『極主夫道』第3話あらすじ・ネタバレ感想!龍が新たな「兄さん」に弟子入りで間違いだらけのハロウィンが開催!

『極主夫道』第3話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『極主夫道』公式ページ

ある日、タツ玉木宏)が美久(川口春奈)とテレビを観ていると、向日葵(白鳥玉季)の学校のPTA会長である千金楽(鈴木浩介)が出演していました。

“理想の父親”として取り上げられている千金楽を観た龍は、PTAに入りたいと直談判し、千金楽を「兄さん」と呼び始めます。

PTAではハロウィンのお楽しみ会を計画していました。

PTAには入れなかったものの、お楽しみ会の手伝いを名乗り出た龍。

しかし、ハロウィンがどういうものかよくわかりません。

張り切って準備を進める龍ですが、向日葵は浮かない顔。

お楽しみ会には行きたくないと言い出します。

そんな向日葵のために、龍が取った行動とは…?

ドラマ『極主夫道』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

『極主夫道』前回第2話のあらすじと振り返り

刑務所から1人の男が出所してきました。

その名も「剛拳の虎」こと虎二郎(滝藤賢一)。

彼は「不死身の龍」ことタツ玉木宏)と双璧をなす伝説の極道でした。

虎二郎は組も潰れてやることがなく、刑務所で培った料理の腕で移動クレープ屋をやることに。

龍はそんな虎二郎と再会し、2人は再び火花を散らし始めます。

龍が所属していた天雀会は、第1話のBBQ騒動を発端に解散を余儀なくされ、生活に困った姐さん(稲森いずみ)はスーパーでパートを始めます。

そんな中、龍のいる火竜町と隣の水竜町が参加する食イベントをめぐり、両町の婦人会の間でトラブルが勃発します。

姐さんはこのトラブルを手打ちにするため、「喧嘩祭」を開催します。

龍の計らいで両町の喧嘩は無事手打ちとなり、姐さんは自信を取り戻したのでした。

【ネタバレ】『極主夫道』第3話あらすじ・感想


PTA会長・千金楽

タツ玉木宏)は今日も今日とて向日葵(白鳥玉季)の下校時の交通整理を務め、疲れて帰って来た美久(川口春奈)を「ヤバイ白い粉」ことクエン酸ドリンクや薬膳料理で労いながら主夫まっしぐらでした。

moyokomoyoko

「ヤバい白い粉」は度々色んな形で現れます。前回は重曹でした。

そんな中、龍はテレビに小学校のPTA会長である千金楽(鈴木浩介)が出演しているのを見かけます。

家事や子育てに協力し、PTA会長でもある千金楽は“理想の父親”として取り上げられていました。

龍は千金楽の志に感銘を受け、PTAの会議に乗り込み自分もPTAに入りたいと直談判します。

しかし、年度の途中でPTAに入ることはできませんでした…。

会議ではハロウィンのお楽しみ会について話し合われていました。

突然のことに困惑する千金楽をよそに、龍は千金楽と兄弟の契りを交わし、千金楽の弟分としてお楽しみ会のお手伝いをすることにしました。

moyokomoyoko

千金楽は良いとも悪いとも言っていないうちから、龍は勝手に千金楽を「兄さん」と呼び始めました。

ハロウィンって何や?

子供たちのために、お楽しみ会を盛り上げたいと思う龍ですが、そもそも「ハロウィン」というのがどういうものか全くわかりません。

龍は、元舎弟のマサ志尊淳)に助けを求めますが、もちろん雅もハロウィンとは縁遠いところにいたのでよくわかっていません。

そこで、喫茶店のウエイトレス・ゆかり(玉城ティナ)にいろいろと教えてもらうことにしました。

moyokomoyoko

第2話で、雅はひょんなことからゆかりと出会い、お近づきになりたいと思っています。協力を頼んだのには、雅の下心もあります。

その頃、火竜町周辺で連続強盗事件が発生し、警察は警戒を強めていました。

犯人は拳銃を所持しているとのこと。

お巡りさんの酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)はパトロールを強化しています。

100円ショップ

ゆかりからまずは仮装の準備をしようと言われ、龍はやばいシノギをしている全国でもかなりデカい組織に行こうと言います。

そこは、100円ショップのことです。

ここならなんでも揃うと息まく龍。

「なくてもいいものもあるけどね。」

そんな雅の言葉に、龍は目の色を変えます。

「主夫ナメたらあかんで!」

百均は困った時には頼りになる主夫の味方だと熱弁をふるいます。

「百均を制する者は主夫を制するんや!」

moyokomoyoko

龍はわざわざグッズのある時とない時の例を出してまでその必要性を説きます。茶番に次ぐ茶番です。

その日の夕方、美久と向日葵が帰宅すると龍が倒れていました。

身体に何本もナイフが刺さっています。

悲鳴を上げる美久と向日葵。

しかし、それは龍の仮装でした。

moyokomoyoko

仮装のテーマは『重傷のヤクザ』です。龍はまだ仮装のなんたるかをわかっていません。

夕食になると、向日葵は元気がなく、お楽しみ会には行きたくないと言い出しました。

次の日、龍が交通整理をしていると、向日葵と仲良しのユキちゃん(新津ちせ)も元気がないように見えました。

ヤバイ計画

向日葵とユキに異変を感じた龍は考えを巡らし、まずは雅にヤバイ計画を持ちかけ、婦人会の会長(MEGUMI)と佳世(田中道子)にも頭を下げてヤバイ計画に協力してもらえるように頼みます。

一方、千金楽はお楽しみ会を成功させてさらなる“グッドファーザー”の高みへのぼる野心を燃やしていました。

そして、連続強盗犯は遂に隣町までやってきました。

明日にも火竜町に来てもおかしくありません。

警察はより一層、警戒を強めます。

龍は公園で雅と共に何やら大道具を作っています。

「明日のお楽しみ会、もろたで!」

moyokomoyoko

龍は自信満々ですが、本当に大丈夫でしょうか?

ハロウィンお楽しみ会

お楽しみ会当日。

千金楽は息子とともにアメリカの保安官の仮装をして張り切っています。

向日葵は無理やり美久に連れられて、しぶしぶ来ていました。

moyokomoyoko

ユキちゃんも暗い顔ながら参加しています。2人の仮装がとっても可愛いです!

「皆さんご苦労様です!」

極道風の挨拶で少し遅れてやってきた龍は、いつものスーツ姿でした。

そして何かと周囲の世話を焼きますが、何もかも的外れ。

「何なの変なことばっかりして!」

美久が怒り出してしまいます。

しかし、龍にはまだ隠し玉があると言うのです。

その頃、スーパーではレジにいじめられていると訴える雲雀姐さん(稲森いずみ)と江口“元”会長(竹中直人)が店長にイチャもんをつけていると、そこに強盗が現れました。

拳銃を持って金を出せという強盗ですが、会長と姐さんはそんなことにビビるタマではありません。

2人に恐れをなした強盗はスーパーから逃げ出していきます。

moyokomoyoko

とんちんかんな2人ですが、「ちゃんと狙えよ。」と強盗に迫るさまはさすが元極道。少しだけカッコ良く見えるシーンでした(笑)

極道桃太郎

お楽しみ会が宴もたけなわという頃、突然龍が余興を始めると言い出しました。

千金楽を始め皆の頭に「?」が浮かぶ中、幕が上がりました。

演目は『桃太郎』。

しかし、そのセリフは全て極道風です。

「やっぱりシャバの空気はええのう!」

桃太郎(龍)は桃から生まれた時、そう言い放ちました。

ハロウィンとは何の関係もない内容に、向日葵はガッカリしています。

雅は鬼の役です。

しかし、もうすぐ出番だというのにお腹が痛くなってきてしまい、トイレに行ってしまいます。

そこへ、あろうことか学校に逃げ込んだ強盗が、雅が置いていった鬼の衣装を見つけます。

「鬼、観念して出てこいや!」

鬼を呼び込んだ桃太郎ですが、なかなか鬼が出てきません。

よく見ると、客席の1番後ろに鬼がいるではありませんか。

「おどれの悪事はここで終わりや!」

強盗が鬼に扮しているとは知らない桃太郎は、演技を続けます。

moyokomoyoko

強盗も強盗でなんでまたお楽しみ会の会場に入り込んでしまったのでしょうか。龍に知られたらもう一巻の終わりです!

仲直りのきびだんご

逃げられないと感じた鬼は拳銃を出します。

「俺を撃って後悔せえへんか?」

龍は「お前にはお前の事情があったのだろう、でも相手の立場に立てばわかることもある。」と鬼に語りかけ、仲直りの印としてきびだんごを渡します。

そして、子供たちにもすれ違うこともあると思うけど、素直に謝って仲直りしようときびだんごを渡していきます。

moyokomoyoko

龍は向日葵とユキちゃんが喧嘩してしまったことを悟っていたのです。この余興は仲直りさせるためのものだったのですね。

そこへ、何も知らない雅が鬼の衣装を探しに会場に現れます。

「せやったらこの鬼は…。」

すると、強盗を追ってきた警官の酒井も現れました。

鬼の強盗犯は逃げ出そうと千金楽の方へ向かっていきました。

千金楽は保安官の姿をしていることもあって良いところを見せようと拳を握りますが、直前になって「やっぱり無理!」と目をそらしてしまいます。

その時、龍は機転をきかせてかぼちゃのランタンを強盗の脚に投げつけます。

強盗がバランスを崩して倒れた時、千金楽の拳が強盗のアゴに当たり、強盗はそのままのびてしまいました。

「兄さんさすがですわ!」

moyokomoyoko

龍はとっさに行動して兄さんに華を持たせたのです。さすがですね!

仲直り

無事強盗は連行され、お楽しみ会もお開きとなりました。

向日葵は思い切ってユキにきびだんごを渡して謝ります。

2人も無事仲直りすることができました。

一方、姐さんと会長はとんちんかんな場所でまだ強盗を追っています。

「私たちからは逃げられないよ!」

moyokomoyoko

姐さんと会長、ほっとけませんね!

龍は、毎日交通整理をする中で、いつも一緒に帰っている向日葵とユキちゃんが別々に帰っているのを見て、2人が喧嘩していることに気がついたのでした。

「仮装なんかしなくても、たっちゃんはウチのヒーローだね!」

美久は満足げです。

しかし、買ったばかりのワンピースを桃太郎の衣装に使われてしまったことを知った美久は、龍に鉄拳制裁を下します。

moyokomoyoko

ヒーローも鬼嫁には勝てないのでした。

『極主夫道』第3話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

向日葵の異変にいち早く気づき、だいぶ大がかりな「ヤバい計画」で無事向日葵の悩みを解決した龍。

兄さんことPTA会長のメンツも無事に保ちました。

そんな龍も、美久の前ではタジタジです。

そこがとても良いところだと思います。

今回もゆるゆるほっこりな内容で楽しく日曜日の夜を過ごしました。

今期は残念ながらPTAに入れなかった龍ですが、来年は入れるといいですね。

さて、次回はそんな龍と美久の出会いが描かれるとのこと。

2人のなれそめはとても気になるので、来週が楽しみです!

ドラマ『極主夫道』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第4話も続けて読む▼