『キラッとプリ☆チャン』第101話あらすじ・ネタバレ感想!バグバグキングが大暴れ!?みんなを守るためにだいあは…

『キラッとプリ☆チャン』第101話あらすじ・ネタバレ感想!

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

元の姿に戻り、みんなの元へと戻って来ただいあ。

しかし今度は、プリチャン衛星のシステムがバグバグCHUに乗っ取られたうえ、プリチャン衛星の軌道を変えたことで、衛星がキラ宿に落ちるという緊急事態。

避難をすれば大丈夫ですが、落ちてしまったらプリチャンができなくなるうえ、今までのプリチャンで行われてきたデータまでも壊れてしまうという危機的状況になってしまったのです。

責任を感じただいあは、バグバグCHUを止めようとバーチャル世界へ入り込むのですが…

果たしてだいあは、プリチャンを、そしてキラ宿を救えるのでしょうか!?

▼動画の無料視聴はこちら▼

『キラッとプリ☆チャン』前回第100話のあらすじと振り返り

『キラッとプリ☆チャン』第100話あらすじ・ネタバレ感想!

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

わからない感情に支配されて怒り心頭となったバーチャルプリチャンアイドルのだいあは、バグバグCHUと思われる大きな塊の中に入ると空に浮上。

そしてプリチャンの全機能を停止させてしまったのでした。

だいあに声をかけようとしても遠くて届かない。

そこでみらいはダイヤモンドコーデを使い、虹ノ咲と共にだいあの元へと飛んでいきます。

虹ノ咲に本当の友達ができたことで、もう自分は必要ないと思うようになっただいあ。

しかし、虹ノ咲もみらいも、だいあはすでに大切な友達の一人だと歌で伝えたことで、だいあは心を開き、だいあフェスでアイドル達に贈られたコーデの力により、元のだいあに戻りました。

これですべてが解決したと思いきや、どこからか現れたバグバグCHUがバグバグキングを起こそうとしているではないですか!?

これはまだまだ何かが起きる予感!

【ネタバレ】『キラッとプリ☆チャン』第101話あらすじ・感想

パワーアップしたバグバグCHUが衛星を乗っ取りプリチャンを壊す!?

だいあが元に戻って来たことで、すべてが解決したのも束の間。

だいあの負のエネルギーによって力を付けたバグバグCHUがバーチャル内で悪さを始め、ついにはバグバグキングを目覚めさせてしまいました。

『キラッとプリ☆チャン』第101話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

そしてプリチャンを世界中に配信する「プリチャン衛星」のシステムを乗っ取ると、これの軌道を変え、キラ宿に墜落するよう仕向けました。

落ちるまでに時間はかかるので、避難をすれば問題はありません。

しかし、キラ宿の地下にあるプリチャンサーバーが破壊されれば、アイドル達がこれまでやって来た配信、ステージ、集めたコーデ、フォロチケのデータがすべてなくなってしまうという事態だと知り、アイドル達は困惑を始めるのでした。

『キラッとプリ☆チャン』第101話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

KAMUIKAMUI

この衛星は、第84話で打ち上げられたもの。これによって世界中に配信されるようになったのに、まさかこの土壇場でバグバグCHUに乗っ取られて落とされるとは…。しかもメインサーバーはいわばプリチャンの歴史。自分たちが助かってもこれがなくなっては…本当なんてことをしてくれるんでしょうね。

責任を感じただいあがバーチャル世界でバグバグキングと対峙!しかし力が足りない!

以前のバグバグCHUなら、スプレーをかけるだけで対峙することができたのですが、だいあの力を得てしまったことで力は強大に。

ワクチンを入れても全く歯が立ちません。

責任を感じただいあはプリチャンを守るため、ひとりバーチャルの世界へ飛び込み、バグバグCHUと対峙します。

『キラッとプリ☆チャン』第101話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

しかし、バグバグキングに捕まえられてしまい、またも危機的状況に!

この光景をモニターで見ていたアイドル達は、ライブをしてだいあに力を送ることを決意するのでした。

ジュエルアイドルはだいあにエールを送るため、みんなで緊急配信。

KAMUIKAMUI

だいあを応援するために突然始まった緊急ライブ。過去最高に多い10人ライブ。なかなかに豪華です。しかも曲もフルバージョン。大詰め!って感じですね!

諦めモードだっただいあもアイドル達のライブを見て、ライブを見てくれる人たちからの「いいね」の力により、だいあはパワーアップ!

バグバグキングの手から離れると、他のバグバグCHUをどんどん退治していきます。

しかし、巨大化したバグバグキングに歯が立たないだいあ。

これでダメかと思いきや、なんとアイドル達のライブによりダイヤモンドコーデが復活。

だいあを、プリチャンを守ってとみらいが願うと、なんとだいあにもダイヤモンドコーデが!

コーデの力でバグバグキングが小さくなると、だいあはこれを抱きしめ、バグバグキングを完全浄化させるのでした。

KAMUIKAMUI

ここでダイヤモンドコーデが蘇るとか…なんというご都合主義なんて思いもしましたが、奇跡です奇跡!と思ったら、デザイナーズ10の1人のあいらは「女の子の本気のお願いは絶対叶うと決まってるんだから」という一言を頂きました。じゃあこの展開も当然なわけですね。最後にはキラキラになって消えていったバグバグキング。退治よりも、浄化という言葉が本当にふさわしいです。

力を使い果たしただいあ。でも「だいあ」と「だいあ」はずっと友達

プリチャンの窮地を救っただいあがアイドル達の元に戻って来たのですが、彼女はすでにボロボロ状態。

姿が変わってしまったことで力を多く使い、元に戻ってからバグバグCHUたちと闘ったことで、無理がきてしまったのです。

『キラッとプリ☆チャン』第101話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

だいあとお別れしたくない虹ノ咲は、だいあはふたりでだいあだと訴えかけますが、願いは届かず、だいあの姿は消えてしまいました。

しかし、次に虹ノ咲の前に現れたのは、マスコットのように小さいだいあ。

これが何者かは誰にも分りません。

きっとこれは…虹ノ咲と離れたくないというだいあの想いが生み出したものだろうと、デザイナーズ10は推測するのでした。

だいあに対し、虹ノ咲が「私と友達になってくれる?」と聞くと「なんで?」と返されます。

「だって、だいあはもうだいあと友達です」

このだいあの言葉に、虹ノ咲をはじめとしたアイドル達は号泣するのでした。

KAMUIKAMUI

だいあの想いがまた新しい奇跡を生み出したわけですね。ちまっとしただいあちゃんは非常に可愛いのですが、今までのだいあの記憶は皆無。それであっても、だいあはだいあなわけです。

『キラッとプリ☆チャン』第101話まとめ

『キラッとプリ☆チャン』第101話

(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PCH2製作委員会

次回でついに『キラッとプリ☆チャン』第2シーズンが最終回の予感。

一体どんなフィナーレを迎えるのかがとにかく気になりますが…実は、第3シーズンのイラストに、まりあ、すず、虹ノ咲だいあの姿がないのです!

ということは、この3人とはお別れなのでは!?と思えるのです。

一体どんなラストを迎えるのか、楽しみにしながら次回を迎えたいと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第102話も続けて読む▼