『スカーレット』第23週138話あらすじ・ネタバレ感想!変わらぬ日常を望む武志に喜美子たちは応える

『スカーレット』第23週138話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スカーレット』公式Twitter

武志(伊藤健太郎)の口から病気で入院していることが知られると、心配をする人もいるものの、武志の前ではみな笑顔を浮かべます。

また、武志のそばにいたいと思う八郎(松下洸平)は名古屋の家を引き払い、信楽で仕事を探すと言い出しますが、それは武志の意思とは違うと思った喜美子(戸田恵梨香)はあるものを見せるのでした。

いつもと変わらない交流をする八郎。

おかげで真奈(松田るか)と距離が近づくような出来事も…。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

『スカーレット』前回第23週137話のあらすじと振り返り

喜美子(戸田恵梨香)から武志(伊藤健太郎)が白血病であることを告げられ、八郎(松下洸平)は最初こそ信じることはありませんでしたが、適合検査の話までされて信じざるを得ません。

武志の入院生活がスタートすると、武志は八郎がくれたジョージ富士川(西川貴教)の本を手に、色々なことを考えます。

抗がん剤の量を増やしたことで吐き気が増え、日に日に喜美子の心配は募っていくのですが、ある時武志が「みんなに話して」と言うのでした。

あれだけ病気のことは秘密にしていてほしいと言っていた武志。

一体、どんな心境の変化があったのでしょうか。

『スカーレット』第23週137話あらすじ・ネタバレ感想!武志が白血病だと言われた八郎は…

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレ】『スカーレット』第23週138話あらすじ・感想

武志(伊藤健太郎)の望みは「いつもと変わらない1日」

武志(伊藤健太郎)が白血病であることを聞かされたことにより、八郎(松下洸平)は名古屋の家を引き払い、信楽に戻ってくると言いだします。

そして、百合子(福田麻由子)から武志の病気のことを聞かされた信作(林遣都)も、急いで喜美子(戸田恵梨香)の元へと飛んできたのです。

武志のために現状を変えようとして動こうとしてくれる八郎や信作に対し、喜美子はそういうことはしなくていいと言います。

そして彼女は、2人にジョージ富士川(西川貴教)の本に武志が綴った言葉を見せるのです。

「今日が私の1日なら、私は…だろう」の一文だけが書かれているものですが、武志はその隣のページに「今日が私の1日なら、いつもと変わらない1日を過ごすだろう」と書いたのでした。

他のページを見ても、友達の1日なら、友達と一緒に変わらない1日を過ごすだろうと言うように、どのページを見ても武志からはどんなことがあっても変わらない1日を過ごしていきたいという想いが伝わってきました。

KAMUIKAMUI

武志にとって、今が幸せだからこそ特別な1日を求めるのではなく、いつもと変わらない1日を求めるのです。変わらない1日を過ごしたいと思うからこそ、彼は「みんなに会いたい」と口にしたとわかります。しかし、八郎は信楽に戻ってきてほしいと思っている気がするのです。それは武志がずっと望んでいたことだと思うんですがね。

いつもと変わらない笑顔を見せに来る信楽の人たち。退院間近と喜ぶのですが…

武志がみんなに病気で入院していることを話していいと言ったことで、喜美子は包み隠さずみんなに伝えました。

すると、照子(大島優子)や敏春(本田大輔)、大野家の人たちが病院へと足を運んでくれたのです。

KAMUIKAMUI

この時、まさかの熊谷和歌子(未知やすえ)さんが登場!ご健在でしたかと驚きました。なんかボケが始まったのかとヒヤッとさせられるようなボケをされてこっちもドキッとしましたが、さすが照子の母でした。めちゃくちゃ元気。
さらに信作は病室に入ってきて武志の顔を見て「ほな!」と言って退室!おもしろおじさんは裏切りませんねぇ。

八郎が病室にやってくると、武志と2人で深野(イッセー尾形)の絵をどうやって表現したらいいのかをとことん話し合います。

おかげで八郎の体調も良くなってきており、血液検査の結果次第ではまた通院に戻してもいいかもしれないと大崎(稲垣吾郎)は言うのですが、八郎を見送ろうとした際に武志は意識を失い、倒れてしまったのです。

KAMUIKAMUI

あと少しで退院という時に!これはまだ入院生活続きそうな…そして八郎もこの時初めて武志の調子が悪いところを目の当たりにしたのではないでしょうか?映し出されてはいませんが、結構ショックだったのではないかと思うのです。

お見舞いに来た真奈(松田るか)とちょっと距離が近づいた瞬間

武志が倒れたと聞くと喜美子は急いで病院へ向かったのですが、そこには八郎とお見舞いに来ていた真奈(松田るか)がいました。

大崎の診断結果としては、脳に異常はないものの微熱がある、感染症の疑いがあるのでマスクの着用を義務付けます。

カーテンで遮られた武志、八郎、喜美子、真奈の4人はマスクを着け「病人みたいや」と呟きます。

武志の様子がもう大丈夫だとわかると、八郎は喜美子を連れて退席。

武志と真奈を2人きりにするのでした。

KAMUIKAMUI

この時の八郎の空気を読もう感がもう面白かったです!そそくさと退散するも、外でヒソヒソと聞こえる両親の声。喜美子の「あ、そういうこと!」と返したところなんかは(笑)やっぱり八郎よりも喜美子の方が鈍感なんだなぁと改めて思わされました。

二人きりになると、真奈は紙にペンを走らせ「大丈夫?」と書きます。

なんで筆談?と疑問に思いながらも、武志は口頭で答えます。

そして武志は、真奈に自分が白血病であることも自らの口から告げるのでした。

すると真奈はまた筆談。

「手を繋いでもいい?」と聞かれた武志は、これを受け入れました。

KAMUIKAMUI

その前には「逢いたかった」と真奈は書くのですが、武志が自分もだと返した時はいい雰囲気過ぎてキュンと来ました!もう親公認ですし。本当このまま良い感じになっていってほしいですね。もちろん、武志の病気も治ってです。

『スカーレット』第23週138話まとめ

2週に1度の通院に切り替わり、無事退院した武志はアパートを引き払い、川原家に帰って来たのですが、一緒に八郎も到着。

やっぱり名古屋の家を引き払ってきたのでしょうかね?

どちらにせよ、今回の件でまた絆が深まった感覚。

第24週にはまた武志が体調を崩したりと、何かが起きそうな気はしますが、喜美子や八郎、信楽の人たちならなんとか乗り越えていってくれそうな気がします。

※『スカーレット』次回第24週139話も続けて読みたい方はこちら

『スカーレット』第24週139話あらすじ・ネタバレ感想!喜美子、武志のドナーになれずも、ドナー志願者が集まる

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する