『スカーレット』第24週144話あらすじ・ネタバレ感想!喜美子の作品づくりを見て武志は自分に足りないものに気づく

『スカーレット』第24週144話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スカーレット』公式Twitter

武志(伊藤健太郎)のためにやれることをやりたいという宝田(大江晋平)と永山(七瀬公)ですが、ドナーがなかなか見つからないことで不甲斐なさを感じ、喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)に頭を下げるのですが、ふたりは武志の想いを知り、別のアプローチをすることに。

直子(桜庭ななみ)が大阪からやってくると、ちょうど真奈(松田るか)も川原家を訪問。

誰が見てもいい子だと分かると、直子が武志に彼女の関係に切り込むという面白事態も発生します。

そして、皿の中に水が生きている姿を表現できずに悩んでいた武志ですが、喜美子が穴窯で作品を作り出したとき、自分に足りないものが何だったのかを見極め、ついに作品を…。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

『スカーレット』前回第24週143話のあらすじと振り返り

喜美子(戸田恵梨香)が安田理香子(小出沙織)を元気づけるために作った絵皿を渡しに行くと、智也(久保田直樹)の容態が急変し、彼はそのまま亡くなってしまいました。

武志(伊藤健太郎)を連れて病院へ行こうとするのですが、ここでまさかのお客さん。

大阪時代にお世話になったさだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)が喜美子の家へとやって来たのです。

ちや子(水野美紀)から武志の白血病の話を聞いたふたりは、自分たちの視点から喜美子を元気づけてくれました。

改めて武志に智也が亡くなったことを告げ、病院へと行くかと喜美子は声をかけたのですが、彼は智也との約束を果たすため「作品ができてからな」と言い、病院へは行きません。

それからの武志は、抜ける髪を帽子で隠しながら、アルバイトと陶工に励むのでした。

『スカーレット』第24週143話あらすじ・ネタバレ感想!大阪でお世話になったさだと圭介が信楽に!?

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレ】『スカーレット』第24週144話あらすじ・感想

不甲斐なさを嘆く宝田(大江晋平)と永山(七瀬公)に喜美子(戸田恵梨香)達は武志(伊藤健太郎)の望みを伝える

武志(伊藤健太郎)のために何かをしてあげたいという気持ちでいっぱいの宝田(大江晋平)と永山(七瀬公)は、手あたり次第適合検査を受けてもらえるよう声をかけて回るが、それでもドナーが見つからず、やるせない気持ちでいっぱいになっていました。

力になれないことに落ち込むと、喜美子(戸田恵梨香)の元へとやってきて、すみませんと頭をさげる友人ふたり。

喜美子は「もう十分や」と返しても、ふたりの表情は暗いままです。

そこで八郎(松下洸平)はふたりに、ジョージ富士川(西川貴教)の本に書いた武志の言葉を見せました。

何も変わらない日常を過ごしたいという武志の想いを知ったふたりは、ドナー探しに必死になるのではなく、武志を誘って大阪へと遊びに出かけていきました。

KAMUIKAMUI

病気の武志に何かしてあげたい、救いたいという気持ちはもう十分伝わって来たわけです。武志が変わらない日常を望むなら、今の自分たちにできることは昔みたいに一緒に遊ぶことだと分かったのでしょうね。学生時代のような息ピッタリのテンションで「明日暇~?」と聞いて男3人で遊びにっていうのは、武志にとっても良いことです。武志は本当にいい友達を持ちました。

真奈(松田るか)とちゃんと付き合えとゴリ押しする直子(桜庭ななみ)に武志(伊藤健太郎)もタジタジ

武志が大阪に遊びに行ったその日、直子(桜庭ななみ)はスッポンを持って喜美子の家へ。

すれ違いになるものの夜には帰ってくるというので一緒に夕飯を食べることになったのですが、そこにタイミングよく真奈(松田るか)もやってきます。

武志がいないならと帰ろうとしますが、喜美子達は彼女を引き留め、賑やかな夜を過ごしていくのでした。

そして、真奈を気に入った直子は武志に対し「ちゃんと付き合え」と言います。

何を言っているんだと武志は焦りますが、そんな子がいたって良いだろうと言う直子の猛攻は止まりません。

照れくさくなった武志は自分の部屋に引きこもってしまいました。

KAMUIKAMUI

自分の欲望に素直な直子にこういう話で勝てるはずがありません。真奈の想いは誰が見てもわかることですし、武志も気づかないはずがありませんからね。喜美子からは言いにくくても、直子はストレートに言ってくれるので武志がタジタジになるのも仕方がありません。本当にお似合いですよ。武志と真奈は。

水を生かす表現に悩む武志(伊藤健太郎)は喜美子(戸田恵梨香)の新しい作品からヒントを得る

直子に悩みはないのかと聞かれる武志。

出て来た悩みは作品に関することでした。

どうやっても水が生きているように表現できない武志。

しかし、喜美子がまた穴窯で作品を作り上げた時、自分に足りないものを見つけるのでした。

自然釉と呼ばれる作品がまた一つ出来上がると、喜美子は狙い通りだと言い、武志はその言葉に驚きます。

10年以上もやっている今の喜美子には、炎の流れや灰の付き具合を想像することができるのです。

景色を想像して作品を作っていくと聞くと、武志はすぐさま電動ろくろを回し、大皿の上に筆を走らせます。

そしてついに大皿の中に水が生きる姿を表現し、武志は喜美子と共に微笑むのでした。

KAMUIKAMUI

ついにできた武志の作品はとてもキレイです。やって来た経験があるからこそ、完成した時のイメージを具現化させていくことができるのでしょうね。この作品はまさに八郎と喜美子から多くのことをまた受け継いだ武志の作品だと言えるでしょう。

『スカーレット』第24週144話まとめ

自分の作品が完成したら、お世話になった人みんなに見せたいと言っていた武志。

みんなの反応が今から楽しみです。

そして、作品づくりに集中するためにアルバイトを辞めた武志。

元気になったら戻っておいでと言われもしました。

病気との闘いがまだ続くと思われるのですが、本当にどんな最期になるのでしょうか。

次回は最終週。喜美子の物語があと少しで終わってしまうというのは悲しいですが、彼女らしい熱く真っ直ぐな終わり方をしてほしいなと思います。

※『スカーレット』次回第145話も続けて読みたい方はこちら

『スカーレット』第25週145話あらすじ・ネタバレ感想!作品完成に喜ぶ中、武志の心には複雑な想いが…

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する