ドラマ『コントが始まる』第2話あらすじ・ネタバレ感想!春斗と潤平の喧嘩から繋がる感動のアドリブコント

ドラマ『コントが始まる』第2話

出典:『コントが始まる』公式ページ

解散することになったマクベスの舞台では、『屋上』と題したコントが始まりました。

その動画を見ていたマネージャーの楠木(中村倫也)は、マクベスの解散を思いとどまらせようとしています。

そんな中、春斗(菅田将暉)は潤平(仲野太賀)の高校時代の秘密を知り、2人は喧嘩をしてしまいました。

プロゲーマーを辞めてマクベスに加入した瞬太(神木隆之介)にも、春斗たちに話していないことがありました。

ゲーマー時代のインタビューで「27歳までしか生きない」と言っていた瞬太。

そんな瞬太の遺書を見た春斗は…。

\\『コントが始まる』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『コントが始まる』前回第1話のあらすじと振り返り

お笑いトリオ『マクベス』は結成してから10年が経とうとしていますが、未だに鳴かず飛ばずの状態です。

高校の文化祭がきっかけでコントを始めた春斗(菅田将暉)と潤平(仲野太賀)。

途中で瞬太(神木隆之介)も加わり、毎週決まった時間にファミレス・メイクシラーズに行ってネタ作りをしています。

そこで働く中浜里穂子(有村架純)は、そんな3人を応援するのが生きがいになっていました。

しかし、里穂子が初めて行ったマクベスの単独ライブで、春斗から「マクベス解散」を宣言されてしまうのです。

里穂子がショックを受けて歩いていると、春斗が後ろから声を掛けてきて…。

【ネタバレ】ドラマ『コントが始まる』第2話あらすじ・感想


マネージャーから説得される春斗(菅田将暉)

『屋上』と題したコントが始まりました。

舞台には、マンションに引っ越してきた夫婦とマンションから飛び降りようとしている青年がいます。

マクベスのマネージャー・楠木(中村倫也)は、そんなマクベスの動画を見て寂しく感じていました。

なぜなら、楠木は誰よりもマクベスの可能性を信じてきたのに、自分に何の相談もなく解散を発表してしまったからです。

楠木は春斗(菅田将暉)を呼び寄せ「解散は撤回して、もう1回一緒にチャレンジしよう」と言いました。

春斗は解散を撤回すべきか迷いますが、楠木は「売れている奴らは、もう限界だとなったところからもうひと踏ん張りしているんだよ。もう1回3人で話し合え」と言いました。

ミルトモ 編集部

マクベスのマネージャーが楠木で良かったです。楠木が言ったことをもう一度よく考えて、最終的な結論を出して欲しいですね。

潤平(仲野太賀)が秘密にしていたこと

潤平(仲野太賀)には、春斗に秘密にしていたことがありました。

高校の文化祭の時、潤平が最初にコントに誘ったのは春斗ではなかったのです。

春斗を参謀タイプと考えていた潤平は、春斗をコントの相棒と考えていませんでした。

潤平は瞬太(神木隆之介)を含めた2人に断られ、瞬太に「春斗と一緒に出ればいいのに」と言われて春斗を誘うことにしたのです。

さらに、潤平が春斗の誘いに乗ったのは、自分のコントを観て笑ってくれた奈津美(芳根京子)を喜ばせるためでした。

潤平はそんな奈津美にマクベス解散を告げるのでした。

ミルトモ 編集部

マクベス結成のきっかけは偶然が重なったことによるものでした。10年間を共にしてきた潤平と春斗はお互いをどう思っているのでしょう。奈津美が潤平に対して放った「全く後悔してないから。潤平を選んで良かったって思ってるよ」という言葉に、潤平に対する愛情を感じました。

潤平(仲野太賀)の秘密を知った春斗(菅田将暉)

春斗は、瞬太がアルバイトをしている焼き鳥ハウス・ボギーパットに来ていました。

焼き鳥ハウスの大将・安藤友郎(伊武雅刀)は、マクベスの解散を残念がっていました。

「お前ら解散しちゃうんだって。まだ30前だろ」

「どっちなんですか。瞬太に社員にならないかって声かけたらしいじゃないですか」

「いつでも待っているから安心して打ち込めという意味で言ったんだよ。お前には瞬太や潤平の人生をお預かりして、一生を共にしていこうという気持ちはなかったのか」

春斗は安藤の言葉に苛立っています。

次の朝、春斗は瞬太から、潤平が高校の文化祭で最初にコントに誘ったのが自分ではなかったことを聞くのでした。

ミルトモ 編集部

春斗が最初に選んだ相方は潤平でした。春斗は潤平も同じだと思っていたのですが…。潤平にとって自分は3番手だと知った春斗はかなりショックを受けているようでした。

喧嘩をする春斗(菅田将暉)と潤平(仲野太賀)

潤平がマンションに帰ると、真っ暗な部屋の中に春斗が一人でいました。

春斗が「何で言わないの。秘密にされた10年がどれだけ俺を傷つけているか分かるか」と潤平に言いました。

潤平は「声をかけた順番に意味なんかない」と言いますが、春斗は納得しません。

春斗と喧嘩になった潤平は「お前と組むんじゃなかったわ」と言って部屋を出て行きました。

ミルトモ 編集部

コントを始めた頃の潤平は10年もコントを続けることになるとは思っていなかったのかもしれません。でも、10年経ってから真実を知った春斗がショックを受けるのも分かる気がします。

瞬太(神木隆之介)の遺書

中浜里穂子(有村架純)は、瞬太が遺書を書いているのを見て心配していました。

なぜなら、里穂子は瞬太がプロゲーマー時代のインタビューで「27歳までしか生きない」と発言していたのを知っていたからです。

次の日、瞬太は行きつけのスナック・アイビスで28歳の誕生日を祝ってもらった後、1人で川の方に歩いていきました。

その頃、コントの小道具である遺書と書かれた封筒の中に、瞬太が書いた遺書を見つけた春斗は、急いで瞬太がいる橋の上に向かうのでした。

ミルトモ 編集部

27歳は瞬太の父が亡くなった年齢です。瞬太が「役作りで書いただけ」と言っても心配ですね。

瞬太(神木隆之介)がマクベスに入った理由

高校の時、瞬太は本気で死のうと思った時がありました。

「死のうとしてなかった?」

「仮にそうだったとしたら、不都合なことあります?」

「潤平が奈津美に告白する計画立てているんだよ。あいつの計画が水の泡になる」

屋上で春斗にそう声をかけられた瞬太は、春斗と一緒に潤平が奈津美に告白するのを隠れて見ることになりました。

その時から、瞬太は春斗と潤平の2人と仲良くなっていったのです。

春斗に「相方はお前しかいない」と言われている潤平を、瞬太は羨ましく感じていました。

瞬太はゲームで優勝しても、心の中は空しさで一杯でした。

瞬太は舞台の上で輝く春斗と潤平を見て、自分もその中に入りたいと思っていたのです。

ミルトモ 編集部

瞬太は春斗のことを「誰かの願いや望みを叶えてくれる人」と言っていました。その言葉から瞬太が春斗に寄せる信頼が厚いことが分かります。

初めてのアドリブ

瞬太は春斗に言われた通り、橋の上でずっと春斗を待っていました。

そこに里穂子もやって来て、瞬太の無事な姿を確認します。

しかし、潤平は春斗と会うのが気まずくて来ませんでした。

次のライブの日、潤平はコント『屋上』に初めてアドリブを入れました。

妻・潤平「あなたを選んでよかったわ」

青年・瞬太「命を救っていただき、ありがとうございました」

潤平と瞬太のアドリブは、夫・春斗に対するメッセージでした。

ミルトモ 編集部

春斗が作るコントは現実に体験したことをネタにしているようです。潤平と瞬太のアドリブは心に響くセリフでした。

ドラマ『コントが始まる』第2話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

10年間、潤平が春斗に秘密にしていたことは春斗にとってショックなことでした。

コントを始めたきっかけは想像とは違っていましたが、それでも10年間を共にした2人の絆は確かなものでした。

瞬太の過去にも驚きました。

瞬太はゲーマーとしてやっていく才能があったのに、それを捨てて春斗たちとコントをする道を選んだようです。

それは、自分を救ってくれた春斗に対する厚い信頼があったからだと思います。

本人の前ではなかなか言えない言葉を、潤平と瞬太はコントを通して春斗に伝えたんですね。

次回のコント『奇跡の水』は、春斗の兄が登場するようです。

春斗の兄弟関係のみならず、里穂子の姉妹関係にも注目したいと思います。

\\『コントが始まる』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『コントが始まる』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで見れる配信サービスをご紹介

▼次回第3話も続けて読む▼