『TENET テネット』IMAX鑑賞感想レポート!劇場の大迫力の音響と映像で“時間の逆行”を体験!

『TENET テネット』IMAX鑑賞感想レポート!劇場の大迫力の音響と映像で“時間の逆行”を体験!

出典:『TENET テネット』公式ページ

ダークナイト』3部作や『インセプション』『インターステラー』など、数々の話題作を世に送り出してきたクリストファー・ノーランによるオリジナル脚本のアクション・サスペンス超大作『TENET テネット』。

「現在から未来に進む“時間のルール”から脱出する」というミッションを課せられた主人公が、第3次世界大戦に伴う人類滅亡の危機に立ち向かう姿を描きます。

ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントンが主演を務め、共演に『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン、『華麗なるギャツビー』のエリザベス・デビッキ、『ダンケルク』に続いてノーラン作品に参加したケネス・ブラナーなど実力派が顔を揃えました。

そんな『TENET テネット』は、ノーランのこだわりのもとIMAXでの鑑賞が推奨されています。

というわけで、今回は『TENET テネット』をIMAX上映で鑑賞した際の感想をお伝えしたいと思います。

▼ネタバレなしレビュー記事はこちら▼

『TENET テネット』作品情報

『TENET テネット』

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

作品名 TENET テネット
公開日 2020年9月18日
上映時間 150分
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
出演者 ジョン・デヴィッド・ワシントン
ロバート・パティンソン
エリザベス・デビッキ
ケネス・ブラナー
マイケル・ケイン
アーロン・テイラー=ジョンソン
音楽 ルドウィグ・ゴランソン

『TENET テネット』あらすじ


逆行する時間に挑む

キエフのオペラハウスでテロ事件が勃発し、ある特殊部隊が現場に突入しますが、そのうちの一人である「名もなき男」(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は敵に捕らえられ、仲間のために自ら毒薬を飲んで命を絶とうとしました。

しかし、いつのまにか別の薬とすり替えられていたことで生きたまま救出され、昏睡状態で目覚めた「名もなき男」は、第3次世界大戦の発生を阻止するという危険なミッションを課されることになります。

『TENET テネット』

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

そのミッションのキーワードは“TENET”。

「名もなき男」は、時間の逆行と人類滅亡の危機に挑むことになります。

『TENET テネット』IMAX鑑賞感想レポート

クリストファー・ノーランとIMAX

IMAXとは、針が落ちるような繊細で小さい音から爆発音などの大きい音まで臨場感溢れる音響で再現し、世界最高レベルの解像度と彩度で見える範囲をぐっと広げた映像を届けることができる映画館の上映システムのことです。

クリストファー・ノーランは、IMAXシアターで上映されることを念頭に置いたうえで企画を行ったり、IMAXカメラでの撮影に独自のこだわりを持って製作に着手したりと、これまでもIMAXの力を最大限に引き出すような映画作りをしてきました。

『TENET テネット』

出典:IMDB

CGを使わずに本物を使用することで定評のあるノーランと、IMAXによる臨場感や生々しさは確かに相性が良く、その相乗効果は『TENET テネット』でも活かされています。


例えば、空港のシーンでは本物の飛行機を爆破していますし、カーチェイスのシーンでは高速道路の一部を3週間も封鎖して撮影していますが、IMAXで観ることによってさらに圧倒的なリアリティを生み出しています。

『TENET テネット』

出典:IMDB

uraraurara

ノーランはインタビューで「IMAXは他の映画フォーマットではできない形で観客をアクションに放り込むことができる」と語っており、その言葉の通り、観客は物語の中に入り込んだような感覚にさえ陥ることでしょう。

臨場感溢れる大迫力の音響

IMAXの音響は、簡単に言ってしまえば小さい音がハッキリ聞こえる、大きい音が大迫力で聞こえるということなのですが、そんな言葉では言い表せないほどのリアリティがあります。

TENET テネット』の冒頭にあるオペラハウスのシーンでは、まず客席に集まってくる人々の雑踏、オーケストラが楽器のチューニングをする音が鳴っています。

この段階ですでに、まるで自分もオペラハウスの客席にいるかのような感覚に陥るのです。

uraraurara

直後にテロが発生すると、銃撃音や爆発音、人々の悲鳴で溢れ、現場が騒然とするのですが、それまで客席にいたような感覚になっていたため、銃撃音などが非常にリアルに耳へと入り込んできて、かなり恐怖心を煽られます。

他にも、戦闘シーンや脱出シーンでは臨場感のある音響によって主人公たちの緊張が色濃く伝わってきますし、海上のシーンでは波やしぶきの水音といった自然の音までよく聞こえていました。

『TENET テネット』

出典:IMDB

そして、もう一つ印象的だったのは、エンドクレジットの際にテーマソングであるトラヴィス・スコットの「The Plan」が流れる場面です。


重低音が響き渡り、全身が音に包み込まれるような感覚は、もはやライブ会場にいるようでした。

uraraurara

普段はエンドクレジットを観ないで退出するというタイプの方にも、このライブ感を体験するために最後まで残ってみてほしいなと思います。

没入感が得られる圧巻の映像

解像度が高く、細部まで捉えることができる映像が特徴のIMAX。

一般的な映画よりも見える範囲がぐっと広がった映像によって、作り手の込めた想いが伝わりやすくなるという、わかりやすい利点があります。

単純により多くの視覚情報が入ってくることはもちろん、細かいディティールに詰め込まれたこだわりを感じ取ることができて、一つ一つのシーンに引き込まれます。

また、スクリーンが大きいというだけで驚くほど没入感が増し、迫力のある音響と同様に、物語に入り込んだような感覚を得られるのです。

uraraurara

そこにはまるで「自分が観ている映像」ではなく、「自分が体験した世界」と思ってしまうほどのリアリティがありました。

TENET テネット』で描かれている“時間の逆行”は、言葉で説明を受けたところで理解しがたいものです。

主人公の「名もなき男」でさえ、科学者から説明を受けるシーンで完全に理解したようには見えません。

『TENET テネット』

出典:IMDB

疑問を呈することもあります。

uraraurara

それでも凄く物分かりが良いですが…

しかし、実際に“時間の逆行”を体験する中で、その意味を理解していきます。

IMAXで鑑賞するうえで、観客も同じ体験をします。

uraraurara

言葉で聞いてもよく分からなかったけれど、実際に時間が逆行する世界を観てみると、理解が深まるのです。
『TENET テネット』

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

それはIMAXで観ることによって、スクリーンに流れる映像と観客とのボーダーが限りなく近くなっているからだと思います。

スケールの大きい物語だったとしても、まるで自分が体験したように感じるのです。

『TENET テネット』

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

uraraurara

そうした点が、今までにない新しい映画体験といえるでしょう。

『TENET テネット』IMAX鑑賞感想レポート:まとめ

いかがだったでしょうか。

クリストファー・ノーランが世に送り出した新しい映像体験ができる映画『TENET テネット』。

IMAXで映画を観たことがある人も、そうでない人も、必ずや驚きと楽しさに満ちた150分を過ごせることでしょう。

大迫力の音響と圧巻の映像で、ぜひとも“時間の逆行”を体験してみてください!

▼その他の『TENET テネット』関連記事はこちら▼