『映像研には手を出すな!』第8話あらすじ・ネタバレ感想!これまでの伏線を見事に回収したアニメーション

アニメ『映像研には手を出すな!』第8話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『映像研には手を出すな!』公式ページ

仲間とは、互いを理解し、長期間ある物事を一緒になって行う者のこと。

まさに映像研は、友達ではなく仲間。

「If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together. 」(早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け)

アフリカのことわざです。

映像研には手を出すな!』第8話は、この言葉がぴったりだなと感じました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『映像研には手を出すな!』前回第7話のあらすじと振り返り

音響部の引っ越し、美術部が制作した背景修正、ロボ研による声優練習など、映像研のロボットアニメ制作はトラブルを乗り越え進んでいきます。

文化祭という期限が迫る中、金森の意見と対立しながらも、アニメーションへの強いにこだわりを見せる水崎ツバメ。

そして、明らかになる水崎ツバメのアニメーションへの熱き想いのルーツ。

「大半の人が細部を観なくても、私は私を救わなくちゃいけない」

誰に何と言われようと、水崎ツバメは自分のためにリアルな演技を追求し続けるのでした。

【ネタバレ】『映像研には手を出すな!』第8話あらすじ・感想

アニメ完成

やはり前日になって完成した映像研によるロボットアニメ。

「間に合ってよかったねー」

「なに言ってんですか。アフレコできなかった時点で間に合ってません」

「まさか、本番生アテレコとは…」

残念ながらアフレコ(アフターレコーディング)は間に合っておらず、音声部分はロボ研という素人による「生アテレコ」という結果になりました。

SU_BUSU_BU

「アテレコ」は「アフレコ」から派生した言葉で、映像に台詞を割り当てることらしいです。他に言いようがないですけど、レコーディング(録音)していないのに、生アテレコというのはなんか変な感じですね(笑)

音楽の力

  • 音楽がシーン冒頭から流れることで感情の先回りをしてしまう
  • 時には音楽が無い方がアニメーションが引き立つ
  • 音楽の意味合いを他のシーンとつなげる

浅草と水崎が意見を出し、百目鬼が音楽を修正する度、目に見えてアニメの印象変わっていきます。

SU_BUSU_BU

映像における音楽の影響の強さがよくわかるアバン(オープニング前の導入部分)でした。これまでの7話もそうですが、動画など映像を作りたい方には、メチャクチャ勉強になる話が詰まっていますね。

最強の世界芝浜

ダンジョンのような芝浜高校。

その文化祭「芝浜祭」は、やはり異質でした。

  • アイドルっぽい衣装の、エレクトロ・マグネティックアメーバ
  • バリアフリー研究所による、キャタピラ走行の電動車イス
  • 円周率研究部の、円周率で円周を飾ったうちわ
  • 短波ラジオ研究部
  • 大ネタ「らくだ」を演じる落語研究会
  • ラップ部
  • おでん部による熱々おでんリアクション
  • かき氷部
  • 新劇研究部

さすがは(その時点の作者が考える)最強の世界。

個性豊かな部活や同好会が目白押しで、ネタの宝庫でした。

SU_BUSU_BU

エレクトロ・マグネティックアメーバってなんでしょうね。エレクトロマグネティックは電磁という意味みたいですが…アメーバ?語感はかっこいいです(笑)キャタピラ走行の電動車イスは、セグウェイみたいな体重移動と組み合わせたら…とか想像しちゃいました。

集客作戦

どれだけいいモノを作っても、観てもらわなければ意味がない。

そしてお金が無ければ次回作は作れない。

集客と収益は、金森プロデューサーの腕の見せ所です。

  • 読者モデル水崎ツバメの知名度を最大限利用する
  • ペットボトルロケットからのパラシュートピンナップ配布
  • 空調の私的利用をネタに、空調管理部に夏場に涼しい体育館を提供させる
  • 滑車で注目を集めながらの横断幕

校則違反の宣伝行為を取り締まる生徒会から逃げるため、おとりの段ボールロボを大量生産しつつ、彼らも水崎ツバメの特典を餌に観客にしてしまう。

努力の甲斐あって、見事に上映会場は満員になりました。

そして上映後は、水崎ツバメサイン会と握手で興奮したファンに、特典付きDVDを先払いで予約させていきます。

SU_BUSU_BU

読者モデル水崎ツバメは強いですね。そしてそれを活かしきった金森も見事でした。それにしてもロボ研の部長がとても楽しそうでした(笑)まさに主人公の気分だったんでしょうね。

ロボットアニメ

ついに上映が始まった映像研のロボットアニメ。

  • 第1話冒頭で見ていた芝浜の美しい景色
  • きちんと筋肉と腱で動く鋏
  • 蟹が食べたくなる会議
  • クロスさせる独特すぎる箸の持ち方
  • 微妙に口パクと合っていない生アテレコ
  • かっこよくお茶を捨てる動き
  • エヴァ+ガンダムのロボ射出装置
  • 変な走り方
  • SEとBGMで迫力を増した戦闘
  • 片足を補うチェーンソーを使った高速移動
  • 食い入るように見ていた、リテイクに不満顔だった美術部員

4分間のアニメでしたが、見どころたっぷりでした。

SU_BUSU_BU

この映像だけを見たのでは、ただの凄いアニメーションにすぎません。ですが、視聴者の目線ではアニメ7話分の物語が詰まっています。これまでの過程があってこその4分間、お見事でした。ただ「変な走り方」に関してはどこかで伏線があったでしょうか?ここだけちょっと心残りです。

認めざるを得ない結果

「自分で再現して演技するより、絵で再現する方が楽しそうに見えた」

「役者になれって口酸っぱく言ってきたけど、ツバメはもう立派な表現者だ」

圧倒的な作品を見せたことで、アニメ制作に反対していたツバメの両親もようやくツバメのやりたいことと、その才能を認めてくれました。

SU_BUSU_BU

正直、箸の持ち方も教えてあげなられないほど忙しかった親が、娘の選択に口を出す権利があるとは思えないです。なかなか自分中心の考え方をされる親御さんだな、という感想です。成功している親というのはこういうものなのかもしれませんね。

友達ではなく仲間

「ツバメのお友達?」

「い、いえ。仲間です」

全く違う価値観の三人だけど、同じ目的地を目指している。

水崎の母に尋ねられた浅草は、友達ではなく仲間だと答えました。

SU_BUSU_BU

かっこいいですねえ。このセリフで〆るところが、もう素敵すぎます。

『映像研には手を出すな!』第8話まとめ

要点まとめ
  • 音楽と効果音の力
  • 最強の世界芝浜
  • 蛍の光は終わりを告げる
  • 友達じゃなくて仲間

オープニングも作れませんでしたし、「塗り」の部分も物足りない感じでしたね。

動画部分の着色は、どうやら金森がやっているようですがのっぺり感はぬぐえません。

まだまだ伸びしろはたくさんありそうですね。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼実写映画版の記事はこちら▼

▼次回第9話も続けて読む▼