ドラマ『おじさまと猫』第9話あらすじ・ネタバレ感想!1人でピアノ教室を辞めることを決意する冬樹だったが…

『おじさまと猫』

出典:『おじさまと猫』公式ページ

神田冬樹(草刈正雄)は音楽教室を辞めようとしていました。

なぜなら、ピアノの発表会で会場に行けない可能性があったからです。

冬樹は以前、森山良春(小関裕太)と一緒に行ったコンサート会場で体調を崩したことがありました。

冬樹は、また同じようなことが起きるのではないかと心配しているのです。

小林夏人(升毅)は、そんな冬樹に「もっと人を頼れ」と言いました。

それでも、冬樹の意志は固く、退職届を提出しようとするのですが…。

\\『おじさまと猫』を見るならここ!!//

14日間無料のParaviで見る

ドラマ『おじさまと猫』前回第8話のあらすじと振り返り

日比野奏(平山浩行)の家には、ふくまる(神木隆之介)とそっくりな猫マリン(松本穂香)がいました。

神田冬樹(草刈正雄)は、ふくまるとマリンが姉弟ではないかと感じ、2匹を会わせることにします。

ふくまるが1歳の誕生日を迎えた日、冬樹の家に日比野とマリンがやって来ました。

懐かしい匂いに気づいたふくまるが、キャリーケースから出てきたマリンを見ると、幼い頃に別れたお姉ちゃんだと大喜びするのでした!

【ネタバレ】ドラマ『おじさまと猫』第9話あらすじ・感想


冬樹(草刈正雄)へのライバル心が消えない日比野(平山浩行)

神田冬樹(草刈正雄)と日比野奏(平山浩行)は、じゃれ合うふくまる(神木隆之介)とマリン(松本穂香)の姿を写真に収めています。

ふくまるたちも、笑顔で写真を撮る冬樹と日比野を見て「パパさんたち、仲良しニャ」と言っています。

冬樹は「仲良いですね。私たちみたいで」と言って、うさ耳を付けたふくまるとのツーショットを日比野に撮ってもらいました。

しかし、日比野は冬樹の言葉に異論がある様子です。

ミルトモ 編集部

冬樹は日比野に親しみを感じているようですが、日比野はまだ冬樹に対するライバル心が消えていない様子です。

マリン(松本穂香)に芸を教える日比野(平山浩行)

日比野は、冬樹からもらったうさ耳をマリンに付けてみました。

「可愛い」

今度は、マリンに芸を教えることを思いつきます。

日比野はマリンの前に食事を用意して「待て」と言いますが、マリンは不思議そうな顔をするだけで、そのままキャットフードを食べてしまいました。

そんなマリンの姿を見ながら、日比野は最後まで飼うことができなかった犬のコロンを思い出します。

そして、今度こそ最後までマリンと一緒にいることを誓うのでした。

ミルトモ 編集部

日比野はマリンが可愛くて仕方がない様子です。マリンに犬と同じような芸を教えようとしていますが、猫のマリンは覚えられるのでしょうか?

退職届を書く冬樹(草刈正雄)

冬樹は、日比野のコンサートに行った時のことを思い出していました。

コンサートの途中で息ができなくなり、会場を出て行かざるを得なかった冬樹。

冬樹は、退職届を書くのを邪魔するふくまるを抱えて外に出ました。

「見てごらん、お星さまだよ」

冬樹がふくまると一緒に星を眺めていると、流れ星が流れてきます。

「流れ星に願いを込めると、その願いが叶うんだよ」

冬樹はそう言って、ふくまるとの生活がずっと続くことを願うのでした。

ミルトモ 編集部

冬樹が退職届を書こうとしています。音楽教室の子供たちと仲良くなり、楽しそうだったのに…。

冬樹(草刈正雄)を叱る夏人(升毅)

冬樹の家に、シュークリームを持った小林夏人(升毅)がやって来ました。

しかし、夏人は机の上にある退職届を目にして顔を曇らせます。

「辞める気なのか。楽しいって言ってたじゃないか」

冬樹は、ピアノの発表会で会場にいられない自分を気にしていました。

「ダメなんだ。みんなに迷惑を掛けたくない」

夏人はそんな冬樹に「もっと周りを頼って良いんだよ。かっこ悪くても、ダサくても良いんだ」と言います。

ミルトモ 編集部

夏人は、大事なことを誰にも相談せずに決めてしまう冬樹を怒っていました。冬樹は、1人で悩みを抱えてしまう人のようですね。

音楽教室を続けることにした冬樹(草刈正雄)

冬樹が退職届を取り出して「このお仕事を辞めさせて頂きたいんです」と言いました。

それを聞いた森山良春(小関裕太)は、「俺があの時、コンサートなんか誘ったから」と言って、自分を責めています。

他の職員も冬樹の言葉にショックを受けていました。

しかし、退職届は受理されません。

ピアノの発表会は半年も先です。

その頃には、冬樹の症状が治っている可能性もあるのです。

仮に治らなくても、職場のみんなは冬樹にいて欲しいと思っていました。

ミルトモ 編集部

子供たちにとっても、世界的ピアニストである冬樹からピアノを教えてもらうことは嬉しいと思います。

流れ星にお願いをするふくまる(神木隆之介)

良春は、冬樹が仕事を続けることにしてくれて喜んでいました。

そして、自分のバンドのライブに冬樹を誘います。

「どこに誘うかずっと考えていたんです。1番先生を誘いたいところは、俺のライブでした」

「ありがとうございます。ぜひ行かせて下さい」

冬樹は良春のライブに行くことにしたのですが、不安もありました。

「小林、助けてよ。どうしたら良いかな」

冬樹の言葉を聞いた夏人は、冬樹と一緒にライブハウスに行くことにします。

「助けて欲しいだなんて、初めて言われたぞ。心の荷物を捨てられないなら、持ってもらえ。ふくちゃんにそうしてもらったみたいに」

「小林、良いこと言うニャ~」

ふくまるは夏人の体をスリスリしました。

冬樹は自分を助けてくれた夏人に感謝していますが、夏人もまた、冬樹のピアノに元気づけられていたのです。

夜中に目を覚ましたふくまるが、流れ星にたくさんのお願いをしています。

「パパさんが幸せでいられますように。パパさんとずっと一緒にいられますように。パパさんとたくさん遊べますように…」

ミルトモ 編集部

冬樹の周りには、冬樹を助けようとする人たちがたくさんいます。これも、冬樹の人柄のおかげだと感じました。

ドラマ『おじさまと猫』第9話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

冬樹は、自分が夏人に助けられてばかりいると思っていますが、夏人もまた冬樹に助けられていました。

冬樹と夏人の関係が長く続いたのは、2人がとても良い人たちだからだと思います。

音楽教室で出会った良春も、仕事を辞めようとした冬樹を心配する好青年です。

これからは1人で悩まず、周りの人にも相談して欲しいですね。

次回は、夏人が冬樹を連れてライブハウスに行くようですが…。

ライブハウスでの冬樹の様子も気になりますが、留守番をしているふくまるの様子も同じくらい気になります。

\\『おじさまと猫』を見るならここ!!//

14日間無料のParaviで見る

ドラマ『おじさまと猫』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第9話も続けて読む▼