『小さなバイキング ビッケ』主演:伊藤沙莉の公開アフレコ&記者会見!初の少年役に笑顔で「嬉しい」と語る

『小さなバイキング ビッケ』主演:伊藤沙莉の公開アフレコ&記者会見!

(C)ミルトモ

世界的大ヒットコミック「ONE PIECE」のモチーフにもなっている名作アニメ『小さなバイキング ビッケ』が2020年10月2日に劇場公開されます。

主演を務めるのは、アニメ『映像研には手を出すな!』の主人公・浅草みどり役や、ドラマ『いいね!光源氏くん』でヒロインを務めるなど幅広い活躍を見せている伊藤沙莉

今回は、そんな伊藤沙莉の公開アフレコと記者会見が行われ、本作の魅力をたっぷりと語っていただきました。

その模様を写真とともにお伝えいたします。

▼ビッケ役の伊藤沙莉のインタビューはこちら!▼

伊藤沙莉 公開アフレコの様子

伊藤沙莉公開アフレコの様子

(C)ミルトモ

小さなバイキング ビッケ』の主人公ビッケ役を演じる伊藤沙莉の公開アフレコの様子です。

ある1シーンのアフレコ収録にお邪魔させていただきました。

喜怒哀楽を全面に出し、長いセリフも難なくこなす現場に思わず拍手が出る場面も。

後の記者会見では、マスコミの前でのアフレコは「やりづらかった」と笑いながらお話されていました。

アフレコ中の伊藤さんのカットは、こちらのギャラリーからぜひご覧ください。

Galleryギャラリー

伊藤沙莉 記者会見レポート

伊藤沙莉 記者会見レポート

(C)ミルトモ

伊藤沙莉(以下、伊藤)「こんにちは。本日は、大変な時期の中たくさんお集まりいただきありがとうございます。できる限り『ビッケ』をたくさん広めていきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いします。」

−−ビッケ役が決まった時のお気持ちから伺いたいと思うんですけど、率直にいかがでしたか?

伊藤「そうですね。いつか声のお仕事で男の子の役をやらせて頂きたいなって思っていたので、すごくうれしかったですし、海賊っていうのもすごい夢があるなぁと思って。私の母の世代の方がすごくドンピシャで『ビッケ』を見ていた世代なので、母に言った時が一番緊張しましたかね。」

−−そっか、お母さまの大切な作品に、思い出の作品にご自身が声を当てるということで…。

伊藤「そうなんですよ。」

−−作品ご覧になって伊藤さんいかがでしたか?

伊藤「そうですね。すごく勇気をもらえる作品だなと思いましたし、本当に心からビッケを応援したくなるというか…。「まだ早い」とか「まだそこまでじゃない」とか自分を決め付けられることが、がんじがらめになっちゃったりするので、そこをパンと解き放って成長に繋がるっていうのはすごく温かい気持ちになる作品だなと思います。」

−−改めて先ほど初めての公開アフレコあったと思うんですけど、初めての公開アフレコの感想を伺ってもよろしいでしょうか?

伊藤「そうですねぇ(笑)やり辛かったです。あははは〜(笑)」

伊藤沙莉 記者会見レポート

(C)ミルトモ

−−僕もアフレコとかやったことあるんですけど、あんなに見られませんもんね…。

伊藤「そうですねぇ。やりづらいと言ってしまったら、本当に取材の方が来て頂いて申し訳ないんですけど…やり辛いというか緊張しました。普通にアフレコするのも「戻しちゃいそう」って思うくらい緊張してたので。今回は、顔が映んないお仕事というか声で表現するお仕事で結構見られちゃまずい顔とかもするので、それが出ないようには気をつけました。今日は…。」

−−やっぱり、少しだけカメラが入ってるというだけで全く勝手が、違ったと思いますが…。

伊藤「そうですね。」

−−本当にお疲れ様でした。僕も拝見させて頂きましたけども、めちゃくちゃ素敵だったと思います。

伊藤「ありがとうございます。よかったです。」

伊藤沙莉 記者会見レポート

(C)ミルトモ

−−改めて、初めて男性の役をやってみていかがでしたか?

伊藤「子供の男の子なので、そこまで声を低くしようと思わなくても良くて、結構そのまま言っても大丈夫でした。ビッケが9才なので、むしろ少しだけ高くした方がいいかなぁ…とか、まぁ探り探りでしたけど、やってて楽しかったです。」

−−本作はバイキングの一家が助け合う家族の絆の物語でもございますが、演じる上でご自身のご家族を参考にされたりとかはありましたか?

伊藤「私が三兄弟の末っ子なんですけど、いつまで経っても子供で、自分はもう少し成長してるのに!というもどかしさとかは、きっとビッケに共通するものがあるよなと思っていて。そういった点では家族が結構よぎりました。」

−−同じエンターテイメントのお仕事をされているお兄さんもいらっしゃますけど、何かお話はされましたか?

伊藤「ちょうど昨日に、「明日ビッケの話をやってくるんだ〜」って話をして、「えっ、また声やんの?」みたいに言われて、「今回はアニメの吹き替えなんだけどね」って言ったら「えっ?吹き替えるね〜!」って言われました。何言ってるんだろうと思いましたけど(笑)」

伊藤沙莉 記者会見レポート

(C)ミルトモ

−−この作品は少年が大人になる過程が描かれてましたけども、沙莉さんご自身は自分がどういう少女だったのでしょうか?

伊藤「今考えると、すごく怖いもの知らずだったかもしれないですね。興味をもったらすぐそこに一直線という感じのタイプでした。」

−−今はどうですか?大人になられてそういう少女の時の勇気とか変化はありますか?

伊藤「かなり変わりましたね。もう真逆になっちゃいました。石橋を叩いても渡らないタイプです、今は。」

−−それだけ慎重に…何かキッカケとかはあったんですかね?少女の時から今に向けて慎重派になった…。

伊藤「やっぱり失敗が怖くなってきたんじゃないですかね。失敗することを覚えて、一歩が踏み出すまでに時間がかかるタイプになっちゃいましたね。」

−−改めて、嬉しいお知らせも最近ありましたけども。ギャラクシー賞TV部門の個人賞、そして日本映画批評家大賞・助演女優賞受賞の発表がありました。改めておめでとうございます!

伊藤「すみません、どうもありがとうございます。」

伊藤沙莉 記者会見レポート

(C)ミルトモ

−−受賞についての感想であったり、今後の目標など伺えたらと思うのですが。

伊藤「本当にがんばっていれば誰かが見てくれているんだな〜とすごく実感しましたし、でも賞を頂くというのはそこが新たなスタートだなというのも感じておりますので、ここからが勝負だなという、ここからもっと頑張っていきたいなと思います。」

−−今後たくさん目標があると思うんですけど、なんかこれからこういうことをチャレンジしたいなとかありますか?

伊藤「やったことないことができるのがすごく毎回楽しくて、今回のように男の子の役をやらせてもらったり。自分が今まで想像つかなかったり、自分にこんな役は来ないだろうと思ってた役がいきなり舞い込んできたりする瞬間がすごく嬉しいので、色んな人たちの中にいる伊藤沙莉の違った一面を何かの役で表現させて頂くことができたら良いなと思ってます。」

伊藤沙莉 記者会見レポート

(C)ミルトモ

『小さなバイキング ビッケ』作品情報

『小さなバイキング ビッケ』

© 2019 Studio 100 Animation – Studio 100 Media GmbH – Belvision

【監督】エリック・カズ「Vic the Viking」(TVシリーズ)
【アニメーター】ティモ・ベルク『SING/シング』『ペット』『怪盗グルーのミニオン大脱走』
【出演】伊藤沙莉(ビッケ)
【配給】イオンエンターテイメント、AMGエンタテインメント
【公式サイト】vic-movie.com
【公式Twitter】@vic_movie

2020年10月2日(金)よりイオンシネマ他にて全国公開!

▼あわせて読みたい!▼