『シロクロ』第6話あらすじ・ネタバレ感想!ミスパンダをハメた黒幕はあの2人組だった…!

ドラマ『シロクロ』第6話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式ページ

偽パンダ達の策略で、7年前の爆破事件の犯人殺害容疑で指名手配をされてしまったミスパンダ。

このことで飼育員さんこと直輝(横浜流星)は、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に見限られ、ミスパンダを殺処分するように命じられます。

一方、門田先生(山崎樹範)が亡くなったことで落ち込んでいるレン(清野菜名)。

そこへあずさ(白石聖)が尋ねてきて「直輝を振り回さないで欲しい」と言われてしまい、さらに落ち込みます。

神代(要潤)は爆破事件の被害者である中延姉弟を偽パンダではないかと疑い、直輝と共に調べ始めますが真相は思いもよらないものでした。

直輝たちは自分に振りかかったグレーな事件にシロクロつけることができるのでしょうか?

※ネタバレではなく、ドラマ本編&オリジナルストーリーを全話無料でイッキ見したい!という方はこちら。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』動画フル無料視聴!清野菜名と横浜流星共演新感覚ミステリーを見る

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』前回第5話のあらすじと振り返り

直輝(横浜流星)が『飼育員さん』だと突き止めた神代(要潤)は、直輝にミスパンダの正体を教えろと直撃取材をかけます。

直輝は、教える代わりにコアラ男を追って欲しいと条件を出しました。

一方、レン(清野菜名)は囲碁の稽古にいそしみますが、門田先生(山崎樹範)が直輝に会うなと執拗に忠告してきたことで、直輝に告白することを決意します。

そんな時に、ミスパンダと飼育員さんの偽物が現れ、爆破事件の死刑囚を連れ出し、拷問動画を配信し始めました。

ミスパンダたちは偽パンダたちを追いますが、逆にハメられてしまい、ミスパンダは偽の代わりに指名手配されてしまいます。

そしてレンについての論文を書き上げる直前だった門田先生は、何者かに殺害されてしまいます。

ミスパンダたちを陥れた者、門田先生を殺した者は一体誰なのでしょうか?

『シロクロ』第5話あらすじ・ネタバレ感想!ミスパンダが騙されシロクロ付けられる側に。

【ネタバレ】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第6話あらすじ・感想

※『シロクロ』の全出演キャスト、各話ゲスト俳優についても詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

『シロクロ』出演キャスト/各話ゲスト俳優/主題歌/監督・脚本・スタッフ情報を徹底まとめ!

助けて下さい

7年前の爆破事件の犯人で死刑囚の浜口が殺害されたことで、現場から凶器を持って逃げてしまったミスパンダ(清野菜名)は全国指名手配をされてしまいます。

防犯カメラの映像から、飼育員さん(横浜流星)も共犯者として報じられてしまい、直輝は隠密行動を余儀なくされます。

なんとか事態を変えようと考えを巡らせる直輝ですが、つまらないミスをする者はミスを繰り返すとしてMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から関係を断ち切られてしまいます。

「ミスパンダは殺処分をしておいてください」

Mr.ノーコンプライアンスの非情な命令に、さすがの直輝も焦燥感を覚えます。

一方、レン(清野菜名)は門田先生(山崎樹範)が何者かに殺害されたことを知って、最後に自分が「先生は必要ない」と拒絶したことに責任を感じ、涙にくれていました。

そして直輝に「助けてください」とメッセージを送ります。

moyokomoyoko

さすが佐島大臣。偽パンダに騙され、自分に不利益だと感じた直輝たちをいとも簡単に切り捨ててしまいました。しかも、ミスパンダを殺処分しろとはなんとも物騒です。もちろん、呼び出さなければ死んだことにはなりますが…。直輝もピンチ、レンもピンチです。

中延姉弟

山野辺捜査一課長(高橋ジョージ)は、なんとしてでもミスパンダを捕まえろと捜査員に命じます。

それを受けてハブとマングースこと三津谷警部補(高橋努)と坂下巡査部長(江口のりこ)は、再び爆破事件の被害者の会の中延姉弟を訪ねます。

空手有段者である中延姉弟が偽パンダたちではないかと疑っている神代(要潤)は、2人に質問をします。

「浜口が殺されてどう思いましたか?」

「私たちの代わりに殺してくれたミスパンダには感謝しています」

「ミスパンダがやらなきゃ私たちが殺していました」

姉弟は正直に答えました。

moyokomoyoko

突如現れた捜査一課長。しかも高橋ジョージさん。なんとも胡散臭いにおいを醸し出しています。浜口が殺されても過激発言を繰り返す中延姉弟への疑念もまだまだ晴れません。

もう会えない

中延姉弟について報告をするべく神代と直輝が待ち合わせした喫茶店で、神代はハブとマングースに声をかけられ、ミスパンダと共犯者について情報があれば教えて欲しいと言われます。

神代が考えるフリをすると「7年前の事件も協力し合ったじゃないですか」と三津谷は食い下がり、お互い悪い話ではないはずだから考えておいてくれと言って刑事たちは去っていきました。

この日、佐島法務大臣(佐藤二朗)が記者会見をし、一刻も早くミスパンダを捕まえるように警察に要請したと話します。

「世の中に悪影響を及ぼすものは徹底的に排除する。そう考えています」

それを見た直輝は、助けてくださいと言ったレンのメッセージに対し「もう会えない」と返信します。

moyokomoyoko

直輝は冷酷に会えないと言い放ったというよりは、お互いのためにもう会えないと言ったような印象です。しかしミスパンダがいなければ、この事件にシロクロをつけることはできません。直輝は葛藤しているようです。

レン(清野菜名)とあずさ(白石聖)

直輝のメッセージにショックを受けている中、囲碁カフェにレンの取材をしたいとあずさが押しかけてきます。

そして、コアラ男にもらった直輝との写真をレンに見せます。

「一緒に写っているのはどなたですか?」

「森島さん…」

「森島直輝さんとはどのようなご関係ですか?」

あずさは次々と写真を出します。

レンはなぜあずさが直輝のことを知っているのかわかりません。

すると、あずさはスマホで直輝との画像をいくつか見せてきました。

「あなたは森島さんに婚約者がいるのを知っていましたか?」

「婚約者があなたと抱き合っている写真を見た時、どんな気持ちだったかわかりますか?」

レンは直輝に恋人がいることをそこで初めて知りましたが、ただひたすら謝るしかありませんでした。

あずさはこれ以上直輝を振り回さないで欲しいと言って去っていきました。

moyokomoyoko

あずさが見せたスマホの画像は、直輝が裸で寝ている写真も含まれていました。いわゆる『にゃんにゃん写真』というものです。直輝と付き合っているというならともかく、コアラ男にされたことと同じことをレンにするとはあずさの闇が末恐ろしいですね。

直輝(横浜流星)と中延姉弟

直輝が中延家の墓に手を合わせていると、そこへ中延姉弟もやってきました。

「突然ですけど、昨日人を殺しましたよね?」

直輝は先制パンチを繰り出しますが、姉弟は直輝の言うことが理解できません。

「とぼけないで下さいよ。その報告に来たんでしょう?」

すると、弟が殴りかかってきました。

とっさに直輝が蹴りを入れ弟はそれを腕で避け、その時に直輝は違和感を感じますが、そこに人が来たため直輝はその場から逃げ出します。

逃げた先で、直輝は神代からミスパンダが捕まったという報告を受けます。

捕まったのは中延姉弟だということです。

しかし、彼らは浜口殺しについて本当に知らない様子だった上に、弟は以前組み合った時に怪我をしているはずの左腕に怪我をしていませんでした。

「僕たちは最初から疑うべき事件を間違えていたのかもしれません」

moyokomoyoko

怪しすぎる中延姉弟はただのスケープゴートだったようです。それでは一体誰が偽パンダと偽飼育員さんなのでしょうか?そういえば、もう一組腕っぷしの強い男女のペアがいたはずです。これはもしかして…?

疑惑の元警察官

中延姉弟の自宅を捜索すると、ミスパンダの衣装が出てきました。

2人は否認を続けますが、ハブとマングースは様々な手を使って姉弟を落とそうとしています。

神代は取材を進める中、爆破事件当時、山野辺捜査一課長の下で捜査をしていた警察官が事件の1年後に服毒自殺をしていたことを突き止めます。

彼は異色の経歴の持ち主で、警察官になる前は化学薬品メーカーに勤めていました。

そのことから彼には爆弾の知識があった可能性があります。

神代は本物のミスパンダはいつ出すのか直輝に尋ねます。

「まさか出ない?ミスパンダを利用するのが心苦しくなった、そんな顔だ」

直輝はすかさず反論します。

「真っ黒ですよ。俺はもう引き返せないくらいに真っ黒です」

moyokomoyoko

自分を真っ黒と言う人はまだまだ黒くないもの。神代に痛いところをつかれた直輝はとっさに言い返しましたが、やはり直輝はパンダを呼び出すかどうか迷っているようです。これ以上レンを巻き込みたくないのでしょう。

さようなら、直輝さん

門田先生の事件とあずさのことで落ち込むレンを見て、彼女には自分たちしかいないとマスター夫妻が立ち上がります。

子供のいない夫妻はレンに店を継がせたいと考え、佳恵(椿鬼奴)は料理を教え、マスター(升毅)はレンを日本一にするべく囲碁の稽古をすることにしました。

2人の気持ちを知ったレンは、2人に感謝し、少しだけ気持ちが明るくなります。

その夜、レンが店で1人料理の練習をしていると直輝が現れます。

「最後に話がしたくて」

レンは、恋人がいても直輝に会えて良かったことを伝え、直輝のおかげで前向きになれたとお礼を言います。

「さようなら、直輝さん」

「レン、さようなら」

直輝はミルクを紅茶に回しかけます。

それを見たレンはミスパンダに変身しました。

moyokomoyoko

なるほど、シロップでなくても液体をくるくると回しかけるとレンに催眠がかかるようになっているのですね。自分たちに振りかかった火の粉を払うためには、パンダにひと働きしてもらわなければなりません。

パンダ、ゴリラを人質に

「まさか殺人を疑われるなんてねぇ」

逮捕されたはずのミスパンダが配信を始めたので、世間は騒然としています。

ミスパンダはゴリラを人質にとって笹1年分と選挙権を要求します。

ゴリラの中身は佐島法務大臣だと言い、1時間以内に用意できなければ命の保証はないとナイフを出して見せます。

その配信を見ていた山野辺課長は、ゴリラが監禁されている場所に気がつきます。

「気づかれないうちに早く回収しろ」

山野辺課長は誰かにそう命じます。

ミスパンダは熱々おでんをゴリラ大臣に食べさせることにしました。

そして邪魔だからとマスクを外すと、本物の佐島大臣が現れます。

偽物の可能性があると静観していた警察もマスコミも騒然となります。

すると警察が駆けつけるより先に、ハブとマングースがミスパンダたちのいる倉庫に現れます。

「やっぱりすぐわかったね、この場所」

moyokomoyoko

山野辺課長が現場に急行するように命じていたのはハブとマングースの2人にでした。この3人かなりグレーですね。というか、恐らくクロです。偽パンダたちはハブとマングースで間違いないでしょう。

ジャイアントパンダクイズ

ハブとマングースは、ミスパンダを撃とうとジリジリと距離を縮めてきますが、パンダのかけた罠にかかってしまいます。

気がつけば佐島大臣と共にパンダの帽子をかぶらされ『ジャイアントパンダクイズ』の回答者にさせられていました。

一方、神代は自殺した警察官の実家で母親を説得していました。

「浜口さんを殺したのは恐らく警察です。息子さんを追い詰めたのは警察だ」

「もう一人で背負わなくていいんですよ」

そう言うと、母親は泣き崩れます。

パンダクイズでは、ハブとマングースが浜口殺しの罪を着せるためにミスパンダを狙っていたこと、そもそも浜口は誤認逮捕の口封じのために護送車から拉致されたことが明らかになりました。

「サービス問題です。ここはどこでしょうか?」

ミスパンダたちがいるのは、ある警察官が自殺した場所でした。

moyokomoyoko

本当に真っ黒なのは警察の方でした。新日曜ドラマでは大抵真っ黒にさせられる警察組織。今回も思いっきり悪者にされています。悪役をすることが多い高橋努さん。今回こそ悪くないと思っていましたが、やっぱり悪役でした。

コンロの火

ラストは、爆破事件の真犯人は自殺した警察官ですが、口封じのために浜口を殺害し、さらに中延姉弟を偽パンダとして罪を着せたのは誰かという問題です。

正解はハブこと三津谷警部補とマングースこと坂下巡査部長の2人でした。

このパンダちゃんねるの配信前、直輝は大臣の元を訪れていました。

「これからシロクロつけます」

そして直輝は大臣に向かって土下座をします。

「これが最後です。助けて下さい!」

こうして、直輝たちに協力することになりました。

倉庫内に警察が駆け込んできます。

ミスパンダが逃げようとした時、おでんの乗ったコンロを倒してしまい、テーブルクロスに火が燃え移りました。

その火を見たパンダは立ち尽くしてしまいます。

警察はミスパンダを捕らえようとしましたが、大臣がこちらを逮捕する方が先だと刑事2人を制したことで、パンダは逃げることができました。

moyokomoyoko

直輝が土下座をした時その姿を見た大臣はほくそ笑みます。それはなんとなくわかりますが、直輝もまたニヤリと不適な笑みを浮かべていました。目的を果たすためなら土下座もいとわないということの表れでしょうか。いずれにしても2人の関係は相変わらず綱渡り状態です。

グレーでなければいけないものもある

警察は、2人の刑事の事件への関与は事実無根だと発表しますが、全日テレビがスクープを報じます。

自殺した警察官の母親が、息子が犯人だと苦しい胸の内を明かしたのです。

息子は犯行を告白する遺書を残したが、それを上司に渡しても発表されなかったとのこと。

もしこれが本当なら大スキャンダルですが、まだ証拠がありません。

佐島大臣は山野辺捜査一課長を訪ね、ミスパンダが落としていった凶器のナイフを取り出し、検察に渡すと山野辺を脅しますが、山野辺は逆にコアラ男事件のことを持ち出します。

佐島大臣は少し考えた後、警察には恩もあるし、世の中にはグレーでなければいけないものもあるとして山野辺にナイフを渡してしまいます。

一方、直輝がパンダと合流すると、パンダに異変が起きていました。

「あなた誰ですか?」

「もしかして君は…」

「私は、リコ。川田リコです」

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第6話まとめ

とうとうミスパンダの本人格であるリコが覚醒しました。

直輝はどう対処するのでしょうか?

警察に証拠を渡してしまうという佐島大臣の行動も読めません。

偽パンダの件はまだ尾を引きそうな気配がしますが、もしかするとコアラ男の件も警察が絡んでいる可能性もありますね。

次回はミスパンダと飼育員さんが最後の事件として、門田先生を殺した犯人を追います。

ドラマも後半戦に差しかかって絡んでいた紐が少しずつ解け始めてきました。

今後の展開に目が離せません!

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』動画フル無料視聴!清野菜名と横浜流星共演新感覚ミステリーを見る

ドラマ『シロクロ』横浜流星、清野菜名のアクションがすごいと話題に!身体能力の秘密や過去作を徹底まとめ!

【スチール哲平インタビュー】ドラマ『シロクロ』の撮影裏話、俳優になるきっかけは千原せいじ?

※『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』次回第7話も続けて読みたい方はこちら

『シロクロ』第7話あらすじ・ネタバレ感想!門田を殺した犯人vsリコが扮するミスパンダ!