海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1のネタバレ感想!NEWアンチヒーロー物語が最高にクール!

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1のネタバレ感想!

出典:Amazonプライムビデオ

今回ご紹介する海外ドラマは、Amazonプライムオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ』。

原作は同名のアメリカンコミックです。

正義のヒーローの裏の顔がクズ野郎だったら!?

そんな腐ったヒーローを成敗するために立ち上がるのは、特殊能力“根性”“信念”の一般市民!

IMDbでも10点満点中8.9点と高得点をマークした本作。

すでに2020年にシーズン2の公開が決定しています!

それでは、ショッキングな展開続きで全8話を駆け抜けるシーズン1を、ネタバレありでレビューしていきたいと思います!

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1の主要キャスト

一般市民で結成された打倒スーパーヒーロー“ボーイズ”

ボーイズは、スーパーヒーローに個人的な恨みを持つブッチャーをリーダーに、普通の人間で結成された“打倒セブン”チーム。

主人公ヒューイは、あることがキッカケでボーイズの新たなメンバーになります。

ジャック・クエイド / 役:ヒューイ・キャンベル

  • 電気屋で働き、スパーヒーローに憧れるごく普通の青年。
  • 恋人のロビンとのデート中に起きた出来事がキッカケでボーイズに加入し、人生が一変する。

カール・アーバン / 役:ウィリアム・ビリー・ブッチャー

  • 元FBI捜査官でボーイズのリーダー。
  • 8年前の出来事がキッカケでスーパーヒーローを激しく憎むようになる。
  • 用心深く、目的のためなら手段を選ばない。

トマー・カポン / 役:フレンチー

  • フランス出身で、幼い頃実の父親から誘拐されたり、無理心中されかけたことがある。
  • 幻覚剤でいつもキメている。
  • フランス出身ゆえか、女性関係は派手。

ラズ・アロンソ / 役:マザーズミルク(MM)

  • 少年の更生施設で働いている。
  • フレンチーとは過去の出来事で仲が悪く、すぐに言い争いになる。

福原かれん / 役:キミコ

  • ある場所で監禁されていた少女。
  • フレンチーに助けられ、次第に心を通わせていく。
  • 再生能力と身体能力において、スーパーパワーを持っている。

悪のスーパーヒーロー“セブン”

ヴォートインターナショナル社に属する約200名スーパーヒーローの中でも、最も能力・人気が高いメンバーが“セブン”と呼ばれます。

ここからは現在のセブンのメンバーと、現在判明している能力をご紹介致します!

アントニー・スター / 役:ホームランダー

  • セブンのリーダーで、その力は同じセブンからも恐れられるほど。目から赤いレーザーを出し、怪力、透視、空を飛ぶ。
  • 傲慢で屈折した正義感の持ち主で、マデリンに歪んだ愛情を持っている。
  • クイーン・メイヴとの過去もあり。

チェイス・クロフォード / 役:ディープ

  • 七つの海の支配者で、水中動物と会話ができ、腹部にえらを持っているので水中でも呼吸ができる。
  • しかし、この腹部のえらはかなりデリケートな部分らしい…。
  • イケメンでカメラ映えバッチリなのと、子供人気からセブン入りしているものの、セブンの中では過小評価され少し見下されていることを本人も気にしている。

ジェシー・T・アッシャー / 役:Aトレイン

  • 高速移動能力を持ち、電車を引き回すほどの怪力。
  • 世界最速の座が危うくなり、コンパウンドVに手を出してしまう。
  • プライベートではポップクローと付き合っているが、非公開。

アレックス・ハッセル / 役:トランスルーセント

  • 透明人間。(炭素系メタ物質の皮膚で光をねじ曲げることで透明に見せているそう)
  • 暇さえあれば透明になって女子トイレに潜んでいるという下劣男。

ネイサン・ミッチェル / 役:ブラックノワール

  • 真っ黒なコスチュームに仮面を被り、謎に包まれたメンバー。
  • コスチュームに装備された武器で戦う。
  • 無口。

ドミニク・マケリゴット / 役:クイーン・メイヴ

  • 身体能力がずば抜けたスーパーヒロイン。走るトラックにぶつかっても傷ひとつつかない。
  • 過去にホームランダーと関係があったようで、現在でも相棒のように行動をともにすることが多々ある。
  • 元恋人は女性。

エリン・モリアーティ / 役:スターライト(アニー)

  • セブン入りを果たした少女。
  • 車を持ち上げたり、壁を素手で破壊する怪力を持ち、電気を操る。
  • 正義感溢れ、善きスーパーヒロインになることを誓ってセブンに入るが…。
  • 初恋はディープだった。

【ネタバレあり】海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1あらすじと感想

残念ながら日本語吹替版/字幕版の予告動画はまだリリースされていませんが、英語が分かる方や映像で雰囲気を掴みたい方はぜひ予告動画もご覧ください。


海外ドラマ『ザ・ボーイズ』ってどんなドラマ?

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』は、Amazonプライムのオリジナルドラマ。

数々の素晴らしいオリジナルドラマを製作するAmazonプライムですが、なんとこの『ザ・ボーイズ』は、“配信開始2週間で過去もっともダウンロード数が多かったドラマ”と言われています。

YUKI

ヒーローものに全く興味のない私。しかし、それを聞いちゃったら見ないワケにいきません!

ということで見はじめたんですが…これがヤバイ。ヤバすぎる!

まずヒーローの話でR18?と思いましたが、見て納得。絶対に子供は見てはいけません。

グロくてエロくて、そんでヒーローが本当にゲスでクズで…最高。

で、『ザ・ボーイズ』を見て私もふと思いました。

子供の頃『ゴジラ』や『ウルトラマン』を見ながら、

YUKI

「これ絶対に人死んでるじゃん。街メチャメチャに破壊されてるじゃん」って思ってたんですよね~。

弱き者を救う正義の闘いの側らで、その“正義の闘い”に泣く人がいるんじゃないかっていうことです。

まさに本作は、そんな疑問のど真ん中を突き抜けるストーリーでした!

ヴォートインターナショナルのヒーロー産業はもはや世界規模になり、アメリカを代表するトップ企業にまで上り詰めています。

ヒーローを題材にした映画やグッズは飛ぶように売れ、各地にヒーローを派遣して治安を守らせているおかげで国の犯罪は激減。

市民に感謝され、子供たちの憧れの的、それが表向きのヒーロー。

YUKI

しかし、その裏では…?

主人公のヒューイは、スーパーヒーローによって人生をめちゃくちゃにされてしまったひとり。

そしてボーイズに加入し、スーパーヒーローたちの裏の顔を知ることになっていきます。

ヒューイがヒーローを恨む理由

この物語の主人公、ヒューイ。

ただの街の電気屋の青年が、なぜヒーローをぶっ潰すボーイズに入ったのか…。

それにはこんな悲しい理由がありました。

ヒューイにはロビンという恋人がいて、ある日ふたりが道端で手を握り合いおしゃべりをしていると…。

そこにセブンのひとり、Aトレインが全速力で駆け抜けます!

そしてAトレインは、すれ違いざまにぶつかってしまうんです…ロビンに…。

YUKI

普通の人と人がぶつかるなら「あ、すみません」「いえ、こちらこそ」で済む話。

しかし、ぶつかってきた相手がAトレインであれば話は別です。

こうなってしまいます。

注意!
※動画開始15秒~このシーンが流れます。ちなみにかなりグロいシーンですので、グロ耐性ない方は見ない方がいいかも知れません!

見れない方のために言葉で説明すると、ぶつかった瞬間ロビンはヒューイと繋いでいた手だけを残し、一瞬にして肉塊、イヤ塊ですらなくなってしまうというショッキングな映像です。

事故の後、ヒューイのもとにはヴォート社の弁護士が現れ「秘密保持契約」にサインをすれば慰謝料を払う、と言われます。

さらにAトレインは、インタビューで「ロビンが車道に立っていた」と話し、まるでロビンが少し悪かったような言い方をするのです。

この後、ブッチャーと出会ったヒューイは、ヒーローたちのたまり場へ連れていかれます。

そこでスーパーヒーローの裏の顔を目の当たりにし、さらにAトレインが「女の子にぶつかった時、はずみで奥歯を飲み込んじゃったぜ~」とロビンの死を爆笑しているのを目撃したヒューイは、Aトレインとセブンに復讐を誓うのでした!

幼い頃からヒーローに憧れ、ついにセブン入りを果たした少女・アニー(スターライト)

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

アニーは生まれつきなスーパーパワーを持ち、幼いころからセブンに入るため日々鍛錬をしてきた美少女。

セブンを選考するオーディションに参加し、見事セブン入りを果たしスターライトと命名されます!

しかし、市民を救う立派な正義のヒロインになりたいというキラキラしたスターライトの夢はすぐに打ち砕かれることになります。

ヴォート社にはじめて行った日に、ディープと出会い「初恋はあなた」と打ち明けると、ディープはいきなり下半身を露出!

「セブンでいたいなら言うことを聞け」とばかりにスターライトに迫るディープ。

YUKI

最低男!

スターライトはディープの言いなりになってしまいます…。

さらに、市民を救う活動も実はマスコミの目があるとき限定だったり、いやらしいコスチュームを強要されたり…。

想い描いていたヒーローの姿とはあまりにもかけ離れていく現実に、スターライトの心は日に日に打ち砕かれます。

そんな時、公園でヒューイと出会います。

この時ヒューイはアニーがスターライトだとは全く知らないワケですが、後にAトレインのレースイベントに参加したスターライトと再会してびっくり!

ヒューイはスターライトを知っていく中で、セブンの中のヒーローたちは極悪人ばかりじゃないこと、スターライトのように本当に市民を守り、正義を重んじるヒーローもいることを知ってしまうのです。

YUKI

復讐相手にイイ人がいたら…複雑な心境ですよね。

トランスルーセントを誘拐!

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

ヒューイのボーイズでの初仕事は、ヴォート社に乗り込み、盗聴器を仕掛けること!

Aトレインの弁護士に「本人が謝罪するなら秘密保持契約にサインをしてもいい」と持ち掛けアポを取ったヒューイは単身ヴォート社に乗り込みます。

盗聴器を女子トイレに仕掛けることに成功!

しかし、そこには透明人間・トランスルーセントが潜んでいたんです。

店まで尾行してきたトランスルーセントとブッチャーが格闘の末、トランスルーセントを捕え、フレンチーのアジトへ。

何をしても死なないと思っていたトランスルーセントですが、皮膚の下は普通の人間だということが判明し、気絶した隙にお尻に爆弾を仕込みます。

殺人には断固反対していたヒューイでしたが、最後にはロビンの顔が頭をよぎり…自ら爆弾のスイッチを押すのでした!

YUKI

ひょぇ~…!ヒューイが殺したのはアメリカ国宝級のセブン!

そしてトランスルーセントから聞き出した情報をもとに、Aトレインの彼女・ポップクローの家に行くボーイズ。

ふたりの会話から、Aトレインはロビンを轢き殺したとき“コンパウンドV”をやっていたことが判明します。

コンパウンドVとは?
ヒーローの能力の限界値を上げる強壮剤のようなもの。

ポップクローの家を出た時、ヒューイはAトレインとすれ違ってしまいます。

YUKI

これはマジヤバイ!!

しかし、Aトレインはすでにヒューイのことを忘れていたんです。

この件で言えばラッキー以外の何でもないことですが、Aトレインの中でロビンの事故がそれほどまでに軽いことだったことに怒り心頭のヒューイは、改めて復讐を心に刻むのでした!

コンパウンドVと、監禁されていた少女

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』

出典:IMDb

ポップクローからコンパウンドVのありかの情報を聞き出したボーイズは、中華街へ。

ある店の地下に大量のコンパウンドVと、監禁されているナゾの少女が…。

フレンチーはこの少女を逃がしてあげようとします。

YUKI

さすがイタリア男!

しかし、監禁を解いた瞬間、現れた敵を一瞬にして殺した少女。

彼女もまたコンパウンドVによってスーパーパワーを手に入れていたんです。

家に帰りたがっている少女に自分の過去を重ね、フレンチーは少女に歩み寄ります。

はじめは誰にも心を開かない少女ですが、次第にフレンチーに、そしてボーイズと心を通わせるようになります。

過去にヴォート社に在籍するヒーローのひとりだったメズナーの手を借り、この少女の名前がキミコであること、世界的なテロリスト集団、光解放軍の一味だったことが分かります。

キミコは幼い頃に両親を殺害され、弟と一緒に無理やりテロリストの一味にされたのですが、残してきた弟の身を案じ、助け出そうとしています。

しかし、弟を救い出す前に自分たちに協力して欲しいとフレンチーに頼まれたキミコは、自らの意思で残る事を決意!

キミコの加入で、普通の人間だけで結成されたボーイズに頼もしい能力者が仲間になります!

YUKI

しかし、突然家族を殺され、無理やりテロリストにされ、さらに無理やりコンパウンドVを打たれて…キミコの人生って…ひどすぎる!!
海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

しかし、このキミコとのエピソードで、ただのジャンキーだと思っていたフレンチーの優しさが垣間見え、フレンチーの株が私の中で急上昇しましたよ~!

YUKI

ふたりで料理をつくるシーンなんか、とっても微笑ましくて良かった~。

しかし、メズナーは実は過去の栄光が忘れられず、ヴォートに戻りたいと密かに思っていて…。

この件をよりにもよってホームランダーに密告!

だけどこの後メズナーは、密告を知ったブッチャーによってメッチャ惨殺されるんですが…。

そして、ホームランダーにボーイズの顔がバレた!ヤバすぎる!

ホームランダーはブッチャーの写真を見て、ブッチャーの妻・ベッカのことを思い出すのです!

それはそうとキミコ役の福原かれんさんですが、とってもキュートです!

国籍はアメリカですが、両親とも日本人だそうです。

YUKI

“ボーイズ”なのにひとり女の子だし、“能力は気合と根性の一般市民が立ち向かう!”とかいってキミコはがっつり能力者だし…?

っとまぁ、そんな細かい話は置いといて…キミコの活躍と、フレンチーとの今後がとっても楽しみですね!

距離が縮まるヒューイとアニー(スターライト)、揺れ動くヒューイの心

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

はじめは友達だったヒューイとアニーですが、何度もデートを重ねるうちにお互いの心のよりどころになっていきます。

ヒューイはアニーと一緒にいるときに、罪悪感から何度もロビンの幻影を見てしまいます。

さらにブッチャーはふたりの仲を自分たちの作戦に利用しようとしてきて…。

ヒューイはロビンのための復讐心と、アニーへの恋心に葛藤するようになります。

ホームランダーが真実を知り、ヒューイがスパイだったと知りは大ショックを受けるアニー。

YUKI

ヒューイだけが唯一信用できる相手だったのに…。

「ふたりだけで話がしたい」とアニーに呼び出されたヒューイは、ヒーローの真実を伝えます。

ヒーローは天然で、生まれながらの能力だと信じていたアニーは、自分たちの能力がコンパウンドVにより強制的に引き出されていたことを知り、さらに大大ショック!

トランスルーセントを殺したのもヒューイだと知り、セブンから守るためヒューイを警察へ連れて行こうとしますが、尾行していたブッチャーにより撃たれ、その隙にヒューイは逃げ出します!

しかしその後、アジトにヴォートから派遣されたFBIがやって来てフレンチーとMMとキミコは捕らえられてしまいます。

仲間を助けようとせず、復讐だけを完遂させようとするブッチャー。

ヒューイは仲間を救うため、ブッチャーと決別し助けを求めたのは…なんとスターライト。

YUKI

スターライトがスーパーヒーローだからって、女の子に銃弾ぶっ放して逃げといてよくもノコノコと現れたもんだ!

だけど、その場では断ったものの、結局助けに来てくれたスターライト。これぞ新のヒーロー!大・興・奮でした~!

クイーン・メイヴは実はイイ人!?

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

まさにアマゾネスといった言葉がぴったりなのが、このメイヴ姐さん。

スターライトはまだあどけなさが残る美少女といった感じですが、クイーン・メイヴは妖艶な大人の女性。

YUKI

腐りきったスーパーヒーローたちの実態が次々と暴かれる中、クイーン・メイヴだけは「あれ?もしかしてこの人イイ人なんじゃ?」と思うエピソードがいくつかありました。

そのひとつ、ホームランダーとハイジャックされた飛行機の乗客を救うシーン。

テロリストを瞬殺したところまでは万事順調だったのですが、この後コックピットに潜んでいた敵をビームで殺したホームランダーは、なんとはずみで機器系統まで破壊…!

ホームランダーもやっちゃった~…って感じだったのですが、この後が最悪!

ホームランダーは墜落していく飛行機の中の乗客を見捨て、メイヴだけ連れて脱出してしまうんです!

この時、メイヴは最後まで乗客を助ける手段を探し、飛行機に残ろうとします。

しかし、救う方法はないと分かった時、小さな女の子とそのお母さんを見て「この人たちだけでいいから」とホームランダーにふたりを連れて行ってくれるように懇願します。(メイヴは飛べないのでホームランダーに掴まって飛ぶしかない)

ただ、ホームランダーからしてみれば、自分の失態を知る生存者がいたらたまったもんじゃないワケで。

結局、「行かないで!」と縋りつく乗客を見捨ててしまいます。

その他にも、メイヴはスターライトをホームランダーから守ろうとしたりもしていたり…。

YUKI

クイーン・メイヴも、セブンに入る前はきっとヒーローへの理想や信念があってそうあろうと努力していたんじゃないかな。スターライトを気に掛けているのだって、そんな自分の若い頃とスターライトが重なっているんじゃないでしょうか。

そんなクイーン・メイヴの心の葛藤や、行動が今後の展開にどう絡んでいくのか?要チェックだと思っています!

ベッカの真実

ブッチャーがここまでヒーローを恨む理由となったのが8年前の妻・ベッカの失踪。

シーズン1のラストに大きく絡むこのストーリーには、賛否両論あるようです。

ヴォート社で働いていたベッカは、ホームランダーと会ったのを最後に行方が分からなくなってしまいます。

ブッチャーはベッカの死を受け入れられないまま、その行方を探し続け苦しんでいたのでした。

しかし、このベッカの失踪の裏には衝撃的な事実が!

ブッチャーやヒューイに、ベッカは「ホームランダーにレイプされ、その後失踪した」と言っていました。

失踪したままどこかで暮らしているのか、自殺してしまったのか、はたまたホームランダーに殺されたのか…。

しかし結局、蓋を開けてみればベッカとホームランダーとの関係は…。

YUKI

はぁ~?ただの不倫!?

さらに失踪した理由は“ホームランダーの子供を妊娠したから”。

もともとホームランダーは子供ができない体だったのですが、奇跡か災いかベッカはホームランダーの子を身ごもるワケです。

そしてお腹の子供は尋常ではないスピードで成長します。

お腹の中にいる時から父親同様に目が真っ赤に光っていたので、スーパーパワーを持っているようです。

他のスーパーヒーローたちが生後にコンパウンドVを打たれて能力者になったのとは違い、ホームランダーとベッカの子はいわば純潔の生まれながらのスーパーヒーローということ!?

そしてお産の時、ベッカのお腹を突き破って生まれてきた赤ん坊は「10秒間生きて、母親の血の海で溺れて死んだ」とヴォーゲルバウム博士はホームランダーに伝えます。

しかし、ベッカとその子供はヴォート社によって隠されて生きていることが判明します!

『ザ・ボーイズ』シーズン1驚愕のラスト

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

フレンチーとMMを救いに単身乗り込んだヒューイですが、ほぼノープラン。

YUKI

ただ一緒に捕まりに来ただけ!?(笑)

そこにスターライトが現れます!

しかし、ヒューイを追うAトレインも現れ、スターライトとの闘いに。

その闘いの最中、コンパウンドVを打ちすぎたAトレインは心臓発作を起こし倒れますが、ヒューイはAトレインを救うことを選びます。

YUKI

Aトレインにも人を愛する心があった、愛する人を失った気持ちは誰よりもヒューイが一番知っていますからね。

気になるAトレインの生死は、シーズン2まで持ち越しです。

一方のブッチャーは、ホームランダーの最大の弱みであるマデリンの自宅へ。

ブッチャーの計算通りに現れたホームランダーでしたが、ベッカの真実をブッチャーに伝え、そしてそれを自分に隠していたマデリンを殺害…!

YUKI

ちなみに、このマデリンの殺害シーンがシーズン1の私的お気に入りNo.1のシーンとなりました!

ホームランダーのビームはいつも「シュバッ!」って感じで傷口は鋭い刃物で切り裂いたかのようになるのですが、マデリンを殺した時のビームは「ジュンワ~」って感じで、なんというか優しくじっくり殺す…?(笑)

ホームランダーのマデリンへの歪んだ愛そのものがビームになった、そんな感じだったんです。

マデリンは、自分が死んだことに気付かずに死んだような気がします。

そして、ブッチャーは勝てるワケない闘いの決着に相打ちという決断を下し、持っていた爆弾のスイッチを押します…!

しかし、シーズン1のラストは、ホームランダーがブッチャーを連れてベッカと子供のもとを訪れるシーンでした。(どうやら爆発寸前でホームランダーがブッチャーを連れて飛び立ったようです)

YUKI

ベッカを見るブッチャーの顔…。見てらんない…!

そして、スーパーパワーを持ったテロリストの存在ですが、これはスーパーヒーローの軍事加入を目論んだヴォート社の陰謀ではなく、ホームランダーがコンパウンドVをAトレインによって世界中に拡散した結果でした。

今や、世界中にスーパーパワーを持った敵が潜んでいることに。

YUKI

ヴォート社の実権を握っていたマデリンが死んだので、ホームランダーは世界規模でますます大暴走していくのでしょうか!?

『ザ・ボーイズ』シーズン1を観終えて…原作との違い

『ザ・ボーイズ』には同名コミックの原作があります。

今回シーズン1を見たうえで、原作との違いで気になったものをいくつかご紹介させていただきます!

  • ボーイズたちもコンパウンドVを打ち、能力を持つ。

YUKI

これは今後の展開ではあり得ることではありますが、現在のところキミコ以外はただの人間。そもそもこのドラマの売りはスーパーヒーローに立ち向かうただの人間なので、私はこのまま普通の人間でいて欲しいな~と。
  • トランスルーセントは原作では存在しない。

YUKI

ヒューイが殺したトランスルーセントは、原作では別人の無名のヒーローでした。
  • スターライトにセクハラをするのはディープではなく、ホームランダー、ブラックノワール、Aトレイン。

YUKI

これは…私にしたら大きなことでした。だってこの件は、シーズン1最大にディープなストーリーだったからです。

この件があったからこそ、ディープはハナっから「クズだな」と認識されたし、他のヒーローたちのクズっぷりの露呈の皮切りにもなったエピソードだと思っていましたから。

この後、ディープはセブンから干され、自分の存在意義を探し求め、最終的には坊主頭に!

まぁ、それでもディープもクイーン・メイヴ同様に何か自分の中で変化が起こったようで、きっとシーズン2ではもうちょっとストーリーに絡んでくるでしょうね。

YUKI

スターライトが許してくれたらね!
  • ベッカをレイプしたのは“セブンの誰か”。

ドラマでは犯人はホームランダーで、これもまたホームランダーの絶対悪を代表するエピソードのひとつとなっているんですが、原作では犯人は明言されていないんです。

さらには子供を産んだ時にベッカは死に、生まれた赤ん坊はブッチャーによって殺されるという、原作ではなんともショッキングな話だったんですね~。

YUKI

ふたりの子供が今後の展開に大きく絡んでくる予感。シーズン2以降は、さらに原作からストーリーが大きく変わっていくのかも知れませんね!

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1のまとめ

海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

出典:IMDb

ブッチャーとベッカの再会、生まれながらのヒーローの存在が明らかになったところで『ザ・ボーイズ』シーズン1が終了!

シーズン2では、ヴォート社の陰謀から世界を守るためボーイズの活動はまだまだ続きそうです。

そして気になる、テロリスト集団にすでにいた能力者の存在。

スーパーヒーローの軍事加入の道しかテロリストと戦う道はないのかもしれません。

そして、さらに気になるキミコの弟

もしかしてキミコの弟もコンパウンドVを打たれている?

兄弟で実験台に…ってちょっとありえる話じゃないでしょうか?

そして、ヒューイとスターライトの恋の行方、スターライトは今後ボーイズに加入するの!?

続きが気になりすぎて、2020年公開のシーズン2が待ち遠しいです~!

シーズン2のメイキング!

ヒューイとMM血まみれ…これは、シーズン2にも期待できそうですね~!