『キラッとプリ☆チャン』第100話あらすじ・ネタバレ感想!プリ☆チャン機能が停止…どうするジュエルアイドル!?

『キラッとプリ☆チャン』第100話あらすじ・ネタバレ感想!

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

ダイヤモンドアイドルに桃山みらいが選ばれハッピーエンドになるかと思いきや、自分の居場所はもうないと思ったバーチャルプリチャンアイドルのだいあにさらなる異変が!

だいあがバグバグCHUの中に閉じこもり、誰も近づくことができないほど空高く飛び上がってしまったことで、世界中のプリ☆チャンの機能が停止。

アイドル達のジュエルコーデも消えてしまいました。

だいあを元に戻したい、助けたいと思うも、黒いオーラに邪魔されて近づくことができずに困るアイドル達。

そんな時、みらいが手にしたダイヤモンドコーデが光り出し、奇跡を起こすのでした。

『キラッとプリ☆チャン』前回第99話のあらすじと振り返り

『キラッとプリ☆チャン』第99話あらすじ・ネタバレ感想!

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

ジュエルコレクションも残り3人。

しかし、アンジュの圧倒的なステージを見たことで、だいあはすっかり委縮してしまいました。

そこでみらいが手を差し伸べ、アンジュに負けないライブを披露。

そしてだいあも自分らしいステージをやり切りました。

全てのステージが終わりダイヤモンドコーデが飛び出すと、コーデはみらいをダイヤモンドアイドルとして選びます。

本来はバーチャルプリチャンアイドルのだいあがジュエルチャンスをするはずなのですが、どうしても自分でコーデを届けたいと思った虹ノ咲だいあがだいあの代わりに登場。

するとみらいは彼女を「だいあ」と呼び、虹ノ咲もこれからはそう呼んでと言います。

自分の役割どころか、呼び名まで奪われただいあはついに激怒。

黒いオーラに包まれるのでした。

『キラッとプリ☆チャン』第99話あらすじ・ネタバレ感想!ダイヤモンドアイドルが決定!そして、だいあの心が…

【ネタバレ】『キラッとプリ☆チャン』第100話あらすじ・感想

だいあの怒りが爆発すると、プリチャンの機能が全停止するほどの事態に!

ダイヤモンドアイドルがみらいに決まり、会場はお祝いムードになったのも束の間、だいあが突然怒り爆発して黒いオーラに包まれると、大きなバグバグCHUが現れ、空高く飛んで行ってしまいました。

『キラッとプリ☆チャン』第100話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

そのおかげで辺りは真っ暗になり、ジェルパクトはもちろん、プリチャンの機能が停止してしまい、みらいたちのジュエルコーデも消えて普段着に変わってしまいました。

『キラッとプリ☆チャン』第100話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

もともとはデザインパレットのナビキャラであっただいあは、虹ノ咲だいあがプリチャンで友達を作りたいという強い想いにより、偶然心を持った存在。

なので、これだけのことをすることもできるのです。

虹ノ咲がだいあに語り掛けても「だいあはもういらない」と言って、心を完全に閉ざしてしまいました。

KAMUIKAMUI

だいあの力が強大すぎて、おそらくリアルの世界にも出てきてしまったバグバグCHUの力の影響もあり、プリズムストーンやディアクラウンの機能も停止。というか停電まで起こしているくらいの力がありました。近づこうと思っても、邪悪なオーラで跳ね返されてしまって近づけない!世界を救わないとレベルのファンタジー展開、嫌いじゃないです!

だいあから力を貰ったあの子が大活躍!?みらいは虹ノ咲だいあを連れて空高く

自分のことしか考えておらず、だいあのことを放っておいてしまったことを謝る虹ノ咲。

『キラッとプリ☆チャン』第100話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

しかし、だいあは「そーゆーのじゃないんだもん」と怒り、心を開いてはくれません。

空にいるだいあに地上から声をかけても届かないのであれば、もっと近くまで行かないとと思うも手立てが見つからないアイドル達。

『キラッとプリ☆チャン』第100話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

するとダイヤモンドコーデが、みらいに「今こそ願いを叶えるとき」と語り掛けてきました。

すべてのプリチャンの機能が停止している中、過去にだいあから力を分けてもらった存在が一人。

それはみらいのデザインパレットのナビをしてくれるキラッチュです。

おかげでみらいは自分の望みである「これからもずっとずっと友達でいられますように」という想いを胸にダイヤモンドコーデにチェンジし、空高くまで飛べる翼を手にするのでした。

『キラッとプリ☆チャン』第100話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

今までジュエルチャンスがやってくると、だいあが空高く連れて行ってくれたのですが、今回はみらいが虹ノ咲の手を引き、だいあのところまで一緒に飛んでいくのでした。

KAMUIKAMUI

キラッチュ…そういえばだいあの力を貰って好きに話し始めたんでしたね。AIが意思を持つこと自体がこの世界でものすごーく当たり前のように感じていましたが、みんななっているわけではなったんですね。
そして、今まではだいあがみんなを連れて行っていた高みに、今度はみらいが連れて行くってこの立場が逆転した感じがなんかまた良かったです。このためのダイヤモンドコーデかよと冷たく思わず、ここは熱くなるところだと思いました。

水晶の中に閉じこもっただいあに気持ちを届ける歌。そしてだいあフェスのコーデの力でだいあは…

大きなバグバグCHUの中に入ることはできたものの、だいあは水晶の中に閉じこもっていました。

友達が欲しいと望んでいた虹ノ咲の友達だっただいあ。

しかし、今の虹ノ咲には本当の友達ができて、「だいあ」と呼んでくれていいと言うのであれば、もう自分はここにいなくてもいいんだよとだいあは言うのでした。

それでも、みらいはだいあとも友達で居続けたいと言ってくれたこと、そして虹ノ咲とみらいがだいあにその気持ちを歌で伝えてくれたことで、だいあの心は変わり始めます。

そして、みらいやさら、まりあやすずが手にしたダイアフェスのコーデが光り出すと、それがだいあのもとに。

するとだいあは元に戻るのでした。

おかげでだいあは元通り。虹ノ咲と仲直りすることができました。

KAMUIKAMUI

ここにきてデュエットの新曲!しっとりしつつも素敵な曲でした。他に友達ができたなら自分は用なしって考え方は痛くわかります。ですが、みらいたちにとってもだいあはすでに友達。それがバーチャルであっても人でも関係ないのです。あのだいあフェスで勝者にあげたコーデがここで出てくるとは思いませんでしたね。

『キラッとプリ☆チャン』第100話まとめ

『キラッとプリ☆チャン』第100話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

これで一件落着と思うじゃないですか。

ダイヤモンドコーデはこれで消えてしまったのですが…まぁそういう終わり方ですよね。

ですが、どうやらもうひと悶着ありそうです。

バグバグCHUがキラキラを食べて、バーチャル世界のバグバグキングの所に…。

最後にまた登場するのかバグバグキング!?

最後はどんな戦いに!?って、完全に世界平和を守るルートになっていきそうですが、それはそれで楽しみです。

※『キラッとプリ☆チャン』次回第101話も続けて読みたい方はこちら

『キラッとプリ☆チャン』第101話あらすじ・ネタバレ感想!バグバグキングが大暴れ!?みんなを守るためにだいあは…