『映像研には手を出すな!』第7話あらすじ・ネタバレ感想!天才・水崎のルーツが明らかに!

アニメ『映像研には手を出すな!』第7話あらすじ・ネタバレ感想!天才・水崎のルーツが明らかに!「ロケットは画圧」

出典:『映像研には手を出すな!』公式ページ

第7話は、「天才が出来るまで」という感じでした。

水崎の生い立ちが描かれたことで、若くして圧倒的な能力を持っていることに、とても深く納得できました。

水崎のアニメーションへの執着心に対する理解も、「なんでそこまで拘るの?」から「じゃあしょうがない」に変わった気がします。

金森からすると、ごく一部のマニアに向けて頑張る水崎はかなり厄介な存在でしょう。

ですが、天才とはこういうものと諦めて、その都度説得するしかないでしょうね(笑)

▼動画の無料視聴はこちら▼

『映像研には手を出すな!』前回第6話のあらすじと振り返り

文化祭に出展するためのロボアニメ制作を始動させた映像研。

美術部、音響部の百目鬼どうめきなど、外部スタッフも加え、出来ることが増える代わりに、やるべきことも増えていきます。

そんな中、浅草は矢面に立って観客の批評に晒される監督の重圧におびえ始めます。

ですが、「アニメの面白さの責任は全て監督にあるんだから、自由に面白いものを作れ」という金森の言葉で見事に立ち直り、再びロボアニメ制作に集中し始めたのでした。

【ネタバレ】『映像研には手を出すな!』第7話あらすじ・感想

水崎ツバメのモト

  • なぜ役者の子供がアニメーターを目指すの?
  • どういう育ち方をしたら高校生があんなに上手い動画を描けるの?
  • なぜ「アニメ」ではなく「アニメーション」に執着するの?

色々と謎が多い水崎ツバメ。

  • 優しい祖母の格好いい動きへの憧れと興味
  • 演劇という動きありきの表現を学んでいた幼少期
  • 楽な動きを研究することで、足腰の弱い祖母が立って歩けた成功体験

子供時代が描かれたことで、水崎のことがかなり分かってきました。

SU_BUSU_BU

興味と環境と成功体験。それらが見事に結びついた結果が、天才・水崎ツバメになったんですね。この冒頭部分で、これまでの疑問が一気に解消され、とても爽快でした。あと幼女ツバメ可愛すぎです(笑)

声はロボ研

クライアント(ロボ研)からの要望で、声優はロボ研部員が担当することになっていました。

  • 効果音まで話す
  • 声の大きさがバラバラ
  • 画に合わせないアドリブ

アフレコの経験など、あるはずもないロボ研部員。

なかなか上手くはいきません。

SU_BUSU_BU

どうやら、音響監督の仕事は多そうです(笑)百目鬼も演技指導の経験はないでしょうし、声に関しては妥協が必要そうですね。

リテイク

映像研が美術部に依頼していた背景が納品されました。

  • 太陽の位置が違う
  • セルで動かす予定の車を背景に描きこむ
  • 組み線(背景とセルを合わせる際に基準として指定される輪郭線)を守らない

さすが美術部、と言った素晴らしい背景でしたが、いろいろと不具合が見つかってしまいます。

「こんなに引き取らなくていいんです!」

「だって説明するより描いた方が早いんじゃよ」

浅草は美術部への説明を避けて、修正の必要な背景を自ら引き取ってしまいます。

SU_BUSU_BU

手を動かした方が早くても、自分でやってしまうと、いつまで経っても人が育ちません。自分の作業もありますし、上に立つ人は大変ですね。

風呂とザリガニ

大雨でずぶ濡れになった映像研の三人は、音曲(おんぎょく)浴場で、温まってから帰宅することにします。

  • イケてるロッカーキー
  • コインランドリー併設
  • 棚田のような構造の浴場
  • ザリガニを釣って食べられる食堂

連日のアニメ制作で疲れた三人を、独特の風情が溢れる音曲浴場が癒します。

SU_BUSU_BU

お風呂回でしたが、あまりエロさは感じませんでしたね(笑)むしろ、イケてる風呂屋の方に目が釘付けになりました。ザリガニがやけに美味しそうでした。

作画オタクは音を消す

ロボットの動きに納得のいかない浅草と水崎。

修正の方向が見えない状況で、とりあえずアニメーションに効果音を付けてみることにします。

「音の素材があれば作画の労力が減らせる」

「く、くやしー」

絵を変えずに、伝わり方が全く変わったことに、水崎は敗北感を感じてしまいます。

SU_BUSU_BU

私は作画オタクではないですが、アニメーションに関して「滑らかだな」「自然だな」「格好いいな」ぐらいは感じ取れます。見返したくなるアニメかどうかは、アニメーションの出来で決まる気がします。原作付きだと、漫画や小説があるので、余計にその傾向がありますね。

打ち上げ作画は画圧

  • 吹き出す炎
  • 流されていく大量の煙
  • 分離される下部
  • どこまでも昇っていく本体

「ロケットはここがかっこいいんだ、画圧に感動するわけよ」

水崎は、ロケットの打ち上げの凄さを、「画圧」という独特の言葉で表現します。

SU_BUSU_BU

「画圧に感動する」というのは、まったく聞いたことのない言葉でした。ですが、ロケットの打ち上げを例に出して説明されると、ちゃんと納得できてしまう。本当に『映像研には手を出すな!』は面白いです。

美しい流れ

チェーンソーの振動が見たくて死にかかっている人がいるかもしれない。

私はチェーンソーの刃が跳ねるのが見たいしそのこだわりで生き延びる。

大半の人が細部を観なくても私は私を救わなければいけない。

動きの一つ一つに感動する人に、私はここにいるって言わなくちゃいけないんだ。

水崎ツバメの強い言葉。

そして、彼女の源流であるお茶を庭に捨てる動きに繋がり、そこから叫ぶようなエレキギターのイントロへ。

SU_BUSU_BU

冒頭のシーンがあるから、何も言わずとも、なぜそのシーンを挿入したのかがしっかりと伝わる。エンディングとの親和性も素晴らしく、もう美しいとしか言いようがない、見事なアニメでした!

『映像研には手を出すな!』第7話まとめ


要点まとめ
  • 天才が出来るまで!
  • 幼女ツバメかわいい
  • 実写とアニメーションの演技の違い
  • イケてる風呂屋
  • ロケットの打ち上げは画圧が素晴らしいから感動する
水崎の母(CV.日髙のり子)でした(笑)

いずれ、「水崎の母」が前面に出てくることを予感させるキャスティングですね。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼実写映画版の記事はこちら▼

▼次回第8話も続けて読む▼