『スカーレット』第25週148話あらすじ・ネタバレ感想!空襲で手を離したときの話を持ち出し、直子は何を語る?

『スカーレット』第25週148話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スカーレット』公式Twitter

一晩川原家に泊まった直子(桜庭ななみ)は、その足で大津の今の恋人の元へ行くと言いますが、何か様子がおかしい。

喜美子(戸田恵梨香)が話を聞くと、直子は今の恋人の話や別れた夫・鮫島(正門良規)の話、そして喜美子と直子の子供の頃の話を代表すると言っても過言ではない、あの空襲の話を始めます。

大切なものは大切にしなくてはいけない、そんな想いがめいっぱい伝わってくる瞬間です。

また、信作(林遣都)が喜美子にお願いごと。

その時、照子(大島優子)とともに、信作は横になる武志の髪が抜け落ちてきていることにショックを受けるのでした。

さぁ、信作の望みとは?

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

『スカーレット』前回第25週147話のあらすじと振り返り

喜美子(戸田恵梨香)が「みんなの陶芸展」に出展すると言ったことで、武志(伊藤健太郎)も市役所に電話をし、出展の相談をします。

さっそく鳥居(山口勝成)と岩崎(森本尚子)が作品を見に来ると、ふたりは大絶賛。

住田(田中美央)も売れそうだと高評価を示します。

直子(桜庭ななみ)から突然電話がかかって来たと思ったら、なんと彼女は武志と真奈(松田るか)を連れてドライブに行くと言い出すのです。

琵琶湖一周の予定でしたが、直子が地図を見ることができず、結局近場をぐるぐると…。

そのあとは喜美子をあかまつに連れ出し、武志と真奈を2人きりにする直子。

武志は真奈の似顔絵を描きながらも、静かに、そして照れくさそうに愛を語り合うのでした。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレ】『スカーレット』第25週148話あらすじ・感想

直子(桜庭ななみ)が手を繋ぎたい相手は今の彼ではなく鮫島(正門良規)

武志(伊藤健太郎)と真奈(松田るか)をドライブに連れて行き、夜には喜美子(戸田恵梨香)をあかまつに連れ出した直子(桜庭ななみ)は、そのまま一晩泊まり、これから大津にいる恋人に会いに行くと言います。

しかし、なんだか浮かない顔をするので、喜美子は話を聞くことに。

頭の良い今の彼にドナー探しの適合検査を受ける話をしたとき、直子は彼に「ドナーになる覚悟はあるのか?」と聞かれました。

そんなことは適合検査を受けて結果を見てからでいいだろうと返せば、適合したあとでやっぱり嫌だと言ったら無責任に思われるだろうと返され、何も言えなかったようです。

確かに正論だと直子は受け止めるのですが、このとき彼女の脳裏に浮かんだのは別れた夫・鮫島(正門良規)のことでした。

鮫島ならすぐに受けに行こうと飛んでいく。

余計なことなど考えないだろうと思うと、直子は急に鮫島が恋しくなったのです。

さらに直子は昔、鮫島に空襲の時の話をしたそうなのです。

喜美子が手を離してしまったことで、怖い思いをした直子。

それがずっと心の傷として残っている話をしたとき、鮫島は「手を離してしもうた姉さんも辛かったなぁ」と言ったのです。

そして続けざまに鮫島は、離れないようにと手を強く握れば握るほど、汗でネチョネチョになって離れてしまうからたまには離さんと。

それが上手に手を繋ぐコツだと話したそうです。

空襲の時の話だぞと呆れもしましたが、直子は涙を浮かべながら笑顔で話すのでした。

KAMUIKAMUI

まさかのここで鮫島エピソード炸裂!実際鮫島は良い奴でしたよ。結局直子も常治(北村一輝)の娘です。鮫島の人の良すぎるところは常治によく似ていたと思うのです。そう思うとやっぱり直子には鮫島だったんだなぁなんて思えました。そして、長年喜美子と直子の間にあった空襲の恨み話を鮫島が浄化してくれていたんですね。これは直子も喜美子も救われた気がします。

大事なもんを大事にせぇ

大津へと向かう直子に対し、喜美子は鮫島が今どこにいるかを聞いてみました。

どうやら鮫島は別れた後、昔の商売仲間の所に行くと言って東京に行ったとか…。

すると喜美子は、今の彼に謝って東京に鮫島を探しに行ったらいいと言います。

「大事なもんを大事にせぇ」

その言葉で直子は決意。

武志の元に行くと、「探し物があるからしばらく帰って来ない。真奈ちゃんと仲良くな」と言って、信楽を後にするのでした。

KAMUIKAMUI

もしかしたら上手に手を繋ぐために鮫島は直子の手を離したんじゃ?なんて考えが巡ってきました。鮫島ならもう一度直子とやり直してくれそうな気がします。最終話までに見つかって二人で戻ってきてほしい。武志には真奈を大切にと言い、喜美子にも大事なものを大事にと言われる直子。なんとも清々しい姿でした。

信作(林遣都)のお願いごと

喜美子が穴窯の準備に取り掛かっている12月のことです。

照子(大島優子)が信作(林遣都)を連れて川原家へとやってきました。

何事とかと思うのですが、今川原家では武志が微熱を出して休ませていて、八郎(松下洸平)が慌ただしい状況でした。

眠る武志の横にそっと座って様子を見る照子と信作。

布団に落ちている武志の抜けた髪を見つけると、信作も照子も表情が暗くなっていきました。

間もなくして喜美子は水枕を取り換え、痛いと訴えていた腰をさするのですが、彼女の顔には微笑みが。

KAMUIKAMUI

暗い顔をすると気を遣わせたり心配させたりするでしょう。だから喜美子は「大丈夫やで」という気持ちで武志に接するんだろうなぁと。

武志の様子が落ち着いたところで、やっと本題です。

どうやら信作は「みんなの陶芸展」に演歌歌手を呼ぼうとしていたのですが、これがまた不可能に。

誰かゲストは呼びたいと思う信作は、喜美子の力を使ってジョージ富士川(西川貴教)を呼べないかと言うのでした。

エライ賞を受賞してさらに有名になった富士川を呼べと…。

そんなことできるのか!?なんて思いつつも、喜美子はジョージ富士川に手紙を書くことに。

KAMUIKAMUI

他に2通書いていたのですが、相手はちや子(水野美紀)と草間(佐藤隆太)。来てほしいというか、これは喜美子が会いたい人に送っているのでは?そして演歌歌手が来ないとなると、これは信楽太郎(木本武宏/TKO)登場が濃厚になるのでは!?なんて思えます。

『スカーレット』第25週148話まとめ

白血病の深刻さを忘れるような今回のお話。

空襲の話は小さい頃からずーっと直子に気を使ってきた喜美子の傷でもあったような気がしていました。

それをまさか鮫島がいい感じに開放してくれたのは心の底から喜べます。

だからこそ帰って来いと思えるのです!

武志と真奈も前よりも距離が縮まった様子ですし、あと2回は楽しく終われるのでは?

いや、次回だけは要注意。

ここで大きな波がきて、最後は綺麗に…そんな予感がします。

※『スカーレット』次回第149話も続けて読みたい方はこちら

『スカーレット』第25週149話あらすじ・ネタバレ感想!「みんなの陶芸展」開催で、懐かしの面々が登場!

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する