『スカーレット』第19週113話あらすじ・ネタバレ感想!喜美子、アンリと共に音を楽しむ?

朝ドラ『スカーレット』第19週113話あらすじ・ネタバレ感想!喜美子、アンリと共に音を楽しむ?

出典:『スカーレット』公式Twitter

喜美子(戸田恵梨香)の代表作を売ってほしいとやって来た小池アンリ(烏丸せつこ)を追い返すために100万円と提示したのですが、あっさりと用意されて困り、更なる値上げをしてみますが、アンリは対抗。

どうしても売れないというむねを伝えると、アンリはやっと諦めてくれたのですが、どうしてそんなにまで作品が欲しいのかと聞くと、アンリは喜美子には考えられない感性を発揮するのでした。

しかもこのアンリという女性がとんでもない人だったということも発覚。

初対面時の態度が納得できるものです。

また、照子(大島優子)の息子の竜也(福崎那由他)を心配した喜美子は、同じ窯業研究所に勤める武志(伊藤健太郎)に話を聞いてやってほしいと言います。

果たして武志は竜也の口から何を聞かされるのでしょうか。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

『スカーレット』前回第19週112話のあらすじと振り返り

突然喜美子(戸田恵梨香)の前に現れた女・小池アンリ(烏丸せつこ)は、穴窯の話を聞いてきたり、陶芸家・川原喜美子先生に合わせろと言ってきたりと驚きの言動。

さらには、喜美子が初めて穴窯で成功させた自然釉の作品を売ってくれと言い出すのです。いくら詰まれても非売品と主張する喜美子が「100万」と言うと、アンリは帰っていきました。

お金に苦労をしなくなった自分は変わってしまったと思っていましたが、市議会議員となったちや子(水野美紀)と一晩過ごして語らう中で、自分が何も変わっていないことに気づくのでした。

そして翌日、再びアンリが川原工房に現れると、100万円の束を机にポンっ。

どうする喜美子!?

『スカーレット』第19週112話あらすじ・ネタバレ感想!謎の女・小池アンリの行動に戸惑う喜美子

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレ】『スカーレット』第19週113話あらすじ・感想

喜美子(戸田恵梨香)とアンリ(烏丸せつこ)。作品はどちらの手に!?

喜美子(戸田恵梨香)の言い値である100万円を目の前に提示してきた小池アンリ(烏丸せつこ)。

それでも喜美子は売れないといい、今度は800万と提示しました。

すると別の日に明らかに札束8個が余裕で入りそうな黒光りの高級バッグを持って登場。

喜美子は「嘘やろ」と言って目が点になります。

しかし、どうあってもあの作品を売ることはできないと喜美子が豪語すると、アンリは買い取ることを諦めるのですが、その代わり聞かせてほしいというのでした。

KAMUIKAMUI

言った値がポンッと目の前に置かれたらギョッとしますよ。おそらく、アンリと喜美子では金銭感覚が違い過ぎるでしょうし。そんなお金があるわけないと思ったら出てくるって…この人本当に何者なんだろうと思いますよね。しかし、1,000万円を積まれても売れないという喜美子の想いがやっとアンリに伝わったのを見ると、やっぱり喜美子は変わっていないとわかります。しかし、「聞かせてほしい」とはどういうことなのでしょう?この時はその疑問でいっぱいでした。

芸術品は音を奏でる?アンリ(烏丸せつこ)の特別な感性に驚く喜美子(戸田恵梨香)

どうやらアンリは、作品を指でなぞることで、その作品と会話をすることができるというのです。

しかし、喜美子の作品からは声が聞こえてくるのではなく、音楽が聞こえてくるというアンリは、作品を指でなぞり、聞こえて来た音を楽しみます。

KAMUIKAMUI

作品展で自然釉の作品を見た時から一目惚れをしたというアンリ。だからこそ、いくら積まれてでも欲しいと思ったのですね。しかし、作品をなぞって音楽が聞こえてくるなんて喜美子にない発想。そして私もこの感性には驚くばかりでした。

作品を指でなぞると、アンリの中には演歌、ピアノ曲、シャンソンなど色々な音楽が流れだし、そんな風にして彼女が楽しむと、喜美子も想像し楽しむのでした。

KAMUIKAMUI

素晴らしい作品は声が聞こえる。会話をすることができる。そこは喜美子も納得したようですが、音までは聞いたことがない様子。本当に聞こえるならそりゃ楽しいですし私もそんな能力ほしい!楽しそう。しかし、楽しんでいるアンリを見るだけでも自然と口角が上がっていきました。

川原武志(伊藤健太郎)と大熊竜也(福崎那由他)と野球

窯業研究所で働くようになった照子(大島優子)の息子の竜也(福崎那由他)の様子が気になった喜美子は武志(伊藤健太郎)に話を聞いてあげてというのです。

母に言われた通りに竜也に話しかけると「たけたけ?」と言われる武志。

「兄ちゃんはつかないのか」とツッコミ。

小さいころに一緒に野球をして遊んでいた仲の竜也と武志は、掃除をしながら仲を深めるのでした。

そもそも竜也がどうしてグレてしまったのかということです。

学校で野球部に所属していた竜也ですが、スタメンから降ろされると、楽しくないと思うようになったようです。

ゆくゆくは丸熊陶業を継いでほしいと思っていた敏春(本田大輔)は、そうかよかったと肩をなでおろしたとか…。

これによって竜也はガラの悪い連中とつるむようになり、高校を辞めたのでした。

KAMUIKAMUI

敏春…ダメだろ。自分のことしか考えていない時の判断じゃないですか。やっと生まれた息子だからこそ期待をしてしまい、素直な気持ちが出てしまった結果なのですがね。おかげで照子も頭を悩ませます。しかし、武志と一緒に掃除をし、掛井(尾上寛之)の話を素直に聞いているところを見ると、これ以上悪くなることはない気がします。

住田(田中美央)驚愕。小池アンリ(烏丸せつこ)の素性

照子が川原工房で竜也の話をしていると、またもアンリが登場。

お客さんが来たと言うことで照子は帰っていきました。

アンリはこの時、旦那の川原八郎(松下洸平)にご挨拶していないと言いますが、すでに彼はいないということを伝えると、なんとも言えない雰囲気に。

そこに、後援会会長の住田(田中美央)がやってくるのですが、アンリの顔を見るなり驚きます。

実はこの小池アンリという女性、女優さんなのです。

しかも「スキャンダル女優」何も知らなかった喜美子もこれに驚くのでした。

KAMUIKAMUI

前回第19週112話で、「信楽ゆうたら小池やろ?」という言葉が出て来たわけですが、そういうことだったんですね。芸術に関しても人とは違う感性を持っているようでしたし、100万円どころか800万も平気で出してこれるのが理解できます。

『スカーレット』第19週113話まとめ

小池アンリはスキャンダル女優だと住田は言いましたが、一体彼女はどんなスキャンダルを?謎の女・小池アンリの謎はまだまだ消えませんね。

それを知っていくのがまた楽しいです。

そして、窯業研究所で頑張る武志、そして一緒に更生しようとする竜也のこの先も楽しみです。

今回は、喜美子の周りの方が色々動き出した感じでした。

19週も次回でラスト。今週は一体どんなふうに終わるのでしょうか!?

※『スカーレット』次回第114話も続けて読みたい方はこちら

『スカーレット』第19週114話あらすじ・ネタバレ感想!金銭感覚が違い過ぎる喜美子とアンリは通じ合う

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する