『ルパンの娘』第11話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!華と和馬の気になる恋の行方は?

ドラマ『ルパンの娘』第11話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

和馬(瀬戸康史)とエミリ(岸井ゆきの)の結婚式で花婿を盗み出したLの一族。

しかし、それは60年前からの宿敵・巻英輔をおびき寄せるための作戦でした。

そしてLの一族から逃げ出した和馬は、華(深田恭子)の祖父(麿赤児)殺しの真犯人を突き止めます。

警察一家の和馬と泥棒一家の華は運命を乗り越えることができるのか?

最後まで目が離せない最終回です!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ルパンの娘』第11話(最終回)あらすじ


三雲華(深田恭子)は“Lの一族”の力を借りて、橋元エミリ(岸井ゆきの)との結婚式最中の桜庭和馬(瀬戸康史)を奪い返した。

隠れ家のタワーマンションで、尊(渡部篤郎)が和馬にことの経緯を話していると、エミリの祖父、英輔(浜田晃)が部下たちとともに踏み込んで来る。

英輔は和馬に結婚式場へ戻るよう命令。

逆らおうとする和馬だが、英輔の部下たちに強引に連れて行かれてしまい、華たち“Lの一族”は拘束されてしまった。

ドラマ『ルパンの娘』第11話(最終回)あらすじ①

結婚式場に和馬が戻されると、そこは報道陣で溢れていた。

駆け寄って来た典和(信太昌之)に、和馬は英輔の手下たちのおかげで逃げ出すことが出来たと告げる。

そして、後ほど詳細を説明すると報道陣をチャペルの中へ誘導した和馬は、典和から頼んでいた資料を受け取り控え室にいるエミリの元へ向かう。

エミリには、美佐子(マルシア)と巻栄一(加藤諒)が付き添っていた。

ドラマ『ルパンの娘』第11話(最終回)あらすじ②

その頃、拘束された華たちは、英輔にマツ(どんぐり)との過去の因縁から巌(麿赤兒)を殺したことは許せないと責めていた。

しかし、身動き出来ない華たちには、英輔の部下たちの銃口が向けられている。

すると、悦子(小沢真珠)は命乞いを始め、尊に英輔の過去について知っていることを全て話すよう懇願する。

尊はなぜ英輔が巌を殺害するに至ったか、その経緯を話し出す。
出典:『ルパンの娘』公式ページ

【ネタバレ】『ルパンの娘』第11話(最終回)の感想

祖父殺しの真犯人

Lの一族にチャペルから盗み出された和馬(瀬戸康史)が目を覚ますと、そこは三雲家のタワーマンションでした。

三雲父(渡部篤郎)は、和馬にエミリ(岸井ゆきの)の祖父で、三雲の祖父母の宿敵である巻英輔の所業について説明します。

祖父母の宿敵ということは、和馬の祖父・和一(藤岡弘)の宿敵でもあります。

しかし、その後すぐに巻英輔たちに追いつかれてしまい、和馬はチャペルに連れ戻されてしまいます。

チャペルには、Lの一族が出没したということで、大勢の報道陣が詰めかけていました。

和馬は、後できちんと話すと報道陣に言い残し、桜庭父(信太昌之)から科捜研の報告書を受け取り、エミリと和馬の先輩・巻栄一(加藤諒)のいる控室へと向かいました。

「2人と話がしたいんだ」

和馬はそう言ってエミリに付き添っていた桜庭母(マルシア)を外に出します。

一方の三雲家では、華(深田恭子)たちは元警察官の精鋭を引き連れた巻英輔一味に手錠をかけられて捕まってしまっていました。

「お前たちはここで死ぬんだ。Lの一族はここで終わる」

巻英輔は、華たちを殺すつもりのようです。

自分たちが殺されると思った三雲母(小沢真珠)は大いに取り乱し、巻英輔に命乞いをします。

三雲祖母・マツ(どんぐり)はそんなやつに頭を下げるなと言いますが、母は構っていられません。

「お前たちは知りすぎた。生かしておくわけにはいかない」

三雲母は、三雲父に対して知ってることを全部話せと金切り声を上げます。

代々エリート警察一家の息子だった巻英輔は、将来を嘱望された刑事でした。

そして、日々行われている上官の不正に目をつぶることで、異例のスピード出世を果たします。

しかし、不正に加担していることでLの一族に目をつけられ、不正をしている刑事の名前と不正の内容を書いたノートをお宝と一緒に盗まれてしまいます。

物が物だけに他の刑事には話すことができず、巻は1人で捜査をし、そしてマツを見つけ出し襲ったのでした。

しばらくはノートの存在とマツを襲ったことがバレるのではないかと恐れていましたが、見つかることなく、巻は警視総監まで上り詰めました。

Lの一族を恨む者は多かったので、マツたちはなかなか犯人を特定することができなかったのです。

そして60年の月日が経ち、再びLの一族が表に出てきました。

その現場には必ずマツの恋人であった桜庭和一の孫である和馬がいました。

和馬がLの一族と関わっているかもしれないと思った巻は、孫の栄一を使って和馬をマークさせ、三雲巌(麿赤児)を殺す計画を立てたのです。

「それは違う。私を脅してきたのはあの男の方だ」

一年前、ついにマツを襲った巻を見つけ出した三雲祖父は、巻に電話をかけました。

「ようやくケリをつける時が来た。必ずお前に天罰を食らわせる!」

そう宣戦布告を受けた巻は、やられる前にやってやると、孫の栄一に命じたのです。

「じゃあ、おじいちゃんを殺したのは…」

「あなただったんですね、巻さん」

なんと、祖父殺しの真犯人は巻栄一だったのです。

劇団Lの一族

和馬に三雲巌殺しの嫌疑をかけられた巻栄一は、そんなことするわけないと否認します。

しかし、桜庭父から受け取った科捜研の報告書には、それを証明する事実がありました。

第10話で和馬が現場で見つけた布片に付着したDNAと、式の前にエミリの控室に訪れた栄一に出したコーヒーカップから採取したDNAの型が一致したのです。

和馬は、巻がやったことだとは信じたくなくて、巻が犯人ではないと証明するために科捜研に鑑定を依頼しました。

しかし、辛い現実をつきつけられてしまいました。

「そうだよ。三雲巌を殺したのは俺だ」

巻栄一はエリート一家の中で落ちこぼれと言われ、祖父の英輔からは見向きもされていませんでした。

しかし、英輔は捜査三課にいる栄一にLの一族を必ず見つけ出し、殺しても構わないと命じました。

警察官として、祖父としてあるまじき命令ですが、栄一は初めて祖父に頼られたことが嬉しくて、和馬と共に必死でLの一族を追いました。

しかし、いつも確保寸前で逃げられてしまい、しかもあろうことか部下の恋人がLの一族の娘だったことで、激しく叱責されることになります。

どんどん追い詰められていった栄一は、三雲巌に手をかけたのです。

和馬が栄一の告白を聞いている間、エミリが祖父の手下に連絡をしたことで、和馬は連れ去られてしまいました。

巻英輔は、和馬を捜査一課に推し、エミリが和馬と結婚したことで味方につけ、ここで一族を消したとしても一課の刑事である和馬にもみ消してもらおうと目論んでいました。

しかし、和馬がそんなことをするはずがありません。

「その時はあの男を殺すまでだ」

巻英輔は鬼畜にも劣る男です。

どうせ殺すなら早く殺せと三雲父は言います。

すると、巻は彼にしなだれかかっていた三雲母から殺すと言い出しました。

そこへ、三雲祖母が名乗りを上げます。

「ウチはな、家族のためならいつでもこの身を捧げたるわ!」

巻英輔は、躊躇なく祖母・マツに銃を向けます。

「そこまでじゃ!」

やってきたのは、三雲祖父・巌でした。

「貴様、生きていたのか」

「言ったはずじゃ。必ずお前に天罰を下すとな」

巻に命を狙われていると知った巌は、本物の立嶋雅夫の身に危険が及ぶかもしれないと河川敷に向かいましたが一歩遅く、そこでこのまま死んだことにしておいて、身を潜めていたのでした。

「よし、これで役者は揃ったな」

Lの一族は手錠を外し立ち上がりました。

「劇団Lの一族や!」

これまでのことは、全てLの一族が巻英輔に仕掛けた罠だったのです。

あの日々を取り返しに行く

巻英輔の狙いは、Lの一族を捕まえることではなく、抹殺することです。

だから、Lの一族はあえて人前で和馬を連れ出し、世間の注目を集めることにしました。

その目的は、巻英輔を社会的に抹殺することです。

「公開処刑や!」

実は、このタワマンでの一部始終は渉(栗原類)によって生配信され、チャペルに集まった報道陣はそれを見ていたのです。

報道陣は大ニュースだと大騒ぎしています。

「ドッキリ大成功ね!」

和馬には事前に説明をしておき、立嶋雅夫殺しの実行犯は分からなかったので一課の和馬に捜査を委ね、和馬は見事実行犯をつきとめたのでした。

しかし、祖父がまさか生きているとは、三雲父も驚きでした。

「60年前のケリをつけると決めたんだ。あの男と共に」

巌は和一の元を訪れ、我々のあの日々を取り返しに行こうと訴えたのです。

「私に逆らえば、皆殺しにする」

巻英輔は、往生際が悪く手下たちにLの一族を殺せと命じました。

遅いかかる手下たちに、Lの一族はそれぞれ応戦します。

華は、和馬を助け出すべくチャペルに向かおうとしますが、巻の手下たちに行く手を阻まれます。

すると、兄の渉が華の前に立ちふさがりました。

「Lの一族は俺が背負っていく。お前はお前の道を行け!」

引きこもりでパソコン経由でしか話をしなかった渉が、初めて地声を出しました。

華は、兄の助けで和馬の元へ走ります。

和馬は、栄一に銃を向けられていました。

巻英輔の手下は、万が一の時は栄一にやらせろと命じられていたのです。

エミリは必死で栄一を止めます。

三雲家は元警察官の精鋭相手に必死で戦いますが、三雲母が捕まってしまいました。

すると、間一髪、和一がバイクで現れ、助太刀に来てくれたのです。

「あの日々を取り返しに来たぞ!」

ライダースジャケットを着て颯爽と現れた和一さん。

初代仮面ライダーがバイクで現れるとは、憎い演出です。

「60年来の恨み、この手で晴らしたるわ!」

マツ、巌、和一は協力し合って巻英輔を倒したのでした。

あんたが犯した罪、悔い改めな!

和馬に銃を向けていた栄一は、くるりと和馬に背を向け、手下たちに銃を向けました。

「和馬逃げろ!」

栄一がギリギリのところで良心を取り戻してくれたのも束の間、栄一は腕を撃たれてしまいます。

そこへ、円城寺(大貫勇輔)の助けもあって無事チャペルにたどり着いた華が現れます。

「私の愛しい人に手を出すんじゃないよ!絶対に守ってみせる。覚悟しな!」

華と和馬は2人で手下たちと戦います。

「ここで会ったが運の尽き。あんたが犯した罪、悔い改めな!」

しばらくご無沙汰だった華の決め台詞が出たところで、サイレンの音が近づいてきました。和馬は華を先に逃がします。

そして、撃たれて倒れる栄一のそばにいたエミリに、一番辛いときにそばにいてくれたとお礼を言います。

しかし、エミリはただ祖父の指示に従ったまでで、和馬のことは初めから愛していなかったと返します。その目には涙が溢れていました。

和馬と華は、初めて出会った時と同じようにチャペルで落ち合います。

和馬は、一緒に運命を乗り越えようと誓ったはずなのに、逃げ出したことを謝ります。

「こんなに愛していたのに、ずっと目を背けていたんだ」

だけど、もう決してこの手を離さないと誓います。

「私の家は泥棒一家なんだよ」

「わかってる。俺の家は警察一家なんだ」

でも、どんなことを言われようと、人道に背いていると言われようと、和馬は華のことしか愛せないのです。それは、華も同じです。

2人はしっかりと抱き合い、熱いキスを交わします。

超ウルトラ級の秘策

「長いな…」

和馬と華の様子をずっとモニタリングしていたLの一族。

2人のキスはなかなか終わりません。

「盗むことで運命を変えたのじゃ」

三雲祖父は満足げです。

2人が永遠の愛を誓ったのも束の間、華は三雲家の元に行かなくてはなりません。

せめて居場所だけでも教えてくれと華に聞きますが、華も超ウルトラ級の秘策があるとしか聞かされていませんでした。

その秘策とは、渉の部屋がそのままコックピットとなったヘリコプター『てんとう虫 4号』です。

Lの一族が指名手配されて解散している間、渉が全員で逃げられるものをと構想を練り、1年かけて制作していたのです。

『てんとう虫 4号』は、Lの一族全員を乗せてタワマンの屋上から飛び立ちました。

しばらく飛行すると、おかしな振動が起き始めました。

翌朝。テレビのニュースはLの一族を乗せたてんとう虫型の飛行物体が爆発し、乗っていた者は全員死亡したとみられると報じました。

「死んだんだよな…」

桜庭父はつぶやきます。

しかし、桜庭家の居間はとてもにぎやかです。

三雲父がご近所さんからワインなどをいただいて、三雲母にふるまったりしています。

「なぜ生きてるんですか、あなたたちは!」

たまらず大きな声を出す桜庭母。

「爆発する前に脱出したんですよ。パラシュートでね」

三雲父は、自分たちが全員死んだことにすればLの一族はこの世からいなくなる。

そうすれば、Lの一族の娘である華の存在はなくなり、晴れて和馬と結ばれることができたと説明します。

「当面はウチにいていいから」

と華と暮らせることに嬉しそうな和馬。

そんなことは厳格な桜庭祖父が許すはずがないと思いきや、祖父は好きなだけいろと言います。

「無理。無理よ、この人たちと生活するなんて…」

死んだことになったとしても、華たちが泥棒一家なことに変わりはありません。桜庭母は卒倒してしまいました。

「よし薬をいただいてこよう」

三雲父はシレっとしています。

そんなことは意に介せず、和馬と華は新婚生活を楽しむのでした。

めでたし、めでたし。

『ルパンの娘』第11話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想まとめ

和馬と華は超ウルトラ級のワザで運命を乗り越えることができました。

始めは茶番が繰り広げられる超ライトなドラマと思われましたが、後半になるにつれて殺人が起きるなど本格的なミステリードラマになっていくので、目が離せなくなりました。

視聴率はあまり上がらなかったようですが、なかなか見応えのある作品だったと思います。

深田恭子さん、瀬戸康史さん2人ともとても可愛かったです!お疲れ様でした!

▼動画の無料視聴はこちら▼