント落としてしまいます。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

YUKIYUKI

これ、ホームランダーよくやっちゃうんですが、この時初めて公にされたようです。

さらにはホームランダーは戦犯だというデモ活動が各地で起き始め、罪を認めて謝罪しろと言うヴォートに対し、ホームランダーは釈明会見を求め、意見は対立します。

「上手く処理する方法がある」と言って、ホームランダーはデモ中の群衆の前に飛び降りてしまうのでした。

ベッカから拒絶されたブッチャーはボーイズからこのまま離脱!?

ベッカと共に生きていく道を失ったブッチャー。

リバティの正体がストームフロントだということを聞いても全く興味を示しません。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

YUKIYUKI

ちなみに、この雑誌の表紙の人物がリバティです。

「一緒に色んなことを乗り越えた。お前は俺にとってカナリアだったんだよ」とヒューイに告げ、基地を去ります。

ブッチャーが向かった叔母の家まで追って来たヒューイとMM。

しかしそこには、ベッカの家からブッチャーを付けていたブラックノワールが!

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

ウソの通報をして時間稼ぎをしながら、叔母の家の地下にある「お菓子の部屋」へ逃げ込みます。

YUKIYUKI

通称「お菓子の部屋」はヤク精製所でした。優しそうなブッチャーの叔母さんはヤクで生計を立てている模様。

時間稼ぎも通用しないと悟ったブッチャーは皆を外へ避難させ、自分だけが家に残りブラックノワールを迎撃しようとしますが、MMとヒューイがそれぞれブラックノワールに向かっていきます。

ふたりとももちろん瞬殺されます。

ヒューイに対し、トドメを刺そうとするブラックノワールにブッチャーはヒューイを生かす条件を提示。

セブンのリーダーのホームランダーが卑劣なレイプ犯であること、そしてその時に産まれた子供をヴォートが隠していたことを公表しない、という約束をすると言います。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

するとブラックノワールの携帯にエドガーから電話が。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

エドガーは「秘密を守るならブラックノワールを撤退させる」とブッチャーに約束し、契約は成立します。

YUKIYUKI

ブラックノワールを動かしていたのはエドガーでした。ブラックノワールがエドガーの言うことを聞く構図はちょっと違和感ですね。

とにもかくにも命が助かったボーイズ。

叔母の家から出るとき、飼い犬に「ママを必ず連れて帰る」と約束したブッチャー。

YUKIYUKI

ベッカのことを諦めるのを辞めたようです!

ブッチャーには大人しくて優しいレニーという弟がいて、「昔からキレると手がつけられなくなるブッチャーを鎮めることができたのはレニーだけだった」と叔母。

そのレニーにはもう亡くなってしまっているようですが、レニーはヒューイと瓜二つだそう。

YUKIYUKI

暴れ馬と調教師の関係?

反ホームランダーのデモ

名誉回復のため、ホームランダーは自分への抗議デモ中の群衆の前に降り立ち、マイクを奪い演説を始めます。

しかし、群衆の勢いは収まらず、ホームランダーはこの自分のアンチたちにビームしたい衝動をなんとかこらえます。

苦し紛れに「皆大好きだ」と言い残しその場を飛び立ちます…。

YUKIYUKI

本来ならばこういう時はドッペルゲンガー扮するマデリンとの赤ちゃんプレイで癒されるのが一番なのですが、ドッペルゲンガーを勢い余って殺してしまったホームランダーはそれがもうできないんですね~。そして頼ったのは…。

前に「力になる」とホームランダーに囁いたストームフロント。

ホームランダーがストームフロントに会いに行く直前、ストームフロントが誰かに電話しているシーンが数秒。

YUKIYUKI

この電話の相手が、ショーン・アシュモア!やっと出て来たランプライター!しかし第5話での登場シーンはこの数秒で終了です。
ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

ランプライターと何か怪しい繋がりがありそうなストームフロント。まだまだ謎多きおばあちゃんです。

ストームフロントを嗅ぎまわるスターライト

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

リバティがストームフロントだということを知っているスターライトは、ストームフロントの周辺を探り始めますが、鋭すぎるストームフロントには全部バレてしまっている様子です。

それどころか、スターライトがゲッコーを使ってコンパウンドVを手に入れ、ヒーローの実態を世間にリークした張本人であると気づいていた!

スターライトが密告者で、セブンの中の裏切り者であることがバレたらかなりマズい!

そこで仕方なくスターライトもストームフロントの秘密を知っていることを告げます。

「あなたがリバティだと知ったら世界中はどう思うかしら?」

このタイミングで部屋に入って来たホームランダーのおかげで、ストームフロントから逃げ出すことに成功したスターライト。

ゲイを公表されたメイヴは妥当ホームランダーの動きを見せ始める

メイブに女性の恋人がいることを知ったホームランダーはそれが面白くなく、メイヴを地味に虐め始めます。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

新作の映画にもメイヴのゲイネタが入れられ、世間から自分のマイノリティをイジられまくるメイヴ。

ヴォートはメイヴの強制カミングアウトによって性的マイノリティの人たちからの支持を得るため、メイヴとエレナのカップルを世間に晒そうとします。

当然嫌がるエレナに、メイヴは「今は黙って言うことを聞いておけ、近くにいないとホームランダーから守れない」と言います。

「言うことを聞くフリして、ホームランダーをやっつけるから」と…!

そして向かったのは、セブンからハブられているディープのもと。

キャロルの言うことを素直に聞き、結婚したディープは共同教会の模範的な信者になり、今や共同教会の広告塔のような立場になっていましたが…。

メイヴにセブンに戻るために力を貸す代わりに、協力して欲しいことがあると持ち掛けられました。

YUKIYUKI

すでに信仰心熱いディープはすんなりメイヴに力を貸すことになるのか!?そもそもディープにそんな力あるのか?(笑)

人気を少し盛り返したホームランダーはストームフロントに心を開いた!?

ストームフロントの助言通り、SNSを使った人気回復を狙ったホームランダーは5ポイント復活!

これですっかり気を良くしたホームランダーは、ストームフロントに感謝を述べ、ふたりはなぜかここでイイ感じに…!

さらにストームフロントがキミコと同じように不死身の疑惑が出てきましたね。

ホームランダーに自分の胸を晒しビームで斬るようにおねだり。

躊躇するホームランダーですが、ビームしても死なないどころか、傷口はみるみる再生します。

このストームフロントの力がリバティの秘密に繋がるのでしょうか?

「私簡単には壊れないの」という決めセリフからの、部屋をぶっ壊しながらキスしまくるふたり。

YUKIYUKI

ふたりの狂気のセックスーシンは…破壊力バツグン。最後のアレ、なんて言うんだろう…空中結合!?(笑)

キミコの行動が良く分からなかった

あらすじには入れませんでしたが、第5話にはちゃんとキミコとフレンチーも登場していたんです。

何かを決意したかのように行動するキミコと、それを相変わらずストーキングするフレンチー。

キミコがどこかのバーに突然襲撃し、中にいた3人の男を惨殺。

その内のひとりなんて、生きたまま顔の皮を剥がされるという…狂気。

付けまわしていたフレンチーは、自分のセフレの女の子から仕事を貰っていたことを知って怒って連れ帰ろうとしますが、失敗。

最後には「もう知らないからな!」と捨て台詞を吐いて、フレンチーはキミコのもとを去ってしまいます。

せっかく練習していた字の勉強も辞めてしまったのか、弟だけにしか伝わらない独自の手話でしか話さなくなってしまったので、フレンチーとの会話も成立せず。

YUKIYUKI

フレンチーは、弟から手話を勉強して手話でキミコと会話する作戦を立てていたけど、弟死んじゃったから…。

キミコがストームフロントを倒すために何か計画的に動いているのか、それとも弟を失った悲しみで単純に暴れ回りたいだけなのか、まだよく分からなかったですね。

『ザ・ボーイズ シーズン3』の新キャスト情報!

Amazonオリジナル海外ドラマ史上最大のヒットを飛ばしている『ザ・ボーイズ』ですが、シーズン2公開前にすでにシーズン3への更新が決定していました。

シーズン3の製作は、順調にいけば2021年初旬に始まる予定となっています。

そして、シーズン3に新たに登場するキャストに、なんとあのジェンセン・アクレスが登場することが決定しましたー!!

スーパー・ナチュラル

出典:IMDb

YUKIYUKI

『スーパー・ナチュラル』のディーン兄貴です。

代表作『スーパー・ナチュラル』は2005年から放送がスタートした超ご長寿海外ドラマのひとつだったのですが、この度シーズン15をもって終了することが決定していました。

この後のジェンセンの出演予定ははっきりとは明言されていなかったのですが、2021年初旬に撮影が開始される『ザ・ボーイズ シーズン3』での登場が発表されました!

ジェンセンが演じるのは、ソルジャーボーイというヒーローで、原作にはないドラマオリジナルのヒーローだそうです。

しかも第二次世界大戦での戦いの後に活躍し、アメリカの最初のヒーローとなった男、というかなりおいしい設定!

そもそも『X-MEN』シリーズのアイスマン役で知られるショーン・アシュモアがランプライター役で登場します。

第5話のストームフロントとの電話シーンが初登場シーンでしたね!

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

さらに言ってしまえば、本来ならばシーズン2はジェフリー・ディーン・モーガンも出演する予定だったのです!

ウォーキング・デッド』にレギュラー出演中のジェフリーですが、『ザ・ボーイズ』の大ファンだと公言しており、出演を熱望していたとか。

ウォーキング・デッド

出典:IMDb

スタッフとも順調に話し合いが進み、シーズン2で登場する可能性はかなり濃厚だったのですが…。

アメリカで撮影されている『ウォーキング・デッド』とカナダで撮影している『ザ・ボーイズ』との行き来が、新型コロナの影響で制限されている関係でこの話は頓挫してしまった、ということらしいです。

もしジェフリーの出演が叶っていたら、シーズン3には『X-MEN』のアイスマンに『ウォーキング・デッド 』のニーガンに『スーパー・ナチュラル』のディーンという夢の様な共演が叶っていたことに!

YUKIYUKI

ただ個人的には、ジェフリー・ディーン・モーガンはブッチャー演じるカール・アーバンにキャラ、というか顔カブりしてないかな?と思うところもありましたが(笑)

いずれにせよ、さらにパワーアップしたシーズン3公開も今から楽しみです~!

『ザ・ボーイズ シーズン2』第5話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

ということで第5話も終了しました~。

セブンの中は少し構図が変わり、ホームランダーとストームフロントという最悪のコンビが誕生してしまった…!?

一瞬登場したランプライターがストームフロントの仲間、ということであればやっぱりこのチームが最強かも知れませんね。

そして良く分からなかったブラックノワールはヴォートの、というかエドガーの忠犬の可能性も浮上。

Aトレインは離脱、メイヴはディープと打倒ホームランダー。

メイヴとディープの中にスターライトも入って欲しいところですが、ディープとスターライトの過去が邪魔するかも…!?

YUKIYUKI

これってボーイズの出番今後あるのかな~?すこし影が薄くなってきたように感じるボーイズたち。分裂してる場合じゃないゾ~。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第6話も続けて読む▼