『ゲキカラドウ』第2話あらすじ・ネタバレ感想!スーパーの営業で爆死した健太が向かった先は?

『ゲキカラドウ』第2話あらすじ・ネタバレ感想!スーパーの営業で爆死した健太が向かった先は?

出典:『ゲキカラドウ』公式ページ

飲料メーカー「ロンロン」の大阪本社から東京支社営業促進部に異動となった猿川健太(桐山照史)は、ある日室長の谷岡(平田満)から難易度“2辛”と言われるスーパーに行くように命じられます。

一見、“2辛”には見えないスーパーですが、先代から受け継いだばかりの若社長(長谷川朝晴)は猿川に難しい質問をぶつけるのでした。

それに、答えられなかった猿川は爆死。

落ち込んだ猿川を、亮介(中村嶺亜)たちはある焼肉店に連れて行きます。

そこは、谷岡室長曰く「『ゲキカラドウ』には避けては通れない店」だということ。

猿川は、その店の激辛焼肉をきっかけに、若社長に出された質問の答えを導き出したのでした。

\\『ゲキカラドウ』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXT見る

『ゲキカラドウ』前回第1話のあらすじと振り返り

飲料メーカー「ロンロン」の社員・猿川健太(桐山照史)は、大阪本社での実力を認められ、東京支社営業促進室に異動になります。

しかし、異動初日に仕事で失敗をしてしまいます。

その日の夜、室長の谷岡(平田満)と大河内(泉里香)らによって猿川の歓迎会が開かれます。

しかし、そこで出てきたのはなんと、ビックリするほどの激辛料理!

目を白黒させる猿川に、谷岡は『ゲキカラドウ』なるものを説き始めます。

猿川は『ゲキカラドウ』とはなんたるものか、よくわからないながらも、その道の1歩を踏み出したのでした。

【ネタバレ】『ゲキカラドウ』第2話あらすじ・感想


辛口激安スーパーと激辛焼肉

ある日、大河内(泉里香)は激安スーパー「ナカヤ」に、営業に向かいます。

そこは、難易度“2辛”と言われる店でしたが、大河内は自分なら攻略できると自信満々。

3ヶ月前、先代から継いだばかりの若社長・西寺(長谷川朝晴)は、大河内に問います。

「うちと他のスーパーの違いってわかりますか?」

大河内の答えはハズレ。

「今日のところはお帰り下さい」と言われ、爆死してしまいます。

moyokomoyoko

営業促進室は「爆弾処理班」と言われる部署。地雷を踏んで営業に失敗した時は「爆死」と言われます。

大河内の代わりに室長・谷岡(平田満)から指名されたのは、営業促進室に異動してきたばかりの猿川(桐山照史)でした。

『ゲキカラドウ』の入口

チャラ後輩の亮介(中村嶺亜)は、以前に“1辛”の店を猿川が攻略したことがまぐれだと思われていて、猿川を試すために、『ナカヤ』に行かされるのに違いないと言います。

moyokomoyoko

猿川はまだ『ゲキカラドウ』の入口に立ったばかりなのです。果たして今回も上手く攻略できるでしょうか?

猿川は亮介を連れて「ナカヤ」に向かいました。

西寺は猿川に、大河内にしたのと同じ質問をします。

「うちの他のスーパーの違いってわかりますか?」

猿川は、店の状態や店員の態度から、お客様への気持ちではないかと考えますが、答えは違っていたようで、西寺は話を聞いてはくれませんでした。

moyokomoyoko

大河内に続いて猿川も爆死してしまいました。同期で揃って爆死です。

「俺もまだまだだなぁ…。」

猿川は、ガックリと肩を落とします。

そんな猿川を、亮介は室長に言われとある店に連れて行きました。

『ゲキカラドウ』を極めるためには、その店が欠かせないと言うのです。

炭火焼ホルモン「あかちゃん」

今日のメンバーは猿川と亮介、それからぽっちゃりの山崎(森田甘路)と大河内です。

猿川も自分と同じく爆死したと知った大河内は、少し嬉しそうにしています。

「ま、これも勉強だから!」

悔しくて、何も言い返せない猿川。

そこに、カルビとハラミ、ぼっかけとご飯が運ばれてきました。

moyokomoyoko

兵庫名物である牛すじとこんにゃくの煮込み「ぼっかけ」が出てくるのは珍しいですね!山崎はそこにご飯を入れてかきこんでいます。美味しそう!

亮介は、カルビを焼き始めました。

そこに、店主がタレを運んできます。

「5にしておいたから」

何の「5」かは、無愛想の店主に聞くことはできませんでした。

タレは赤いものと、黒いものの2種類あります。

どちらもどろっとした珍しいタイプのタレ。

亮介に聞いても「食べてみればわかる」と言われただけ…。

猿川がカルビを赤いタレにつけて食べてみると、「旨味が口いっぱいに広がり、いくらでも食べられる!」と思った瞬間、激辛が猿川を襲います。

「辛ッ!!!」

moyokomoyoko

店の名前からして「紅ちゃん」ですから、そりゃ辛いですよね。

秘伝のタレ

赤い方のタレはその名も「から」。

青唐辛子に、世界で3番目に辛いと言われるジョロキアをこれでもかと入れたものです。

moyokomoyoko

辛いから「辛」。そのまんまのネーミングです!

大河内は、野菜焼きにカプサイシンをつけて、恍惚の表情を浮かべています。

突然の辛味に、一瞬怯む猿川でしたが、常連であろう少女が同じタレで食べているのが目に入ります。

「子供に負けるつもり?」

大河内に挑発された猿川は、負けじと辛さに挑みます。

もう1つの黒いタレは「シビ」。

味噌ダレに花山椒を加えたものです。

タレをつけてハラミを食べてみると、とてつもなく辛いものの、辛さの奥から肉の旨味を感じることに気がつきます。

「どっちのタレも肉の旨さを引き立ててる。辛さが旨さを与えてるんや!」

moyokomoyoko

カルビもハラミも良い感じに焼けていて、本当に美味しそうです!

気合のスパート

エンジンのかかった猿川は、次に運ばれて来たホルモンは自らトングを持って焼き始めました。

moyokomoyoko

落ち込んだ気持ちは、吹っ飛んでしまったようです。

そして、汗をかきながらご飯やキムチと共にどんどん食べ進め、ビールで流し込みます。

「いい食べっぷりっすよパイセン!」

猿川の食べっぷりを見て、他のメンバーもどんどん肉を口に入れるのでした…。

moyokomoyoko

ご飯にタレのついた肉を、ワンバンさせて食べる男性陣。飯テロ辛い!

帰宅しても、タレのことを思い出す猿川。

しかし、「仕上がる」ところまでには到達していませんでした。

原因は、若社長・西寺のあの質問が頭に引っかかっているからです。

すると、インターホンが鳴りました。

モニターには、亮介の姿が映っていました。

君もまだまだ

亮介は、ズカズカと家に上がり込みます。

住所を教えていないのに、やってきた亮介に戸惑う猿川ですが、亮介は彼が落とした財布を届けに来たのでした。

moyokomoyoko

その財布の中の免許証を見て家にやってきたのです。

しかし、亮介は突然慌て始めます。

なんでも、室長に「ナカヤ」で買ってくるように頼まれた買い物を、「紅ちゃん」に忘れてきてしまったというのです。

その時、タイミング悪く室長から、電話がかかってきてしまいました。

「パイセンのせいですよ!」

言いがかりをつけた亮介は、猿川に代わりに電話に出させます。

室長は、猿川に「紅ちゃん」の感想を尋ねます。

「紅ちゃんは『ゲキカラドウ』には避けては通れない店だから」

猿川は「タレが美味しかった」と答えました。

「タレかぁ、君もまだまだかもなぁ」

moyokomoyoko

『ゲキカラドウ』の観点からすると、タレの先にまだ隠されたものがあるようです。

仕上がりました!

猿川は室長の言葉を聞いて、亮介の代わりに「紅ちゃん」に荷物を取りに行くことにしました。

店では、店主が店員に肉の切り方を指南しています。

そこで猿川は、ここで肉を食べた時に感じた肉の旨みは、タレだけではなく肉の品質にも、こだわっていることに気がつきました。

室長の買い物には、「ナカヤ」のコロッケが入っていました。

猿川は、それを1口かじってみます。

すると、爽やかな風が吹き抜けました。

「室長!仕上がりました!」

moyokomoyoko

どうやら、猿川は答えを導き出すことができたみたいです。

本質が大事

翌日、猿川は「ナカヤ」を訪ねます。

「もう1度チャンスを下さい!間違えたら2度と来ません!」

猿川の熱意を受け取った西寺社長は、再び質問をします。

「うちの他のスーパーとの違いは?」

「こだわりの品質とそこから生まれた信頼です」

猿川は、コロッケを食べてその品質の高さに、取引先やお客様との信頼関係を見たのでした。

価格が安くても、品質が悪ければ客は来ない。

商売の本質は売る人間の質だと、西寺社長は先代からそう言われてきたのです。

moyokomoyoko

正解した猿川は、契約を取りつけることができました。

今回のことで、猿川は「何事も本質が大事」ということを学びます。

そして、「その本質を見極めることが、『ゲキカラドウ』なのだ」と谷岡室長は言います。

答えを見つけることが重要ではなく、答えを知ろうとすることが重要なのです。

「例え、その道が激しく辛くともね」

『ゲキカラドウ』第2話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回の相手は“2辛”。

一見、簡単そうな相手でしたが、社長から出された質問が難題でした。

しかし、猿川は『ゲキカラドウ』の登竜門とも言うべき激辛焼肉を食べたことによって、その難題を見事クリアします。

『ゲキカラドウ』とは、物事の本質を見極めるための激しく辛い道、つまり「激辛道」ということでした。

猿川はなかなか厳しい道のりを歩むことになりましたが、彼なら乗り越えられると見込まれてのことでしょう。

今回、登場したのは、東京・北千住にある「炭火焼ホルモン あかちゃん」というお店です。

上質な肉と「辛」、「シビ」のタレ…。

とても、気になります!

次回もどんな激辛料理が出てくるのか楽しみです!

\\『ゲキカラドウ』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXT見る

▼次回第3話も続けて読む▼