『シロクロ』第8話あらすじ・ネタバレ感想!直輝(横浜流星)の父を殺した犯人はやっぱり佐島法務大臣?

『シロクロ』第8話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式ページ

コアラ男は自分だと告白した遺書を残して自殺した森島哲也(田中圭)だという報道を見た直輝(横浜流星)は、その情報を神代(要潤)に流した佐島法務大臣(佐藤二朗)こそ怪しいと考え、レン(清野菜名)に本当のことを告白し、最後に一度だけとミスパンダを呼び出します。

直輝の心を手に入れたいあずさ(白石聖)の協力で、佐島の自作自演を示す重要な証拠を手に入れた直輝は、『パンダちゃんねる』で佐島を呼び出すことに成功します。

翌日、直輝の家にやってきた佐島は驚くべき告白をします。

今回は、コアラ男と前回突然現れたパンダ男の正体が明らかになります。

※ネタバレではなく、ドラマ本編&オリジナルストーリーを全話無料でイッキ見したい!という方はこちら。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』動画フル無料視聴!清野菜名と横浜流星共演新感覚ミステリーを見る

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』前回第7話のあらすじと振り返り

ミスパンダ(清野菜名)はリコの人格を完全に取り戻していました。

リコはレンに早く戻せと直輝(横浜流星)に詰め寄ります。

リコは自分が消えてしまっても構わないのですが、その前にレンの唯一の味方だった門田先生(山崎樹範)を殺した犯人を突き止めるために、もう一度だけミスパンダとして活動することになります。

そして『パンダちゃんねる』で犯人をおびき出すことに成功した2人ですが、門田先生を殺した犯人はなんと母親の麻衣子(山口紗弥加)でした。

レンを失いたくない麻衣子は、論文発表後にレンを消そうとする門田を阻止するべく犯行に及んだのです。

本人を目の前にしても、一環してリコを拒絶する麻衣子にリコは決別宣言をします。

一方、直輝が追うコアラ男誘拐事件については、神代(要潤)の追及により、コアラ男の正体が直輝の父・哲也だったことが判明します。

哲也は本当にコアラ男だったのでしょうか?

『シロクロ』第7話あらすじ・ネタバレ感想!門田を殺した犯人vsリコが扮するミスパンダ!

【ネタバレ】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話あらすじ・感想

※『シロクロ』の全出演キャスト、各話ゲスト俳優についても詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

ドラマ『シロクロ』出演キャスト/各話ゲスト俳優/主題歌/監督・脚本・スタッフ情報を徹底まとめ!

森島哲也(田中圭)の遺書

直輝の父・哲也(田中圭)が自分はコアラ男だと告白した遺書を残して自殺したことが『イブニングView』で報道され、世間はザワつきはじめます。

世紀のスクープを取ることができてご機嫌の神代(要潤)は、事情を聞きに来た直輝(横浜流星)にスクープを手に入れた経緯を説明します。

神代はちまちまと調べていてもラチがあかないので、直接佐島(佐藤二朗)を直撃しに行きました。

「もしかしたら警察の内部が関わっているんじゃないですか?」

佐島は降参し、事件の担当刑事だった哲也の遺書を保管していることを告白し、神代に遺書のコピー渡したのです。

「真実を伝えるのが仕事だから勝手にやらせてもらった」

怒りを抑えることができない直輝に、神代は続けて言います。

「後はミスパンダの正体だ。覚悟しておけよ」

moyokomoyoko

神代は決して直輝のために動いているわけではなく食えない人だとは思っていましたが、こうもあからさまにゲスだと引くどころかむしろ清々しいですね。でも、哲也が犯人だったなんてこんな簡単なわけがないのに報道してしまって大丈夫でしょうか?

タイムオーバー

レン(清野菜名)は直輝とも別れ、門田先生(山崎樹範)を殺したのが母だと知り、傷心の日々を送っていました。

考えた末、やはり母の口から話を聞きたいと拘留中の麻衣子(山口紗弥加)に会いに行きます。

すると、麻衣子はレンがレンなことを確認した後に「今すぐ彼氏を殺すのよ。必ず殺すのよ!」と、なんとかレンのままでいさせることを諦めていませんでした。

一方、Mr.コンプライアンスはコアラ男について黙っていたことを直輝に詫びます。

「あなたがたどり着くのをずーっと楽しみにしていたのに、たどり着けませんでした。タイムオーバーです」

しかし、直輝は佐島が父を殺したのではないかと考えています。

「だったら暴いてください。いつものようにあなたのやり方でシロクロつけてみてはいかがですか?」

「承知しました。」

moyokomoyoko

若い直輝とレンの周りには、おかしな大人ばかりがはびこっています。彼氏を殺せと言う母親、自分の父が犯人なことをあえて話さずにたどり着くのを待ち続ける法務大臣…。これでは自分たちでシロクロつける他にありません。

法務大臣室の額

直輝はあずさ(白石聖)に呼び出され、直輝の父がコアラ男だとは思っていないと言われますが、直輝はあずさに近づいたのは利用するためだときっぱり言い放ちます。

そしてあずさの父・佐島源造が自分の父を殺したのではないかと思っていることも明かし、「俺は全てを暴こうと思っているから邪魔だけはしないで欲しい」と伝えます。

それでも直輝のことが好きだと言うあずさは、自分にも手伝わせて欲しいと申し出ます。

直輝は以前、法務大臣室に訪れた時に見た佐島の行動から、デスクの引き出しと『令和』の額の裏に何か隠されていると感じていました。

それをあずさに調べて欲しいと頼みます。

直輝は父の元同僚に会いに行き、毎日のように警察手帳に入れた直輝の写真を見せて自慢していた哲也が、君を残して自殺するわけがないという証言をもらいます。

moyokomoyoko

直輝は罪な男ですね。当然ながら後々ミスパンダも登場するので、女を手玉にとって助けてもらっています。イケメンメンタリストだからそれも仕方ないでしょう。でも、もしあずさが裏もなくただのメンヘラ彼女なのであれば、過去が過去だけに気の毒な気がします。

座標を記したメモ

あずさが法務大臣室を調べた結果、額の裏に大臣の辞令が隠されているのを見つけます。

辞令の裏にはA〜Cの3つの数字の列が書き込まれていました。

その数字が恐らく場所を示す座標だと考えた直輝はそれを地図アプリに入力してみると、あずさが保護された公民館と哲也が埋められていた場所、それからある山の中のある地点が表示されます。

直輝が山の中にあるC地点を掘り返してみると、鞄が見つかり、その中には様々な事件の捜査資料が入っており、『コアラ男誘拐事件』のものもありました。

その後、直輝はレンに会いに行き、今までミスパンダとして催眠をかけていたことを正直に話します。

自分がミスパンダだと言われて驚きを隠せないレンですが、直輝が復讐のために動いていたものの、自分一人ではどうしようもないので最後に一度だけ協力して欲しいと頼まれ、レンは自分でも同じことをすると思うと直輝の頼みを受け入れます。

moyokomoyoko

直輝はこの時「レンを幸せにしてやって」というリコの言葉が浮かびます。なので、レンに対して愛着もあるし、少なからず愛情もあり、後ろめたい気持ちになっていることがわかりますが、復讐を果たすためにはミスパンダの力がどうしても必要なのです。

ジャイアントパンダ黄金伝説

目を覚ましたミスパンダ(清野菜名)は、これから父を殺した犯人をおびき出すと直輝から説明を受けます。

「それでまたこの格好なのね…」

「パンダじゃないとダメなんだ」

『パンダちゃんねる』で山の中からパンダのお宝を探しに行くという、YouTube的内容の配信を始めます。

そしてお宝(捜査資料)とパンダのマスクを見つけたミスパンダは、コアラ男誘拐事件の真相を知ってしまったことで殺されたパンダ先輩の遺志を継いでメッセージを伝えることを決意します。

そのメッセージは翌日の正午に明らかになると予告をして『パンダちゃんねる』は終了しました。

moyokomoyoko

パンダ男のことを伝えるためには、パンダの格好でなければいけません。考えてみると、佐島は資料が埋められている場所がわかっているのに、なぜ焼き払うなりしなかったのでしょうか?

ミスパンダ(清野菜名)の願い

ミスパンダの出番はここで終了です。

後は直輝が1人で行動することになります。

「復讐なんてやめたら?」

辛い想いをたくさんしてきたリコは、ミスパンダに扮してみて楽しかったと言います。

だから、直輝にも他に楽しいことを見つけて欲しいと願っています。

しかし、直輝はここまで来たらもう後戻りはできないと言います。

「でも、辛そうだよ」

「これにケリをつけないと、俺は前に進めないんだ」

それなら仕方がないと引き取ったミスパンダは、復讐の結果はどうあれ普通の人生を楽しく送って欲しいと伝えます。

そして、レンのことをよろしくと言って消えていきました。

「今までありがとう」

moyokomoyoko

直輝が本当に分かり合えるのはリコです。恐らくリコもそれを分かっているでしょう。だからこそ、リコは直輝の心配をします。女を手玉に取っているとはいえ、今までありがとうと言える人が復讐のために生きているなんて悲しすぎます。

佐島(佐藤二朗)の告白

翌朝、直輝は自分の部屋で佐島を待ち受けます。

そして、哲也が残した捜査資料の中に全てが記されていたことを佐島に伝えます。

「コアラ男は俺の父親じゃない」

そう言って一枚の写真を出します。

そこには、佐島とある男性がコアラのマスクの受け渡しをしているものでした。

佐島は自分の知名度と好感度を上げるために、自作自演で誘拐事件をでっち上げたのです。

「その通りです」

佐島は素直にそれを認め、会見も娘を思う良き父親をアピールできたと言います。

「なかなかの名演技だったでしょう?」

だけど、1人だけその自作自演に気がついた人がいました。

その名も『ミスターパンダ』。

彼は闇に隠されたグレーな事件を次々と暴いていました。

ミスターパンダに証拠の写真をつきつけられ、このことが世間に知られれば子供たちがマスコミなどの格好の餌食になると思った佐島。

「だからミスターパンダを、あなたの父親を殺したんです」

moyokomoyoko

パンダのマスクをかぶった男が哲也であろうことは容易に想像できましたが、哲也がはじめにグレーな事件を暴いていたのですね。様々な事件をあげて実績があるようですが、パンダのマスクがかなりいただけません。

裁け!裁け!

しかし、佐島の地獄はそこからでした。

毎日毎日吐き続け、罪の意識に苛まれていたと言います。

そのため、償いとしてミスターパンダの遺志を継ぎグレーな人間たちを裏で裁くことにしたと言うのです。

直輝は、佐島の勝手な物言いに怒り始めます。

すると、佐島はそれをどんどん煽ってきます。

本当は、他の誰よりも直輝に自分を裁いて欲しかったのです。

「お前もこの瞬間のために生きてきたんだろ?」

直輝は感情まかせに佐島を殴りつけます。

「よし!裁け!」

佐島が倒れると直輝は首を絞めますが、佐島が観念して目を閉じた瞬間、とっさに手を離します。

「まだ何か隠してるだろ!」

「頼むよ!今殺してくれよ!」

そう懇願する佐島ですが、直輝が手を下さないことがわかると、薬を飲んで自殺を図ります。

「隠してることを全部言え!」

直輝は必死で佐島を揺らしますが、佐島は息絶えてしまいました。

moyokomoyoko

いつも冷静に距離を取っていた2人が、感情をぶつけ合うシーンです。直輝が首を絞めた瞬間、メンタリストの直輝は佐島の微妙な感情の動きを見つけ、直接手を下さずに済みましたが、自殺を止めることはできませんでした。佐島は早く死にたかったということです。何から逃げているのでしょうか?

父のメッセージ

その後、テレビでは佐島法務大臣が自らの罪を告白したビデオを残して、行方不明になっていることが一斉に報道されました。

コアラ男誘拐事件は自作自演だったという佐島の告白を受けて、哲也が犯人だとする全日テレビの報道が否定されてしまい、神代はあ然としています。

その頃、商店街を歩いていたレンは、コアラの着ぐるみを着た何者かに拉致されてしまいます。

そして直輝は、佐島が持っていた哲也の警察手帳に入っている写真の裏に『直輝へ』というメッセージがあることに気がつき、それがきっかけでUSBのパスワードを解くと、3つ目の動画は父が直輝に残したメッセージ動画であることがわかりました。

「お前に伝えておきたいことがある」

哲也は画面に向かって話し始めました。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話まとめ

事態が大きく変わり始めました。

黒幕だと思われていた佐島大臣が死んでしまい、他にコアラ男がいることを示唆されています。

予告では佐島に撃たれたはずの哲也が起き上がっているシーンも出てきて、もう何が何だかわかりません。まさにクライマックス。

レンを連れ去ったのは誰なのか?

哲也は本当は死んでいないのか?

もしかして佐島もまだ死んでいないのでは?などなど、疑念は浮かぶばかりです。

考察は他の方に任せるとして、こちらは次回を震えて待ち続けるだけです。

次回はどんな展開が待っているのか、指折り数えて待ちましょう!

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』動画フル無料視聴!清野菜名と横浜流星共演新感覚ミステリーを見る

『シロクロ』横浜流星、清野菜名のアクションがすごいと話題に!身体能力の秘密や過去作を徹底まとめ!

【スチール哲平インタビュー】『シロクロ』の撮影裏話、俳優になるきっかけは千原せいじ?

※『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』次回第9話も続けて読みたい方はこちら

『シロクロ』第9話あらすじ・ネタバレ感想!コアラ男が正体を現す!直輝パパを殺した本当の黒幕は?