『初めて恋をした日に読む話』第7話あらすじ・ネタバレ感想!ユリユリ(横浜流星)の胸キュンハグが炸裂

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第7話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『初めて恋をした日に読む話』公式ページ

火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』注目の第7話。

嫉妬は恋の始まり!?

ライバル塾講師の出現によって、順子(深田恭子)の心境に少しずつ変化が表れます。

また、雅志(永山絢斗)がどうして順子を好きになったのかも明かされます。

第7話のラストでは、ユリユリ(横浜流星)の胸キュンハグも炸裂します!

『初めて恋をした日に読む話』を無料で見れる配信サービスは?
  • U-NEXT / レンタル / 31日間無料
  • TSUTAYA TV / レンタル / 30日間無料
  • dTV / レンタル / 31日間無料

『初めて恋をした日に読む話』第7話あらすじ


順子(深田恭子)は匡平(横浜流星)をなんとしてでも東大に合格させるため、理数科目だけ東大受験専門塾『花恵会』に通わせることに。

花恵会の講師の中で一番人気の百田朋奈(高梨臨)が匡平を担当することになり、一緒に見学をしに来たエンドー(永田崇人)たちは魅力的な百田にデレデレ。

初めは順子以外から勉強を教わる事を嫌がった匡平だったが、百田の授業を受けて腕は確かだと認める。

『初めて恋をした日に読む話』第7話あらすじ①

一方で、順子は自分から匡平を花恵会に薦めたものの、学歴、実績、若さ、お金…と自分にはないものを全て持っている百田と比べ落ち込む。

それを美和(安達祐実)から「嫉妬なんじゃない?講師としても。女としても」と言われるが即座に否定。

そして、百田の指導を受けた匡平が、自分の頼りなさに気づかないようにと教材作りに燃える順子だった。

『初めて恋をした日に読む話』あらすじ②

そんなある日。匡平と百田が2人で歩いているのを見かけたゴリさん(皆川猿時)は、ある事を思い出し雅志(永山絢斗)に電話をかける。

同じ頃、順子に告白をした山下(中村倫也)の元に、ある人物が訪れ…。
出典:『初めて恋をした日に読む話』公式ページ

【ネタバレ】『初めて恋をした日に読む話』第7話の感想

順子(深田恭子)が嫉妬?

東大専門の塾花恵会の人気講師・百田朋奈先生(高梨臨)が担任につくことになった由利くん(横浜流星)。

百田先生はUCL出身で27才、8割もの東大合格率という実績も持っており、順子さん(深田恭子)はとうてい叶わないスペックをお持ちの人です。

由利くんは、百田先生の講師としての腕は認めるものの、ボディタッチが多めのなれなれしい態度や、大勢で勉強する環境に違和感を感じます。

百田先生が、順子さんを見る目もなにか様子が違い、ワケあり事情がありそうな気配を漂わせているのです。

順子さんは、自分が担当する科目で遅れを取らないように「血尿出るまでがんばる!」と、前回運命の出会いを果たした美和さん(安達祐実)の恋バナもそっちのけで参考書とにらめっこ状態。

それを見た美和さんは「それって嫉妬でしょ?ユリユリを取られるんじゃないかって。講師としても女としても。」と指摘されますが、“超鈍感”順子さんには理解ができません。

百田先生(高梨臨)の正体

百田先生は、由利くんから数学の勉強にスケッチブックを使っているのは「雅志さん(永山絢斗)に教えられた」という話を聞き出します。

百田先生は「春見先生ってまだ独身よね?」と由利くんに不自然な確認を入れてきます。

どうやら、百田先生は雅志さんのことを知っている様子。

もしかして、百田先生の順子さんを見る目がなにか不自然だったのは、雅志さんが関係しているのでしょうか?

と考えていると、百田先生が前回行われた同窓会のハガキを持っています。

……え?まさか3人は同級生!?UCL出身で27才じゃないの?

はい、その「まさか」でした。

実は、百田先生は順子さんと雅志さんの同級生で、雅志さんにフラれた過去を持っている人だったのです。

またしても高校の同級生。

衝撃の事実発覚です!

その雅志さんですが、山下くん(中村倫也)とのお泊りについて、第6話であった「雅志にだけは知られたくなかった」ということについて、めでたい勘違いをしたままです。

その後も順子さんから「ちゃんと話したい」と言われて、ますます勘違いをしていきます。

がんばれ雅志さん!

ベランダから侵入する山下(中村倫也)がかわいい

順子さんは、山下くんと飲みながら由利くんについて話をしています。

その中で「先生は見送るのが仕事。いらなくなったらそこで仕事完了。」ということに気がつきます。

「私はそう思えるのかな?」

由利くんの出現で、先生としての自覚が芽生えたばかりの順子さんにはまだピンとこない様子です。

でも順子さんは、由利くんに対し「幸せになってほしい。私よりもずっと。」と、彼の幸せを願って止みません。

「幸せそうだよな、今俺と一緒にいて」と、山下くんに冗談めかして言われていますが、意に介さない順子さん。

こんなこと言われてもなびかないなんて、よっぽど由利くんのことで頭がいっぱいなのでしょう。

その後、山下くんの元へ元妻が「やり直したい」とやってきますが、「好きな人ができた」と断られ、元妻は帰っていきます。

山下くんは無性に順子さんに会いたくなり、禁断のベランダ越えをして順子さんの部屋に入っていきます!

さすが「自己評価高めの元ヤンこじらせ教師」(By えとみか)!

こんなこと山下くんだから許せることでしょう。

普通の人がやったら完全にアウトです。

このシーンの間、柿の木を登って部屋に上がってきた設定の山下くんの髪の毛には、ずっと猫耳のように葉っぱが2枚ついていたことをご報告いたします。

なんてあざとい!制作の方はわかっていらっしゃいます。

雅志(永山絢斗)が順子(深田恭子)を好きになったワケ

今回は、雅志さんが順子さんを好きになった理由が明かされました。

“ガリ勉”だった順子さんは一匹狼でしたが、雅志さんは常に側にいました。

当時の雅志さんは爆モテ状態だったため、順子さんは周りの女子から妬まれ、嫌がらせを受けるようになります。

泣いているのではないか?と心配する雅志さんでしたが、予想に反して順子さんは泣くこともなく「勉強の邪魔さえしなければそれでいい。私は私と勝負しているの」というその凛とした態度でいたことに、雅志さんは陥落してしまったのでした。

さて、由利くんですが、百田先生にひいきされているのを妬んだ生徒が、由利くんにいやがらせをします。

そこで彼は「別になにしてもいいけど、勉強の邪魔をしたら容赦しねえ」と、あの頃の順子さんと同じことを言います。

順子さんを出し抜いてやろうと考える百田先生が、全科目花恵会で勉強するように由利くんを誘いますが「俺、あいつ抜きの受験なんて考えられないんで」ときっぱり断ります。

みんな一途に順子さんが好きなのです。

ユリユリ(横浜流星)キラーワード炸裂「タメでも絶対に見つける」

結局、百田先生は、実は33才でバツ2。

短大卒であることもバレてしまい、塾を追われることになります。

「ただ必要とされたかった」と語る百田先生。

しかし由利くんの受験のことは諦めきれず、指導を続けたいと言います。

順子さんは「必要とされなくなるのが先生。

あなたの寂しさを埋めるためにあげるわけにはいかない」と毅然とした態度を見せ、「でも彼を合格させるためにあなたの力を貸してほしい」と伝えます。

ここでは今までで一番“カッコいい”順子さんを見ることができます!

順子さんの同級生に次々と出会う中で、順子さんが「やべえ優等生」だったことを知る由利くん。

「やべえ優等生だった。きっと同い年だったらお互い目に映らなかったんじゃないかな」と、順子さん。

ここで毎度おなじみ、由利くんのキラーワードが発動します。

「タメでも絶対見つけてたよ、春見のこと。さっきあげないって言ってくれたのすげえ嬉しかった。」

「先生がいくら手を離しても、何回でもつかみに行くんで。」

そう言って由利くんは、手をキュッと引き寄せて順子さんを抱きしめるのです。

…思わずバンザイ!と言いたくなるシーンです!

そして順子さんは去っていく由利くんを見ながら、こうつぶやくのです。

「あのとき君をあげるのがどうしても嫌だと思った。これが……かの有名な…嫉妬…?」

ええ~!!と自分で驚く順子さん。

あいかわらずのナイスリアクションです。

『初めて恋をした日に読む話』第7話まとめ

今回は、由利くんが男を見せる回になりましたね!

ギュッと抱きしめてから、耳元で「じゃあな」とつぶやいて去っていく感じがイケメンすぎました。

しかし、次回はそんな由利くんが泣きながら「受験をやめる」と言い出します…。

順子さんと由利くんの恋と受験はどうなるのか?

来週も目が離せません!

『初めて恋をした日に読む話』を無料で見れる配信サービスは?
  • U-NEXT / レンタル / 31日間無料
  • TSUTAYA TV / レンタル / 30日間無料
  • dTV / レンタル / 31日間無料

▼次回第8話も続けて読む▼