『未満警察 ミッドナイトランナー』第4話あらすじ・ネタバレ感想!SNSのダイレクトメッセージから事件に発展

『未満警察 ミッドナイトランナー』第4話

出典:『未満警察 ミッドナイトランナー』公式ページ

野原さやか(竹内愛紗)は厳しい訓練についていけず、悩んでいました。

野原がSNSに“死にたい”と書き込むと、指友指助(忍成修吾)から“お気持ち、お察しします…良かったら…お話しませんか?”と返事がありました。

野原は指友指助に会って話を聞いてもらうことにします。

指友指助は、野原に“死ぬまでにやりたい5つのこと”を書き出すよう言いました。

しかし、野原は自分は死にたいわけではないことに気づきます。

野原が「私は最初から死にたいなんて思ってなかった」と言って後ろを振り向くと、指友指助がナイフを手にして襲い掛かろうとしていました。

警察学校の生徒たちは、自分たちのできる範囲で野原を救おうとするのですが…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『未満警察 ミッドナイトランナー』前回第3話のあらすじと振り返り

監禁場所から逃げだした本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は、捕らわれている少女たちを助けるため再び行動を起こしました。

本間は「俺を鍛えて欲しい」と一ノ瀬に頼み特訓を開始します。

そして、少女たちが監禁されている場所を見つけ出し助けに向かいました。

柴本(加藤雅也)と対峙した本間と一ノ瀬は、苦戦しながらも柴本を捕らえ少女たちを救出します。

しかし、ルール違反を犯した2人には厳しい処分が待っていたのです。

【ネタバレ】『未満警察 ミッドナイトランナー』第4話あらすじ・感想


本間快(中島健人)を見つめる野原さやか(竹内愛紗)

恋愛映画を見ていた本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)。

一ノ瀬は映画の余韻に浸っていましたが、本間はキスシーンを見てもどういうことか分かりませんでした。

本間は男子校で、恋愛のことは全く疎かったのです。

そんな本間を野原さやか(竹内愛紗)が見つめています。

野原は本間を誘おうとしますが、及川蘭子(吉瀬美智子)に呼ばれて行ってしまいます。

その様子を見ていた田畑翔之介(小平大智)が野原に声を掛けました。

野原は本間の代わりに田畑を誘いました。

ミルトモライターミルトモライター

野原が勇気を振り絞って本間に声を掛けますが、本間を誘うことはできませんでした。野原は本間のことが好きなようですが、そんな野原を田畑が気にかけています。

訓練についていけない野原さやか(竹内愛紗)

片野坂譲(伊勢谷友介)が執念の捜査について講義していました。

「やみくもに捜査しても限界はある。己の限界を知ることも重要だと教えたい。たとえ限界が来ても我々にはチームや仲間がいる。自分が今できることに集中することだ」

話を聞いていた本間は、隣に座っている一ノ瀬を見て微笑みました。

次は及川による野外での訓練です。

一ノ瀬たちは次々と訓練をこなしていきますが、野原は皆から遅れをとっています。

部屋に戻った野原は落ち込み、SNSに“死にたい”と書き込みました。

ミルトモライターミルトモライター

皆についていけず精神的に追い詰められた野原は、思わずSNSに“死にたい”と書きこんでしまいます。落ち込んだ野原を元気づけ、相談に乗ってくれる人がいればいいのですが…。

ハンドルネーム指友指助からの返信

ハンドルネーム指友指助から野原に返信が来ました。

“お気持ち、お察しします…良かったら…お話しませんか?”

野原は“会ってお話したい”と返信し、警察学校の寮を抜け出しました。

朝になっても帰ってこない野原を本間たちは心配しています。

本間の携帯には野原からのメッセージが入っていました。

ミルトモライターミルトモライター

見知らぬ人からの返信なんて、ちょっと怖いですね。

野原さやか(竹内愛紗)からのメッセージ

本間は、野原から来たメッセージを一ノ瀬に見せました。

メッセージを見た一ノ瀬は「こういうのすぐ教えてよ。これ愛の告白だからね」と言います。

メッセージを縦に読むと“すきでした”と読めます。

本間は野原の携帯に電話をしました。

「もしもし野原。大丈夫?今どこにいるの?」

しかし、野原は答えず、携帯は切れてしまいました。

電話口から聞こえた声で、本間は場所を特定しました。

その場所は、野原と田畑がデートしたお店だったのです。

ミルトモライターミルトモライター

警察学校の仲間が心配しています。知らない男の人についていかず、帰ってきて欲しいですが…。

指友指助(忍成修吾)に会う野原さやか(竹内愛紗)

本間は、自転車で野原が待ち合わせをしている店に行きました。

指友指助(忍成修吾)は、野原に「皆さん僕と話した後は悩みが消え、死にたいなんてつぶやかなくなります」と言いました。

その様子を、本間が陰から見ています。

本間は指友指助を携帯で撮り仲間に送りましたが、誰も指友指助のことを知りません。

指友指助は立ち上がり、店に携帯を置いて野原と一緒に出ていきました。

指友指助の置き忘れた携帯が鳴り、本間が電話を取ると、相手は柳田晋平(原田泰造)でした。

ミルトモライターミルトモライター

指友指助は何者なんでしょうか?なぜ柳田は指友指助の携帯に電話してきたのでしょうか?

指友指助(忍成修吾)の部屋を探る本間快(中島健人)

柳田は本間に指友指助を追うよう言います。

指友指助は女性を4人も殺した殺人犯だったのです!

本間は自転車で野原たちの車を追いました。

野原の乗った車は、団地の駐車場で止まりました。

一足遅れてたどり着いた本間は、指友指助が置き忘れた携帯を使って部屋を探し始めました。

そしてWi-fiがつながる部屋を探し当てます。

しかし、その部屋には人の姿はなく、大量のスマホの空き箱がありました。

さらにクローゼットの中には、亡くなった女性の写真と“死ぬまでにやりたい5つのこと”と書かれた紙が貼られていました。

その時、誰かの足音が聞こえ、本間はとっさにクローゼットの中に隠れました。

その足音は柳田から話を聞いた及川と片野坂でした。

ミルトモライターミルトモライター

部屋に入ってきたのが犯人ではなく良かったです。しかし、野原たちはどこにいるのでしょう?

導き出した犯人像

警察学校に帰ってきた本間は、一ノ瀬たちに「限界が来ても自分たちに今できることをやればいい」と言います。

本間はスマホの空き箱が多かったことが気になっていました。

さらに、犯人がSNSに載せた文章を見て、あることに気づきます。

その頃、片野坂も犯人の部屋を探り、事件をプロファイリングしていました。

片野坂も本間も犯人が複数いることに気づきました。

片野坂は自殺の偽装方法が違うことから、本間は犯人が書いた文章から複数犯を導きだしたのです。

ミルトモライターミルトモライター

本間は少ない情報から片野坂と同じ結果を導き出したのです!

本性を現した指友指助(忍成修吾)

その頃、野原は車の中で指友指助のカウンセリングを受けていました。

野原は死ぬまでにやりたいことの内、1つを実行することにしました。

廃校になった小学校に行き、校長室に貼ってある絵を見に行きました。

その絵は自分が賞をとった絵でした。

野原はその絵を見つめながら「私は最初から死にたいなんて思ってなかった。でもそういうことを言いたい時もあるんです」と言い、後ろを振り向くと、指友指助がナイフを持って自分に襲い掛かろうとしていました。

ミルトモライターミルトモライター

指友指助は心が折れて死にたいって言う人を救おうとしていたのではなく、殺そうとしていたのです。優しい言葉をかけてくれる人が必ずしも優しいとは限りませんよね!

野原(竹内愛紗)を救出した本間(中島健人)

「死にたくない。誰か助けて」

その時、本間が部屋に入って、指友指助を殴り倒しました。

後に続いて一ノ瀬と田畑もやって来ます。

田畑が野原の目を覆っているテープを外そうとすると「本間くん、助けに来てくれたの」と野原が言いました。

田畑は身を引き、一ノ瀬と一緒に部屋から出ていきました。

助かった野原は本間に抱きついて泣きました。

ミルトモライターミルトモライター

田畑は野原が好きでした。でも野原が好きなのが本間だと分かり、身を引いたのですね。なんか少し切ないです。

警察学校を辞める野原(竹内愛紗)

「短い間だったけど、お世話になりました」

野原は警察学校を辞めることにしました。

野原は自分の限界を知り、警察官になることを諦めたのです。

本間は野原を呼び止め告白の返事をしようとしますが、野原は「それ誤解。読み直してみて。過去形だから」と言います。

ミルトモライターミルトモライター

野原の本当の気持ちは分かりませんが、もしかするとまだ本間を好きだったかもしれませんね。

『未満警察 ミッドナイトランナー』第4話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回は少し切なくなる話でした。

田畑は野原の食べる姿を見て一目惚れしたようです。

食べる姿がきれいな女性って素敵ですよね。

野原はまだ警察学校に入ったばっかりです。

もう少し頑張ったら違う結果になっていたかもしれないと思うと、少し残念な気がしました。

警察学校の仲間が一人減ってしまい寂しいですが、他のみんなが無事卒業してくれることを願っています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第5話も続けて読む▼