『僕はどこから』第8話あらすじ・ネタバレ感想!計算された山田の罠に、智美と薫は気づけるか?

『僕はどこから』第8話あらすじ・ネタバレ感想!計算された山田の罠に、智美と薫は気づけるか?

出典:『僕はどこから』公式ページ

「今回だけは僕が智美君を助けるんです」

その想いを胸に、山田(高橋努)の思惑通り智美(間宮祥太朗)に武器を届けるために高速バスで”はが市”に向かった薫(中島裕翔)。

警察は薫を追跡し、山田は終点のパーキングでその到着を待ちます。

道中、薫は千佳(上白石萌歌)から智美の伝言を受け取り、パーキングで一人山田と対峙することになりました。

その後、山田はまさかの行動に出ます。

今回、山田がなぜカジノ計画にこだわるのか、その野望の原点が明らかになります。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『僕はどこから』前回第7話のあらすじと振り返り

智‌美‌(間‌宮‌祥‌太‌朗)‌が‌井‌上‌玲‌(笠‌松‌将)‌を‌探‌し‌に‌行っ‌た‌そ‌の‌日。

情‌報‌屋‌の‌山‌田‌(高橋努)‌が‌薫‌(中島裕翔)‌を‌訪‌ね‌て‌き‌ま‌し‌た。‌ ‌

山‌田‌は‌玲‌が‌匿っ‌て‌い‌る‌の‌は‌地‌元‌ヤ‌ク‌ザ‌で、‌智‌美‌が‌危‌な‌い‌か‌ら‌武‌器‌を‌届‌け‌て‌欲‌し‌い‌と‌い‌い‌ま‌す。‌

山‌田‌の‌こ‌と‌を‌信‌用‌し‌き‌れ‌な‌い‌薫‌で‌す‌が、‌い‌つ‌も‌自‌分‌を‌助‌け‌て‌く‌れ‌た‌智‌美‌を‌助‌け‌る‌た‌め‌に‌そ‌の‌頼‌み‌を‌受‌け‌て‌し‌ま‌い‌ま‌す。‌ ‌

一‌方‌、智‌美‌は‌玲‌を‌探‌し‌き‌れ‌な‌い‌で‌い‌ま‌し‌た‌が薫‌か‌ら‌の‌メッ‌セー‌ジ‌を‌受‌け‌て、‌山‌田‌に‌不‌穏‌な‌動‌き‌が‌あ‌る‌こ‌と‌を‌見‌抜‌き‌行‌動‌を‌開‌始‌し‌ま‌す。‌

果たして2人はこの騙し合いに勝つことができるでしょうか?

【ネタバレ】『僕はどこから』第8話あらすじ・感想


刑事が見つけたもの

薫(中島裕翔)は、母に紐をつけ、食事を与えてから山田から預かった銃が入った巾着を持ち家を出ます。

一方、山田(高橋努)の情報から薫の尾行を開始した警察たち。

刑事は薫の部屋を家宅捜索した時の画像を再度確認し、ある部分に注目します。

薫は井上涼子(須藤理彩)が殺された日、井上玲(笠‌松‌将)に本を返してもらうために玲の家に行ったと証言しました。

しかし、薫の家の本棚にはその返してもらうはずだった『蛇を踏む』が差さっていたのです。

「ということは、やはりあの犯行は藤原と竹内が…?」

刑事たちは、それを確かめるべくはが市行きの高速バスに乗りんだ薫を尾行します。

千佳(上白石萌歌)と智美(間‌宮‌祥‌太‌朗)は、それぞれドンキで準備をし、来るべきに時に備えます。

moyokomoyoko

それぞれがそれぞれの思惑を胸に、はが市のパーキングエリアに向けて一斉に動き出しました。刑事が『蛇を踏む』のことに気がついてしまったのは気にかかりますね。一番気にかかるのは、薫が銃の入った巾着をそのまま持ち出したことです。バッグなどに入れたらいいのに!と思ってしまいます。

千佳(上白石萌歌)のメッセージ

薫と智美が待ち合わせ、警察も動き出したことで山田は自分の思惑通りに事が運んでいると自己陶酔に浸っています。

「人の運命は簡単に操れる!」

バスは休憩場所のサービスエリアに到着します。

千佳はサービスエリアで、バスを待ち受けていました。

そして営業マンに変装し、バスの乗客に席替えを頼み、薫の前の席に着きます。

薫は、悪い考えばかりが頭に浮かび、気が気ではありません。

そこへ千佳が席を倒し、薫にパソコンの画面を見せ、智美のメッセージを伝えます。

山田は終点のパーキングエリアで薫たちを待ち受けていました。

智美がパーキングに向かったと連絡を受けた山田は、玲と一緒にいる駿(岡崎体育)に玲を連れてくるように命じます。

玲と共に待機していた駿は武器を出し準備をしていましたが、窓の外から銃声を聞きます。

moyokomoyoko

千佳はドンキで変装道具を買ったようです。薫は智美のメッセージを受けとることができたのでしょうか?一方、山田は人の運命を操る『ラプラスの悪魔』になりきって自分に酔いしれています。油断するのはまだ早いと思うのですが…。

俺たちの遊園地

30年前。

山田と駿は同じ児童養護施設施設で育ちました。

ある日、園長(仲本工事)は子供たちを連れて遊園地に行くことを提案します。

子供たちは大喜び。

しかし、山田はそれを素直に喜べません。

園にお金がないのを知っているからです。

そんな山田は実父が度々、自分を連れ戻そうとするので手を焼いていました。

しかしその度に園長が間に入って、実父から引き離してくれました。

「お前の家族はここにいる。ここにいていいんだ」

園長はお前の存在を脅かす悪い存在は全て外からやってくる。

逆に人を成長させる良い存在も外からやってくるのだから、いつか巣立って幸せになって欲しいと山田に伝えます。

その後、園長は園から出た不審火で子供たちを全員助け出したことにより亡くなってしまいます。

この時から山田と駿はみんなで行けなかった遊園地を自分たちの力で作り、園長の名前を付けると心に決めたのです。

moyokomoyoko

山田の野望の原点が明らかになりました。山田は園に火をつけたのは実父だと罪を擦り付けて父を陥れていました。彼の狡猾さは少年時代から備わっていたようです。辛い少年時代を送る中、救いになった園長のために遊園地を作るという夢は決して悪くはありませんが、やり方がマズすぎます。

悪魔の失敗

それから山田は無力な神を信じることをやめ、悪魔になったのです。

「さぁ、来い。藤原、竹内」

しかし、肝心の玲が来ません。

警察は巾着を持って動き回る薫を尾行し続けますが、途中で見失ってしまいます。

「何かが起きている。何かが…」

山田は計画が崩れかけていることを感じ始めます。

すると、背後に気配を感じ銃を構えると、薫が巾着をこちらに向けていました。

「山田さん、僕を騙しましたね」

2人向き合っていると、警察が駆けつけてきて2人を取り押さえます。

山田は先に銃を向けてきたのは竹内だと主張しますが、薫が持っていたのはなんとドクターペッパーでした。

「くそぉっ!」

山田は持っていた銃で刑事を撃ち、薫を人質にとって逃亡を図ります。

「俺の夢はまだ終わらねぇ!」

山田には、薫と智美がどうやって自分を騙したのかわかりませんでした。

『僕はどこから』第8話まとめ

「人の運命は操ることができる」と慢心していた山田が、薫と智美に完全に出し抜かれてしまいました。

山田の夢は決して悪いものではありませんでしたが、人を陥れて手に入れた利権で遊園地を作ったところで、園長が喜ぶとは思えないのですが…。

さて、放送は、前回智美が薫のメールに隠されたメッセージの気がついたところに戻ったところで終了しました。

山田ならずとも、智美が一体どんな作戦で銃をすり替えたのか気になるところです。

ドンキでは何を買ったのでしょうか?

次回は智美がいかに薫にメッセージを伝え、銃をすり替えたのかが明らかにされ、騙し合い化かし合いの最終章の幕が開くことになります。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第9話も続けて読む▼