朝ドラ『おちょやん』第11週52話あらすじ・ネタバレ感想!みつえと福助のために、一芝居打つ千代だが…

朝ドラ『おちょやん』

出典:『おちょやん』公式ページ

みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)の恋の手助けをすると決めた千代(杉咲花)でしたが、宗助(名倉潤)と福松(岡嶋秀昭)が密かに会っていると聞いただけで激怒するシズ(篠原涼子)にタジタジ。

しかし、それでもみつえの幸せのために、できることをしようと考えます。

2人の恋を認めてもらうため、一平(成田凌)やお茶子を巻き込んで大芝居を打つのですが…。

しかしそもそも、みつえはどうして福助と?

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

朝ドラ『おちょやん』前回第11週51話のあらすじと振り返り

大山鶴蔵(中村鴈治郎)に認められた鶴亀家庭劇。

さっそく次の興行の練習を始めるのですが、役者陣が良い役を求めて一平(成田凌)に媚びるように…。

千代(杉咲花)もこれに続きますが、「その人に合った役をあてがう」と言われてしまいます。

家庭劇が好評なことで喜ぶ岡安。

そこに、みつえ(東野絢香)の縁談話が舞い込んできました。

相手は老舗料亭の息子。

悪い話ではないのですが、みつえには想い人がいました。

ずっと一平のことを思っていたみつえ。

しかし、今の彼女の本命は一平ではなく福富の福助(井上拓哉)だったのです。

親の仲が悪い2人の恋。

「親なら子の幸せを願うものだろう」と豪語する千代が、無謀にも手を貸すことに…。

【ネタバレ】朝ドラ『おちょやん』第11週52話あらすじ・感想

福松(岡嶋英昭)と密会していた宗助(名倉潤)がシズ(篠原涼子)から大目玉

「シズ(篠原涼子)に素直に話せば、許してもらうことができるのでは?」と思った千代(杉咲花)でしたが、岡安で宗助(名倉潤)がシズに怒鳴られているところを目撃します。

福富の旦那さんである福松(岡嶋英昭)から、こっそりと商いの知恵をもらっていた宗助。

「店先で何か商いをして岡安を守りたい」と思った行動だったのですが、敵視する福富とコソコソと計画してたことに激怒するシズ。

そして、福松の方も妻・菊(いしのようこ)からキツく注意を受け、睨まれます。

「店同士の繋がりさえ許さない」というシズの姿勢を見た時、千代はみつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)の恋を認めてもらうのが、いかに大変か気づくのでした。

KAMUIKAMUI

完全に女の戦い。そして、やっぱり今のみつえと福助は、ロミオとジュリエットといったところでしょう。

どうしてみつえ(東野絢香)は福助(井上拓哉)が好きなのか?

そもそも、ずっと一平(成田凌)が好きだったみつえがどうして福助を好きになったのか…。

「何があったのか?」と千代が尋ねると、みつえは静かに口を開きます。

それは千代が京都へと行っている時のこと。

「岡安を継がずにお嫁に行きなさい」と言われたことにショックを受けていたみつえを慰めたのが、福助だったのです。

東京の学校に行っていた福助はトランペット1つで道頓堀に戻ってきて、「これ1つで食べていく、夢を諦めない」とみつえに宣言。

「下手なトランペットで何ができる?」とみつえは言いますが、福助のトランペットの腕はすごく上達していました。

この驚きの成長に心を動かされたみつえは「福助を支え、生きていきたい」と思うようになり、2人は密かに恋人となったのです。

KAMUIKAMUI

福助のトランペットの上達っぷりは確かに驚きました!夢を奪われたみつえの希望が福助になったということですね。

福助(井上拓哉)を認めてもらうため、一平(成田凌)の台本で一芝居打つが…

2人の恋の始まりを知った千代は、何とかしてシズと菊に認めてもらうため、一平に「台本を書け」と言い出します。

「福助を認めてもらうための台本」を嫌々書く一平。

「これで失敗をしても知らん」と言いつつ渡された台本を読んで、千代は笑顔になりました。

そして、かめ(楠見薫)や富士子(土居志央梨)、玉(古谷ちさ)、節子(仁村紗和)にも台本を渡し、「セリフを言ってほしい」と協力を依頼します。

みつえと福助の関係を知って仰天しつつも、「ちゃんと芝居ができるだろうか?」と不安になるお茶子たち。

そして、台本通りに事を起こしていくのでした。

KAMUIKAMUI

ということは、お茶子たちも応援してくれているんですね。やっぱりシズと菊が問題かぁ。

一平の台本は「みつえがチンピラに絡まれて、福助が身を挺して助けた」という設定からスタート。

ボロボロになった福助をみつえが岡安に担ぎ込んできて、シズの前でこのことを説明します。

お茶子たちが「福助はこんなにも素晴らしい」というニュアンスのセリフを次々に言っていくと、シズは福助に感謝し、お茶子に手当てをするように言います。

しかし、冷や汗をかいているかめを怪しむシズ。

汗を拭こうと台本を取り出してしまったことで、全てが仕組まれたものだと気づきます。

「どういうことか?」と、みつえを呼び出し話を聞くシズ。

当然、福助との恋を認めてもらうなどできませんでした。

「お見合いをしなさい」と言うシズに対し、みつえは「これ以上、うちの夢を奪わないで!」と、反抗するのでした。

KAMUIKAMUI

かめさーん(笑)でも、シズに小細工なんて効かないのかもしれませんって…。

朝ドラ『おちょやん』第11週52話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

千代が一肌脱ごうと奮闘しますが…。

結局、みつえが真正面からシズと向き合う形になりましたね。

「お茶子の修行をして岡安を継ぐ」という夢を奪われたみつえ。

そんな時に新しく、「福助を支える」という夢を手に入れました。

その夢を母から奪われようものなら、みつえもさすがに反抗するしかないでしょう。

そして、気になるのは菊と福助の方でもあります。

シズの娘と息子が結ばれるって、どうなんでしょう?

お互いの旦那が繋がっているってだけで、あんなに睨んでいるんですから…。

そして、今回は登場しなかった福富の椿(丹下真寿美)。

彼女の役割は一体!?

ナイスなタイミングで、良いトスを上げてくれるのを期待します。

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

▼次回第11週53話も続けて読む▼