『35歳の少女』第2話あらすじ・ネタバレ感想!今の姿を受け入れられず戸惑う望美の決心とは

『35歳の少女』第2話

出典:『35歳の少女』公式ページ

10歳に戻っていることを期待して目を開けた望美(柴咲コウ)は、鏡を見てがっかりしました。

望美はすでに35歳になっていたのです。

母・多恵(鈴木保奈美)は望美を早く大人にしようとしていました。

父・進次(田中哲司)は義理の息子・今村達也(竜星涼)との関係に悩み、妹・愛美(橋本愛)は別れた元カレ・相沢秀男(細田善彦)に執着しています。

25年ぶりに会った親友もすっかり変わり、望美の知っている人たちではありませんでした。

現実を目の当たりにした望美は落ち込みますが、広瀬結人(坂口健太郎)に勇気づけられ、ある決心をします。

『35歳の少女』を無料で見れる配信サービスは?
  • Hulu / 見放題 / 14日間無料

『35歳の少女』前回第1話のあらすじと振り返り

不慮の事故で25年間眠り続けた望美(柴咲コウ)は35歳になっていました。

望美は今の自分の姿を受け入れられずにいます。

笑顔で暮らしていた家族も変わっていました。

それでも、25年前と変わらないものもありました。

初恋の相手・広瀬結人(坂口健太郎)と再会した望美は、結人も自分と同じ想いだったことを知ります。

望美は結人に抱き付き「結人君だ。結人君だ。結人君だ」と言いました。

【ネタバレ】『35歳の少女』第2話あらすじ・感想

望美(柴咲コウ)を早く大人にしたい多恵(鈴木保奈美)

ベッドで目覚めた時岡望美(柴咲コウ)は、改めて自分が35歳なのだと痛感しました。

10歳から35歳までの経験がない望美は、生理を初めて体験します。

時岡多恵(鈴木保奈美)は、自分が用意した朝食を子供のように食べる望美に「今の世界にも早く慣れないと。今まで何があったか、ママと勉強していこう」と言いました。

机の上には、勉強するために必要な本がたくさん積み上げられていました。

多恵は望美に30代の女性にふさわしい洋服を買いました。

レストランでは、望美の好きなお子様ランチではなくリゾットセットを注文します。

多恵は、迷子になった望美を館内アナウンスで呼び出そうとしますが、望美の年齢を思い出し自分で探すことにしました。

望美がいた場所はキッズスペースでした。

ミルトモライターミルトモライター

多恵は35歳の女性として恥ずかしくないよう、望美を教育することにしたようです。心が10歳の望美は、そんな多恵のやり方についていけるのでしょうか?

相沢秀男(細田善彦)に執着する愛美(橋本愛)

時岡愛美(橋本愛)は会社の上司・相沢秀男(細田善彦)と付き合っていましたが、秀男が今付き合っているのは愛美の後輩・林田藤子(大友花恋)です。

「10歳も下の子と付き合ってるなんて。気を付けてよ。部下に手を付けたって噂になったら大変だから」

「俺、真剣だから。今度、プロポーズしようと思っている」

愛美は秀男と藤子の様子を探るため、2人がいる高級レストランに行くことにしました。

愛美は、偶然を装い秀男たちに話しかけます。

「私たち結婚を前提にお付き合いしてて」

愛美の隣には恋人の振りをした広瀬結人(坂口健太郎)がいました。

愛美は結人に「騙されているのよ、あの子に。彼は私と付き合っているほうが絶対幸せなの」と言います。

結人は愛美に話を合わせていましたが、ついに本音を言います。

「もう止めた方がいいんじゃないか。お前がやっていることストーカーだし」

ミルトモライターミルトモライター

結人の言う通りですね。他のことに目を向けて、新しい恋人を作った方がいいですよね。

進次(田中哲司)の新しい家族

今村進次(田中哲司)が家に帰ると、部屋の中がグチャグチャになっていました。

再婚相手の連れ子・今村達也(竜星涼)が部屋で暴れまわったようです。

達也は就職したブラック企業を退職した後、家に引きこもっていました。

進次も達也の母親・今村加奈(富田靖子)も、そんな達也を厳しく注意することができないのです。

ミルトモライターミルトモライター

進次は社長賞をもらうくらい優秀な営業マンですが、少し気が弱い面があるようです。達也に話しかけようと努力はするのですが、話し合うことができずに終わってしまいます。

進次(田中哲司)の想い

進次に呼び出された望美は、昔よく来ていた喫茶店にいました。

望美はナタデココの代わりにオムライスを注文し、進次と話し始めました。

「何でママと喧嘩したの。もうお家に帰ってこないの」

進次は、望美が絶対目覚めると思って頑張っていました。

しかし、医者から目覚める可能性はほとんどないと言われ「望美を楽にさせてあげよう」と考えます。

ですが、多恵は違いました。

「それでも父親?」と怒鳴られた進次は心が折れてしまいました。

進次は今でも、自転車のブレーキを直しておかなかった自分を責めていたのです。

ミルトモライターミルトモライター

もし進次の意見に従っていたら、今の望美はいません。強い多恵のおかげで、望美は25年ぶりに目を覚ますことになるのです。でも、25年は本当に長いです。

25年ぶりに会った親友

小学生の時、アナウンサーになる夢を持っていた望美は、ラジカセに付けたマイクで友達にインタビューしていました。

その時のカセットテープから流れる友達の声を聞き、望美は親友たちに会いたくなります。

しかし、25年ぶりに会った親友たちは変わっていました。

「別人28号だ」

親友たちは昔の夢を忘れ、今を生きていました。

望美に優しく接してはくれますが、本心は違ったのです。

望美は自転車に乗って、25年前と同じ道を走り出します。

自転車のスピードは加速していきますが、危ういところで自転車は止まりました。

後ろから追いかけてきた結人は「馬鹿野郎。死ぬ気か」と言います。

「だって戻れると思ったんだもん。25年前のみんなに会えると思ったんだもん。早く大人になれって言うけど、そんなのムリだよ」

ミルトモライターミルトモライター

望美は25年の歳月を埋めることができず、悲しみます。でも、結人だけはそんな望美を受け止めてあげているようです。

豆腐を買ってきた望美(柴咲コウ)

時岡家には25年前と同じ家族が集まっていました。

結人に買ってもらった服を着た望美は、袋の中から豆腐を取り出します。

「豆腐は悪くないから。愛美ちゃんも悪くないから。パパも悪くないから。ママも悪くないから」

望美は25年も辛い思いをさせた家族に謝りました。

望美が買ってきたお豆腐を多恵が食べ始めます。

それに続き進次と望美も食べ始めました。

愛美は文句を言いながらも、皆と一緒に豆腐を食べました。

ミルトモライターミルトモライター

お豆腐を食べる望美たちを見て、25年ぶりに家族が結束した感じがしました。

『35歳の少女』第2話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

望美を取り巻く家族たちは、それぞれ表現が違っても、望美を大事に思っていることに変わりはないのだと思いました。

多恵の態度は少し厳しく感じますが、望美を大事に思うが故の行動だと思います。

35歳の女性が子供のように振舞っていたら、周りから好奇の目で見られてしまいますから…。

進次と愛美は一緒に暮らしてはいないですが、お豆腐を一緒に食べる姿を見て、やっぱり家族なんだと感じました。

結人も、今の自分を受け入れられない望美に寄り添ってくれています。

そんな中、望美は自分を成長させようと決心しました。

そして、次回はさらに大人になるための第一歩を踏み出すようですが…。

どんな展開になるか楽しみです。

『35歳の少女』を無料で見れる配信サービスは?
  • Hulu / 見放題 / 14日間無料