『波よ聞いてくれ』第2話あらすじ・ネタバレ感想!話し方の才能を認められたミナレ、カレー屋から転職か!?

『波よ聞いてくれ』第2話

出典:『波よ聞いてくれ』公式ページ

酔った勢いで喋り倒した自分の音声を止めるハズに乗り込んだミナレは、麻籐の策略にはまりそのままラジオ出演をしたミナレ。

その足で店に帰ると、お祭りが開催される1ヶ月後にクビと言い渡されてしまいました。

しかし、店のホームページやお客さんからの評判がよく、ミナレは驚きます。

さらに、麻藤を始めとしたラジオ局の面々がカレーを食べにやってくると、まさかのラジオの世界へのお誘いが…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『波よ聞いてくれ』前回第1話のあらすじと振り返り

元彼のミツオに30万円を持ち逃げされ落ち込んでいた鼓田ミナレは、ラジオ局のプロデューサーの麻籐に酔った勢いでぶちまけます。

何を喋ったか大して覚えていないミナレでしたが、その音声がなぜか勤務中にラジオから流れてきたのでした。

自分の醜態を止めるためラジオ局へと乗り込んだのですが、麻藤は謝るどころか、ミナレをそのままパーソナリティー席に。

勢いに任せて喋り出すミナレは、泥酔した自分の発言の過ちを反省したうえで、憎き元彼へ「地の果てまで追いかけて殺す」と自身の思いをぶちまけました。

【ネタバレ】『波よ聞いてくれ』第2話あらすじ・感想

見覚えのない契約書。ミナレの目が点になる

ラジオに突然出演したミナレは出番が終わってすぐ、勝手に人の音声を録音しラジオの電波に乗せたことを追求します。

しかし、麻籐から手渡されたのはミナレの名刺。

その裏には、なんとこんなことが書かれていました。

「私、鼓田ミナレは麻藤氏が私との会話の内容を何人に伝えようと文句を言いません。グチ聞いてくれてありがとうアイシテル♥」

KAMUIKAMUI

ご丁寧に母印まで押してある始末…酔った勢いとは恐ろしい。

麻藤は、過去にミナレが働くカレー屋さんに行ったことがあり、そこで自身が作っているラジオ番組が流れていたことから、これを流せばミナレがすっ飛んでくると予測をしていたそうです。

そして、彼女の喋りを気に入っているからこそ、麻藤は構成作家であり、付き合いも長い久連木にどうだったかを聞きます。

素人にあそこまで話されては困る。つまり評価したのです。

ふたりはその内、改めてミナレが働くカレー屋に行こうと話すのでした。

「まっ、クビになってなきゃいいがな」

KAMUIKAMUI

1ヶ月に3回遅刻ですでにクビ宣告を言われ、お客さんには夢のない話をして怒られまくっているミナレに…未来はない!

あと1ヶ月後にクビ。ミナレが話すカレー屋の裏話?

「条件がある」

「なんなりと!」

店に戻ってくるなり、ミナレはテーブルの上に座って土下座!もちろん火に油です。

ブログの更新や清掃、そして今日1日はしおらしくしていなさいと、店長の宝田に言われます。

言われるがままブログを更新していると、珍しくコメントが。

中を見てみると、ラジオからミナレの声がしているという文章。

それ以外にも「面白かった」「福岡ディスらないでください!」などなど。

ラジオで名前など一切出していないのに、声だけでバレたミナレ。

店での自分の人気に気づくと、店長にアバターを作っていいかと提案。

KAMUIKAMUI

しおらしさって言葉はミナレの辞書にはないのかもしれません。

ブログ更新などをしたことでクビを免れたのかと思いきや、そんなことはありません。

円山夏祭りの出店で忙しくなるのでそれまでは居させてくれるという宝田。

しかし、それが終わったらクビとなりました。

中原はミナレが店をやめると聞くなり、どうにかしようと彼女に言いますが、なぜかミナレはこのカレー屋の歴史を妄想で語り始めるのでした。

KAMUIKAMUI

それは…現実逃避?

「私たちと一緒に、ラジオのお仕事してみない?」

店にくるお客さんにもラジオのことで声をかけられるミナレ。

「ミツオさん、見つかりましたか?」なんて聞かれようものなら「千田と相田、どちらですか?」と返すミナレ。

そんなに声に特徴があったのかと驚きますが、一部はミナレが店を飛び出していった瞬間を見ている人も。

しかも、それはその現場にいた人だけではなく、なんとネットにも公開されていました。

KAMUIKAMUI

人気者と浮かれるを通り越して恐怖を感じるミナレにトドメの動画…。麻藤からのメールで知ったがもう文句を言う矛先がそこ以外ないですよね。

改めて店へとやって来た麻藤。

謝罪と言って茅代や南波、甲本を連れてくると、ミナレに対して彼ら彼女たちは「私たちと一緒にラジオのお仕事してみない?」と言い出します。

ミナレはさっそく携帯で「ラジオ局 月給」と検索。

1ヶ月後の転職先が決まるなり、ミナレは急に上から目線。

しかし、週1からと聞くなり手のひらを返し、給料を減らしてもらったうえ、ラジオで店の宣伝をバンバンするからと言って、存続を申し出るのでした。

KAMUIKAMUI

働かねば暮らせない。が、彼女の「ボイジャー」解雇までのカウントダウンがスタート(笑)展開が早い!

ミナレを手元に置きたい麻藤

麻藤たちがボイジャーに来てから数日後のことです。

ミナレは迎えに来た甲本の車に乗ってラジオ局へ。

KAMUIKAMUI

朝から占いアプリを巡るミナレが甲本に直球で結婚してるか否か聞いた瞬間は、F1カーが通り過ぎるくらいの速さです(笑)

そして、麻藤はミナレにさっそく何か喋ってみてくれと言い、自分たちも出店する夏祭りの宣伝をすることとなりました。

麻藤がここまでミナレを気に入ったのは、人が聞き心地の良い声ではないのに嫌な感じはしない。

女芸人が次に何を喋るのかを楽しみに待つ感覚を得たからだと言います。

また、素人をマイクの前に置いて喋らせることをあのあと数度やったのですが、ミナレは録音とぶっつけ本番の合計26分間、一度も言葉を噛むことをしませんでした。

仕込みじゃないのに仕込みと思われるようなものができた時、麻藤は楽しくて仕方がなくなり、ミナレを育てたいと思うようになったのです。

KAMUIKAMUI

ミナレ個人、カレー屋にだけでも結構コメントが寄せられていたんですから、ラジオ局はもっとですよねぇ~。

そして、ミナレは麻藤に乗せられるままに録音開始。

「皆さん!畜生!こんにちは!」

ここからまたミナレのトークが始まるのでした。

『波よ聞いてくれ』第2話まとめ

屋台について宣伝をし、もう間もなくクビのミナレ。

実家の釧路には帰りたくないという彼女の生活がどうなっていくのかもちろん気になりますが、他にも謎を残す人がちらほらと…。

ミナレと同じマンションに住む男・沖はなにやら最後に写真を見て悲鳴を上げますし、ミナレの元彼ミツオはラジオを聞いていたようです!

今の彼女らしき人と!

ということは、今後ミツオは出てくるのでしょうか?気になります。

ミナレのトークを始め、まだまだ楽しめそうな予感しかありませんね!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第3話も続けて読む▼