『35歳の少女』第3話あらすじ・ネタバレ感想!成長したい望美が気づいた大事なこととは?

『35歳の少女』第3話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『35歳の少女公式ページ』

望美(柴咲コウ)は、広瀬結人(坂口健太郎)から勉強を教わりたいと思っていました。

しかし、多恵(鈴木保奈美)はそれに反対しています。

望美は内緒で結人に会いますが、多恵にばれて怒られてしまいました。

多恵と喧嘩をしてしまった望美は、多恵と仲直りする方法を考えます。

そして、本当に大切なことをまだやっていないと気づくのでした。

ドラマ『35歳の少女』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

『35歳の少女』前回第2話のあらすじと振り返り

多恵(鈴木保奈美)は望美(柴咲コウ)を35歳の女性として扱おうとします。

しかし、望美は多恵のやり方についていくことができません。

25年ぶりに会った親友たちもすっかり変わっていました。

25年前のみんなに会えると思っていた望美は、現実を目の当たりにして深く悲しみます。

広瀬結人(坂口健太郎)はそんな望美の姿をみて「そのままでいろよ。無理に大人になる必要なんてないんだよ。お前の好きなようにやればいい。」と言います。

その言葉に勇気づけられた望美は、自分を成長させようと決心しました。

【ネタバレ】『35歳の少女』第3話あらすじ・感想


仲直りの仕方

進次(田中哲司)が家に帰ると、望美(柴咲コウ)と愛美(橋本愛)が泣いていました。

道を教えるため知らない人に付いて行ってしまった望美を多恵(鈴木保奈美)が叱ったのです。

愛美は望美につられて泣いていました。

そんな望美に進次は、多恵との仲直りの仕方を教えてくれたのですが、進次が何と言ったか思い出すことができませんでした。

ミルトモライターミルトモライター

かつて、望美には優しい笑顔を向ける母・多恵と父・進次、そして仲のいい妹・愛美がいました。しかし、今の家族はバラバラで、多恵たちには笑顔が見られませんでした。

自分を成長させようと努力する望美(柴咲コウ)

望美は自分を成長させようと頑張っていました。

お皿を洗ったり、洗濯物を畳んだりしますが多恵を満足させることは叶わず、塾で体験入学をしてみますが望美は他の小学生についていくことができませんでした。

そこで、望美は広瀬結人(坂口健太郎)に勉強を教わりたいと言います。

しかし多恵は「もう関わらないほうがいいと思う。」と言って、結人に勉強を教わるのを許しませんでした。

ミルトモライターミルトモライター

望美は結人から「これからいろんなものを見て、聞いて、考えないとダメだ。」と言われ、自分を成長させようと思ったのです。しかし、35歳の望美が他の小学生に混ざって勉強するのは難しかったようです。

結人(坂口健太郎)に愚痴を聞いてもらう愛美(橋本愛)

相沢秀男(細田善彦)は愛美のサポートのおかげでプレゼンを成功させることができました。

しかし、秀男からのねぎらいの言葉は全くありません。

愛美は結人を呼び出し、愚痴に付き合ってもらいました。

「今度のイベントだって、ほとんど私のアイデアなんだよ。あの男がやったのはクライアントのご機嫌を取ることだけ。あいつは私がいないと何にもできないの」

「実にひどい上司だ。」

結人は愛美に調子を合わせていました。

お酒を飲んで酔っ払った愛美は、外に出て歩き始めます。

秀男のマンションの前に来ると「相沢、出てこいや!」と大声をあげ、泣き始めました。

「お前の気持ちは十分伝わったから、帰ろう。」

結人は倒れた愛美を背負い、望美たちのいる家まで運びました。

ミルトモライターミルトモライター

愛美はとても優秀な社員のようですが、会社から正しい評価がされていないことも不満の1つになっているようです。

達也(竜星涼)の心の傷

義理の息子・今村達也(竜星涼)と話し合おうと、進次は部屋のドアをノックしました。

「小さい頃、キャッチボールやったの覚えてるか。あの頃は、おまえもパパって懐いてくれていたよな。中学くらいから血が繋がっていないことを気にして遠慮するようになったけど、それじゃいけないと思うんだ。」と語りかける進次。

部屋から顔をだした達也は「100万くれたら出てきてやるよ。」と言います。

そのお金で達也は整形しようと考えていたのです。

ミルトモライターミルトモライター

達也は自分の見た目が原因でいじめに遭ったと思っていました。今でも十分ハンサムに見えるのですが…いじめによる心の傷はかなり深いようです。

友達のふりができない望美(柴咲コウ)

望美は多恵に内緒で結人に会いに行きました。

図書館で、望美は結人に勉強を教わっています。

結人に教わると、解けなかった問題も解けるようになるのです。

その時、結人に代行業の依頼が入りました。

今の時代のことをもっと知りたいと思っていた望美は、結人と一緒に仕事を体験することにします。

結人は知らない人の友達として、誕生日パーティに参加しました。

そんな状況の中、望美は「本当の友達じゃないもん。おかしいよ。こんな嘘パーティやって楽しい?」と言いだします。

ミルトモライターミルトモライター

お金を払って友達のふりをしてもらうなんて、なんか悲しいですね。望美が不思議に感じるのもわかる気がします。

望美(柴咲コウ)の行動を監視する多恵(鈴木保奈美)

誕生日パーティに参加した望美は、初めてお酒を口にします。

結人は、酔っ払った望美を背負って時岡家まで連れ帰りました。

多恵はそんな結人に、望美の携帯番号を削除するよう言います。

さらに、望美の部屋に監視カメラをつけ、いつでもスマホで様子がわかるようにしました。

家のドアは家の中からは開かないようにしてしまいます。

1人で家に残された望美は、2日酔いでズキズキする頭を抱えながら、多恵とどう仲直りするか考えていました。

古いカセットテープをラジカセに入れてスイッチを押すと、望美がアナウンサーの真似をして多恵と仲直りした時の声が聞こえました。

ミルトモライターミルトモライター

部屋に監視カメラをつけて、家から出られないようにするのはやりすぎです。それでも、頑張って仕事をする多恵の姿を見ていると多恵の行動を否定することができません。

本当に大切なこと

望美はレターセットを取り出して、何と書こうか考え始めました。

結人に相談しますが「成長したいんだろ。だったら自分で考えないと…。」と言われてしまいます。

「何か大切なことを忘れている気がするんだけど。」

望美は考えますが、なかなか思いつきません。

手紙を書き終えた望美は、家に帰って来ました。

マイクを持った望美は「アナウンサーの時岡望美です。」と言って多恵に手紙を読み始めます。

手紙を読み終えた望美は多恵に抱き付き「ありがとう、ママ。」と言いました。

ミルトモライターミルトモライター

今までずっと笑顔を見せなかった多恵が少し微笑みました。今度は望美が多恵の支えになり、昔のように笑い合える日が来てくれればと思いました。

『35歳の少女』第3話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

家族がバラバラになってしまった多恵にとって、眠り続けている望美だけが心の拠り所だったのだと思います。

そんな望美が自分の意志で行動するようになったのですから、多恵の不安も少しわかる気がします。

望美に「ママ、大好き。」と言われたことで、固くなってしまった多恵の心が少しほぐれた気がしました。

そして、結人と週2回会って勉強することを許してくれました。

望美の心はどのように成長していくのでしょう?

結人との関係がどうなっていくかも見ていきたいと思っています。

ドラマ『35歳の少女』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第4話も続けて読む▼