ドラマ『ネメシス』第1話あらすじ・ネタバレ感想!櫻井翔×広瀬すずW主演、ポンコツ探偵×天才助手が織り成す極上ミステリー

ドラマ『ネメシス』第1話

出典:『ネメシス』公式ページ

第一報から各所がザワついた話題作がいよいよスタート!

開始前からTwitterやInstagram等を介して、公式から出演者やスタッフ・原作の情報が明かされるたびに期待度が上がりまくりのドラマ『ネメシス』。

W主演の櫻井翔と広瀬すずは映画『ラプラスの魔女』以来、3年振り2度目の共演です。

トリック監修は講談社タイガ協力のもと6名の一流推理小説家が携わり、各話完結ものながら全話を通して縦軸で繋がる大きな仕掛けがある…らしい…!

最大の見どころは3月から続々と刊行されており原案小説と同一の話ながらテイストの異なるものになっているということ。

ちなみに今回の第1話は『屍人荘の殺人』の今村昌弘が携わっています。

それではさっそく『ネメシス』の第1話「天才探偵、現る!」をネタバレありでレビューします。

\\『ネメシス』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレ】ドラマ『ネメシス』第1話あらすじ・感想


探偵事務所『ネメシス』

2021年、舞台は横浜。

寂れたビルの2階に事務所を構える“探偵事務所ネメシス”。

自ら「俺が代表取締役」と言うのは栗田一秋(江口洋介)、そして「お前が探偵だ」と仕立てたらしいスーツを渡されたのは風真尚希(櫻井翔)、日本に来てまだ3ヶ月だから内勤と言われてしまったのは美神アンナ(広瀬すず)。

vito

ネメシスの大黒柱×CEOで元探偵の栗田の風貌は「探偵物語」の工藤俊作を彷彿とさせる気がします。風真はシャーロック・ホームズを連想させるような英国仕立てのお召し物って感じ。懐中時計をつけるところのあるベストを着ているのも特徴的。アンナはポジション的にはワトソン君なのかな…と思いつつ、私が個人的に思い浮かべるのは「レオン」のマチルダだったりして。

栗田探偵事務所からネメシスに名前を変え、最初の依頼人として現れたのは上原黄以子(大島優子)です。

黄以子は、自分が専属医をしている資産家・澁澤火鬼壱(伊武雅刀)の元に届いた脅迫状を手にやってきました。

今夜、火鬼壱の80歳の誕生日を祝うパーティーが行われるのですが、その脅迫状には「誕生日パーティーを中止しなければ命の保証はない」と書かれていました。

親族がなく、恋人が6人いる火鬼壱は、数十億にもなる遺産を恋人たちに与えるという遺言を残していたのですが、恋人たちに向けたパーティーの招待状には遺言書について“パーティーでおもしろい催しを用意している”と書かれていた、と言う黄以子。

風真は、遺言に変更があっては困る誰かが脅迫状を送ったのではないかと予想して、ノリノリで引き受けようとします。

それを遮って黄以子の依頼を一度は断ろうとする栗田でしたが、愛飲しているミネラルウォーターが火鬼壱が開発した商品であることをきっかけに引き受けることにします。

とはいえ「風真に任せてしまったのは失敗だったかなぁ…」と内勤のはずのアンナに話しかけましたが返事はなし。

その頃、スピード狂である黄以子の荒々しい運転で火鬼壱の屋敷へ連れられていく風真が乗る車の後部座席に、こっそりついてきていたアンナが乗っていました。

火鬼壱の考えた“おもしろい催し”とは?

黄以子は風真たちを火鬼壱の元に案内しますが、脅迫状を書いたのは誰か見当がついているから探偵など必要ないと帰されそうになります。

しかし、結局「黄以子からの誕生日プレゼントだと思って受け取っておく」と脅迫状については風真に一任されることになります。

火鬼壱の誕生日を祝うために集まった6人の恋人は、銀座のクラブ経営者の村崎由香里(黒沢あすか)、演歌歌手の森銀子(橋本マナミ)、占い師の黒檀エイラ(長内映里香)、プロピアニストの青海唯衣(中神円)、漫画家の桜田桃(佐藤玲)、読者モデルのルビー赤井(森咲智美)。

「な~んか嫌なこと起きそうな気がする」と言う風真のフラグ通りに事件は起こってしまいます。

vito

6人の恋人、全員の名前に色が入ってるの“なんかミステリーって感じがする~!”と思ったのは私だけでしょうか。そうでしょうね。

誕生パーティーの後、火鬼壱は6人の恋人を一堂に集め、遺産を相続する権利のある者の中に黄以子を加えると言い出しました。

しかし、取り分が減るのは皆が辛い、そこで宝探しを思いついた!とも。

つまり、資産価値にして10億は下らない遺産である火鬼壱の屋敷そのものを賭けてゲームをしろと言うのです。

暗号として書かれていた言葉は「宝を隠したのは、心に一線引かぬもの」。

vito

この時点で“はは~ん、つまり一番のお気に入りにだけわかる的なやつか?”と思った私は風真もびっくりのポンコツですね。

その後、黄以子は火鬼壱と同じ1階に、恋人たちは2階に、風真とアンナは執事の梶定(有福正志)の案内で客間へと通されます。

アンナはちょっとした悪戯心で梶を驚かし、気絶させてしまいます。

目を覚ました梶は「旦那様から水を持ってくるように言われていた」と部屋へ向かいますが、鍵がかかっており開きません。

vito

あぁ~もう嫌な予感しかしない展開。というかここで何か起きてなかったら物語にならないよね、という場面でもありました。

いつもは鍵をかけていないのに…と言いながらドアを叩いたり、無理やりこじ開けようと騒いでいると、恋人たちが何事かと各々の部屋から出てきました。

そして、やっとのことで開けた部屋には、不自然に少しずれたバスタブの側に火鬼壱の死体が横たわっていました。

…長すぎるダイイングメッセージとともに。

長すぎるダイイングメッセージの真相

事件現場に現れた神奈川県警捜査一課の刑事であるユージこと四万十勇次(中村蒼)、タカこと千曲鷹弘(勝地涼)、そして2人の後輩ながら面倒見役の小山川薫(富田望生)。

そこに風真を心配した栗田がやってきます。

vito

タカとユージと薫…あの刑事を彷彿とさせますね。私は世代じゃないけど子供の頃に再放送で見てたからわかります(笑)とにもかくにもキャラが濃い!

その頃アンナは、ドアの側に置かれていた水が気になっていました。

それと凶器は火鬼壱の側に置かれていたべったりと血の付いたゴルフクラブ…ではなく、前日とまったく同じ位置にあるのに向きだけ変わっているのが不自然な灰皿だというところまで推理します。

まず、少しずれたバスタブとダイイングメッセージから左利きの銀子を犯人ではないかと疑います。

銀子は暗号の答えを聞きに火鬼壱の部屋に入ったが、その時すでに死んでいたと言いました。

そして、ダイイングメッセージに自分の名前が書いてあったから黄以子の名に書き換えたとも白状します。

しかし、犯人は自分ではなく、先に抜け駆けしようとした姿を見た黒檀だという証言を元に、風真とアンナは黒檀の元へ。

黒檀は黒檀で、部屋に入った時にはすでにダイイングメッセージが残されており、自分の名前が書かれていたから銀子の名前を書いたと言います。

そこで閃いた風真は赤井の元へ。

赤井は火鬼壱の死体の第一発見者でした。

しかし、それにより自分が犯人だと疑われるのを恐れ、占いの館が失敗して借金まみれになっている黒檀なら動機があるという理由で黒檀の名前を書いたと言いました。

私、ちょっと入ります

釈然としないまま風真とアンナが屋敷の廊下を歩いていると、黄以子が青海とぶつかるところに遭遇します。

ぶつかった拍子に青海が持っていた水をこぼしてしまい、黄以子がバッグからハンカチを出すと…消えていた火鬼壱の部屋の鍵が落ちました。

恋人たちが揃いも揃って黄以子が犯人だと言い出す中、アンナは鍵を奪って火鬼壱の部屋に入ります。

そして、ダイイングメッセージの内容を警察が容疑者に教えたりしないかを栗田に確認した後、アンナは記憶を辿り、ここまでの違和感を探るために“あっち”に行きます。

vito

“あっち”っていうのはゾーン的なやつです、たぶん。演出上ちゃんと分かるようにしてあるので映像で見た方が早いです。

アンナには犯人が分かったのだと確信した栗田は、ちょうど現れたタカとユージに「今からうちの名探偵が謎を解き明かす」と豪語しました。

真相解明のカギは、まさに鍵だと言う風真。

偽装されたダイイングメッセージを見ることができ、そこに書いてあるのが黄以子だと知ることができたのはダイイングメッセージを最後に偽装した銀子、遺体を確認した黄以子、あとは鍵をかけて部屋を出ることができた青海。

「そう、犯人は青海だ」と自信満々に言いますが、さすがポンコツ探偵。それは見当違いな誤解でした。

最後に部屋を出て鍵をかけたのは確かに青海で、その鍵を黄以子のバッグに忍ばせたのも青海ではあったけれど真犯人は彼女ではありません。

vito

ちなみに風真がそれっぽく立ち振る舞いトンチンカンなことを言っている間、アンナがスケッチブックにカンペを書いて真相へと導いていくスタイルの“真相解明の時間”です。

重要なのは、鍵ではなく“遺伝子すっきり水”の入ったダンボール箱。

遺言書のありかの暗号「宝を隠したのは、心に一線引かぬもの」。

心、つまりハートに一線を引かない。

要するに、暗号が示す場所は“ハト”時計の中。

犯人は身長が低く火鬼壱の部屋にあった水の箱だけでは遺言書のありかに手が届かなかった。

しかし、自分の泊まる部屋からもう一箱を持って部屋に戻った時には、青海によって鍵がかけられてしまっていたため中に入れずドアの前に箱を置いて立ち去ることしかできなかった…ということから風真は、真犯人は桜田桃だということを導き出しました。

桃の動機と火鬼壱の愛情

火鬼壱が、梶に「黄以子にも遺産を分ける」と話していたのを聞いてしまった桃は、自分が借金を抱えていることを知っていながら分け前が減るようなことをするなんてと思い火鬼壱の部屋を訪れますが、そこで脅迫状を送ったことがバレているのを知りました。

そして、新しい遺言書から自分の名前は消されるんだろうなぁと思った桃は火鬼壱を殺害し、“新しい遺言書”を処分して無かったことにしてしまえば当初のまま遺産がもらえると目論んだのです。

しかし、桃の身長が足りず処分できなかった、その新しい遺言書には恋人たち6人と黄以子、合わせて7人の名前が書かれており「平等に遺産を分配する」とありました。

脅迫状を送ってきたと気付いていてもなお、火鬼壱は桃のことも含めて恋人たちを家族のように思っていることに変わりなかったのです。

vito

火鬼壱の愛情の深さを理解していれば…もしかしたらこんな事件は起こらなかったのかもしれませんね。なんつって。

何はともあれ一件落着してネメシスの初捜査が無事に終わったことを喜ぶアンナと風間、栗田。

栗田はアンナの才能に気付いていたわけではありませんでした。

突如として失踪したアンナの父・美神始(風間トオル)と栗田・風真との関係は…?

そして20年前の“事件”とは…?

vito

縦軸で繋がるという謎を匂わせて第1話は幕を閉じました。あっという間だった~!

ドラマ『ネメシス』第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

まずは主要キャラ紹介と大まかな設定説明といったところの第1話…でまとまるかと思いきや、それだけにとどまらずどんどん展開していく物語。

なんでも全10話を通して“豪華俳優総勢75名以上”が参加するとの前情報が出ているくらいなので、毎話誰がどんな役で出てくるのかというのも楽しみなドラマになりそうです。

視聴しながら公式サイトにてリアルタイムで明かされていく証拠と謎を元に推理・考察することができる特別企画もおもしろくて、まさにエンターテインメントって感じがするのも凄く良い。

そもそも入江総監督が「シャーロック・ホームズとワトソンが逆転したような物語」として思い浮かんだこの作品、おもしろくないわけがない。

そのポンコツ探偵に櫻井翔、天才過ぎる助手に広瀬すずの時点で掴みはオッケー過ぎるわけです。

第2話は、ポンコツ探偵風真を演じる櫻井翔をアニキと慕うKAT‐TUNの上田竜也が登場!

個人的にいつかドラマで共演して欲しいと思っていた組み合わせなので、もうワクワクが止まらないです。

上田の演じる役がどのような形でチームネメシスに関わってくるのか、そして次の事件の舞台はクラブ!?

兄を探してほしいとやってくる少女、振り込め詐欺、都市伝説?予告に散りばめられたワードだけでワクワクしますね。

日曜の夜という何だか憂鬱な時間を楽しみにしてくれるマジで極上のミステリー・エンターテインメントだと思うので、1話見逃した~って方は見逃し配信中のHuluとか…日テレ的にもかなり力を入れているようなので再放送とかでぜひ見て下さい。

そして、一緒に来週の第2話を楽しみにしましょう!

\\『ネメシス』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『ネメシス』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで見れる配信サービスをご紹介

▼次回第2話も続けて読む▼