『35歳の少女』第1話あらすじ・ネタバレ感想!心は10歳、体は35歳の女性を描く成長記

『35歳の少女』第1話

出典:『35歳の少女』公式ページ

望美(柴咲コウ)は自転車事故で意識不明の重体となり眠り続けます。

まぶしい光に気づき目を開けた望美は、傍に白髪の女性(鈴木保奈美)がいることに気づきました。

その女性は望美を見て「望美、分かる。ママよ」と言います。

望美は25年間眠り続けていたのです。

鏡には30代くらいの見知らぬ女性が映っていました。

望美は寝ている間にすべてが変わってしまったことを知り、子供のように泣きじゃくるのでした。

10歳の心を持った35歳の時岡望美が、すっかり変わってしまった環境の中でどのように生きていくか、これから見守っていきたいと思います。

『35歳の少女』を無料で見れる配信サービスは?
  • Hulu / 見放題 / 14日間無料

【ネタバレ】『35歳の少女』第1話あらすじ・感想

目を覚ました望美(柴咲コウ)

10歳の望美(柴咲コウ)は、母・多恵(鈴木保奈美)に頼まれてお豆腐を買いに行きました。

望美はヘルメットをかぶり、歌をうたいながら自転車をこいでいます。

坂道に差し掛かると、自転車のブレーキが効かないことに気づきました。

自転車は加速していきました。

叫び声と共に遠のく意識。

まぶしい光に気づいた望美は、傍に見知らぬ白髪の女性がいることに気づきました。

その女性は「望美、分かる。ママよ」と言い、望美の手を握りました。

多恵は手鏡を手に取り、望美の今の姿を見せてあげました。

25年間眠り続けた望美は、35歳になっていました。

ミルトモライターミルトモライター

望美は10歳から大人になるまでの経験をせず、突然35歳になってしまったのです。夢なら覚めて欲しいといった気持ちだったのではないでしょうか?なかなか想像できませんね。

25年後の望美(柴咲コウ)の家族

多恵からの連絡を受け、望美の父・今村進次(田中哲司)と望美の妹・時岡愛美(橋本愛)が病院に駆けつけました。

進次は20年前に多恵と離婚し、今は再婚して連れ子がいました。

愛美はすでに家を出て、多恵とは別に暮らしていました。

多恵は望美にショックを与えないよう、昔と同じままの家族のように振る舞って欲しいと言います。

望美は、年を取った父と大きくなった妹の姿を見て驚きますが、声が出ませんでした。

ミルトモライターミルトモライター

25年の歳月が家族の姿も変えていました。多恵は髪も白くなり、笑顔もなくなりました。家族の中で一番変わったのは多恵かもしれません。

退院祝いで食べる食事はすき焼き

望美は病院を退院し、家に戻ってきました。

そして家の中を見渡し、鏡に映る自分の姿に戸惑いました。

でも、自分の部屋は25年前と変わらないままです。

小さい椅子に座り、亀のぬいぐるみを抱きしめます。

“モモ”と書かれた本を手に取りページをめくると、広瀬結人と名前が書かれていました。

望美の退院を祝うため、進次と愛美が家にやって来ました。

多恵はすき焼きで退院祝いをしようとしていました。

しかし、望美はすき焼きに入れる豆腐を買いに行って事故に遭ったのです。

進次と愛美は多恵に文句を言いますが、多恵は「だからみんなで食べなきゃダメなの」と言いました。

ミルトモライターミルトモライター

止まってしまった時間を動かすためには、25年前に食べるはずだったすき焼きでなければならなかったのかもしれません。

広瀬結人(坂口健太郎)との再会

4人で食事をしていると、望美の初恋の相手・広瀬結人(坂口健太郎)がやって来ます。

結人は、多恵に頼まれて家に来たのです。

多恵は、結人に借りていた本を返すよう望美に促しますが、望美は本を放そうとはしません。

望美は結人を見つめながら「このおじさんが結人くん。悪夢だ」と心の中でつぶやきました。

小学校の教師をしている結人は「いつも笑顔で、いじめなんて全然なくて、いい思い出をいっぱい作ってくれたら、教師になってよかったなって、そう思っていました」と言いました。

望美は目を輝かせながら結人の話を聞いていましたが、結人は「でも、そんなの嘘です」と言いだします。

結人は教師を辞め、今は代行業をしていたのです。

結人の豹変ぶりに驚いた望美は、子供のように泣きじゃくりました。

ミルトモライターミルトモライター

結人は小学校の先生でしたが、現実の厳しさに直面し先生を辞めてしまいました。望美以外は皆、25年の歳月を生き、変わってしまったようです。

望美(柴咲コウ)の作文

小学校の頃、望美が書いた作文には将来の夢が書かれていました。

「私は早く大人になりたくて仕方ありません。21世紀はきっと戦争も差別もなくなり世界中の人がうちの家族みたいに笑顔で暮らしていると思うから」

望美は亀のぬいぐるみを抱きかかえ、小さいベッドに横になりながら、昔のカセットテープを聞き始めました。

そのテープには、読書感想文を書くために家族にインタビューしている望美たちの声が録音されていました。

望美は、楽しかった頃の家族の声を聞きながら涙を流しました。

ミルトモライターミルトモライター

子どもの頃の望美は、世界は今より良くなっている、早く大人になりたいと思っていました。しかし、現実は違ったのです!

25年前と変わっていないもの

望美は、昔と同じものがないか探していました。

望美が通っていた小学校は新校舎に変わっていました。

望美は、駆け付けた結人を無視して歩き続けます。

そして、昔とあまり変わっていない場所を見つけました。

望美と結人は図書館の中に入っていきました。

「長いこと眠っていた。もう誰もいない。すべては過ぎ去った」

望美は今の自分を受け入れられず泣き出しました。

結人は「誰とでもすぐ親友みたいな口をきいて、テストでいい点とった奴がいたら自分のことみたいに喜んだり、リレーでバトン落とした奴がいたら一緒に泣いているお前を見てたら、世界中こんな奴ばかりだったらどんなに素晴らしいだろうって思った」と言いました。

結人は、教えるのがうまいと望美から言われ先生になりました。

結人の初恋の相手は望美だったのです。

「25年経ってこんな世界だけど、戻ってきてよかったんだ」

結人は望美から返してもらった本を再び望美に渡しました。

ミルトモライターミルトモライター

25年前と変わらないものは図書館だけではありません。結人も、25年前と変わらない部分があったのです。

『35歳の少女』第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

「信じてよかった。諦めないでよかった。間違ってなかった」

この多恵の言葉は、25年間の想いが全て詰まっていると感じました。

恐らく、他の家族を犠牲にして望美を看病してきたのだと思います。

望美が目を覚ましてくれたことで、25年の苦労が報われたわけですから…。

10歳から突然35歳になってしまった望美は、これからどうなっていくのでしょう?

心が35歳に追いつくことはできるのでしょうか?

これから望美がどう成長していくか注目していきたいと思います。

『35歳の少女』を無料で見れる配信サービスは?
  • Hulu / 見放題 / 14日間無料

▼次回第2話も続けて読む▼