ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第7話あらすじ・ネタバレ感想!ゲイや腐女子に必要なのは居場所ではない

出典:NHKドラマ公式Twitter

番組冒頭から流れるQUEEN「WE WILL ROCK YOU」は、まさに転校を決めた純(金子大地)に、終業式に学校に来てと言った三浦紗枝(藤野涼子)の決意とリンクし、明らかに大きな動きがありそうな…。

そして予想通り、紗枝を筆頭に生徒たちがとんでもない事態を引き起こします。

普通の生活じゃありえない!

そう思えてしまう『腐女子、うっかりゲイに告る。』第7話のレビューをどうぞ。

ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第7話あらすじ

退院した純(金子大地)は、紗枝(藤野涼子)に誘われた終業式に出るかどうか迷っていた。

答えを求め、純は久しぶりにマコト(谷原章介)と会う。

カフェバーのケイト(サラ・オレイン)からは「逃げてもいい。だけど、自分からは絶対に逃げ切れないよ」と背中を押される。

終業式の朝、母・陽子(安藤玉恵)の心配をよそに学校へ向かう純。

式の最中、紗枝のとった思いもよらぬ行動で、全校生徒を巻き込んだ大騒動が始まる。
出典:『腐女子、うっかりゲイに告る。』公式ページ

ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』を視聴できる動画配信サービス

腐女子、うっかりゲイに告る。』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月3日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第7話の感想

問題は本当に“居場所”だったのか?

この世界には自分の居場所なんてない、周りはゲイについて理解がない。

だから隠し続けなくてはいけない…これまでずっとそんな想いだった純(金子大地)。

しかし、カフェ―バーのケイト(サラ・オレイン)と話し、その言葉の答えが見えたような気がします。

同性愛者に偏見がある日本に、どうしてケイトは居続けるのか…?

ケイトの答えは、日本の女の子が一番良かったから。

国や世間が認めているとか認めてないとかは関係ない。

大事なのは場所じゃなく、自分が自分を認めているかどうか。

逃げてもいい。だけど、自分からは絶対に逃げられない。どこかで戦う覚悟を持たないと。

終業式に行くかどうか迷っていた純ですが、学校へ行くことを決断します。

>>【31日間無料】U-NEXTで『腐女子、うっかりゲイに告る。』を視聴する

三浦紗枝(藤野涼子)のカミングアウトスピーチ

絵のコンクールで入賞した紗枝は、終業式に全校生徒の前で表彰されることが決まっていました。

その晴れ姿を純に見てほしいと言った紗枝ですが、本当の狙いはそこではありません。

紗枝は受賞スピーチと称し、カミングアウトを始めたのです。

校長の前からマイクを取り、大きな声で言い出しました。

「私は、BL(ボーイズ・ラブ)が大好きでーす!」

さすがに校内はざわつきますし、純も呆然とするしかありません。

紗枝は、小5で好きな漫画のBLの二次創作を見てドキドキし、それから夢中だったと言います。

見るだけでは飽き足らず、自分でも書き始めた紗枝。

しかし、中学で腐女子であることがバレてしまい、友達が一気に離れていったのです。

この経験を教訓に、高校では腐女子であることを隠し、本を買う時は遠出をしていました。

が、その時出会ってしまったのが純だったのです。

ここでやっと第1話のエピソードに戻ってきたのです。

先生たちは幾度となく紗枝のスピーチを止めさせるために取り押さえますが、紗枝を守ったのは高岡亮平(小越勇輝)でした。

大事なことを話しているんだから邪魔するな!と叫ぶと、クラスメイトも壇上へ上がり、紗枝や亮平を取り押さえる教師を押さえます。

生徒たちが動き出したこの大騒動。

紗枝はもう全部話さないとダメでしょ!という具合になってしまいます。

純を好きになって告白をしたこと、SEXをしたけどできなかったこと、男性とキスしているところを見てしまったこと、ありのまま赤裸々です。

そんなに喋っていいのかと思ってもしまいましたが、簡略化してはいけないんですよね。

ここまでくる6話までの間、純はひたすら苦しみ、悩んだように、紗枝の胸の内もすべて言葉となって広がりました。

純が周りに壁を作っていたのは、純が傷つきたくないからではなく、周りがどう対応したらいいかわからず混乱しないように、困らせないようにしていたのです。

この紗枝の全力の告白を見ても、純はただ立ち尽くすだけでした。

しかし、そんな彼を動かしたのは、小野雄介(内藤秀一郎)。

「彼女が一人で全部さらけ出して頑張っているのに、何もしないつもりか。男ならちゃんとケジメをつけろ!」

小野の言葉に反発するかのように壇上に上がる純。

問題を簡略化し、大事なものだけを見つめた純の答えは、紗枝が好きだということでした。

ゲイであることを嫌われたくないとか、居場所がないとか、全部切り捨て、紗枝を抱きしめました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『腐女子、うっかりゲイに告る。』を視聴する

みんな孤独だった

この一連の事態によって、ある変化が起きました。

純がゲイであることが学校中に知られたとき、ゲイがいるという噂話をした下級生が、放課後にやってきたのです。

純に謝る青年。

悪いことを言った…というだけではありません。

実は、この青年もゲイで、一緒にいた男子の反応を知るためにわざと話を出したのでした。

これを知った純は、肩の力を抜いて生きていこうと言葉をかけ、ひと段落です。

どうやら、わざとゲイネタを振って相手の反応を見るのは、相手が自分を受け入れてくれるのかどうかを探る“あるある話”みたいです。純もよくやるらしいです。

それを言うならば、紗枝の腐女子のきっかけも、腐女子あるある話です。

二次創作の作品の表紙は、作品ファンからすればとっても魅力的に描かれているので、間違って落ちることが多々あります!

ええ、実感があるのでよくわかります!

>>【31日間無料】U-NEXTで『腐女子、うっかりゲイに告る。』を視聴する

まとめ〜恐怖と覚悟の回だった〜

紗枝が壇上に上がる前までは、まるで嵐の前の静けさでした。

ここが何もない当たり前の生活のように過ぎていったからこそ、10分にもわたるスピーチがより迫力を生んだと言えます。

また、「WE WILL ROCK YOU」の歌詞は3番まであり、すべての冒頭には共通の言葉があって、その言葉とは「Buddy」=「仲間や相棒、兄弟」の意味です。

つまり、紗枝の告白に対して教師が止めようとしたとき、クラス一同が一丸となったことを、ここで表しているんだなぁと…。

考えすぎなのか、奥深く思えてしまい、頭を抱えます。

腐女子であることも、ゲイであることも隠す必要がなくなった紗枝と純。

これでひと段落ですが…最終回が残っているんですね。

さて、毎週毎週人の心を揺さぶってきたこのドラマがあと1話で終わりです。

純と紗枝の未来はどうなっていくのでしょうか。

そして、亡き心友・ファーレンハイトが誰だったのか…真実を知るためにも、最後まで見ます。

ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』を視聴できるVODは?

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』他話のネタバレ記事一覧

ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第1話あらすじ・ネタバレ感想!ゲイと腐女子をテーマにNHKが攻める ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第2話あらすじ・ネタバレ感想!三浦紗枝の想い、ゲイ安藤純の答え ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第3話あらすじ・ネタバレ感想!性に悩む純の葛藤が切ない、辛い… ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第4話あらすじ・ネタバレ感想!僕らはなぜ生まれてきたのだろうか… ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第5話あらすじ・ネタバレ感想!ゲイは罪なのか?待っている最悪の結末… ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第6話あらすじ・ネタバレ感想!純がゲイでも好き?紗枝が出した答えは? ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』第8話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!同性愛者はなぜ生まれたのか?