『狂武蔵』満席続出大ヒット!ラストの対決シーン出演の坂口拓&山中アラタのコメント、写真解禁!

『狂武蔵』満席続出大ヒット!ラストの対決シーン出演の坂口拓&山中アラタのコメント、写真解禁!

©2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners 左から 渡部祐希 桐島一也 坂口拓 山中アラタ 児玉拓郎

2011年12月20日に、宮本武蔵と吉岡一門の決闘をモチーフに、坂口拓が世界初77分ワンシーンワンカットで588人を斬った映画『狂武蔵』。

開始5分で指の骨が、最終的には肋骨も折れ、歯を食いしばっていたことで奥歯が4本砕けました。

50分を超えた頃から、殺気がなくなり、全身の力が抜け、五感を研ぎ澄まし本能で戦う、半ドキュメンタリー。

坂口は、撮影後になぜか虚しさが募り、リアリズムアクションへの限界を感じ、引退。

2013年4月12日、正式な音楽や効果音、映像処理などのポスプロ作業は仮のまま『坂口拓 引退興行 〜男の花道 最後の愛〜』で1度だけ上映されました。

坂口の俳優復帰作である下村監督作品『RE:BORN リボーン』を見た旧友・太田誉志がお蔵入りとなっていた『狂武蔵』の権利を買い取り、下村が監督として、2019年3月23日と24日に追撮を敢行。

追撮には、下村がアクション監督を務め、坂口がラスボス・左慈を演じた『キングダム』主演の山﨑賢人が、2人の想いを聞き、出演を快諾しました。

『狂武蔵』満席続出大ヒット&海外進出

9年の時を経て、8月21日(金)に全国公開された『狂武蔵』は、全国で満席が続出する大ヒットを記録!

海外では、北米最大のジャンル映画祭であるファンタジア国際映画祭やスペインの映画祭に正式出品され、すでに北米、ドイツ、韓国での配給が決定!

イギリスのSCREEN INTERNATIONALの映画評では、77分のワンカットについて、「武蔵が木漏れ日の差す森から、農舎、廃村に進む間、ロケーション、照明、ペースには、巧みなバリエーションがある。『狂武蔵』は、アクションと、不屈のスター・坂口拓及びカメラマンの身体的なスタミナの、見事な離れ技である」と絶賛されました。

宮本武蔵役・坂口拓と77分ワンカットのクライマックスで対峙したのは、2003年に坂口が当時所属していた事務所内に創設したアクションチームZERO’Sの山中アラタ

『狂武蔵』

©2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners

この度、クライマックスの決闘シーンのリハーサルと本番の写真及び、今年パンフレットのインタビューのために再集結したZERO’Sのメンバーの写真を入手。

宮本武蔵役・坂口拓と藤堂兼次役・山中アラタよりコメントが届きました。

『狂武蔵』ラストの対決シーン出演の坂口拓&山中アラタ:コメント

『狂武蔵』坂口拓&山中アラタ

©2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners

宮本武蔵役・坂口拓:コメント

お蔵入りになっていた作品が公開され、当時俺のわがままに付き合ってくれた皆が喜んでくれたのが、何より嬉しいです。

完成、公開を実現させてくれた、下村勇二監督と太田誉志プロデューサーに心から感謝します。

9年前に撮っていて、撮影前後はギリギリの精神状態だったので、開始5分で折った指は右手だと思っていたけれど、見た方から左手だと指摘されました。

毎年何本か骨を折っているので、記憶が曖昧になっていますが、この映画の77分ワンカットの撮影中に、脱力の重要さを身を持って知ったので、俺のドキュメントとして見てもらえたらと思います。

狂武蔵』の撮影で脱力を覚えて進化し、一度俳優業を引退して、零距離戦闘術をマスターしました。

去年山﨑賢人らに出演してもらって撮った77分カットの後の7年後という設定のシーンでは、進化したアクションもお見せしているので、ぜひそちらも楽しんでください。

藤堂兼次役・山中アラタ:コメント

先も長いし、ケガ、事故を起こせない緊張感もあったので最初は拓さんも僕ら(アクションチーム)ZERO’Sもある種少し探りあいながら戦い始めた気がします。

『狂武蔵』リハ

©2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners

そして戦闘は進み、中盤まで戦った僕はラストに備え衣装メイクチェンジの為に一時離脱。

最後に僕が登場する門の影から出るタイミングを伺うために覗いて見た時、さんが稽古で見たことない動きをしていて「?」ってなった。

「なんであんな刀クルクル回してるんだ??」僕が離脱している間に何かあったのか?

武蔵が近づいてきた。

「…鬼」だ。

これまで何度も一緒に仕事させてもらってプライベートでも仲良くしてもらってた坂口拓の見たこともない表情に初めて恐怖感を感じました。

最後、僕が斬られた時に「鬼めっ!!」と言って絶命します。

あのセリフは心から出たアドリブなんですよ。

4狂武蔵_ZEROS_(左から3人目)坂口拓、(左から4人目)山中アラタ_2020

©2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners
左から渡部祐希、桐島一也、坂口拓、山中アラタ、児玉拓郎

『狂武蔵』作品情報

『狂武蔵』

©2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners

出演:TAK∴(坂口拓)、山﨑賢人、斎藤洋介、樋浦勉
監督:下村勇二
原案協力:園子温
企画・制作:WiiBER U’DEN FLAME WORKS、株式会社アーティット
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイトhttps://wiiber.com/
2020年/91分/16:9/5.1ch

あらすじ


1604(慶長9)年、9歳の吉岡又七郎と宮本武蔵(坂口拓)との決闘が行われようとしていた。

武蔵に道場破りをされた名門吉岡道場は、すでにこれまで2度の決闘で師範清十郎とその弟伝七郎を失っていた。

面目を潰された一門はまだ幼い清十郎の嫡男・又七郎殿との決闘を仕込み、一門全員で武蔵を襲う計略を練ったのだった。

一門100人に加え、金で雇った他流派300人が決闘場のまわりに身を潜めていたが、突如現れた武蔵が襲いかかる。

突然の奇襲に凍りつく吉岡一門。

そして武蔵1人対吉岡一門400人の死闘が始まった!

狂武蔵』は2020年8月21日(金)より全国ロードショー!

▼あわせて読みたい!▼