『未満警察 ミッドナイトランナー』第8話あらすじ・ネタバレ感想!交番の実務実習中に起きた事件

『未満警察 ミッドナイトランナー』第8話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『未満警察 ミッドナイトランナー』公式ページ

実務実習で交番にやってきた本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)。

2人はようやく警官らしいことができると張り切りますが、「何もするな」とクギを刺されてしまいます。

そんな時、アポ電強盗が起こりました。

事件が起こった野々村家には、銃で撃たれた野々村玲子(銀粉蝶)と息子の晴至(松尾諭)がいました。

晴至は会社を辞めてから10年間、家に引きこもっていました。

本間はそんな晴至に声を掛けますが、晴至は怒って自分の部屋に入ってしまいます。

どうやら晴至は犯人に目星をつけていたようです。

次の日、本間と一ノ瀬が再び野々村家を訪れるとそこには…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『未満警察 ミッドナイトランナー』前回第7話のあらすじと振り返り

父の無実を証明するため、天満智也(柿澤勇人)と直子(長谷川京子)は“スコップ男事件”の真犯人を見つけるよう国枝(木下ほうか)に迫ります。

本間快(中島健人)は直子たちを助けるため、ある作戦を立てました。

一ノ瀬次郎(平野紫耀)は、暁生(佐戸井けん太)が無実である証拠を受け取りに行きます。

一方、本間は片野坂譲(伊勢谷友介)と協力して事件をプロファイリングしました。

しかし、本間が割り出した犯人像は驚くべき人物でした。

この事件に隠された裏の事情とは一体何だったのでしょうか?

【ネタバレ】『未満警察 ミッドナイトランナー』第8話あらすじ・感想


警察官の仕事は危険と隣り合わせ

柳田晋平(原田泰造)と稲西結衣(中村ゆり)が殺人事件の現場検証をしていました。

最近、警官が襲われ拳銃を奪われる事件が起こっています。

殺人事件に使われたのは、その時奪われた銃だと思われます。

しかし、柳田は事件の捜査に集中できず、パトカーに戻ってある人に電話をしています。

ミルトモライターミルトモライター

困っている人を助けようとした警官が逆に襲われてしまうなんて…警察官は危険と隣り合わせの仕事ですね。

実務実習に来た本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)

実務実習で交番に来た本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)は、期待に胸躍らせていました。

しかし、警官たちは2人を交番内の個室に入れ、外には出してくれません。

柳田から、本間と一ノ瀬から目を離すなと言われていたからです。

昼食を食べるため本間と一ノ瀬が個室から出ると、野々村玲子(銀粉蝶)が差し入れを持ってやって来ました。

玲子は警官たちと顔なじみのようです。

玲子の息子は、会社の同僚たちについていけず会社を辞めてしまい、それから10年くらい家に引きこもっていました。

ミルトモライターミルトモライター

会社の同僚たちについていけずに会社を辞めてしまったのは本間と同じですね。でも本間は気持ちを切り替え、小さい頃の夢である警察官を目指すことにしました。失敗をずっと引きずってしまうこともあるかもしれませんが、気持ちを切り替えて前に進むことも大事ですね。

やって来たのは偽物の警官

玲子が交番から帰ってくると、家には息子の晴至(松尾諭)がいました。

そのとき電話が鳴りました。

「お袋、オレだよオレ。仕事中の事故で相手を怪我させちゃって。今現金どれくらいある?」

詐欺だと気づいた玲子は交番に電話を掛け、すぐに警察官がやって来ました。

玲子は鍵を開けますが、ドアの前にいたのは偽物の警官でした。

警官を装った2人組の男たちは玲子にお金を渡すよう言い、拳銃で玲子を撃ちます。

拳銃の音に気づいた晴至が部屋から出て居間を見ると、男たちが家を荒し、そばには玲子が倒れています。

晴至はすぐ110番をし、携帯で犯人の顔を撮りました。

ミルトモライターミルトモライター

すぐに110番をして、犯人の顔写真を撮った晴至。行動も素早いし、勇気もありますね。

現場検証をする本間(中島健人)

通報を受けた警官たちが野々村家にやって来ました。

警官たちの後ろには本間と一ノ瀬もついて来ています。

家の中には、銃で撃たれ倒れている玲子と落ち込んでいる晴至がいました。

本間は晴至を気遣い「気を確かに持ってください。隠れていたとしても誰も責めません」と言います。

しかし、晴至は「隠れてない」と言い、自分の部屋に入ってしまいました。

現場検証をする柳田と稲西。

同じく現場検証をしていた本間は、犯人が2人組だということに気づきました。

ミルトモライターミルトモライター

本間は被害者である晴至を気遣うだけでなく、犯人像も割り出していました。本間は将来有望な警察官になりそうですね。

自分で犯人を見つけだす晴至(松尾諭)

アポ電強盗の元締めである河東(般若)は、ニュースで被害者たちが生きていることを知ります。

河東は実行犯である2人に晴至と玲子を殺すよう命令しました。

実行犯の2人は再び野々村家を訪れますが、そこに本間と一ノ瀬がやって来ます。

本間は晴至に失礼なことを言ってしまったことを後悔し、謝ろうとしていたのです。

そこに柳田もやってきて、3人で家の中を探ることになりました。

しかし、家の中には誰もいません。

犯人たちは逃げてしまい、晴至は留守でした。

晴至は犯人を自分の手で見つけ、復讐しようとしていました。

黒岩純哉(葉山奨之)をだまして拳銃を奪い、犯人たちがいる場所に向かいます。

2人組の犯人たちに銃を向け引き金を引きますが、銃は空砲でした。

実習生が持っている拳銃には弾が入っていなかったのです。

ミルトモライターミルトモライター

晴至は自らの手で犯人を捕まえようとしていたんですね。でも、勇敢と言うより無謀です!

事件を捜査する本間(中島健人)

柳田と本間と一ノ瀬は、晴至の部屋で2人組の男たちの写真を見つけます。

さらに、晴至らしき男が黒岩の拳銃を奪ったとの報告が入ります。

本間はこれらの情報から、晴至が自らの手で犯人に復讐しようとしていることに気づきました。

また、実行犯の2人が再び野々村家を訪れたことから、犯人たちが晴至と玲子を殺そうとしていることにも気づきます。

ミルトモライターミルトモライター

晴至と玲子の2人に危害が加わる前に助け出してほしいです。

無事保護された玲子(銀粉蝶)と晴至(松尾諭)

犯人たちに捕まった晴至は、玲子が入院している病院を教えるよう脅されています。

柳田たちが駆け付けた時には、玲子が入院している病院を教えてしまった後でした。

玲子がいる病院に着いた犯人は、晴至に成り済まし病室を聞きます。

ナイフを手に取った犯人が玲子に襲い掛かりますが、本間と一ノ瀬に取り押さえられます。

ミルトモライターミルトモライター

優秀な本間たちのおかげで晴至と玲子は無事保護されました。本来なら喜ぶところですが、柳田は「このままじゃまずいな」と言っています。なぜなんでしょう?

“スコップ男事件”の犯人

拉致された国枝(木下ほうか)が椅子に縛り付けられています。

そこにフードをかぶった男がやって来て、国枝の娘の写真を見せました。

それから“お前には、罪を自白してもらう”と書きます。

それを見た国枝は「俺に罪をなすり付けるつもりか。お前が殺したんだろ」と言いました。

本間と一ノ瀬は気になっていた“スコップ男事件”を改めて模擬捜査することにしました。

寮室の窓に“スコップ男の事件から手を引け”と書かれているのを見つけた一ノ瀬と本間は、フードをかぶった男がいるのを目撃します。

フードの下から見えた顔は柳田でした。

ミルトモライターミルトモライター

橘冬美(大幡しえり)はスコップ男の正体を知っていると言っていましたが…やはり犯人は柳田なのでしょうか?

『未満警察 ミッドナイトランナー』第8話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

まさかの展開にびっくりしました。

柳田は善良な警察官に見えたのですが…。

国枝は無実の人間に罪をなすり付け、今度は自分が罪をなすり付けられるということですね。

片野坂譲(伊勢谷友介)は、柳田の不穏な動きに気づかなかったのでしょうか?

次回どうなるのか?続きが楽しみです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第9話も続けて読む▼