『スカーレット』第21週122話あらすじ・ネタバレ感想!嫁の愚痴を吐き出す敏春の背後に照子が…!

『スカーレット』第21週122話あらすじ・ネタバレ感想!嫁の愚痴を吐き出す敏春。しかし背後には照子が…!!

出典:『スカーレット』公式Twitter

信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が経営するサニーにやって来た敏春(本田大輔)は、信作にゆかりあるある女性の話をします。

その女性とは、過去にお見合い大作戦で信作に惚れ込んだ田畑よし子(辻本みず希)でした。

女のことはもちろん、過去のことは「記憶にございません」で回避する信作を最初は面白そうに見ている百合子でしたがだんだんと…。

さらに敏春は、照子(大島優子)がいないことを良いことに、ノンストップで嫁の日ごろの愚痴を言い始めます。

これを店の入り口で聞いてしまった照子は…。

嵐の前の静けさ!という回です!

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

『スカーレット』前回第21週121話のあらすじと振り返り


福引で温泉旅行のチケットを引き当てた信作(林遣都)は、百合子(福田麻由子)と娘たちと家族で旅行に行くことを計画します。

しかし、そもそも福引のための引換券を集めたのは自分たちだと主張する忠信(マギー)&陽子(財前直見)と対立。

闘いの結果、信作がチケットを手に入れるのですが百合子はこれをあっさりと忠信たちに手渡します。

信楽にやって来た時からずっと忠信と陽子にはお世話になりっぱなしの百合子。

亡き父・常治(北村一輝)やマツ(富田靖子)からもすごい恩人なんだよと言われ続け、良くしてくれたことで何か恩返しをしたいと思っていたのです。

その感動話を聞いただけで忠信と陽子は涙。

譲りたいと百合子に言われたことで、信作もこれを受け入れました。

忠信と陽子、そして子供たちが温泉に出かけると、信作はサニーの臨時マスターに。

しかし、コーヒーの淹れ方一つわからず、百合子はちょっと不安気ですが赤いベストで威厳があるように見せたがる信作を可愛いと思うのでした。

そんなところに訪れた最初のお客さん。

さぁ、これからなにが起こるのでしょうか。

『スカーレット』第21週121話あらすじ・ネタバレ感想!信作&百合子がサニーを経営。一体何が!?

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレ】『スカーレット』第21週122話あらすじ・感想

京都帰りの敏春(本田大輔)の口から信作(林遣都)の13番目の女の話が…

仕事で京都へ行っていた敏春(本田大輔)は、学生時代の友人の奥さんが信作(林遣都)の知り合いだったということで、サニーに彼女の話をしにやってきました。

その彼女とは、「お見合い大作戦」で信作にベタ惚れだった田畑よし子(辻本みず希)。

信作の13番目の女ともいわれる彼女の苗字は「西村」に変わり、現在は京都の和菓子屋さんの女将をしているらしいですが信作にとっては忘れたい過去。

しかし、百合子(福田麻由子)はよし子の話をニヤニヤしながら聞くのでした。

あの時信作に出会っていなかったら、今の幸せはないと敏春に語ったよし子。

何を言われても今の信作には痛い思い出でしかありません。

KAMUIKAMUI

意外と恋多き信作。百合子も20番目の女というほどに、色々な女性に惚れたり惚れられたりと大変な人生でした。振り返るとお酒やお水をかけられたり、かばんで殴られたり、自転車でどつかれたりと散々。復讐されっぱなしの信作。今は優しくて寛大な奥さんを持ったからこそ、忘れたいのでしょうね。百合子も嫉妬心など見せずに笑顔なところがいいですね。最強の嫁です。

何でもかんでも「記憶にございません」という信作(林遣都)に百合子(福田麻由子)がイラッ

過去の女の話を百合子から持ち出されても、信作は「記憶にございません」の一点張り。

敏春がこの話に興味を持ってしまったがゆえに歯止めがききません。

すると百合子は、信作に「昨日の晩ご飯は?」「一昨日の晩ご飯は?」と聞き始めます。

昨日はハンバーグと覚えていたのに、一昨日はもう覚えていない信作。

しかし、後ろにいる敏春も訝し気に首を傾けます。

「冬の間、うちがつけていたマフラーの色は?」

「記憶にございません」

「結婚して何年目?」

「記憶にございません」となんでもこれで避けようとしたことで、百合子は真面目にやる気がないとイラッとします。

KAMUIKAMUI

しかもこの時、喜美子(戸田恵梨香)なら忙しくても覚えていると返しますが、男と女では違いますよ。しかし、結婚何年目を「記憶にございません」で返された百合子の苛立ちは理解できそうです。大好きな自分と何年目かくらい覚えておきましょう。

そして問題は、ふたりがギクシャクした瞬間に気を使う敏春です。途中モノマネもしようとするものですから余計に空気が…。敏春さん、初登場から思い返せば本当にキャラが変わりました(笑)

話題を変え、妻への愚痴を吐き出す敏春(本田大輔)。背後にはゴボウを持った照子(大島優子)

信作と百合子の雰囲気が変になったこの状況をどうにかしたいと思った敏春は、百合子に対し、今度照子(大島優子)にもコーヒーの淹れ方を教えてほしいと言いだします。

どうやら照子は、信作同様、豆を挽かずにコーヒー豆にお湯をかけて淹れたらしく敏春は脱帽。

後ろでこれを聞いた信作は盛大にコーヒーを拭きだすのでした。

また、カレーの作り方の話になると、百合子は隠し味にコーヒーを入れたり、果物たチョコレートを入れると良いと言うと、敏春はさらに興味津々。

百合子のカレーの味見をすると、そこから照子の料理に関する悪口のエンジンがかかってしまったのです。

照子のカレーはマズく、色はカレーだが味が大雑把で、性格が隠し味になっているようだと言います。

実はこの時、サニーにこっそりと照子が来店。

敏春が自分のことを話し始めたことで、信作を制し、何を話すかじっくり聞くことにしました。

照子の存在に気づいた百合子も、彼女をフォローするように、美味しい野菜を作ってるじゃないですかと言うとさらに悪口が出てきました。

健康のために野菜を作っているというが、しょうゆを盛大に入れる照子の料理が血圧を上げている。

最近農作業ばかりやっているせいで、日に焼けてシミが出てきた。

従業員よりも血まみれで泥臭い。

夜寝るときはいびきもうるさい。

最近は靴の臭いが…というと、隣にあったゴボウの香りを察知し「こんな感じ」というのです。

そこで初めて敏春は、照子が自分の後ろで全部聞いていたことを察します。

KAMUIKAMUI

胸の内にこれだけの愚痴を抱えていた敏春。ならば墓場まで持っていかないと…。全部聞いてしまった照子は誰がどう見ても激オコです。ゴボウを突きつけるところはかなり笑えましたが、そんな雰囲気でもありません。ここで15分が経過。いや!ここからが見どころじゃないですか!?そんな気持ちになりました。

『スカーレット』第21週122話まとめ

スペシャル・サニーデイは夫婦の色々なお話と言っていましたが、照子vs敏春。

これはいきなり大変なことになりました。

散々愚痴をぶちまけ、照子の耳にダイレクトに入っていますからね!

ゴボウを突き出した照子が敏春に言う第一声から期待が高まりますね。
※『スカーレット』次回第123話も続けて読みたい方はこちら
『スカーレット』第21週123話あらすじ・ネタバレ感想!結婚25周年目にして大喧嘩?

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する