『チート』第9話あらすじ・ネタバレ感想!チートvs安斎、嘘と本当の見極め合戦が火蓋を切る

ドラマ『チート』第9話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』公式ページ

これまでにチートが安斎(風間俊介)に引き渡した詐欺師たちは、一人も逮捕されていませんでした。

安斎は警察を辞め、そのうえ安斎がチート潰そうとしていることを知ったメンバーたちは、安斎の真の目的を探ろうと行動を開始します。

一方、蓮見(桐山漣)の取り調べを受けていた星野稔(池内万作)は、沙希(本田翼)に会わせることを条件に18年前の事件の真相を語り始めます。

蓮見の家庭を崩壊させた張本人は、蓮見がよく知るあの人物でした。

『チート』第9話のラストには衝撃の展開が待っています!

『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』前回第8話のあらすじと振り返り

チートが追い詰めたチケット詐欺犯は、またしてもナミオカの息がかかった詐欺師でした。

最近の安斎(風間俊介)の行動を不審に思っていた沙希(本田翼)は、蓮見(桐山漣)を通して今まで捕まえた詐欺師たちの動向を調べると、詐欺師たちは誰も逮捕されておらず行方不明でした。

安斎は沙希に対して「今までよくやってくれた」と感謝を述べますが、沙希はまるで世界の終わりのような言い方だと感じます。

「世界の始まりだよ!」

安斎は、そう答えます。

加茂(金子大地)は、安斎にもう嘘はつきたくないと申し出ていましたが、安斎はその加茂の要求を飲むべく、チートを潰そうと言い出しました。

果たして、安斎の目的とは一体何なのでしょうか?

ドラマ『チート』第8話あらすじ・ネタバレ感想!安斎の不穏な動きが加速し怪しさが増す

【ネタバレ】『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』第9話あらすじと感想

お前がナミオカか?

「チートを潰そう。君の手で」

そう安斎(風間俊介)に言われた加茂(金子大地)は、安斎の指示通りに行動しようとしますが良心の呵責に耐え切れず、自分が安斎に指示されていることと、警察官ではないということを告白します。

加茂が警察官でないことにとうに気づいていたチートメンバーは、加茂の告白には意にも解せず、さっそく安斎の目的を探ろうと行動を開始し、今まで捕まえた詐欺師の周辺を調べることにしました。

沙希(本田翼)は、蓮見(桐山漣)から連絡を受けて「ナミオカ=星野沙希」というメールについて事情を聞かれます。

「お前がナミオカか?」

「アホくさ」

さらにチートのことについて聞き出そうとする蓮見に本人に聞けと言うと、安斎は警察を辞めていると言うのです。

沙希が安斎に電話をかけてみると、その番号は解約されていました。

moyoko

なんと、安斎は警察を辞めていました。安斎のアジトが警察らしくないサイバーな雰囲気だったのは警察内ではなかったからということでしょうか。

安斎は詐欺師たちを集めて何かを企てているようですが、その目的とは?

嘘つき少年

蓮見は、取調室で星野稔(池内万作)と2人きりで話をすることにしました。

腹を割って話そうと持ち掛けたものの、星野がしゃべる気配はないので、蓮見から話し始めます。

事の起こりは18年前。

蓮見の父親は星野が手がけたトスカ事業に投資をしていて、それが失敗すると蒸発してしまいました。

蓮見母子に残ったのは多額の借金。

それ以来、蓮見はトスカ事業のトップである星野稔を追うことに人生をかけていました。

「お前の娘は何をしているんだ?」

「『チート』は知ってるよな?」

娘の沙希のことを出された星野は、とうとう口を開き始めました。

18年前、星野はある少年と出会います。

少年は根っからの嘘つきでした。

彼はそれに目をつけて少年に声をかけ、星野は少年と一緒に仕事をするようになりました。

星野によれば、トスカ事業を考えたのはその少年なのだと言います。

moyoko

少年は事故で怪我をしたフリをして治療費をもらうなど高校生にして立派な詐欺師でした。少年の風貌からして、明らかにアノ人です。

アノ人に関して最初から怪しいとは思っていましたが、やっぱりか!と言わざるを得ません。

少年の裏切り

星野は、自分がトスカに関わっていたことは間違いないが、捕まえるべき人物は他にいると言います。

星野は少年に裏切られ、全ての金を取られてしまい、トスカ事業は破たんしました。

星野は少年となんとか連絡を取れたものの、そこで娘のことを引き合いに出されたため、罪を全て被って海外に逃げるしかありませんでした。

それにも関わらず帰国した理由は、ある日元少年から合図が送られてきたからだと言います。

メールにはこう書かれていました。

『start!』

星野のことを裏切った元少年、それは安斎のことでした。

「それがお前の真実か?」

星野は、安斎が何か大きな詐欺を働こうとしているから協力してやっても良いと言います。

「その代わり娘に会わせろ」

「お前を信じる理由はない」

「そりゃそうだ」

moyoko

なんと、安斎はトスカ事業を考え出したという凄腕の詐欺師でした。やっぱりか~!と言わざるを得ません。警察官になったのは、警察の情報を知るためでしょうか?

彼が醸し出していたブラックな雰囲気はそういった事情から来ていたのです。ここに関しては、なんの裏もなく見たままが真実でした。

あの親子には気をつけろ

警視庁では、蓮見に送られてきたメールと同じものが全員に送られてきて騒然としています。

蓮見は安斎にチートについて聞き出そうとしますが、安斎は煙に巻くようなことしか言いませんでした。

ただ、最後に星野親子には気をつけろと蓮見に忠告をします。

「一流の嘘つきは嘘の中に少しだけ本当を混ぜる。お前にその本当が見抜けるか?」

一方でチートは、始めにナミオカを名乗っていた遠藤を追い始めました。

今は不動産ブローカーをしているという彼を尾けていると、美顔器詐欺の御子柴が合流しました。

彼らは、ホテルチェーンに高輪の一等地の売却の話を持ち掛けていました。

それ以外に、高齢女性にも『簡単な仕事だから』と何やら仕事をさせようとしています。

「これはもしかして…地面師詐欺?」

売却されようとしている高輪の土地の相場は50億円くらいです。

もしかすると、安斎の目的はそれかもしれません。

この詐欺グループを調べれば調べるほど、彼らが捕まえた詐欺師が出てきます。

moyoko

ここの安斎vs蓮見のシーンは、安斎を演じる風間俊介さんの演技が光るシーンとなりました。

安斎がなぜこのようなことをしているのかまだ事情はわかりませんが、蓮見をバカにしたような態度はさすがの一言です!本気でムカつきます!

詐欺師の娘

安斎の目的がわかったことで、加茂は詐欺師オールスターズを捕まえてやろうと息巻いていますが、沙希は冷静でした。

彼女にとっては、話がうまく行き過ぎているような気がしているのです。

何か裏がある証拠に、チートの事務所は安斎によって監視されていました。

蓮見の部下の大谷(岩本照)が、蓮見に写真を持ってきました。

それは、チートメンバーと詐欺師オールスターズが一緒に写っている写真で、これまでの活動の中で撮られたものです。

しかし、蓮見はその写真を見ても決め手に欠けると言いました。

蓮見は蓮見で、決定的なものを掴んだと言います。

ジュエル★トリコのレッスン場では、中込マネージャー(清原翔)が真っ青な顔をしていました。

そして近頃レッスンに来ていないモモに電話をかけ、ネットで変な噂が流れているが本当か尋ねます。

ネットでは『地下アイドルの闇 ジュエル★トリコ 星野沙希は詐欺師の娘』という記事が拡散されていました。

moyoko

警視庁のPCにも蓮見に届いたような同様のメールが拡散され、アイドル・モモに対しても容赦ない攻撃がされています。

全て安斎の仕業なのだとしたら、彼は沙希に対してどれだけの恨みを持っているのでしょうか。あまりに執拗なのでまるでストーカーですね!

沙希(本田翼)、逮捕される

いよいよ遠藤たちが地面師詐欺の仕上げをするために、ホテルに集まりました。

美月(福原遥)、根岸(上杉柊平)、加茂はホテルで待ち受けています。

地面師たちが契約を進めるのを、ホテルのロビーで監視していると、遅れて沙希がやってきました。

すると、沙希の周りを刑事たちが取り囲みます。

「やっぱりお前がナミオカだったんだな。星野沙希、お前を詐欺容疑で逮捕する」

そう言って蓮見は沙希に手錠をかけました。

加茂は慌てて出ていこうとしますが、根岸がそれを止めます。

「どうして沙希さんが!」

沙希がパトカーに連行される様子を安斎は遠目から見ていました。

そして、こうつぶやくのです。

「はい、そこまで。」

『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』第9話まとめ

とうとう沙希が逮捕されてしまいました。

恐らく、沙希の作戦なのではないかと思われますがどうでしょうか。

そして美月と根岸は、この地面師詐欺についての秘密を何かわかって調査をしているようですが、その件と沙希の逮捕に関しては繋がりがあるのでしょうか?

次回はついに最終回となります。

嘘つきたちの最後の詐欺合戦が繰り広げられます。

最後にチートによって大きな花火が打ち上げられるのを期待しましょう!

『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』他話のネタバレ記事一覧