『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話あらすじ・ネタバレ感想!シーズン2はテロにエロにカルト!新セブンも登場!

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

ザ・ボーイズ シーズン2』がAmazonプライムビデオで2020年9月4日(金)からいよいよスタート!!

YUKIYUKI

待ってました!

9月4日はシーズン2の第1話~第3話までが一挙公開され、第4話からは毎週金曜日に1話ずつ更新され、最終話の第8話の放送は10月9日となる予定です。

シーズン1のラストでは、ブッチャーの妻ベッカと子供の生存が明らかになり、ブッチャーとホームランダーがベッカと子供の前にWで現れる…という気まず~い展開で終了しました。

さらに、コンパウンドVがホームランダーから命じられたAトレインによって世界中に拡散され、スーパーパワーを持つテロリストの存在も明らかに。

マデリンが死んだヴォート社の行方は…!?

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

そして、ブッチャーの勝手な行動により空中分解寸前のボーイズはどうなる!?

シーズン1では軽く総スカンをくらい、友達は魚だけ、最終的には坊主頭で改心し、心機一転を図りたいディープの今後も個人的には気になるところです。

ポイント
  • シーズン1のラストから時は流れ…ブッチャーは依然行方不明!
  • ホームランダーの目指す独裁国家に立ちふさがるふたり
  • スーパーパワーを持ったテロリスト、“スーパーヴィラン”たちが暴れ出す!

YUKIYUKI

それでは『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話をネタバレありでレビューしていきたいと思います!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話NEWキャスト

シーズン2第1話で登場するキャストをご紹介します。

シーズン1からのメインキャストについては以下で詳しくご紹介しています。

▼『ザ・ボーイズ シーズン1』の記事を読む▼

ジャンカルロ・エスポジート / 役:スタン・エドガー

  • ヴォート社の新社長。
  • ヒーローたちに会うこともせず、商品としてしか見ていない。ホームランダーのこともぞんざいに扱う。

ひと癖もふた癖もありそなヴォート社の新社長には、『ブレイキング・バッド』や『ベター・コール・ソウル』のガス役でお馴染みのジャンカルロ・エスポジート

YUKIYUKI

ホームランダーの目を真っすぐ見て「お前なんぞただの商品だ」と言わんばかりの態度。殺されるの怖くないのかしら。

アヤ・キャッシュ / 役:ストームフロント

  • トランスルーセントの代わりに新たなセブンメンバーとなる。
  • ホームランダーからのご指名ではなく、エドガーの面接に合格して加入したため、ホームランダーから冷遇される可能性大。
  • 強気でお調子者な性格。SNS配信が趣味。
  • 能力は不明。

原作にも登場するストームフロントですが、原作では性別は男性。

YUKIYUKI

ホームランダーを悩ませる存在になりそうですね!

第1話のNEWキャラクターは以上の2名!ふたりともホームランダーにとっては面白くない存在になっていくようですね。

【ネタバレ】『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話あらすじ・感想


セブンのその後…。ヒューイは指名手配で逃亡中!

シーズン1のラストから時が数ヵ月後…。

あれ?あの後はどうなったの?という状況ですが、シーズン1ラストの直後の出来事は、次第に解き明かされるようです。

ホームランダーをはじめとするセブンたちは、亡きトランスルーセントの追悼式を行っていました。

YUKIYUKI

追悼式で歌を歌うのはスターライト。相変わらずセブンの広告塔としてやりたくないことばかりやらされているようです。
『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

トランスルーセントの棺の中は透明で何も入っていないように見えます。

しかし、透明人間の能力で皆が棺の中にはトランスルーセントがいると信じている様子。

実際のところはトランスルーセントは爆死してミンチになっているので、体はもうありませんが。

「私が皆をマモール!」と鼻息荒くスピーチをするホームランダーは、マデリン亡きあとのヴォート社を乗っ取る勢いで力を付けています。

トランスルーセントの追悼式に姿を見せなかったブラックノワールは、ホームランダーに命じられ、スーパーパワーを持つ国際的テロリスト、ナキーヴをいとも簡単に暗殺。

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

YUKIYUKI

ブラックノワールがテロリストたちを殺しまくるシーンはシーズン2もグロ上等ですよ!という『ザ・ボーイズ』らしさ全開のオープニングでしたね~。

ブラックノワールについては能力含めまだまだ謎が多く残っていますが、とにかくとんでもなく強いことは分かりました。

一方、へき地に飛ばされたまま、追悼式にすら呼んでもらえなかったのはディープ。

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

天狗になってスターライトへセクハラ後、干されに干され…シーズン1のラストでは改心の坊主頭かと思いきや…

YUKIYUKI

すっかり腐ってます。

そして、ヒューイたちボーイズは現在逃亡犯として指名手配中。

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

マデリン殺害容疑で未だ行方不明のブッチャーの一味として顔バレもしてしまっており、アジトに引きこもり中。

ブッチャーと決別したままのヒューイは「もう彼は必要ない」と言いますが、リーダーを失ったまま方向性を見失ったボーイズにはブッチャーが必要だと考えるのはフレンチー。

MMはもうどうでもいいから家に帰りたくて帰りたくてしょうがない感じ。

ホームランダーのドン引きマザコン炸裂シーン!

ブッチャーはシーズン1のラストで、ホームランダーと共に妻ベッカとホームランダーの子供に会った後ボーイズのもとには帰ってきてはいません。

それをいいことに、ホームランダーはマデリン殺害犯をブッチャーに仕立て上げてしまったようです。

YUKIYUKI

しかし、ホームランダーのマデリンへの愛は今も健在!マデリンの冷凍保存してあった母乳を飲み干すホームランダー。うぅ…。マザコンも度が過ぎるぜ!

マデリンの自宅が爆破された後、マデリンの子供は遠く離れた場所で保護されたようで生存しています。

YUKIYUKI

ホームランダーはマデリンの子供のこと、嫉妬心からめちゃくちゃ嫌っていたのに、殺さなかったようですね。

ヒューイに頼まれある男に接近するスターライト

シーズン1のラストでAトレインと一緒に戦ったヒューイとスターライト。

この後、どのようにふたりは別れたのかはまだハッキリしませんが、スターライトはその後セブンへ戻っていますが、ヒューイとの協力関係は存続していました。

一目をしのんで電車の中で密会し、ヒューイはスターライトにコンパウンドVを極秘入手させるため、ゲッコーという男に接近するように頼みます。

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

スターライトがゲッコーを尾行すると、彼は裏バイトの真っ最中!

その驚愕のバイト内容とは、自分の身体を切り刻ませて報酬を貰う、というもの。

客に自分の腕を切り落とさせても、全く痛がる様子もなく、さらにその後、切られた腕はすぐに再生します。

客に「追加1,000ドルでアソコを切らせてやる」ともちかけると、客はゴクリ…。

「一番近くのATMはどこだ?」となるワケですね~!

YUKIYUKI

ゲッコーよりも客の方が危険だ。

スターライトはゲッコーと偶然を装い再会し、「ヴォート社の研究室からコンパウンドVを盗んで渡さなければ、裏バイトをリークする」と脅します。

ボーイズの内部崩壊中に現れる強大すぎる敵

ボーイズのアジトには、腕の全ての骨と肋骨の半分が折れている瀕死の男が助けを求めてやってきます。

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

この仲間たちはもともとはフレンチーの仲間で、銃とヤクの密売をやっていた奴らでしたが、最近密入国まで始めており、その関係で何らかのトラブルに巻き込まれた様子。

彼らが上陸した港に向かうと、船が道路になぎ倒されているのを発見します。

防犯カメラ映像を入手したボーイズたちは、密入国で上陸してきたのはスーパーパワーを持ったテロリストたちだということを知るのです!

自分たちだけでは手に負えないと、やはりブッチャーを呼び戻そうとするフレンチーに、何が何でもブッチャーは許せないヒューイは「アニー(スターライト)を呼ぼう」と代案を提案。

ヒューイとスターライトが接近することで、ヴォート社やホームランダーに関係がバレてしまうことを恐れたMMはヒューイとスターライトがまだ繋がっていたことに激高!

YUKIYUKI

この時、キミコは覚え始めた字で「BOY」と書いて何かをフレンチーに訴えますが、フレンチーには意味不明。キミコは何を訴えていた?

迷走中のディープに優しく近づくのはカルト教団?

一方、ディープは酔っ払って公共の場で子供たちに悪態をつきまくり、逮捕!

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

留置所にいるディープを出してくれたのは、同じスーパーヒーローのひとり、イーグル。

イーグルの自宅に招かれたディープはそこでキャロルという優しそうな女性と出会います。

親身に話を聞こうと近寄るキャロルに「セラピストなのか?」と尋ねると、「セラピーは心を破壊すること。私は教師みたいなものよ」とニッコリ。

変な女、とはじめは相手にせずイーグルの家を出ようとしたディープでしたが、「あなたがセブンに戻れるように手助けする」と言われ思わず立ち止まります。

キャロルの手には「共同教会 自己再生の方法」という怪しーい本が…。

YUKIYUKI

腐り、弱り切った心中のディープに忍び寄るのは、カルト教団!?

新たなセブンメンバー“ストームフロント”!

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

広報担当だったアシュリーは、マデリンが死んだ後、その後任に。

推薦してくれたホームランダーに忠誠を誓うと約束していましたが…アシュリーが新たなセブンメンバーに推薦したのは、目の見えないヒーロー。

盲目のヒーローを加入させ、マイノリティ層からも支持を得ようという作戦だったのですが、ホームランダーはコレを気に入らず。

彼を一撃で再起不能なまでに打ちのめします。

YUKIYUKI

というか…殺したかも。

この一件でアシュリーはホームランダーの奴隷となり下がりましたが、ホームランダーの敵はまだまだたくさんいた!

アシュリーの知らないところで、すでに決まっていた新たなセブンメンバーの名前はストームフロント。

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

彼女はホームランダーと対面しても一切臆することがなく、ホームランダーはその態度が全く気に入りません。

ストームフロントを自分に何のお伺いもなく採用したのは、ヴォート社社長のエドガー。

自分に挨拶もこないまま、セブンを勝手に決めたエドガーが気に入らず、ホームランダーは上下関係をハッキリさせようと息まき、エドガーに会いに行きます。

しかしエドガーは、「ヴォートは製薬会社だ。最も大事なのはホームランダーではなく、コンパウンドVの調合法だ」とホームランダーを小物扱い!

それどころかコンパウンドVを世界中に拡散したホームランダーをバカ呼ばわりからの「今後も君に何も相談するつもりはない」と追い払われてしまいます。

YUKIYUKI

無双状態になるかと予想していたホームランダーでしたが、シーズン2は邪魔者だらけのスタートで予想は大外れ。プライドズタズタ。

面白くないホームランダーが向かった先は…ベッカと子供の家!

帰ってきた~!!

さて、国際的テロリストが続々とアメリカに密入国している事実を突き止めたボーイズ。

ブッチャーはダメ、スターライトもダメ…ときて、ブッチャーの元同僚、CIA副長官のスーザンに会い、スーパーパワーを持ったテロリストの存在を打ち明けます。

しかし、話の最中スーザンは突如、頭が爆発!!

命からがら…大慌てでアジトに逃げ帰ったボーイズ。

スーザンの血や肉のカケラを洗い落としながら…強大すぎる敵に打ちひしがれるヒューイ。

そこにコンパウンドVをゲットする算段をつけたウキウキのスターライトから電話が。

しかし、スーザンの死に責任を感じているヒューイ。

さらに「スターライトに協力を仰ぐことは、スターライトに危険が及ぶ可能性があることだ」とMMに言われたことが頭をよぎり…

「もっと慎重になろう」とスターライトを遠ざけるような態度を取ってしまいます。

じゃあどうすんだ…八方塞がり…あとは死を待つのみ。

そんな中、帰ってきましたよ~アノ男が!!

フレンチーはヒューイが嫌がるのをよそに、このピンチにブッチャーを呼び戻したのでした!

「心配するな、パパがい・る・ゾ♡」とヒューイを挑発するブッチャー。

ふたりの間には既に不協和音が聞こえる…!

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

『ザ・ボーイズ シーズン2』第1話

出典:IMDb

ヒューイの気持ちは置いといて、ボーイズが再結成!というところで終了した第1話。

ホームランダーにも言えることですが、強烈なリーダーシップを発揮する人は、時に味方からでさえも反感を買うけれども、結局はいなきゃいないで、困る。

それにしても、シーズン1のラストで最愛の妻・ベッカの裏切りで何年も時をムダにしたことを知ったブッチャーは意外にも元気そうな登場で、何だか拍子抜けです。

あの後…何があったのか、ブッチャーの口から語られる日は来るのでしょうか?

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第2話も続けて読む▼