『ミッドナイトスワン』2020年12月31日より台湾にて公開決定!草彅剛、内田英治監督からコメントが到着!

草彅剛主演『ミッドナイトスワン』続々売れ行きランキング1位獲得!小説版、スペシャルブックも発売!

©2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

9月25日より全国にて公開中の草彅剛主演、内田英治監督オリジナル映画『ミッドナイトスワン』は4週目、10月22日には興収5億円を突破、公開5週目に突入した今も132館で上映が続き、多くのお客様が来場くださっています。

そんな中、『ミッドナイトスワン』が台湾に向けて飛び立つことが決定!

2020年大晦日、12月31日(木)より公開(配給 天馬行空電影)されます。

ミッドナイトスワン』を直訳したタイトル『午夜天鵝』に姿を変え、台湾の人たちの心に舞い降ります。

『ミッドナイトスワン』2020年12月31日より台湾にて公開決定!

今回、情報が急遽解禁されることになったのは、台湾関係者からの提案により、10月31日(土)より首都台北で行われる一大LGBTQイベント、「台湾LGBTプライド」(「台湾同志遊行」)の開催に併せたため。

このタイミングにぜひとも情報解禁したい、という台湾側の要望があってこそ決定しました。

台湾と言えば、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、各店舗のマスク在庫数がわかる「マスク・マップ」を3日で構築、見事に感染拡大を抑えたことで世界にその名をとどろかせたIT担当大臣、オードリー・タン(唐鳳)氏の活躍もめざましいです。

各国のLGBTQ関連イベントが中止される中、台湾は今年も実施を決定、例年より一段と「台湾LGBTプライド」が世界中からの強い関心を集めています。

そんな台湾で『ミッドナイトスワン』が公開されるということも大変意義深いことです。

日本では、300~400館規模の他作品と肩を並べ、5週目に入ってなお、全興収10位をキープしている『ミッドナイトスワン』。

本作は、トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱え新宿を舞台に生きる凪沙(草彅剛)と、親から愛を注がれず生きるもバレエダンサーを夢見る少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描く「ラブストーリー」。

草彅剛はじめ、水川あさみ真飛聖、オーディションによって抜擢された一果役の新人・服部樹咲、凪沙の先輩後輩役に、田口トモロヲ田中俊介吉村界人真田怜臣といった唯一無二の存在感を放つ俳優陣が顔をそろえます。

さらに世界中からの関心を集めることになりそうです。

そして台湾での公開決定を受け、主演・草彅剛と内田英治監督からもコメントが届いております。

草彅剛コメント

「12月31日からは台湾でも公開されるとうかがい、大変うれしくさらに多くの方々に作品が届けられることを心から幸せに思っています。多くの方々に凪沙や一果たちの姿を通して感じていただけることがきっとたくさんあると思います。皆さんから感想がいただけたらとてもうれしいです。」

内田英治監督コメント

「このような情勢の中で、海外での公開が決まることに大変感謝致します。また、台湾での公開がきっかけとなり、その他の国へと波及することを期待しております。ゆっくりと大きく羽を広げて海を渡るスワンをまだ暫く見守ってやって下さい。ありがとうございます。」

『ミッドナイトスワン』作品情報

『ミッドナイトスワン』

©2020 Midnight Swan Film Partners

出演:草彅剛、服部樹咲(新人)、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖
監督・脚本:内田英治
配給:キノフィルムズ

あらすじ


故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立ち、ひたむきに生きるトランスジェンダー凪沙。

ある日、養育費を目当てに、育児放棄にあっていた少女・一果を預かることに。常に片隅に追いやられてきた凪沙と、孤独の中で生きてきた一果。

理解しあえるはずもない二人が出会った時、かつてなかった感情が芽生え始める。

ミッドナイトスワン』は2020年9月25日(金)より絶賛公開中!

▼『ミッドナイトスワン』出演:吉村界人インタビュー▼

▼あらすじ・ネタバレ記事はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼