『スカーレット』第24週143話あらすじ・ネタバレ感想!大阪でお世話になったさだと圭介が信楽に!?

『スカーレット』第24週143話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スカーレット』公式Twitter

喜美子(戸田恵梨香)が安田理香子(小出沙織)のために絵皿を渡しに行くと、智也(久保田直樹)が発作を起こし、帰らぬ人となってしまいました。

武志(伊藤健太郎)を連れて病院に再度行こうとすると、ここでまさかさだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)が川原家に!

懐かしい思い出に浸りながら、無事に医者になった圭介は白血病の難しさを改めて語りながらも喜美子を元気づけようとしてくれました。

武志に智也が亡くなったことを告げるも、智也との約束を果たすため、すぐに行くとは言いません。

ここに武志の決意が描かれます。

ひたすら陶工に励みますが、いつの間にか武志の髪が…。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

『スカーレット』前回第24週142話のあらすじと振り返り

雨の後に、傘から落ちた滴が水たまりに落ちて波紋を描いた瞬間。

武志(伊藤健太郎)はこれを作品として描こうと決意します。

やりたいことがあるのは心を強くし、生きる力になると大崎(稲垣吾郎)に言われ、喜美子(戸田恵梨香)や八郎(松下洸平)も息子を温かく見守ります。

過去の言い合いや悩み事が小さいことに思えてくる喜美子と八郎が笑顔を浮かべるその傍らで、抗がん剤の副作用で髪が抜け始めたことで武志にも病気の影響が刻一刻と浮き彫りになっていくのでした。

『スカーレット』第24週142話あらすじ・ネタバレ感想!水の波紋を描くと決めた武志に病気の影響が…

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレ】『スカーレット』第24週143話あらすじ・感想

智也(久保田直樹)の突然の発作に理香子(小出沙織)と喜美子(戸田恵梨香)は困惑

喜美子(戸田恵梨香)に理香子(小出沙織)にお皿を渡しに病院へ。

白地にピンク色のチューリップが咲いているもので、とてもキレイです。

理香子に元気になってもらいたくて喜美子が心を込めて作ったものですので、おかげで理香子の表情はパッと明るくなりました。

しかし、智也(久保田直樹)にこの皿を見せようとしたときです。

急に苦しみだす智也。

大崎(稲垣吾郎)が急いでやってきて、智也の名前を何度も呼ぶという緊急事態。

息子のそんな姿を見た理香子は混乱し、喜美子は動揺しながらも、理香子の肩を抱きしめるのでした。

KAMUIKAMUI

冒頭からいきなりこれは…。誰もが望まない事態。理香子はもうショックで仕方がないでしょうし、喜美子の中には武志(伊藤健太郎)もいつかこんなふうになってしまうのではないかという不安が沸き上がったことでしょう。

結局、智也はここから回復することなく、息を引き取りました。

さだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)との再会

智也が亡くなったことで、喜美子は武志を連れて病院へ行くため工房へ迎えに行ったのですが、そんな彼女を八郎(松下洸平)が引き留めます。

どうしたのかと思えば、ある人から突然電話が入り、信楽に来ていると…。

その人こそが、大阪でお世話になったさだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)でした。

何年振りかもわからないほど懐かしい再会に、喜美子もさだも驚きます。

KAMUIKAMUI

さだとしては、喜美子に大きな息子がいることが驚きですが、こっちとしてはさだは白髪になっても綺麗なこと。何よりも圭介が一緒なことです。喜美子の気持ちも知らずに舞い上がり、彼女に言われて荒木荘を出ていった男…。それが立派な小児科医になっていました。しかも、例の彼女とは早々に別れていたらしく。きちんと脱ポンコツして医者になったと聞き安心ですね。
しかも、ちや子(水野美紀)から喜美子のおはぎを断ったことを掘り返されたとか…第5週28話のエピソードですが、しっかり覚えております。

昔は下着のデザインをやっていたさだですが、今は白血病患者さんのためのものを作っていると聞き、喜美子は驚きます。

どうやらふたりもちや子から武志の白血病の話を聞かされたようなのです。

圭介が診ている患者さんの中にも白血病の子がおり、やはり難しい病気だと言います。

しかし、いつか白血病は治る病気だと言える未来になることを望むと言ったことで、喜美子は勇気をもらうことができたのです。

KAMUIKAMUI

しっかりとしたお医者さんになっていますねぇ~。しかし、ふたりにとっても白血病が他人事ではないことが驚きました。これも何かの縁だったのかもしれませんね。喜美子と八郎はまた新しい力を貰った気がします。にしてもやはり面白い光景ですよ。初恋の男と元旦那が一緒にちゃぶ台を囲んでいるという…。ふたりの男はそれを知らないという(笑)

病気と闘いながらも武志(伊藤健太郎)は今を生きる

さだと圭介が帰った後、喜美子は改めて武志に智也の死を告げます。

まだ病院にいるから行くかと聞くと、武志は「作品が完成したらな」と言って、すぐに行くことはしませんでした。

次に会う時は作品ができた時という智也との約束を守るため、武志はひたすら陶工に励みます。

それから武志はアルバイトの時間を減らしながらも必死で働き、陶芸ともしっかり向き合っていきます。

時には真奈(松田るか)が側でその姿を見ていたりもするのですが、その間武志の髪は次第に抜けていき、いつしか智也と同じように帽子をかぶるように…。

それでも武志は前向きに今を生き、喜美子も笑顔でそんな息子を見守るのでした。

『スカーレット』第24週143話まとめ

こうやって過去に喜美子と出会った人たちが着々とやってくるんですね。

ということは、信楽太郎こと雄太郎(木本武宏/TKO)やのぶ子(三林京子)、そして草間(佐藤隆太)も今後出てくるのでは!?と期待が膨らみます。

また、智也を亡くした理香子のことも心配です。

第24週も次回で最後。どんな終わり方をするのでしょうか、全く想像もつきません。

※『スカーレット』次回第144話も続けて読みたい方はこちら

『スカーレット』第24週144話あらすじ・ネタバレ感想!喜美子の作品づくりを見て武志は自分に足りないものに気づく

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する