綾野剛出演映画おすすめ10選!変幻自在の演技派俳優!『新宿スワン』『楽園』『そこのみにて光輝く』など

綾野剛出演映画おすすめ10選!変幻自在の演技派俳優!『新宿スワン』『楽園』『そこのみにて光輝く』など

出典:『影裏』公式Twitter

芸術家のようなミステリアスな雰囲気と、どんな役柄にも乗り移ってしまうような豊富な演技で人気を集めている俳優・綾野剛

モデルさながらの完璧なスタイルから放つ独特なオーラで近寄りがたいキャラクターや悪役を演じたかと思えば、穏やかな憎めない笑顔で爽やかな青年やダメな男を演じたりと、その表現は多岐にわたります。

近年さらに様々な役に挑戦している綾野は、2020年2月には純文学の傑作と名高い沼田真佑の芥川賞小説を映画化した『影裏』で主演を務め、2020年春クールのドラマ『MIU404』では星野源を相棒に警察バディものを披露する予定です。

今回はそんな綾野剛の数ある出演映画の中からおすすめの作品を10作品ご紹介します。

綾野剛出演映画おすすめ10選

『ヘルタースケルター』


究極の美貌とスタイルを武器に芸能界のトップスターになったモデルのりりこ(沢尻エリカ)は、そのすべてが“全身整形で手に入れた作り物”だという誰にも言えない秘密を抱えていました。

人々の羨望の的となり、欲望渦巻く世界をひた走るりりこは、やがてある事件を巻き起こします。

綾野剛が演じたのは、寺島しのぶが演じるりりこのマネージャー・美知子の彼氏である奥村伸一

同棲している美知子にすがるいわゆるヒモのような男で、りりこによる美知子への悪質な嫌がらせに巻き込まれていきます。

嫌がらせを受けながらもりりこに魅了されて逆らえない美知子と同様に、りりこの美しさに惚れこんでいく姿はダメ男そのもの。

uraraurara

何とも言えないだらしない表情が癖になります。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『新しい靴を買わなくちゃ』


妹のスズメ(桐谷美鈴)の付き添いでパリにやってきたカメラマンのセン(向井理)は、パリに着くなり単独行動をしたいというスズメに置いて行かれてしまいます。

センは宿泊先のホテルもわからず困り果て、挙げ句落としたパスポートを踏みつけられ破かれてしまいますが、パスポートを踏んでしまったのは、パリで働く日本人女性・アオイ(中山美穂)でした。

綾野剛が演じたのは、スズメの恋人であるカンゴ

uraraurara

遠距離恋愛中のスズメとカンゴのシーンは、とびきり甘くてフレッシュです。

この2人のやり取りはほとんどがアドリブだったそうですが、とても自然な会話と触れ合いが絶妙で、甘い空間の中にもずっとほのかに漂う切なさがあります。

その切ない空気感を作り出す綾野剛の演技は本当に素晴らしいです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『シャニダールの花』


選ばれた女性の身体にある日咲き誇る“シャニダールの花”。

そのシャニダールの研究所に勤める植物学者・大瀧(綾野剛)とセラピストの響子(黒木華)は次第に惹かれあっていきますが、花を採取する際に提供者の女性が死亡する事件が連続し、大瀧は研究所に不信感を抱き始めます。

綾野剛が演じたのは、主人公である植物学者の大瀧賢治

『シャニダールの花』

(C)2012「シャニダールの花」製作委員会

奇妙な世界観の中、花を宿す女性たちの人間模様が輝く今作では、大瀧はストーリーテラーのような役割を担いながらも一番状況に翻弄される役回りです。

uraraurara

大瀧がどんな運命をたどるのか、予想がつかない展開に引き込まれます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『白ゆき姫殺人事件』


とある化粧品会社の美人社員・三木典子(菜々緒)が何者かに惨殺される事件が起こり、典子と同期入社で地味な存在の女性・城野美姫(井上真央)に疑惑の目が向けられました。

テレビのワイドショーは美姫の同僚や同級生、故郷にいる家族など関係者たちからの証言を流しますが、噂が噂を呼び、何が真実なのか多くの人々は翻弄されていきます。

綾野剛が演じたのは、映像制作会社のディレクターである赤星雄治

『白ゆき姫殺人事件』

(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社

典子や城野と同じ化粧品会社で働く知人から情報を提供され、この事件の取材にのめり込んでいきます。

uraraurara

取材を進めるうちに明らかになっていく事実の数々を観ている側はほぼ赤星と一緒に体験することになるので、赤星のずる賢い人間性にイラつきながらも目が離せなくなることでしょう。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『そこのみにて光輝く』


仕事を辞め、自堕落な生活を送っていた佐藤達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で粗暴ながら人懐こい青年・大城拓児(菅田将輝)と知り合います。

拓児は取り残されたように存在する一軒のバラック小屋で寝たきりの父(田村泰二郎)、その世話に追われる母(伊佐山ひろ子)、水商売で一家を支える千夏(池脇千鶴)と暮らしており、達夫は1人光輝く千夏に惹かれていきますが…。

『そこのみにて光輝く』

(C)2014 佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

綾野剛が演じたのは、主人公の無職の男・佐藤達夫

職場でとある事故が起こり、その責任を取って仕事を辞めてからは、フラフラと散歩やパチンコをして過ごしている男です。

拓児や千夏と出会ったことをきっかけに少しずつ人間らしい生活を取り戻そうとしますが、一筋縄ではいかない運命をたどります。

uraraurara

綾野はこの作品でリアルなむくんだ顔を演出するため、撮影中は毎晩飲み明かしていたそうです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『新宿スワン』


一文無しであてもなく歌舞伎町を彷徨っていた白鳥龍彦(綾野剛)は、スカウト会社・バーストの幹部で謎に満ちた一流スカウトマンの真虎(伊勢谷友介)に助けられ、スカウトマンとしての道を歩み始めます。

裏社会に足を踏み入れた龍彦は、危険な思惑が交錯する世界を縦横無尽に駆け抜けていくことに…。

『新宿スワン』

(C)2015「新宿スワン」製作委員会

綾野剛が演じたのは、主人公の白鳥龍彦

真っ直ぐで純粋な龍彦は、熱いハートを忘れずにスカウトマンとして成長していきます。

uraraurara

龍彦の自分がスカウトした女の子はみんな幸せになってもらいたいという考えにはどこか傲慢さも感じますが、綾野は本気の情熱を宿し、違和感なく見事に演じています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ピース オブ ケイク』


仕事も恋愛も周囲に流されるまま生きてきた梅宮志乃(多部未華子)は、バイト仲間との浮気がバレたことでDV体質の恋人・正樹(柄本佑)に振られ、バイトも辞めることに。

このままではいけないと心機一転した志乃は家を引越し、そこで出会った隣人で、新しいバイト先の店長でもある男・京志郎(綾野剛)に本気の恋をしますが、京志郎には同棲中の恋人がいました。

綾野剛が演じたのは、主人公が恋をする隣人・京志郎。

uraraurara

飄々としていますが根は熱く、優しいけどその優しさが時に京志郎自身をダメな男に格下げしてしまうような不安定さがあります。
『ピース オブ ケイク』

(C)2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会

綾野はそんな不安定さを好演し、ダメな部分もあるのに憎めない、嫌いになりきれない男を演じ切りました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『日本で一番悪い奴ら』


大学時代に鍛えた柔道の腕前を買われて道警の刑事となった諸星要一(綾野剛)は、強い正義感を持ち合わせているが、なかなかうだつが上がりません。

やがて、敏腕刑事の村井(ピエール瀧)から「裏社会に飛び込み“S(スパイ)”を作れ」と教えられた諸星は、その言葉の通りに“S”を率いて危険な捜査に踏み込んでいきますが…。

『日本で一番悪い奴ら』

(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

綾野剛が演じたのは、主人公である諸星要一

先輩にいわれるまま暴力団員と関わるようになり刑事としては昇進していきますが、徐々に自らの首を絞めていくようになります。

uraraurara

スリルと怠惰の狭間にある難役だったと思いますが、綾野は肌を焼いたり10キロ以上体重を増やしたりと身体的にも役作りをし、この役に挑んだそうです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『怒り』


東京・八王子市で起こった残忍な殺人事件の犯人は、現場に“怒”という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡しました。

それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)の前に田代(松山ケンイチ)という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬(妻夫木聡)は街で直人(綾野剛)という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉(広瀬すず)は無人島で田中(森山未來)という男に遭遇します。

綾野剛が演じたのは、東京でのストーリーに登場する謎の青年・大西直人

妻夫木聡演じる優馬と恋人関係になり同棲をするのですが、2人は役作りのため、撮影中に同じホテルの部屋で生活をしていたそうです。

『怒り』

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

その甲斐もあってか優馬と直人の関係性はリアリティに溢れていて、豪華な俳優陣の好演が光る今作の中でも一際存在感のあるカップルとして映し出されていました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『楽園』


ある夏の日、青田に囲まれたY字路で少女失踪事件が起こり、事件は解決されないまま直前まで被害者と一緒にいた親友・紡(杉咲花)は心に深い傷を負います。

それから12年後、かつてと同じY字路で再び少女が行方不明になり、町営住宅で暮らす孤独な男・豪士(綾野剛)が犯人として疑われ、追い詰められた豪士は街へと逃れ、そこである行動に出ます。

さらに1年後、Y字路に続く限界集落で愛犬と暮らす養蜂家の善次郎(佐藤浩市)は、村おこし事業を巡る話のこじれから村八分にされてしまい、ある事件を起こすのでした。

『楽園』

(C)2019「楽園」製作委員会

綾野剛が演じたのは、誘拐事件の犯人と疑われる青年・中村豪士

uraraurara

疑われてしまう理由や豪士本人の行動にも理由があるのですが、周囲の憶測や疑惑を晴らすのは困難で、また恐ろしく感じます。

そんな恐ろしさをもっとも感じているであろう豪士の繊細な感情の機微を表情ひとつで見せる綾野の演技は、哀愁や悲壮感を掻きたてるものでした。

▼動画の無料視聴はこちら▼

綾野剛出演映画おすすめ:まとめ

いかがだったでしょうか。

綾野剛の気になる今後の出演作ですが、2020年11月には、中山七里の推理小説を原作とした映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』が公開予定。

さらに、2020年のコロナ禍における昨今の状況により放送延期になっている2020年春クールのドラマ『MIU404』のスタートも待たれます。


変幻自在な演技を魅せる実力派俳優・綾野剛の出演作に今後も注目です。