ドラマ『ネメシス』第2話あらすじ・ネタバレ感想!ネメシス最大の謎が動き出す!

ドラマ『ネメシス』第2話

出典:『ネメシス』公式ページ

日曜の夜という憂鬱な時間をワクワクする時間に変えてくれる極上のミステリー・エンターテイメントドラマ『ネメシス』。

初回放送となる第1話は日本テレビ制作の日曜ドラマでは過去5年で最高視聴率を獲得するなど早くも話題沸騰中です。

さて、第2話は入江悠総監督いわくサイタマノラッパー×ギャングース×ミニシアターの全部盛り。

窪塚洋介の息子・窪塚愛流が連ドラ初出演ということや、日本のHIPHOP界を牽引するラッパー・般若が出演すること、そしてKAT-TUNの上田竜也が櫻井翔と共演することもあって、まばたきする暇もなく見どころ満載の第2話です!

それではさっそく『ネメシス』の第2話「HIPHOPは涙のあとに」をネタバレありでレビューします。

\\『ネメシス』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『ネメシス』前回第1話のあらすじと振り返り

横浜にある雑居ビルの2階に事務所を構える探偵社「ネメシス」。

大黒柱×CEOであり元探偵の栗田一秋(江口洋介)を筆頭に、自称天才のポンコツ探偵・風真尚希(櫻井翔)、天才的ヒラメキをもつ探偵助手・美神アンナ(広瀬すず)の3人がチームネメシスとして謎を解いていきます。

前回は、大富豪のもとに送られてきた脅迫状を手にネメシスにやってきた上原黄以子(大島優子)の依頼を発端に、10億円の遺産をかけた宝探しゲームに巻き込まれ“密室×ダイイングメッセージ×6人の容疑者”という複雑かつ難解な事件に挑みました。

磯子のドン・ファン殺人事件を無事に解決に導いたのは天才探偵・風真…というより天才助手・アンナの特殊能力とも言うべきヒラメキでした。

オリジナルストーリーで予測不能、全10話が1話完結ものながらすべての事件が20年前の“ある事件”に繋がっているという縦軸での繋がりも徐々に明らかになっていく目が離せない展開の中、アンナの父の失踪の謎も絡まりながら第2話の始まりです!

【ネタバレ】ドラマ『ネメシス』第2話あらすじ・感想


「お兄ちゃんを探してください」

磯子のドン・ファン事件解決以降、ネメシスには全国から捜査依頼がひっきりなし。

そんな中、今回の依頼者は女子中学生の神谷節子(田牧そら)。

養護施設「あかぼしの家」でともに育った、ただ一人の兄である3歳年上の樹(窪塚愛流)が一週間前から音信不通だから探して欲しいという依頼に、ネメシスの3人は立ち上がります。

vito

まだ2話なのにもうすっかり探偵事務所ネメシスの空気感というか栗田(江口洋介)、風真(櫻井翔)、アンナ(広瀬すず)の関係性みたいなものが馴染んでいて“これこれ~!”となった人もいるのではないでしょうか。私だけかなぁ?

HIPHOPが好きでラッパーを目指していた樹の足取りをたどって、まず向かったのは節子と樹が暮らす「あかぼしの家」。

園長は「樹はもともと優しく下の子たちの面倒見も良くてバイトも頑張っていたのに、今年に入ってから帰らないことが増えていた」と言います。

栗田は個人的に調べたいことがあるらしくあかぼしの家に残り、風真とアンナと節子は樹がよく出入りしていたクラブP.O.Pを訪れます。

オーナーの阿久津英樹(渡辺大知)やスタッフの木嶋孝(般若)をはじめ、気さくでノリの良いラッパーたちからサイファー(複数人が輪になって即興でラップをすること)で歓迎され、なぜかアンナも即興でラップを披露することに。

vito

ここのアンナが超可愛かった!初めてやったという設定にしては上手すぎる。超可愛い…可愛くてラップもできて天才とかどうしたら良いかわからない、可愛い…となりました。

そこで風真とアンナはラッパーたちから、樹が最近西園寺という振り込め詐欺に手を染めている人と関わっていたことを教えてもらいました。

クセ強な謎の道具屋登場

風真は横浜シネマ・ジャック&ベティの地下室へと向かいます。

厳重なセキュリティを抜けたところにある怪しげな部屋で何やら作業をしているのは、風真とは古い付き合いの“道具屋”星憲章(上田竜也)。

星は時間に超厳しく、手土産の駅弁次第で面会時間を決めるという独特のスタイルをとっています。

風真は依頼していたオリジナルのGPSと盗聴器を受け取り、新たに樹絡みのことでお願いをしようとしましたが、星はアンナを一瞥して「こいつ信用できない」と言い出しました。

そして「何かおもしろいことやって」と無茶ぶりします。

アンナはインドの猿やインドのイグアナ、ベンガルトラを披露しますが、星は舌打ちするばかり。

しかし、めげずにインドの動物の真似をし続けたところ、インドのトンボが謎に星のツボにハマって信用できる人間だと認めてもらえました。

vito

星の作業場に入るまでのセキュリティにしても、駅弁で面会時間が決まるところにしてもクセ強~!と思ったけど笑いのツボが一番クセ強。アンナが何やっても隣で同じ顔してみてはゲラッゲラ笑ってる風真は笑いのツボが浅すぎて可愛いです。こんな可愛い42歳いるか?(注:風真は42歳という設定です)

風真は、星に「近場で有名な組織は何か」と尋ねます。

星も思うところがあったようで、前に飛ばしの携帯を卸したけれど踏み倒された『鬼道』という偽名の男のことを話しました。

今では詐欺だけにとどまらず、殺しにも手を出しているという噂も。

星からもらった情報をもとに、風真は水の配達員に変装して盗聴器を仕掛けた段ボール箱を振り込め詐欺グループのアジトへと潜り込ませることに成功します。

車で待っていたアンナとともに盗聴器の音声を聞くと、まさに振り込め詐欺の最中といった様子。

カモとなってしまった相手に対して、電話越しに仲裁に入っている風の男が「ここは示談で済ませるのがいい」と勧め、激昂している風の男が「500万用意しろ」と怒鳴り散らす自作自演を聞きながら、風真はそこに樹がいるか確信が持てずにいました。

しかし、カモとの電話を切った詐欺グループの人間が「樹に行かせろ」と言うのを聞いて、血相を変えて車を走らせました。

長すぎるダイイングメッセージの真相

樹が500万を受け取りに行った先にいたのは変装した栗田でした。

詐欺を仕掛けた相手の顔なんて知るはずもないため、電話口の相手ではないことにも気付かない樹が金を受け取ったところに風真が声をかけますが、バイクに乗った仲間・西園寺が現れて逃げられてしまいます。

栗田は逃げられたことに激怒します。

理由は樹を取り逃がしてしまったこと…というよりは500万円がネメシスのものだったから。

取り返さないことには風真の給料もなくなる可能性が出てきます。

しかし、追いかけたいけれど既にバイクの姿は見えるはずもなく、行先もわからず…となったところで、アンナが樹の靴底にGPSを仕掛けていたことにより居場所を特定。

いざ追うぞ!となったところで、ネメシスの車のタイヤにはナイフが刺さっており運転不可能…となったところで、アンナが上原黄以子(大島優子)に連絡をしていたため移動手段も確保。

vito

アンナ、グッジョブすぎる。天才的ヒラメキという名の謎の能力は過去を見られるものなのかなと予想していたのですが、もしかして少し先の未来も見えるのかな…?と思いました。

樹はてっきり詐欺グループのアジトへ向かっているのだと思いきや、なぜか一緒に逃げていたはずの西園寺の姿はなく、一人でアジトとはまったく別のアパートの下にいました。

携帯で誰かと話しながら入って行ったアパートの一室へアンナと風真が向かうと、そこには刃物で刺された傷を負って倒れている西園寺と血の付いたナイフを持って佇む樹がいました。

アンナは、風真に車で待つ黄以子を呼んでくるように言いました。

そして、樹には「節子ちゃんを悲しませたくなかったら一歩も動かないで」と言い、例の“ゾーン”に入ります。

真相解明の時間です

樹が自ら通報していたため、現場にやってきたのは神奈川県警捜査一課の刑事・千曲鷹弘(勝地涼)ことタカ&四万十勇次(中村蒼)ことユージと2人の後輩で面倒見役の小山川薫(富田望生)。

振り込め詐欺の事務所となっていたマンションへは別の部隊を向かわせ、既に一網打尽にしていました。

刑事たちに捕まりながら「俺が鬼道だ!」と詐欺グループのトップを名乗ったのはP.O.Pのスタッフ木嶋でした。

一方、樹は詐欺グループから金を持ち逃げしようとしたために西園寺と仲間割れし、殺したということを自白していました。

vito

第2話にしてもはや“お馴染み”感のあるタカとユージと薫。2人の掛け合いも含めてキャラの作り込みのクオリティの高さ、最高です!

アンナは「まだ事件は終わっていませんよね」と言い、風真とともにP.O.Pを訪れます。

アンナは何やら裏でコソコソしてからクラブフロアの一番後ろにあるPA卓の背後へ。

風真はステージに立ちます。

vito

アンナの持っている小型マイクの音を風真が耳にはめた無線イヤホンに飛ばしてトリックを暴いていくスタイル。第1話のカンペスタイルで全話いくのかと思っていたんですけど、さすがにそううまいこと隠れる場所も見つけられないし、これは画期的…?

そこへタカ&ユージと特例で連れてこられた樹。

風真とアンナは、樹が西園寺殺しの犯人ではないと読んでいたのです。

謎を解く鍵となったのは、

  1. 西園寺の部屋で佇んでいた樹のワイシャツにもスーツにも血がついていなかったこと。
  2. マンションの下で携帯で誰かと話していたときは上着を着ていなかったのに、部屋の中では上着を着ていたこと。
  3. 西園寺の部屋のベランダにある観葉植物が倒れていて土がこぼれていた上に、室内にもわずかに土があったけれど樹は室内で靴を履いていたわけではなかったこと。

これらのヒントから、樹が節子を盾に脅されていたことを導き出して“本物の鬼道”を明かしていきます。

樹が携帯で話していた相手こそが詐欺グループの黒幕であり、表には絶対に出ない人=鬼道であると。

それが誰なのかを解く鍵となる事柄はただ一つ。

殺された西園寺が履いていたのは赤いスニーカーだったはずなのに、マンションの玄関には赤い靴はありませんでした。

このことから、西園寺が500万円を持ち逃げしようと考えていたことに気づいていた真犯人はベランダで待ち構えていて殺し、その際に自分の靴が血で汚れてしまったため、西園寺のスニーカーに履き替えたという真相に辿りつきます。

そして、外から樹に電話をかけて西園寺の部屋に入るよう指示して、自分が殺したことにしろと言ったのです。

本当の鬼道とは…?

風真はオーナーの阿久津を真犯人だと言います。

樹が500万を持ち逃げしようとしたとき、西園寺の乗るバイクまで迫っていた風真は咄嗟に赤いスニーカーにGPSを貼りつけていました。

つまり阿久津が犯人であれば、スニーカーはP.O.Pのどこかにあるはずです。

根拠はそれだけではなく、最初にP.O.Pを訪れた時、サイファーの途中で木嶋がラップの最中“鬼道”というフレーズを口にした瞬間に誰かを見てフリーズしたのを覚えていました。

その「誰か」が阿久津だったからです。

ほどなくして見つかる赤いスニーカー。

あともうひとつ、例の500万円は西園寺の殺害現場からは見つかっていないので、恐らく犯人はそれも回収して金庫か何かに入れていると風真とアンナは読みました。

「これ以上店に手を出すなら令状を持ってこい」と言う阿久津の前に立ちはだかったのはタカ。

おもむろに拳銃を発砲して金庫を開けます。

そして、その中には見事栗田の500万円が入っていました。

vito

タカが発砲したのに驚いた風真の「あぁ、あぶ、あぶない刑事だなぁ!」にシャレが効いててフフっとなりました。確かに実際危ないは危ない(笑)

逆上した阿久津はナイフを手にアンナを人質にして悪あがきしようとします…が、華麗なるインドの伝統武術カラリパヤットゥの技により打ちのめされてしまいます。

そして無事、タカ&ユージに連行されて阿久津は御用。

樹は殺人の容疑は晴れましたが詐欺罪に問われるため、節子とあけぼしの家の皆にお別れを言いに行きます。

樹は可愛い妹である節子の「ファッションデザイナーになるために留学したい」という夢を叶えるためにバイトをしていたのですが、普通のバイトでは間に合わないと焦って詐欺に手を染めてしまったのでした。

樹は節子への想いをラップのリリックに乗せて綴りました。

vito

ここ、アンナがボイパして風真もラップに参加するんですけど「風真さんもラップできたんですね~」って言うアンナに、風真は「うん、昔やってたからねぇ。カザラップ?」って返すんです。櫻井翔が嵐の曲中ラップのことをサクラップって言うのにかけてるんだろうなぁ…と思って胸がギュッとなってしまいました。

風真とアンナは星に駅弁を持ってお礼に行きます。

その時、星がアンナのつけているペンダントを見て顔の色を変えました。

そこには相当量のデータが入っていることがわかったのですが、星の技量をもってしても解析はできませんでした。

そのペンダントは、アンナが父・始(仲村トオル)から「大切な思い出」と言って渡されたものでした。

一方、栗田は20年前の事件の関係者である美馬芽衣子(山崎紘菜)が最後にあけぼしの家を訪れた時のことを園長から聞いていました。

vito

交通事故で事切れる前に芽衣子が言った「カンケン」=「菅研」の謎に少し近づいた、というところで第2話は幕を閉じました。縦軸の謎が大きく動き出した感じがします!

ドラマ『ネメシス』第2話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

第1話の時も感じたことなんですけど、主要人物のキャラが濃い&内容が濃いので1時間があっという間過ぎる!

そして、1話終了後に公式TwitterやInstagramで続々と2話の登場人物やカラリパヤットゥについても明かされていて、どれがどこでどう繋がるんだろう…と考えながら待つ時間も楽しかったです。

語りたいことはたくさんあれど、今回はやっぱり待ちに待った上田竜也の登場が一番印象的でした。

vito

クセ強…!というのもそうだし、なんだかこれまでにないタイプの役を凄く楽しんでるな~みたいな、現場の空気感みたいなものをほんのり感じられたことも良かったです。あとあの秘密基地みたいな地下室、ごちゃごちゃと色んな物が置いてあるようなので端から端までじっくり見てみたいなぁなんて思いました。

さて、第3話の舞台は遊園地。連続爆弾魔による事件発生!

要求額は2億円、人質は1万人、容疑者も1万人!?また随分と壮大な事件が起こってしまうようです。

そして、天才コンビ誕生なんて公式から発表されているアンナの親友で、頭脳明晰な大学生役で橋本環奈が登場します。

vito

本当に出演者が豪華だなぁ…可愛い2人が親友役で共演っていうのも私的にはだいぶ楽しみです。

さぁそんなミステリー・エンターテインメントドラマ『ネメシス』ですが「2話を見逃した~」って方も、何なら「1話からノーチェックだった~」なんて方も、放送直後から最新話まで全話配信中のHuluでぜひ見てみて下さい。

縦軸の謎が動き出しましたが、今からならまだ間に合います!

\\『ネメシス』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『ネメシス』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで見れる配信サービスをご紹介

▼次回第3話も続けて読む▼