『おちょやん』第5週23話あらすじ・ネタバレ感想!女優になりたい千代の行く手を阻む守衛との攻防

『おちょやん』第5週23話

出典:『おちょやん』公式ページ

騙されて女優になる夢を打ち砕かれた千代(杉咲花)は、朝早く起きることをせずにのんびり過ごすようになっていました。

しかし、真理(吉川愛)や洋子(阿部純子)が映画の試験に合格したことを聞き、これを素直に喜ぶことができません。

ショックを受けた千代は自分を鼓舞し、正直に自分の思いを告げます。

女優になるとみんなの前で宣言した千代は、女優の試験を受けるために撮影所に行くのですが、守衛の守屋(渋谷天外)が行く手を阻みます!

果たして千代は試験を受けることができるのでしょうか?

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXTで見る

『おちょやん』前回第5週22話のあらすじと振り返り

黒木(ヨシダ朝)から「活動写真に出てみないか」と突然のオファーを受けた千代(杉咲花)。

芝居は好きだが、いきなり女優なんてできない、自分は女優じゃなくて女給だと言って答えを出さずにいましたが、真理(吉川愛)の言葉を聞き、女優としてデビューすればヨシヲに会えるかもしれないと思った千代は、この話を受けることにしました。

しかし、黒木が詐欺罪で逮捕されたと新聞で知ると、自分は演技を認められたわけじゃなく、ターゲットにしていた社長からお金をとるための餌として使われたことを知ります。

表向きには笑顔で「これからも気張ります」という千代でしたが、1人涙を流すのでした。

【ネタバレ】『おちょやん』第5週23話あらすじ・感想

千代(杉咲花)の嫉妬。自分を鼓舞し、「女優になります」と宣言をする

女優になる夢が泡のように消えてから1週間、お昼過ぎまで布団の中から出て来ずに眠り続けるようになった千代(杉咲花)。

起きられない理由は起きる理由がないから、と宮元(西村和彦)に言われます。

今までは仕事で早起きをしていたが、今の仕事は夜から。

今は楽ちんなんだと千代は納得します。

真理(吉川愛)や洋子(阿部純子)は試験を受けに撮影所に行っていると聞くと、「受かるとええなあ」とのんびり答える千代ですが、ふたりが見事受かったと聞き、店が賑わい。

しかし、千代は喜べずにいました。

KAMUIKAMUI

おめでとうって言えるはずだった。でも女優になりたいという夢を一度抱いたために、悔しくなっちゃったんですね。

羨ましい気持ちが拭えない千代は接客もままならず、お客さんの言葉に耳を傾けられません。

完全に上の空になってしまった千代は、外に出てお客さんを見送ると、自分の頬を叩き…

「やいこら、竹井千代!自分ホントしょーもないなぁ、ええ加減にせぇこのあかんたれ!」

KAMUIKAMUI

「根性なし」と言って自分を鼓舞する千代。その潔さよし!

自分に気合いを入れ直した千代は、真理や洋子に対し、素直におめでとうと言えないことを告白。

自分も女優になりたいって思ったのに、ふたりはその望みが通り、一方の自分は騙されてなんでこんな目に遭い、悔しい気持ちが沸き上がったと言います。

小さい頃、1人で道頓堀に奉公に出た時の話を始める千代。

そこにはいつも芝居があった。

芝居が大好きだとカフェー・キネマの女給仲間に話すと「うちは役者になりたい。女優になりたい。いや、なります」と宣言するのでした。

「だからなんやの?勝手にしい」と洋子は一言残して店を出ていき、真理の口からは「これからライバルであり、一緒に頑張る仲間だ」と言われます。

女優になるために試験を受けたい千代(杉咲花)と守衛・守屋(渋谷天外)との攻防が始まる

女優になるため、試験を受けようと撮影所へとやって来た千代。

しかし、守衛の守屋(渋茶天外)に足止めをされます。

竹井千代と名乗るも入口許可がないため、千代が入りたいと言っても「関係者以外立ち入り禁止やからアカン!」と追い返されてしまいました。

この話を宮元たちに話せば爆笑され、完全に火がついた千代は何とかして撮影所に入ろうとしますが、守屋も彼女を一歩も入れることはしません。

他の撮影所の試験を受けようとしますが、どこも受けさせてもらえません。

ついにはハゲ頭のかつらをかぶって変装しますが、それでも守屋に見つかります。

「似合い過ぎや!」と言われるだけで、結局千代は一歩も撮影所に入ることはできませんでした。

KAMUIKAMUI

これは…コントですね!

「座員求ム」の張り紙を見た千代(杉咲花)、山村千鳥(若村麻由美)と出会う

守屋のせいで撮影所に入れてもらえない、試験も受けられないと打ちひしがれていると、真理から一枚のチラシを見せられます。

それは「山村千鳥一座」が座員を募集をしているというもの。

山村千鳥(若村麻由美)といえば、東京の女優さん。

この試験を受けるため、千代は劇場へと足を運びます。

応募してきたのは千代1人。

さっと台本を覚えたところで座長である千鳥が現れたのですが、なんと木製の薙刀を持ってどっしりと座ります。

その存在感の強さに千代は唖然。

「さっさとやりなさい!やるのやらないの?」と言われるも、千代はそこでぼーっと口を開け続けるのでした。

KAMUIKAMUI

千鳥さんの存在感はヤバい!カッコイイです!

『おちょやん』第5週23話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回はまた個性的な人がまた出てきましたねぇ。

守衛の守屋さんは黒木(ヨシダ朝)と挨拶した時に登場はしていたものの、千代と喋ったのは今回が初。

撮影所に入りたい千代とこれを妨害する守屋。

この攻防、この先またあってもいいなあと思えるほどに面白かったです。

そして、山村千鳥一座の座長であり女優の千鳥さんが明らかに強気な感じ。

シズ(篠原涼子)に近いものを感じますが…果たして彼女と千代はどんな関りを持っていくことになるのでしょう。

ここで女優になることができるのか、楽しみです。

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXTで見る

▼次回第24話も続けて読む▼