『君と世界が終わる日に』 第5話あらすじ・ネタバレ感想!紹子の夫が登場し、響は薬を探しに病院へ!

『君と世界が終わる日に』

出典:『君と世界が終わる日に』公式Twitter

喘息の発作が続く結月(横溝菜帆)のために、薬を探す響(竹内涼真)たち。

しかし、自衛隊が持ち出しているため、街の病院からは薬が消えていました。

響とミンジュン(キム・ジェヒョン)は別の病院に薬を探しに出ますが、その途中で生存者と出会います。

その中の1人は、紹子(安藤玉恵)の夫・狛江(長谷川朝晴)でした。

狛江は紹子と結月が生きていることを知って喜びますが、再会した紹子は引きつった顔をしていました。

一方、自衛隊に忍び込んだ等々力(笠松将)によって、「響が死亡した」と知らされた来美(中条あやみ)は、「1度死んだ気になって医療に身を捧げろ」と言われてワクチン開発に協力することを決意します。

完全にすれ違ってしまった2人の運命は、どうなるのでしょうか?

\\『君と世界が終わる日に』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

『君と世界が終わる日に』前回第4話のあらすじと振り返り

ショッピングモールで謎の刀集団に佳奈恵(飯豊まりえ)を攫われた響(竹内涼真)たちは、武器と引き換えに佳奈恵を助け出そうとして全員が刀集団に捕われてしまいます。

響は1人抜け出して、他のメンバーを救おうと奔走。

一方、サンプル採取のために自衛隊と行動を共にしていた来美(中条あやみ)は、ショッピングモールで刀集団に拉致されてしまいます。

実は、建物内にいる人々はパンデミックが起きる前から感染疑いがあるとして、隔離されている人たちでした。

刀集団は彼らを助け出していたのです。

響たちは、彼らとは別々の道を行くことになりました。

そして、響を信じられない等々力は、グループを離脱することになります。

等々力が1人向かった場所とは?

【ネタバレ】『君と世界が終わる日に』第5話あらすじ・感想


消えた薬

結月(横溝菜帆)の喘息の発作がおさまらず、持っている薬もあと1回分だけに…。

響(竹内涼真)たちはゴーレムを振り払いながら病院で薬を探しますが、入った病院の薬は誰かが持ち去ったかのように消えていました。

響たちは港に行き、停泊している安全な船の中に三原親子ら4人を残し、ミンジュン(キム・ジェヒョン)と2人で別の病院に探しに出かけることにします。

moyokomoyoko

響は返り血のついた船には決して近づかないように注意していきました。ゴーレムがいるか、近寄ってくるかもしれないからです。

道中、響とミンジュンはゴーレムに囲まれる生存者に遭遇。

彼らは「取材のために封鎖ゲートの外からやってきた」と言います。

moyokomoyoko

彼らは封鎖ゲートの外は安全だと言っていました。ひとまず安心ですね。

間宮響は死んだ

一方、来美(中条あやみ)は、駐屯地で怪我人の手当てに追われていました。

一緒に避難してきた愛奈(新津ちせ)と遊ぶ暇もありません。

愛奈は仕方なく、1人で遊ぶことにします。

横須賀駐屯地では避難者の封鎖地域外への輸送が止まり、日に日に不満を募らせていました。

moyokomoyoko

実は、封鎖ゲート外に行った輸送バスは、1台も戻って来ていないのです。ゲートの外も安全とは言えないようですね。

隊員の手当や検査を忙しく行っていた来美は、駐屯地内でバッタリ等々力(笠松将)と出くわします。

moyokomoyoko

等々力は、どこかで隊服を手に入れて駐屯地に忍び込んだようです。

「ここは危険だから一緒に逃げよう」と言う等々力に、来美は響のことを尋ねます。

何か知っている様子の等々力に来美は必死で詰め寄りますが、等々力は衝撃の言葉を口にしました。

「間宮響は、死んだ」

moyokomoyoko

何てことを…言っていい嘘と悪い嘘がありますよ!

生きる希望を無くした来美

響が死んだと聞かされた来美は、自らも生きる希望を無くしてしまいました。

その時、ゴーレムと化した自衛官が現れ、駐屯地は一時騒然となります。

自分のせいで犠牲者を出してしまったことに耐えられなくなった来美は、「殺してくれ!」と首藤(滝藤賢一)に懇願しますが、首藤は償う方法が1つだけあると言います。

「過去の自分も間宮響のことも忘れて医療に身を捧げるのです」

生ける屍になれ

首藤は「生ける屍のようになって医療の進歩のことだけを考えろ」と来美に言いました。

「私のように」

首藤は、救えなかった妻のために、何もかも捨てて医学に邁進していると話します。

そして、来美の身体はゴーレムウィルスに関する特殊な遺伝子が備わっていると言います。

来美の遺伝子を研究できれば、完璧なワクチンを作ることができるかもしれません。

「あの子も治る可能性がある」

moyokomoyoko

愛奈のことを言われたら、協力しないわけにいきませんよね。

その頃、響は離脱した等々力のことを案じていました。

響は等々力なりに頑張っていたはずなのに、思いがけず1人にしてしまったことを後悔していたのです。

ミンジュンは、響は響のやり方でいいと励まします。

moyokomoyoko

ミンジュンは、響をとても信頼しています。

自衛隊とジアン

響が助けた記者の1人、狛江(長谷川朝晴)は「取材の他に妻子を探しに来た」と言って写真を見せました。

そこには、三原親子の姿が…。

moyokomoyoko

何という偶然でしょうか、響たちは結月の父親と出会ったのです!

響は狛江に船の場所を教え、別の記者とカメラマンを連れて病院に向かいます。

そして、響は記者たちに待つように伝えて、ミンジュンと共に病院内に忍び込みました。

同じ頃、自衛隊とジアン(玄理)を乗せた車が病院に到着します。

moyokomoyoko

やはり薬は、自衛隊が持ち出していたようですね。

響が薬を探しているところに自衛隊が入ってきたため、響とミンジュンはこっそり抜け出そうとしますが銃撃されてしまいます。

2人は、別々に逃げることにしました。

響が命からがら外に出ると、待たせていた記者たちはゴーレムの餌食になっていました。

そして、ミンジュンは行き止まりにたどり着いてしまいます。

その時、後ろから銃を突けられてしまいました。

姉との再会

ミンジュンは、声ですぐに姉のジアンだとわかりました。

「横浜方面に行きなさい。ここはあなたのいるところじゃない」

そう言うジアンも、研究所にいるはずです。

何故銃を持ってここにいるのでしょうか?

moyokomoyoko

せっかく会えたのに、2人の関係は微妙なものです。

ミンジュンを探しに来た響は、ジアンに弓矢を向けます。

ジアンは銃口を響に向け、叫びました。

「首藤教授にとって、あなたは邪魔なのよ!」

ミンジュンは姉の銃を蹴り飛ばして響を庇い、2人で病院から抜け出そうとしますが自衛官と鉢合わせてしまいます。

自衛官は、容赦なく発砲してきました。

ところが、その直後に自衛官はゴーレムに襲われてしまいます。

「助けてくれ!置いて行かないでくれ!」

ゴーレムに噛まれながら自衛官は悲痛の叫びをあげますが、響はその声を振り切って外に出ました。

moyokomoyoko

悪く言えばお節介である響にとっては、辛い行動だったことでしょう。

狛江の正体

船にたどり着いた狛江の姿を見た紹子(安藤玉恵)は、狛江のハイテンションとは逆に顔を引きつらせ、身体をこわばらせます。

目を覚まし、父の姿を見た結月も怯えた表情です。

moyokomoyoko

これは…居場所を教えてはいけなかったやつでは?

実は、狛江と紹子はすでに離婚していました。

狛江は「心を入れ替えて2人を救いに来た」と言いますが、「響が良くしてくれている」と聞いた途端に狛江の表情が変わります。

紹子は慌てて「愛してる」と言って狛江をなだめようとしました。

moyokomoyoko

ゴーレムより恐ろしいDV夫の登場です。

響とミンジュンは、何とか船にたどり着きました。

満身創痍の中でも、響の脳裏にはゴーレムの犠牲になった記者たちや自衛官の顔が離れません。

その時、佳奈恵(飯豊まりえ)が「狛江がゴーレムに噛まれた」と響に伝えに来ました。

私がやったの

狛江は船内で苦しそうに呻いています。

紹子は「自分が血の付いた船の方に誘い出した」と言いました。

「ずっと殺したかったんです」

紹子は「警察に連れていって欲しい」と言いますが、響や佳奈恵は紹子の様子に困惑してしまいます。

膠着した状態が続く中、結月が「ママはやってない。私がやったの!」と言い出しました。

moyokomoyoko

結月から衝撃の告白です!

続けて結月は「父を殺すために船に誘い出した」と言います。

紹子は結月を庇っていたのでした。

この発言を聞いた甲本は「父親を殺すなんて異常だ!」と騒ぎますが、結月は「皆もゴーレムを殺しているのに、何が違うのか?」と反論。

紹子は「全部、私が悪いんだ…!」と必死で結月を庇います。

moyokomoyoko

DVの父から逃げるために「どうすれば良かったの?」という結月の問いには、誰も答えられませんよね。

俺が責任を取ります

その間、響はずっと黙っていました。

自分でも「何が正しくて、何が間違っているか」わからなくなっていたのです。

「結月ちゃんが異常なら、俺もとっくに異常ですよ」

響は自分でも同じことをすると思うと、告げます。

そして、今回のことは皆の胸にしまっておくことにしました。

「俺が責任を取ります!」

moyokomoyoko

そうするしか道はないかもしれませんね。

そうは言っても「響は狛江を放っておけず、横浜に連れて行こうとするのではないか?」と甲本は考えていました。

甲本はミンジュンに響を止めるように命じますが、ミンジュンは「響に任せる」と言って動きません。

響の決断

翌朝、響は1人で狛江のいる船室に入ります。

狛江はだいぶ症状が進んでいるようですが、まだ意識はハッキリしていました。

響の殺気を感じた狛江は、リュックからナイフを取り出し応戦しようとします。

響は、そんな狛江を取り押さえ、そのまま首を締め続けるのでした。

しばらく経って、船から出た響は「狛江はたった今ゴーレムになった」と皆に伝えます。

一行は、横浜に向かうのでした。

moyokomoyoko

とうとう響もそっち側の人に…。紹子と結月だけに罪を背負わせないようにしたのかもしれません。

その頃、来美はいよいよ臨床試験を受けることに。

moyokomoyoko

来美には「100万人に1人」の抵抗遺伝子があるそうです。

来美は「どんな副作用が起きても構わない」と首藤に告げます。

「君の遺伝子のおかげで完璧なワクチンが完成する」

封鎖ゲートの外側

響たち一行は、横浜に向けてひたすら歩きました。

結月は、時折咳き込んで苦しそうにしています。

響は使えなくなった無線機を手に「封鎖ゲートを越えたら必ず助ける」と来美に誓いを立てました。

そして、いよいよ横浜の封鎖ゲートにやってきました。

喜んだのも束の間、ゲートの外には無数のゴーレムたちがはびこっていました。

佳奈恵は「もう何もかも終わり」と座り込んでしまいます。

結月の薬も手に入れることができません。

しかし、確実に薬がある場所が1つだけあります。

それは、横須賀駐屯地です。

「もう覚悟を決めましょう」

自分たちは、この世界で生きていくしか道はないのです。

moyokomoyoko

もう生き抜くための手段を選んでいる場合ではありません。

「行きましょう!横須賀駐屯地へ!」

『君と世界が終わる日に』第5話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

横浜についたばかりだというのに、また横須賀に戻らないといけなくなるなんて辛すぎます!

しかし、そんなことを言っている場合ではありません。

結月には薬が必要ですし、本当はそこに来美もいるので響の選択は間違っていないのです。

そんな来美は「響が死んだ」と聞いて絶望し、首藤の人体実験にも似た研究に手を貸すことになります。

首藤はついに、来美を手に入れることができましたね。

果たしてワクチン生成は成功するのでしょうか?

次回、その首藤と響の因縁が明らかに!

横須賀駐屯地に着いた響は、来美と再会できるのでしょうか?

次回も要チェックです!

\\『君と世界が終わる日に』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

▼次回第6話も続けて読む▼