朝ドラ『スカーレット』第19週112話あらすじ・ネタバレ感想!謎の女・小池の行動に戸惑う喜美子

朝ドラ『スカーレット』第19週112話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スカーレット』公式Twitter

京都から戻って来た武志(伊藤健太郎)は、自立をするためアルバイトで生計を立てながら1人暮らしを始めると、喜美子(戸田恵梨香)はまた1人になってしまいました。

そこへやって来た謎の女性・小池(烏丸せつこ)は穴窯を指さしてこれは何?と言ったり、作品を指でなぞるなど謎の行動を取り、戸惑いを隠せない喜美子。

そんな彼女に、非売品の物を売ってくれと言い続けます。

法外な値段を提示して追い返すのですが…。

そして、ちや子(水野美紀)が市議会議員に当選したことにより、川原家でお祝い。

喜美子とちや子は一晩色々なことを語り明かすのでした。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

朝ドラ『スカーレット』前回第19週111話のあらすじと振り返り

京都での大学生活を終えた武志(伊藤健太郎)は、大学に行くことができなかった喜美子(戸田恵梨香)のために、自分の大学生活をお酒を交えながら語り始めました。

息子の実体験を楽しく聞いた喜美子は、夢の中で大学生活を満喫。

照子(大島優子)と信作(林遣都)と共に試験勉強をしたり、講師・ジョージ富士川(西川貴教)と語らいます。

そして武志は、信楽の窯業研究所に恩師の掛井(尾上寛之)の元で釉薬の研究をもっとしたいということや、そして穴窯は継がないという自分の意思をはっきり伝えると喜美子もこれに納得。

掛井に挨拶をしようと窯業研究所へと足を運ぶと、照子と息子の竜也(福崎那由他)がトラブっていたり、掛井が温かく歓迎してくれたりと色々なことがありました。

そして、自立をするため窯業研究所の近くに武志が部屋を借りたことで、喜美子はまた1人暮らしに戻るのでした。

そして、川原家に謎の女性が訪問。

一体彼女は何者なのでしょうか!?

朝ドラ『スカーレット』第19週111話あらすじ・ネタバレ感想!京都から帰って来た武志と親子ふたりで居酒屋へ。

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する

【ネタバレあり】朝ドラ『スカーレット』第19週112話あらすじと感想

謎の女・小池(烏丸せつこ)の言動に喜美子(戸田恵梨香)は困惑する

アルバイトをしながら窯業研究所の近くで一人暮らしをすると言って家を出ていった武志(伊藤健太郎)。

おかげで喜美子(戸田恵梨香)はまた1人の暮らしに戻ります。

今や喜美子の作品は高級品なので一つの作品に5万、10万、高いと30万の値段が付くようになり、おかげで金銭的に苦労のない生活をすることができているのです。

そんな喜美子が縁側の襖を開けると、穴窯を眺める一人の女性が目に映りました。

綺麗に着飾ったその女性は、喜美子の顔を見ると「おはよう」と言って近づいてきて「あれ何?」と聞いてきます。

「窯です」

「窯?」

「焼き物を焼く、穴窯です」

「ああ、穴窯かぁ。で、どっからどうするの?」

喜美子はざっと穴窯での作品作りを説明し、「どちら様ですか?」と聞くのですが…。

「ねぇ、ここに住んでんの?」

「はい」

「ほな、先生もここに住んでるんやろか」

「先生?」

「女性陶芸家の川原喜美子先生」

「あっ…。」

「ほな、小池が来たと言うて」

「どちらの小池さん?」

「信楽言うたら小池やろ?あんた地元の人とちゃうな。戦前はな、小池紡績っちゅう大きな会社があったんよ。そこの小池アンリいうたらミス琵琶湖や」

「ミス琵琶湖?あの、どういったご用件で」

「ええから早く先生呼んで~」

「うちが川原喜美子です」

「!?」

KAMUIKAMUI

人の話も聞かないとペラペラしゃべり倒す人、いますねーこういう人。しかも、信楽の人じゃないって…ガッツリ信楽です。しかし、小池紡績なんて聞いたことがないわけです。目の前にいる女性が陶芸家・川原喜美子だということが分かった瞬間の表情は最高でした!

非売品の作品を売ってと引き下がらない小池(烏丸せつこ)。そこで喜美子(戸田恵梨香)が提示した値段とは!?

小池は喜美子と共に工房の中へと足を運ぶのですが、その時穴窯で初めて成功させた自然釉のツボを見つけると一礼し、そっと指で作品をなぞります。

その行動の意図がよくわからない喜美子は困惑。

作品を見たいと言って訪れる人はいるのですが、指でなぞった人は初めてです。

喜美子が小池の行動に驚いていると、「おいくらですか?」と言ってきます。

「非売品です」

「売ってください」

「非売品です。これは売り物やないんです」

「おいくら払えばいいのですか?」

そう言って財布を開ける小池。

いくら積まれても喜美子は売る気がないので「100万!」と提示。

すると小池は川原家を去っていくのでした。

KAMUIKAMUI

掛井(尾上寛之)のように、欲しいけれど学生時代の時は高くて手が出せなかったという喜美子の作品。自分でつけても高い!と思っている喜美子ですが、逆にいくら出してでも売ってくれと言われれば驚きます。しかしよりにもよって、あの喜美子の代表作です!売って良い訳がありません。そこをゴリ押ししてくる小池アンリ!人の話を聞かないタイプのようですね!さすがに100万円と言われて帰ったと言いますが…また来る予感しかしません。

喜美子(戸田恵梨香)は何も変わっていない。喜美子なら大丈夫

ある日、喜美子は市議会議員に当選したちや子(水野美紀)を祝うため、ちらし寿司を作ります。

そしてちや子も、その日は喜美子の家でお泊まりをし、ふたりは広い家の中でゆったりと手足を伸ばして寝転がります。

政治家になったとて、ちや子になんの変化もありません。

昔見た新聞社でバリバリ働くちや子のままです。

しかし、自分は変わってしまったと喜美子は言うのです。

昔は1足12円のストッキングのつくろい物をしていたはずが、今では1作品で5万や10万。

明日のお米の心配をしなくては良くなったのにと、過去を振り返ります。

するとちや子はこんな例え話をします。

明日になったら全部なくなった時、大久保さん(三林京子)がストッキングのつくろい物をせいと言って持ってくる。

当時は12円でしたが、2円くらい。これをやるかどうかを尋ねると、喜美子は二つ返事で「やります」と言い切りました。

その言葉を得て、ちや子は喜美子に言ってくれたのです。

「ほな戻れるやん。いつでもあの頃に戻れる」

「体は戻らんかもしれへんけど」

「喜美ちゃんは変わってないよ。変わらへん。大丈夫、喜美ちゃんは喜美ちゃんや」

KAMUIKAMUI

喜美子という人が変わっていたら、そんな安い仕事はしないと言ったでしょう。しかし、つくろいものも、女中の仕事であっても、目の前に来た仕事は全部やる!初志貫徹してますね。そんな真っ直ぐな気持ちがあったからこそ、めげずに穴窯で作品が作れたんです。喜美子からすればちや子の言葉はとっても心強いですよね。なんだか見ていてホッとしました。

小池アンリ(烏丸せつこ)、100万円の札束を持って再来

ちや子を送り出し、仕事のためのデッサンをしていたところに、またも小池がやって来たのです。

今度はなんの用かと思ったのも束の間、「先日はすみませんでした。手持ちが足りなくて…」

そして、小池はカバンから札束をポンと出すのでした。

「100万円ってゆうてましたから」

「……。」

「あれほしいねん」

喜美子は、なにも言葉が出ませんでした。

KAMUIKAMUI

100万と言えば諦めるだろうと思ったら…100万を平気でポンって!1万、10万、30万でも高いと思っていたのに…100万!?帯で止められた札束!そんなものが自分の手元に来るなんて…そんな経験をしてみたいですね!

朝ドラ『スカーレット』第19週112話まとめ

絶対に売らない。

喜美子の代表作ともいえるあの自然釉の作品…多額を詰んででも欲しいと言われてしまったわけですが、喜美子はどうするんでしょ。

100万と言った手前、売らないとは言えなさそうですが、しかしやっぱり手放すこともできなさそうな…。

喜美子がどんな決断をするのか、そしてこの小池という人がどうしてそこまでしてほしいのか気になります!

※『スカーレット』次回第19週112話も続けて読みたい方はこちら

朝ドラ『スカーレット』第19週113話あらすじ・ネタバレ感想!喜美子、アンリと共に音を楽しむ?

\\31日間の無料お試し期間あり//

朝ドラ『スカーレット』を
今すぐU-NEXTで無料視聴する