朝ドラ『スカーレット』第15週(第87話)あらすじ・ネタバレ感想!橘からの依頼内容は?喜美子がムチャし始める

朝ドラ『スカーレット』第15週(第87話)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スカーレット』公式Twitter

橘(紺野まひる)からの注文を受けるためにサニーへとやって来た喜美子(戸田恵梨香)。

すると、急に百合子(福田麻由子)の結婚話に!?

常治(北村一輝)がいない今、自分がしっかりしないといけないと言うと、忠信(マギー)と陽子(財前直見)は喜美子にあることを聞きます。

注文を受けて帰ってくると、八郎(松下洸平)はまたも三津(黒島結菜)と楽しそうに…。

個展にはディナーセットを出すと言い出し、喜美子と意見を衝突させるのでした。

結婚する前の作品に戻りたいと言う八郎。

それを逃げだと捉える喜美子。

さらに個展の下見のために銀座へと行くと言い出すと、喜美子も同行するというのですが、橘からの注文の品が作れなくなってしまいます。

どちらもやると言う喜美子は、どこかムキになっているようにも見えますが、やる気は十分感じるのでした。

朝ドラ『スカーレット』前回第15週86話のあらすじと振り返り

橘(紺野まひる)から仕事の依頼があると喜んだ矢先、マツ(富田靖子)は声が出なくなり、やっぱり八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)の距離の近さを感じる朝。

しかも、八郎は喜美子(戸田恵梨香)には三津に向けているような笑顔を一切見せません。

そんな状態でサニーへ向かうのですが、大野家では信作(林遣都)の結婚のことで陽子(財前直見)が喜びながらも「常治(北村一輝)の洗礼を受けてほしかった」とボヤキきます。

それを聞いた信作は、意を決して百合子との結婚の承諾を貰いに川原家に行くと言いますが、喜美子がやって来た途端、逃げるように会社へといってしまいました。

これから橘との再会を果たすのですが、果たして彼女は喜美子にどんな依頼をしてくれるのでしょうか!?

朝ドラ『スカーレット』第15週(第86話)あらすじ・ネタバレ感想!八郎が取る喜美子と三津への態度に変化が…

【ネタバレあり】朝ドラ『スカーレット』第15週(第87話)あらすじと感想

喜美子(戸田恵梨香)が考える百合子(福田麻由子)の理想の旦那さん

橘(紺野まひる)との再会を果たした喜美子(戸田恵梨香)。

お互いに今までどうしていたのか、今は何をしているのかを話して盛り上がっていると、橘が赤松で盛り上がっていた話を持ち出しました。

まだ喜美子には信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)の結婚話を聞かせたくない忠信(マギー)と陽子(財前直見)は、ふたりの会話に割って入ったりと大慌てです。

飲んでばっかで恥ずかしい妹だと思う喜美子は、「まだまだ嫁に行かせられないですよ」と発言。

この言葉を聞いた忠信と陽子は、またハッとして大慌て!

「まぁ相手次第やな」と喜美子が言うと、「どんな人ならええの?」と質問をします。

喜美子が認める百合子の旦那は、柔道で投げ飛ばせるほどに強い人!だそうです。

KAMUI

マズい、投げ飛ばす前に喜美子から逃げましたぜ、百合子の旦那さん候補(笑)でもまぁ常治(北村一輝)亡き今、自分がしっかりしないとと喜美子が思うのは当然。これは…信作にとって大きな壁になるのではないでしょうか?

陽子さん、洗礼を受けさせたかったという割には、今になってヒヤヒヤしています。しかし、喜美子も笑顔で話すんですよね。もしかしてこれは2人のことを気づいているのでは?前に八郎(松下洸平)と問い詰めましたし。だとしたら喜美子も人が悪い(笑)女は怖いわぁ~(笑)

原点回帰したい、銀座に下見に行くと言い出す八郎(松下洸平)に喜美子(戸田恵梨香)は…

橘から仕事の依頼を受けて戻ってくると、またも八郎(松下洸平)は三津(黒島結菜)と楽しくお絵かきをしながらおしゃべり。

三津の絵の下手さに笑う八郎は、よくこれで芸術大学に合格したなと言ったり、ディナーセットの器の絵を喜美子に楽しそうに見せます。

しかし、喜美子に「ディナーセットってなに?」と聞かれると、八郎は我に帰ったかのように落ち着きを取り戻すのでした。

KAMUI

あーでもないこーでもないと土と向き合っていたあなたはどこに行ったんですかー?

「銀座での個展は中止にしない。個展ではディナーセットを作って出す。そして銀座に下見に行く」などと宣言する八郎ですが、喜美子としてはストップをかけます。

金賞を受賞した作品を超える作品を作ろうと頑張っていたハズなのに、ディナーセットって何だと喜美子は言うのです。

すると八郎は「結婚する前の作品に戻りたい」と言うのです。

KAMUI

いやいや、厳しいことを言わせていただきますが、要するに逃げたんですよね?人を感動させる作品を作りたかったんじゃなかったんですっけ?常治に1個3万の湯飲みの話とかしてましたよね?

喜美子がなんぼそういうことを説いても、行き詰った八郎の耳に届かないのがなんとも悲しいです。スランプに陥っているからこそ、心の栄養を摂るために休んでもらって、その間自分が頑張ると喜美子は言ったのに…。私はだんだんと、陶芸家・川原八郎に呆れてきました。

橘(紺野まひる)からの依頼は絵皿5枚セット。その個数に八郎(松下洸平)は驚愕する

銀座の個展の下見には自分が同行するという喜美子。

しかし、橘からの依頼は大丈夫なのかと聞かれます。

今日から始めれば大丈夫と言うのですが、そうはいかなさそうです。

喜美子が橘からもらった仕事は、結婚式の引き出物に使う絵皿5枚セット。

そのデザインも、サニーでホットケーキを食べながら決めてきました。が、問題はそれを何セット作るのかということです。

頼まれたのは40セット。つまり、お皿200枚を作らないといけないということなのです!

電動ろくろで作ればできると喜美子は言いますが、電気窯は一つしかありません。

大変な仕事なのに、その上銀座の下見に付いて行くなんて無謀だと八郎は言うのです。

しかし、それでも喜美子はやりたいといいます。

絵付け師としての力を存分に発揮してほしいと言われ、嬉しくもあり、緊張する喜美子。

そんな喜美子を見た八郎は「やってええで」と言ってくれました。

KAMUI

喜美子のこのチャレンジ精神よ。八郎、見習え!

しかし、デザインとして描かれていた絵皿はどれも可愛らしいです。私も欲しいです。

朝ドラ『スカーレット』第15週(第87話)まとめ

どうしても三津と八郎の仲がなぁ~。モヤモヤさせられますわ。

銀座への下見は三津に同行してもらう予定だったなんて言い出したら本当怒ろうかと思ったんですが、そんなことは出てこず。

久しぶりに喜美子が自分で陶器を作り、それで稼ぐという姿が見られるのは個人的に嬉しいです。

どんな絵付皿が完成するのか、非常に楽しみです。

そして、水曜日になるとだいたい大きな問題が勃発すると思っていたのですが、まだ大人しいですねぇー。

予告では直子(桜庭ななみ)が妊娠し、マツ(富田靖子)がほうきで男をバシバシ叩く絵があったような…次回くらいには来るんでしょうかね?

あと、三津のワガママもそろそろ出てきそうな…。まだまだモヤモヤした時間が続きそうですね。喜美子がんばれ!

※『スカーレット』次回第88話も続けて読みたい方はこちら

朝ドラ『スカーレット』第15週(第88話)あらすじ・ネタバレ感想!三津がまた余計なことを…喜美子の反応は?