『スカーレット』第25週147話あらすじ・ネタバレ感想!直子、武志と真奈を連れて愛を語るドライブへ

『スカーレット』第25週147話あらすじ・ネタバレ感想!直子、武志と真奈を連れて愛を語るドライブへ

出典:『スカーレット』公式Twitter

「みんなの陶芸展」に出展するため、武志(伊藤健太郎)は直接市役所に電話します。

そして、鳥居(山口勝成)と岩崎(森本尚子)が実際に武志の作品を見ると感動。

住田(田中美央)も売れるのではないかと評価します。

突然直子(桜庭ななみ)から電話が来ると、武志と真奈(松田るか)を連れてドライブに出かけると言い出したのですが、そこには直子の粋な計らいが…。

2人きりになった武志と真奈。

ギクシャクとした関係であることは変わりませんが、そこには特別な「愛情」を感じることができます。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

『スカーレット』前回第25週146話のあらすじと振り返り

武志(伊藤健太郎)から作った作品から音が聞こえだすと、喜美子(戸田恵梨香)は武志を呼びに。

「貫入」といって、作品が冷めていく間に鈴の音のようなヒビ割れる音が聞こえるのを知った武志は、作品が生きていることに喜びを感じます。

そして、信作(林遣都)がまた新しい大作戦を企画。

信楽で陶芸をする人たちの作品を集め、15日かけて展示会を開くために声をかけて回っていると聞くと、喜美子はこれを承諾。

作品を作るため、また穴窯をやると決意をします。

そして武志も、喜美子の隣に置きたいと思うのでした。

『スカーレット』第25週146話あらすじ・ネタバレ感想!信作企画の「みんなの陶芸展」に喜美子、武志が参加を決意

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレ】『スカーレット』第25週147話あらすじ・感想

武志(伊藤健太郎)の作品を誰もが認める

喜美子(戸田恵梨香)が「みんなの陶芸展」に出展をすると、武志(伊藤健太郎)も出展するため、直接市役所に電話をします。

すると、武志のコーナーを作るために、作品を見せてほしいと言われます。

そして、鳥居(山口勝成)と岩崎(森本尚子)が武志の作品を見ると、とにかく絶賛。

「見たことない」「シャレてる」などの言葉が出てきました。

また、喜美子の後援会会長の住田(田中美央)も、「これは売れますよ」といって、武志の作品を賞賛するのでした。

KAMUIKAMUI

無名の作家であるにも関わらずに見てもらえるというのは、やっぱり喜美子の息子だからでしょう。しかし、実際の作品をみたらみんな驚きます。鳥居は最初、喜美子の作品を見た時「どうしてこんなものが売れるんだろう」みたいに言っていましたが、今ではちゃんと認められるようになったんだなと思うとまた良いですね。そして、住田からはさらに八郎(松下洸平)の影響を受けている作品だと言われたのですが、とても納得できます。

味はせずとも母の味だと思って食べる

いつものように食事をする武志。

すでに味覚障害のせいで味わうことができないのに、この人は「美味しい」と言い出しました。

味わかるのか?と喜美子が聞くと「わからない」と返す武志。

しかし、長年食べて来た母の味を思い出しながら武志は食べれば、味わえるというのでした。

KAMUIKAMUI

武志なりに考えた結果なのでしょうね。喜美子としても嬉しい考え方。ただ今目の前にある味を楽しむのではなく、「想像をする」と考えるようになった…10年以上穴窯をやって来た喜美子と同じ感覚なのかなぁなんて思えました。

直子(桜庭ななみ)からの突然のドライブデート。その意図は…。

喜美子の家に突然かかって来た直子(桜庭ななみ)からの電話、それはドライブに行こうというものでした。

問題は誰を誘っているかということ。直子は、武志と真奈(松田るか)を呼び出し、琵琶湖を一周してくると言って出かけるのでした。

そこで2人で愛を語りあったらいいという直子ですが、なんと地図が読めず、道に迷った末に琵琶湖に行くまでもなく近場をウロウロして帰って来たのでした。

どっと疲れた直子ですが、家に帰ってくるなり、今度は喜美子を誘って「あかまつに行こう」と言い出し、またも武志と真奈を2人きりにしました。

KAMUIKAMUI

直子がいい叔母さんになっている!あんなに自己中で癇癪もちの女の子だったのに…環境のおかげで本当に成長したなぁ。何度も何度も「愛を語り合うんやで」と真奈と武志に言う直子。おせっかいなくらいの恋のキューピッドの存在はとてもありがたいですね。ちなみに車の中では2人は左右のドアにピッタリくっつき、窓の外を見ているばかり。膝枕せぇとか、肩くっつければいいのにとか言っても距離を縮められない2人を見た直子は、ラブラブするよりもお互いのことを想い合っているんだなぁと伝わってきますね。

言葉にしないが想いは伝わる

直子の計らいで自宅に2人きりになった真奈と武志。

すると武志は、真奈の似顔絵を描き始めます。

自宅に電話をした真奈は、なにやら嬉しそうな表情を見せます。

どうやら真奈は、自分の母親に好きな人がいるという話をしていたようです。

そしてその相手が武志であることも真奈の家では察してもらえたのでしょう。

そんな話を武志に言うと、普通親に話すか?と言われますが、特別な人だから話すと言われ、言葉を詰まらせます。

武志が描いた真奈の似顔絵は、紙いっぱいに顔が描かれていたのでした。

KAMUIKAMUI

は、歯がゆいですね。言葉で伝えあわなくても、すでにお互いの想いがわかっている感じ。直子、喜美子を連れ出して2人きりにしてくれてありがとうございますと言いたくなります。

『スカーレット』第25週147話まとめ

残りあと3話。住田も作中で言っていたのですが、武志が元気だと、病気のことを時々忘れてしまいそうです。

しかし、残り3話で急展開を見せるのか、作品作りに徹底するのかが本当にわかりません。

あと3話、生き抜いてほしく思います。

そして、物語の中では最後の穴窯作品作りは何かスゴイ作品を作ってくれるのではないかと期待ができます。

※『スカーレット』次回第148話も続けて読みたい方はこちら

『スカーレット』第25週148話あらすじ・ネタバレ感想!空襲で手を離したときの話を持ち出し、直子は何を語る?

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する