朝ドラ『おちょやん』第11週53話あらすじ・ネタバレ感想!みつえと福助の仲を知った母親たちの関係はどんどん悪化し…

朝ドラ『おちょやん』第11週53話あらすじ・ネタバレ感想!みつえと福助の仲を知った母親たちの関係はどんどん悪化し…

出典:『おちょやん』公式ページ

みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)の仲は、あっという間に道頓堀中の噂に。

菊(いしのようこ)も2人の恋を許すことはありません。

シズ(篠原涼子)と菊は、水と油のように交わることがない犬猿の仲でした。

恋の許しが欲しい2人には、もっと最悪な状況に…。

そもそも、シズと菊はどうしてこんなにも仲が悪くなってしまったのでしょう?

その真相も明らかになります!

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

朝ドラ『おちょやん』前回第11週52話のあらすじと振り返り

みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)が恋仲だと知り、2人の仲をシズ(篠原涼子)に認めてもらおうとする千代(杉咲花)でしたが、宗助(名倉潤)が福富の旦那である福松(岡嶋英昭)と密かに会って商いについて教えてもらっていたと知っただけで、シズは激怒します。

千代は、2人の恋はとてつもなく難しいことだと気づくのでした。

そもそも、みつえはどうして福助を好きになったのか…?

恋の始まりは「立派なお茶子になって岡安を継ぎたい」と夢見ていたみつえが、シズから「岡安を継がずにお嫁に行きなさい」と言われて落ち込んでいた時のこと。

福助が上達したトランペットを吹いて自分の夢を語った時、みつえは「この人と夢を叶えたい」と思ったそうです。

千代はシズに福助を認めてもらうため、一平(成田凌)が書いた台本でお茶子たちに一芝居打ってもらうことに…。

しかし、お茶子たちの奮闘もむなしく、シズに全てバレてしまいます。

シズから「別れなさい」と言われたみつえは、「これ以上、私の夢を奪わないで!」と反論します。

話し合いは上手くいかずに、みつえは部屋を飛び出していくのでした。

【ネタバレ】朝ドラ『おちょやん』第11週53話あらすじ・感想

恋の噂は道頓堀を駆け巡り、菊(いしのようこ)の耳にも入る

シズ(篠原涼子)から別れるように言われて、反抗したみつえ(東野絢香)は怒って部屋を飛び出しました。

そして、「みつえと福助(井上拓哉)が付き合っている」という噂はたちまち広まり、菊(いしのようこ)にも当然、知られます。

「シズの娘が家を継ぐなんて冗談じゃないし、彼女も可哀想だ」と言う菊。

福助に「別れなさい」と念押しします。

福助は「はい」というしかありません。

KAMUIKAMUI

ナレーションから「根性なし」というお言葉を頂戴しました。仕方がない。ここにいる旦那さんは菊に弱い。福助の未来もきっと…。

水と油のように交わらないシズ(篠原涼子)と菊(いしのようこ)の関係はどんどん悪化する

鶴亀家庭劇が次の公演に向けて稽古を始めようとしている中、千之助(星田英利)が一平(成田凌)の台本に「テコ入れをした」と言って、まるっと書き換えてしまいました。

一平は「母の物語を書きたいと思って作り上げたのに」と言いますが、千之助に「お前に親の気持ちの何がわかる!」と言われて黙ってしまいました。

新しい台本に登場するのは、母ではなくおばあさん。

「そんな年寄りの役は誰がやるんだ」と千代(杉咲花)が言うと「自分がやる」と言い出す千之助。

「やるのかやらないのかハッキリしろ!」と圧力をかける千之助のことを、千代はみつえに愚痴りました。

まるで水と油のような関係にある一平と千之助。

「シズと菊も2人と同じだろう」と思ったみつえは「やっぱり、仲良くなることはできないのだろうか?」とため息をつきます。

こうなることが分かっていたのに「どうして、福助なんて好きになったのだろう」と、みつえは悲しむのでした。

KAMUIKAMUI

ダメだとわかってても、反抗したくなるってことですよね。恋ってそんな単純じゃないって、きっとみつえが一番わかっているハズ。

そして、岡安に大口のお客様が到来。

久しぶりの芝居茶屋としての仕事で大忙しの岡安ですが、そのお客さんはもともと福富を使っていた方。

菊から「岡安を薦められた」と聞かされたシズは福富に向かいます。

シズは何を言うのかと思いきや、菊に「余計なお世話だす」と言い出します。

「コケにすんのも大概にして!」「姐さん(菊)がいい気分になりたいだけだろ!」とシズが言うと、恨まれる筋合いはないと菊も激怒。

さらには2人は「こんな店にみつえを嫁がせたくない!」「こっちだって願い下げだ!」と言い合って、関係はどんどん悪化します。

そして、菊は「これ以上、福助をそそのかすな!」とみつえに言うのでした。

岡安と福富の衝突の原因はハナ(宮田圭子)にあった?

両家の母親から認めてもらうことができず、悲しむみつえ。

「だんないか?」と千代が聞くも、「だんない!」なんて言葉が返ってくることはありません。

「どうしてあんなにもシズは菊を目の敵にするのか?」とみつえも千代も疑問を抱いていると、「わてのせいだす」とハナ(宮田圭子)が部屋を訪れます。

もともと、福富のお茶子だったハナは、菊のお母さんと仲が悪かったのです。

それゆえに福富を飛び出して岡安を作ったのですが、その時に福富から何人かの御贔屓さんをハナが引き抜いたことで、より犬猿の仲になってしまいます。

そして、幼いころからこの衝突を見てきたシズと菊は、それが原因で仲が悪くなってしまったということでした。

「堪忍」と頭を下げるハナ。

ハナは、岡安の娘であるみつえと福富の息子である福助が惹かれあったことに、喜んでいると告げます。

「おばあちゃんはあんたの味方や。幸せになり、ええな」と言ってみつえの手を握るハナ。

みつえも「おおきにおばあちゃん」と言って笑顔を見せると、その光景を見た千代も自然と笑みを浮かべるのでした。

KAMUIKAMUI

自分の代で生まれてしまった溝をみつえたちが埋めてくれると思うと、確かにそれは嬉しいですよね。しかし、シズと菊の関係の修復はかなり難しそう…。

朝ドラ『おちょやん』第11週53話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

未だに埋まる気配のないシズと菊の溝。

しかも、菊の「善意っぽい」お客さんの紹介を、シズは「施し」みたいに受け取り、また大変なことに…。

このお客さん、言わなくても良いことを言ってしまいましたね。

シズのプライドが許さなかったのだろうと思うのですが…。

「何が何でも福富には頼らない」という意地が、自分の首を絞めているようにも感じるのです。

そして、もう一つ亀裂が走っているのが一平と千之助の関係。

台本の手直しどころか、全部赤線引いて書き直されていますからね。

どうするんでしょう?

ハナのためにも、みつえと福助のためにも、シズと菊の溝が埋まってくれれば良いなと思いました。

第11週残り2話にかけたいとおもいます!

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

▼次回第11週54話も続けて読む▼