『メンズ校』第7話あらすじ・ネタバレ感想!ついに島を脱出した6人は、憧れの合コンへ参加するつもりが?

『メンズ校』第7話あらすじ・ネタバレ感想!ついに島を脱出した6人は、憧れの合コンへ参加するつもりが?

出典:『メンズ校』公式ページ

これまで何度も脱出計画を企んでは、失敗してきた主税(道枝駿佑)たち希望寮の面々。

しかし、ひょんなことからついに本土に行く機会を得ます。

なんと、野上(西畑大吾)が高校生科学技術オリンピックで入賞したのです。

6人は藤木(大橋和也)の引率で本土で行われる表彰式に向かいます。

野上はこの日に合わせて他校の女子との合コンを設定していました。

しかしその会場には源田(藤原丈一郎)が数日前にフラれた元恋人の奈緒(原愛音)がいたのです。

6人初めての外出は波乱の予感です!

ドラマ『メンズ校』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

『メンズ校』前回第6話のあらすじと振り返り

ある日の夕方、主税(道枝駿佑)は、中学の同級生・エリカと同じ名前の少女、ポニーテールのエリカ(茅島みずき)と再会します。

一方、野上(西畑大吾)は新たな脱走計画を企てました。

その計画を桃井(大西流星)は偶然聞いてしまい、それに気づいた野上に詰め寄られ思いがけず仲間に入れられてしまいます。

花井(長尾謙杜)たちに名前を聞かれた桃井は、とっさに別の寮で暮らす「権田」だと伝えてしまいます。

桃井のことを快く受け入れ、脱出計画を進めていく5人。

しかし、桃井は彼らと仲良くなればなるほど嘘をついているのが苦しくなってきてしまうのでした。

桃井は勇気を出して5人に本当のことを話すと、5人は快く受け入れてくれます。

こうして桃井は本当の意味で仲間入りすることができたのでした。

【ネタバレ】『メンズ校』第7話あらすじ・感想


合法的に脱出する方法

ある日、主税(道枝駿佑)たちが食堂で源田(藤原丈一郎)のチョイ足しレシピを楽しんでいると野上(西畑大吾)がドヤ顔でやってきました。

「ついに合法的にこのアルカトラズから脱出することに成功した!」

なんと、野上が高校生科学技術オリンピックで入賞したとのこと。

しかも、他の5人も共同研究者としてエントリーされていたため、皆で本土に渡れるというのです。

野上は分刻みのスケジュールを表を見せて、メインイベントを発表します。

「合コンだ!」

野上は、このために3ヶ月前から準備をしていたと言います。

moyokomoyoko

なんと、本土に渡れるだけでなく合コンまで開催されるとのこと。他の5人にとっては棚ぼた的チャンスですね!

野上の計算ミス

野上は、3ヶ月前から神木(高橋恭平)のあんな写真やこんな写真を送り続け、やっと合コンをOKして貰うことができました。

「全て計算通りだ」

野上はほくそ笑みます。

しかし、出発の日になって痛恨の計算ミスが発覚しました。

藤木(大橋和也)が引率でついてくるというのです。

相手は6人。

こちらは7人。

これでは合コンの人数があぶれてしまいます。

「源ちゃんはダメだよね、彼女いるし」

花井(長尾謙杜)がそう言うと、源田はもう別れたと言います。

moyokomoyoko

それを聞いた野上は1人ガッツポーズをしています。誰もツッコミませんが。

源田曰く、数日前に「ごめん、もう無理。別れよう」というメールが来ていたとのこと。

それに対して源田は「了解」とだけ返答。

なぜ別れたいのか理由は聞かなかったとのことです。

moyokomoyoko

普通は理由が聞きたくなる気がしますが…源田がなぜフラれたのか、わかってしまったような気がします。

脱出成功!

主税たちは本土の街に到着しました。

バスがたくさん走り、普通に女子が歩いています。

「何かいいニオイがする」

「それこそが女子の吐き出す二酸化炭素のニオイだ」

moyokomoyoko

そういうわけではないと思いますが…。6人が嬉しそうで何よりです。

野上は目に映る女子という女子のニオイを嗅ぎまくります。

5人はそれを必死で止めまくります。

表彰式では、手短にスピーチをして早々に切り上げました。

お次はメインイベント、合コンの時間です。

何とかして藤木をまかなくてはいけません。

6人は船の時間まで図書館で勉強をすると嘘をつきましたが、藤木は1枚上をいってました。

「隠すことないで~カラオケぐらい!」

どうしよう、ついて来る…!

6人はダッシュして逃げ出しますが、藤木は笑いながら追いかけてきました。

moyokomoyoko

藤木のしつこさ、ここに極まれりという感じです。もはやあっぱれ!

元カノとの再会

6人は私服に着替え、カラオケ店にやってきました。

ドリンクバーだけでテンションが上がります。

藤木はすでに気持ちよさそうに歌っています。

相手がやってくるまで30分。

どうやって藤木をまくか考えているところに、1人の女子が声をかけてきました。

「源田くん…?うそ。なんで?」

それは、源田の元カノ・奈緒(原愛音)でした。

奈緒は男を連れていました。

moyokomoyoko

男は奈緒に横柄な態度を取っている何だか嫌なヤツです。

2人は軽く挨拶しただけで終わってしまいました。

他の5人は源田のことを心配します。

そもそも、源田はなぜフラれたのかわかっていないのです。

「誤解されるようなメールをしたとか?」

「ないと思う。返してないし」

さすがの5人もフラれた理由にすぐに察しがつきました。

moyokomoyoko

入学してからほとんどメールを返していないという源田。そりゃフラれて当たり前です…。

元カレVS今カレ

源田は空気を悪くしたと思ったのか、合コンを抜けると言って部屋を出てしまいました。

すると、奈緒と一緒にいた男が友達を連れてドリンクバーにやってきます。

男は奈緒をブス呼ばわりし、彼女でもなくただのパイプ役だと言い放ちました。

それを聞いた源田はすぐさま男たちのいる部屋に乗り込みます。

後を追って様子を見ていた桃井(大西流星)は、すぐに仲間に報告し、主税たちはすぐに源田のいる部屋に向かいました。

源田は、男たちに頭を下げて言います。

「お願いします!奈緒と別れる時は本当のことを言わないで傷つけないで別れてやってください!」

moyokomoyoko

予想外の言葉ですが、源田らしい男らしさを見せました。しかし相手も相手で予想外のクソ野郎でした。

奈緒のために

すると、男の仲間の1人が源田に気がつきます。

源田は中学時代、野球部の地区大会決勝でエラーをしたことで全国を逃していました。

それで島の高校に逃げたと言われていたのです。

moyokomoyoko

それでも源田は頭を下げ続けます。涙ぐましい行動です!

調子に乗った男たちは、源田に踊れと命じます。

源田はそれを甘んじて受け入れ、校歌を歌いながら踊りだしました。

見ていられなくなった主税が部屋に乗り込もうとしますが、野上がそれを止めます。

源田が奈緒のために受け入れている屈辱さえも無駄になってしまうからです。

すると、そこに席を外していた奈緒が戻ってきました。

「源田くん、何やってるの…?」

源田は、床に落とされたお菓子を拾わされていました。

moyokomoyoko

源田が受けているあまりの屈辱に、主税ならずともぶん殴ってやりたいです!

お前ら!行け!

5人の我慢にも限界が来ていました。

「耐えろ、退学になるぞ!」

moyokomoyoko

ところが、意外なところからGOサインが出るのです!

マイクを持った藤木が5人に向かって叫びます。

「お前ら!行け!俺が許したる!」

その言葉で主税は飛び出して行きます。

他の4人も主税に続き、部屋は乱闘騒ぎに…。

しばらくの間その場を動けなかった奈緒は、いつの間にか姿を消していました。

そして間の悪いことに、合コン相手が到着し、騒ぎを見て逃げ出して行ってしまいます。

moyokomoyoko

野上が3ヶ月かけてセッティングした合コンが水泡に帰しました。残念でしたね。

乱闘の後、藤木を含めた7人は部屋の後笑いながら片付けをします。

moyokomoyoko

野上だけは笑っていません…。

でも、なぜか皆スッキリした表情をしているのでした。

ごめんな、普通にできなくて

そこへ、奈緒が戻ってきました。

「源田くん、なんで?」

源田は正直に、奈緒を取られて腹が立ったからだと答えました。

奈緒は顔を真っ赤にして源田の頬を叩きます。

「何なの今さら!ずっとスルーだったくせに」

奈緒は、自分を好きだったらしてくれるであろうことを全然してくれなかったと、今までの恨み言を源田にぶつけます。

「ごめん…ごめんな、普通にできなくて」

もはや源田も謝ることしかできません。

奈緒も、源田が思っていることを言葉にするのが難しいということをわかっていました。

でも、高校が離れて連絡が取れなくなると、どんどん不安になってしまったのです。

若気の至り

「好きだったよ」

源田は、頑張って言葉に出して言いました。

その言葉を奈緒は信じることができません。

言葉にするのが好きではない源田は、頑張らずに黙っていても一緒にいられる奈緒との空気が大好きだったと奈緒に笑顔で伝えます。

「何で笑えるの?」

源田とは反対に奈緒は泣いています。

でも、主税にはわかっていました。

男は大好きとか可愛いとか大切とか、そんな気持ちがいっぱいになってどうしようもなくなった時そういう顔をしてしまうのだと。

源田も奈緒もお互いを大好きだけれど、大事にするやり方がよくわかっていないのかもしれない。

主税はそう思っていました。

「ごめん」

「わかった。ありがとうね、源田くん」

moyokomoyoko

こうして源田の恋は終わりを告げました。甘酸っぱいです!

野上のプレゼント

結局、喧嘩をしただけで満足にご飯も食べることができず、7人は船に乗ることになってしまいました。

源田はここでも「ごめん」と謝り通しです。

でも、源田が最高のちょい足し料理を作るということで話はすぐに決着がつきました。

しかし野上だけは、合コンが潰れたことから立ち直れません。

「せっかく合コン女子へのプレゼントまで買ったのにね」

花井は野上が綺麗な髪飾りを買ったことを知っていました。

しかし、野上が頭に浮かべていたのは、保健室の地味教員・フク(福田麻由子)のことでした。

『メンズ校』第7話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

寮では様々な調味料から器用にちょい足し料理を作る源田でしたが、恋に関してはまるで不器用でした。

「言わなくてもわかる」というような関係は、大人でも難しいものです。

それをアオハル真っ最中の高校生が続けるのはさらに難しいことでした。

でも、やはり源田も他のメンバーと同じく心優しい人だということはわかりましたね。

さて、ラストではついに野上に初恋が到来しそうな予感をさせるシーンがありました。

次回はその野上の恋に迫ります!

おそらく一筋縄ではいかないと思います。

次回も要チェックです!

ドラマ『メンズ校』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第8話も続けて読む▼