有村架純の出演ドラマおすすめランキングTOP10!朝ドラヒロインから禁断の恋に落ちる中学教師など

有村架純ドラマおすすめランキングTOP10!朝ドラヒロインから禁断の恋に落ちる中学教師まで幅広い役を演じる女優!

出典:『中学聖日記』公式Twitter

有村架純は2013年にNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクを果たすと、その後数々の話題作に出演し、一気に人気女優の仲間入りをします。

有村の透明感のある清楚な雰囲気はどこかほっとするような柔らかさがあります。

朝ドラでは有村の持つナチュラルな魅力が存分に発揮され、視聴者を明るい気持ちにさせてくれました。

有村は自分の決めたことを貫き通す芯の強い少女といった役がハマリ役でしたが、最近では大人の色香漂う悪女、度胸のあるフリーライター、禁断の恋に陥る女教師などをこなし、確実に演技の幅を広げています。

実は人を引きつける力強い眼差しを持っており、それが武器になっています。

可愛らしいルックスとたしかな演技力で、幅広いジャンルの作品で活躍する有村架純のよりすぐりのドラマ10選をランキング形式でお届けします。

有村架純ドラマおすすめランキングTOP10

10位:『クローバー』

クローバー』は2012年テレビ東京系列の「ドラマ24」で放送されました。

平川哲弘の漫画が原作です。

不良少年たちの泥臭い友情を描く笑いあり涙ありの青春ドラマです。

破天荒だが友情に厚い奴・美咲(賀来賢人)、クレバーで冷めた孤高の少年・奈良友基(三浦貴大)、無口で不器用だけど気は優しい・花山健次(鈴之助)。

幼なじみの彼らは隼人の喧嘩の強さから、さまざまなトラブルに巻き込まれますが、己の強さと仲間の助けで、困難を乗り越えていきます。

有村架純は彼らと絡む謎の美少女・秋山ユイを演じています。

学校ではどちらかと言えば地味で優等生風です。

メガネザル呼ばわりする隼人と口喧嘩が絶えません。

一方、友基が困っている時、声を掛けるなど優しい一面を持っています。

第1話から自転車から落ちるインパクトのあるシーンがありました。

放課後になると派手でセクシーなギャル・レイナに変装し、町の不良たちに声を掛けます。

母親の再婚によって義理の兄となった光(小林竜樹)から家庭内暴力を受け苦しんでいたユイはレイナに変装して兄から守ってくれる強い男を探しているのでした。

不良の争いに巻き込まれた時、隼斗が救ってくれたことから絡みが始まります。

ミルトモライターミルトモライター

有村演じるユイとレイナのギャップが見ものです。ユイの時は黒髪に眼鏡と清純な感じですが、レイナの時は金髪のかつらをつけ派手なメイクをしています。金髪と言えば、映画『ビリギャル』を思い出しますが、有村は意外と金髪が似合いますね。

▼動画の無料視聴はこちら▼

9位:『MOZU』

『MOZU』

出典:U-NEXT

MOZU』はTBSとWOWOWの共同制作で放送された刑事ドラマです。

ハードボイルド作家・逢坂剛の小説「百舌の叫ぶ夜」「幻の翼」を原作としています。

シーズン1の『MOZU〜百舌の叫ぶ夜〜』は2014年4月期TBS系の「木曜ドラマ劇場」枠で放送され、その後『MOZU〜幻の翼〜』が毎週日曜WOWOWプライムの「連続ドラマW」枠で放送されました。

2015年に『劇場版 MOZU』が公開されると、それに合わせて、スピンオフドラマ『大杉探偵事務所』がWOWOWプライム及びTBSでそれぞれ放送されました。

『MOZU』は公安刑事の西島秀俊演じる倉木がテロ事件を犯した犯人を捜していくストーリーです。

『MOZU』

出典:U-NEXT

ミルトモライターミルトモライター

その中に新谷というモズと呼ばれる殺し屋がでてくるのですが、MOZUというタイトルはここからとられています。

小説「百舌」シリーズは巧妙なトリック、激しいカーアクション、警察内部の生々しい描写のため「映像化不可能」と言われていました。

しかし、北九州市等の協力により6日間にわたる道路の通行規制を行い、爆破シーンやカーアクションなどのロケを敢行しました。

北九州ロケの際には監督の羽住と出演者の有村架純が市長に表敬訪問を行う一幕もありました。

有村架純はフリーライターの中島葵美という役を演じました。

心優しい性格でとてもまっすぐな女性です。

記憶喪失となった殺し屋・新谷(池松壮亮)の記憶を取り戻す協力がしたいと考え、彼を取材し市の広報ウェブサイトに掲載します。

けれども、その行動で元新谷の仲間・中神(吉田鋼太郎)らに新谷の居場所を掴まれ、命の危険に晒されてしまいます。

有村演じる葵美は中神にとっては新谷を手助けする目障りな存在だったため、拷問され殺されてしまいます。

頭蓋骨折の治療中に誘拐され、それが致命傷となって眠ったまま死んでいきました。

有村のこのキャラクターはドラマのオリジナルで原作には出てきません。

わざわざオリジナルキャラまで作って、有村架純が演じる必要があったのかという意見もあります。

ミルトモライターミルトモライター

架純ちゃんにはもっと可愛らしい明るい役を演じて欲しい気もします。けれどもアクションシーンにも挑戦し、ハードボイルドな本ドラマに華を添えたことは間違いありません。西島秀俊、香川照之真木よう子ら豪華俳優陣が集結するドラマの中で、存在感のある役を演じきりました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

8位:『ようこそ、我が家へ』

『ようこそ、わが家へ』

出典:IMDB

ようこそ、わが家へ』は2015年4月期フジテレビ系の「月9」枠で放送されました。

直木賞作家・池井戸潤の小説が原作です。

気弱で争い事が大の苦手な主人公が電車の列に割り込んだ男を注意したことから、その後次々に不可解な出来事に見舞われるという月9初のサスペンスタッチのホームドラマです。

主演は嵐の相葉雅紀です。

相葉雅紀が演じる主人公の倉田健太は平凡な家庭に育ち自らを“臆病者”と自称しています。

ミルトモライターミルトモライター

池井戸作品史上、最弱のヒーローかもしれません。

ある日、仕事帰りの駅のホームで割り込み乗車をしようとした男を柄にも無く注意します。

それを境に、身の回りで様々な嫌がらせや不可解なことが起こり始め、健太と家族はストーカーの恐怖におびえる日々となります。

一方で寺尾聡が演じる健太の父・太一は会社の不正と闘うこととなります。

ストーカーとの対決とともに企業ドラマも描かれていて、視聴者にとってはいろいろと想像しながら見る楽しみがあります。。

有村架純は健太の妹・倉田七菜役で登場します。

21歳の女子大生で、女子アナを目指し就職活動中です。

健太とは対照的に明るく人懐っこい性格で、しっかり者、一家のムードメーカー的存在でもあります。

元カレ・辻本(藤井流星)のストーカーに悩んでいました。

物事をはっきり言う性格なのですが、元カレにつきまとわれていることは家族に言えずにいます。

このことが、どうストーリーに絡んでくるのかが見どころの一つとなっています。

第5話では有村演じる七菜が衣服を着けずに元カレと抱き合っているベッド写真を何者かに送りつけられ、脅されるという衝撃の展開となります。

ミルトモライターミルトモライター

誰も予想していなかったまさかの演出に、ネット上では悲鳴が相次ぎました。

この写真は裸の有村と元カレがホテルのベッドと思われる場所で寄り添っているというセクシーショットで、有村は背中を露わにした状態で、“事後”のような雰囲気が漂っていました。

スマートフォンに表示された“ベッド写真”を見た健太がドギマギし「お兄ちゃんの知らないところでそんなことしてたのか」と言うと、七菜は「知ってるところでやるわけないでしょ」と返し、際どい会話が続きます。

また、七菜と大学の友人・万里江(足立梨花)とのシーンでも、この“ベッド写真”が大写しになります。

「ダメだよ、女子アナ目指しているなら」と注意する万里江に「ちょっと盛り上がっちゃってさ」「旅行行った時とかにはいろいろ撮ったけど」「パソコンに保存してあるかな」などの露骨な会話が繰り広げられました。

結局、辻本は万里江から自分を守るために見守っていただけだと知り和解します。

その後、七菜は静岡テレビに内定をもらいさわやかに静岡へ旅立って行きます。

ミルトモライターミルトモライター

第5話は衝撃的でしたが、全体的には有村のナチュラルな可愛らしさが存分発揮されています。彼女がドラマ内で着用した可愛い衣装、時計、バッグなど、カジュアルなファッションにも注目です。

7位:『ハガネの女』

ハガネの女』はテレビ朝日系列で放送されたドラマで、深谷かほるの同名マンガが原作となっています。

2010年5月にシーズン1が「金曜ナイトドラマ」枠で、2011年4月にシーズン2が「木曜ドラマ」枠で放送されるヒット作となりました。

吉瀬美智子演じる主人公の小学校教師・ハガネこと芳賀稲子が、問題を抱える小学生たちと向き合っていく姿を描いた感動作です。

吉瀬はシーズン2でゴールデンタイムの連続ドラマで初めての主演となりました。

シーズン1は原作を基にしており、シーズン2はオリジナルのストーリーとなっています。

シーズン2でとりあげたアスペルガー症候群の取り扱ったことがトラブルとなったこともあり、ゴールデン枠での視聴率は伸び悩みました。

有村架純はこの作品で、稲子の元教え子でシェフ見習いの少女・西堀マナを演じています。

中学時代はいじめにあっていましたが、稲子のおかげで笑顔を取り戻し、いじめていた相手を見返して猛勉強に励み高校に進学します。

しかし父親のリストラにより授業料が払えなくなったため、学校に無断でバイトをしたのがバレて退学になります。

その後は洋食店で働きながら、シェフになるための勉強をしています。

交際していた青果市場で働くうバツイチ子持ちの浅野達也(松本利夫)からのプロポーズを受けますが、娘の夏希(鍋本凪々美)に母親面しないでと言われ、夏希に母親として認めてもらえるよう奮闘します。

マナは夏希にひどいことを言った実の母親・香(笛木優子)をひっぱたいた時、夏希は香をかばいます。

夏希にとって香は大切な母親だということを思い知らされ、達也と別れます。

しかし、その後夏希と和解し達也とよりを戻します。

ミルトモライターミルトモライター

『ハガネの女』は有村にとって記念すべき連ドラデビュー作です。事務所の先輩である吉瀬美智子が演じる主人公の元教え子役として、いきなり初ドラマにしてレギュラー出演を果たしました。

初ドラマという目でみてみると、この時からかなり演技がうまいと思います。笑顔も素敵で可愛らしい顔立ちは目を引きました。

シーズン2ではハガネと絡むシーンでシーズン1のような一歩引いた感じがなくなり、いい距離感で演じられたと自ら成長を語っていました。

ミルトモライターミルトモライター

マナには17歳年上の恋人ができて、しかも彼は小学4年生の娘がいるバツイチ男というハードルの高い設定でしたが「どんな感じなのか全然わからないんですけど、そのわからない感覚を生かして演じたいと思う」と女優気質を見せていました。

6位:『失恋ショコラティエ』

『失恋ショコラティエ』は2014年1月期フジテレビ系の「月9」枠で放送されました。

原作は水城せとなの同名漫画です。

高校時代からの憧れの人がチョコレート好きだったことからショコラティエとなった主人公が、彼女を振り向かせようと奮闘する物語です。

嵐の松本潤演じる主人公・小動爽太と石原さとみ演じるヒロイン・高橋紗絵子の恋の行方とともに、みずみずしい俳優陣がキャスティングされ、全員が切ない片想いをするというラブストーリーにも注目です。

ミルトモライターミルトモライター

また、美しいチョコレートの映像も素敵でした。

有村架純はこの作品で爽太の妹・女子大生の小動まつり役で登場します。

兄の恋を応援しながら自らも辛い恋に悩む姿を好演しています。

ミルトモライターミルトモライター

ようこそ、わが家へ』に続き、嵐のメンバーの妹役を演じたのはこれで2度目となりました。

登場人物たちの片思いが渦巻くこの作品で、有村は友人の彼氏と三角関係になるという役どころです。

当時乃木坂46の若月佑美がまつりの友人・女子大生のユカリンを演じています。

ミルトモライターミルトモライター

有村と若月のツーショットは何故か素人感があり初々しく感じました。

まつりは自分を責めながらもユカリンの彼氏と付き合っているのですが、その複雑な感情を有村がどう表現しているのかが見どころです。

ドラマでは爽太を中心に複雑な四角関係が進行中ですが、一方でまつりに恋するオリヴィエ(溝端淳平)、彼女が居るのにまつりとも交際している二股彼氏、そして彼氏の浮気に気づいているのに交際を解消しないユカリンというこちらも複雑な四角関係が繰り広げられます。

7話ではまつりとオリヴィエがメインとなります。

2人はまつりの二股元カレの家へ行きます。

毅然とした態度で、元カレの部屋にまつりを入れないオリヴィエ!彼氏の家からの帰り道、まつりの方からオリヴィエにキスをします。

ミルトモライターミルトモライター

キスが終わったあとのオリヴィエの表情も、まつりの照れた顔も素敵でした。

5位:『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』

出典:U-NEXT

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』は2010年10月期TBS系列の「金曜ドラマ」枠で放送されました。

また、このドラマから派生した一連の映像作品のシリーズがあります。

戸田恵梨香加瀬亮のダブル主演です。

『SPEC』は警視庁公安部の捜査一課が手を焼く難事件を解決するために設立された未詳事件特別対策係(通称・未詳)に配属された2人の捜査員が、“SPEC”という常人にはない特殊な能力を持つ犯罪者たちに立ち向かっていくという異色の刑事ドラマです。

主人公・当麻紗綾を戸田恵梨香が、同僚・瀬文焚流を加瀬亮が演じました。

『『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』』

出典:U-NEXT

有村架純は未詳に出入りする婦警・正汽雅役で登場します。

当麻と瀬文の上司・野々村係長(竜雷太)の若き愛人で、なかなか離婚しない野々村に対し、いろいろな手を使って結婚を迫ります。

ミルトモライターミルトモライター

野々村とのやりとりはとてもコミカルで愉快でした。

この『SPEC』という世界観の中で、ちょっとした笑えるようなシーンを作ってくれました。

70歳の野々村と20歳の雅が付き合っているという設定自体がすごいです。

野々村とのシーンは腕を組んだり、一緒にジュースを飲んだりと微笑ましく、野々村役の竜が優しくリードし自然に演じられていました。

ミルトモライターミルトモライター

今より初々しい感じの有村がだいぶ年の離れた彼といちゃいちゃする姿は男性ファンには見たいような見たくないような複雑な気持ちかもしれません。それでも小悪魔感たっぷりで誘惑する有村の姿はユーモラスで、とても可愛らしいです。

ドラマ版、劇場版と回を重ねるごとにシリアスさを増していった『SPEC』シリーズの中で、雅はコメディリリーフとして愛され続けたマスコット的な役割を果たしました。

『劇場版 SPEC 結(クローズ) 爻(コウ)ノ篇』

(C)2013「劇場版 SPEC 結 漸ノ篇」製作委員会
(C)2013「劇場版 SPEC 結 爻ノ篇」製作委員会

爽やかなお色気担当を担う有村の姿はほっとする癒しの存在です。

有村にとって『SPEC』シリーズはデビューしたての頃に正汽雅役に抜擢されて、連続ドラマに出演以来、長期間演じた思い入れが強い作品です。

2010年10月始まりの連続ドラマを皮切りに、スペシャルドラマから劇場版と3年にわたって出演しました。

最初の頃はいっぱいいっぱいのようですが、色々な経験を経て、次第にのびのび演じるようになってきました。

ミルトモライターミルトモライター

堤監督にしごかれ、“思いきり”が大事だということを学んだようです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

4位:『中学聖日記』

『中学聖日記』

出典:U-NEXT

中学聖日記』は2018年10月期TBSテレビ系火曜ドラマで放送されました。

かわかみじゅんこの同名漫画が原作です。

自分を大切にしてくれる年上の婚約者がいながら、自分の教え子として出会った不思議な魅力を持つ中学生に心惹かれていく女教師の禁断の恋を描くヒューマンラブストーリーです。

主演の有村架純は初の教師役に挑戦しています。

彼女に恋をする中学生役はオーディションで選出された岡田健史が初々しく演じました。

有村架純は今までの“清純派”なイメージとはかけ離れた“禁断の恋”に挑戦します。

多くの上質な作品を生み出してきたスタッフたちが、有村とともに原作とオリジナルの世界観を繰り広げていきます。

今までに見たことがない有村架純の姿が見られます。

有村架純演じる主人公・末永聖は子星中学校で中学3年生のクラスを受け持つ国語教師です。

念願の教師になれて張り切りますが、時に空回りすることも多く、生徒たちに笑い者にされてしまいます。

大学サークルの先輩である川合勝太郎(町田啓太)と婚約していますが、大人な勝太郎に対しどこか劣等感を感じています。

遠距離恋愛でなかなか逢う時間もとれからません。

そんな時に担任を務めるクラスの生徒・黒岩晶と出会い、聖にストレートに恋心をぶつけてくる晶に惹かれていきます。

聖は必死に感情を抑えようとしますが、晶の情熱的でまっすぐな想いから次第に逃れられなくなり聖の心は揺れ動いていきます。

有村は婚約者がいるということ、自分は教師という立場であることが頭ではわかっているのに生徒に惹かれてしまうという複雑な感情を見事に表現しています。

ミルトモライターミルトモライター

2人の男性の間で揺れ動き、己の恋心を必死で抑える聖の切なさが痛いほど伝わってきました。有村が演じると、禁断なのだけれど清純な感じがしてしまいます。

前半はじれったい切なさがいっぱいに詰まった原作の世界観を踏襲していますが、後半はドラマオリジナルストーリーになっていて、2人の関係を怪しむ生徒や大人たちの目線、聖を取り巻く人々の人間模様が丁寧に描かれています。

切なさ、ずるさ、もどかしさ、色々な感情が渦を巻きハラハラする展開が続きます。

青春の1ページでは終わらない、壮大な恋愛物語となっていて、驚くような結末が待っています。

この恋を通し聖が人として、1人の女性としてどう成長していくのかが見ものです。

ミルトモライターミルトモライター

ラストまで見ると、有村がこの役に選ばれたことに合点がいきます。

有村はこの役を演じるにあたって「一言で表すと、新感覚。言葉にしようとすると難しいです。

ガラスを扱うような、そんな感覚」と表現しています。

原作者のかわかみじゅんこ氏は「フランスの片田舎で妄想してきたお話が、実際に今の日本を舞台に映像化してもらえるなんてなんだか夢のよう。」と話しています。

有村架純については純粋さの中に強さのある眼差し、透明な素肌感も、聖と通じるところがあると感じたそうです。

ミルトモライターミルトモライター

そして有村の手がとても美しいと称え、手の表情にこだわって描いている作者にとってはそこも素敵なミラクルだったようです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

3位:『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は2016年1月期フジテレビ系「月9」枠にて放送されました。

「人生はつらい、でも恋しているとき忘れられる」をキーワードに、地方から東京に出てきた若者たちの現実を映しつつ恋愛の美しさを描いています。

坂元裕二が脚本を手掛け、有村架純高良健吾がダブル主演を務めます。

略称は『いつ恋』、第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞しています。

それぞれに辛い過去があるけれども前向きにがんばろうとする主人公の音(有村架純)と練(高良健吾)を中心に、2人を取り巻く4人の男女の想いが複雑に絡み合っていく群像ラブストーリーです。

前半は東日本大震災が発生する2011年前後、後半は5年後となる2016年と2部構成となっています。

有村架純が演じる杉原音は幼い頃に母親を亡くし閉鎖的な北海道の養父母の元で育ちクリーニング店で働いており、牧場主との結婚を控えていました。

高良健吾演じる東京の運送会社で働く男・練との出会いをきっかけに自由になるために町を出て上京します。

東京での仕事は介護福祉士でつらいこともありますが、現状を受け入れながらも明るく前向きに生きようとします。

音は会話に時折関西弁を混ぜて話し、子供の頃に染み付いた関西弁が抜け切れていません。

他にも練に突然飴を渡したり、大雨の降る中「雨と雨の間走って通れるから」と傘もささず走り出したり、どことなく関西人気質な大らかさを感じさせる演出がなされています。

ミルトモライターミルトモライター

いかに音がこの北の町の人々と距離を置いて生きてきたのかがわかります。有村架純は兵庫県出身からなのか、まったく違和感がなく自然に感じます。

全体にわたって、坂元裕二の言葉の演出が効いていて、それに乗っかるように有村のナチュラルな魅力が発揮されました。

特に、音と北海道までやってきた練がファミレスで再会するシーンはファンの胸に深い感動をもたらしました。

練と音の会話はぎこちなくて、表面上は相変わらず敬語でやりとりしています。

東京での思い出を語る練に対して音は拗ねたような態度で不機嫌に対応します。

ミルトモライターミルトモライター

その姿はまるで子どもが親に甘えているかのようです。誰に対しても誠実に対応する音がいたずらっ子のように振る舞えるのは練の前だけだということが伝わってきます。

ラスト15分弱を丸々ファミレスでの会話に費やすというのはドラマとしては常軌を逸していますが、脚本の坂元にとって、この場面こそがこのドラマを象徴するところで、一番表現したかった場面なのだということがわかります。

音と練の会話は何気ない会話なのですが、何も知らない2人がお互いを知っていくときめく瞬間が詰まっているのです。

ただファミレスでハンバーグを分け合って食べるというそれだけのことなのに、とてつもなく愛おしくなってしまう感じが沸き上がります。

ミルトモライターミルトモライター

有村のしゃべり、間、しぐさ、目つき、そのすべてがナチュラルな感じが何とも言えず、深く心に残るシーンとなりました。
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が見れるサービス一覧

2位:『あまちゃん』

『あまちゃん』

出典:U-NEXT

あまちゃん』は2013年度上半期NHK連続テレビ小説です。

宮藤官九郎NHK初脚本作品でもあります。

能年玲奈が演じるヒロインのアキが、東北の田舎町に移り住み、海女を目指す中で成長していく姿を描いています。

物語は東京で生まれ育った主人公・天野アキが祖母が危篤との知らせを受けて母・春子と共に岩手県北三陸を訪れるところから始まります。

北三陸の海や、海女という職業がクローズアップされました。

また主人公・アキを演じた能年玲奈の出世作としても話題となり、「じぇじぇじぇ」のフレーズが流行りました。

この作品で有村架純が演じたのはアキの母親・天野春子(小泉今日子)の少女時代です。

『あまちゃん』

出典:U-NEXT

春子の若かりし頃の姿としてたびたび回想シーンに登場しており、後にアイドル歌手を目指すことになるアキに大きな影響を与える重要な役どころを演じています。

ミルトモライターミルトモライター

有村は春子がかつてアイドルを夢見て上京した時の姿をキュートに再現しています。“聖子ちゃんカット”がとても似合っていて、とても可愛らしいのです。昔の小泉今日子によく似ていて、大きな話題になりました。

本人も「私の顔つきは昭和のにおいを漂わせているみたいで、80年代にぴったりだって言っていただくことが多くて」と言っていました。

有村はルックスだけではなく、春子のうまくいかずにもどかしさを感じている心の葛藤、がむしゃらに前に進んでいく姿を精いっぱい伝えていました。

ミルトモライターミルトモライター

その後、有村はドラマのヒットに引っ張られるようにブレイクし、有村架純の名前が日本中に知れ渡りました。

本人は“あまちゃん女優”と呼ばれることに抵抗を感じたこともあったようですが、のちに「そこから脱皮したいと思っているうちは自分がそこにとらわれている」と気付いたことで、受け入れられるようになったと心境の変化を明かしています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

1位:『ひよっこ』

『ひよっこ』

出典:U-NEXT

ひよっこ』は2017年度上半期に放送されたNHK連続テレビ小説です。

また、スペシャルドラマ『ひよっこ2』が2019年3月4夜連続で放送されました。

主演の有村架純は高度経済成長期の日本を舞台に、1人の少女から女性へと成長していく過程を好演しました。

『ひよっこ』

出典:U-NEXT

朝ドラのヒロインは通常オーディションで選ばれますが、有村は着々と舞い込む仕事に対して丁寧に取り組む姿勢が評価され、脚本家の“指名”でヒロインに抜擢されました。

ミルトモライターミルトモライター

半年という長いスパンのヒロイン役というと見どころも多く、なかなかまとめきれませんが、特に印象に残ったシーンをあげてみます。

有村架純が演じたヒロインは奥茨城に住む谷田部みね子です。

東京オリンピック開催を目前に控え、みね子たちは聖火リレーを企画し、この実行のために奔走します。

イベントは村を上げてのものになり、テレビ局のカメラも入ることになりました。

アンカーのみね子は東京で行方不明の父親が自分の姿を目に止めてくれることを願いながら走りました。

ミルトモライターミルトモライター

このみね子の一生懸命走る姿がとても印象的でした。

高校卒業後は奥茨城で家業に専念つもりでしたが、東京に出稼ぎ中の父・実(沢村一樹)の失踪をきっかけに上京し、向島電機に就職し「乙女寮」に入居します。

『ひよっこ』

出典:U-NEXT

みね子はトランジスタラジオの製造ラインに配属され、失敗の連続で落ち込みますが、寮仲間の助言で克服します。

寮仲間とのふれあいや会社のコーラス部の活動が興味深かったです。

お盆休みは帰省せずに仲間らと映画や海へ遊びに行くなど、東京生活を楽しんでいました。

女子寮の若き乙女たちの生活ぶりが見て取れます。

ミルトモライターミルトモライター

みね子たちが精いっぱいおしゃれを楽しむシーンなどはいつの世も同じだなあと感じました。有村は昭和のファッションがとてもよく似合います。
『ひよっこ』

出典:U-NEXT

向島電機が倒産してしまうと、次にみね子を拾ってくれたのは赤坂の洋食屋「すずふり亭」でした。

ウエイトレスと仕込みの手伝いがみね子の仕事になり、そこで働く仲間が家族のような存在になっていきます。

近所のアパート「あかね荘」に住み、そこの住民である島谷(竹内涼真)と関わるうちに、彼の優しさに惹かれ恋人同士になります。

2人の交際は順調に続きますが、島谷は父親から家業の存続が掛かった縁談を迫られます。

島谷からは家を見捨てみね子を選ぶと言われますが、みね子はおぼっちゃまの島谷のあさはかな選択や親不孝さを叱責し、2人は別れてしまいます。

『ひよっこ』

出典:U-NEXT

ミルトモライターミルトモライター

20歳にしてこのしっかりした考対応、温和なみね子の筋の通った考え方に感心してしまいました。島谷に別れを告げるみね子のしゃべりにジーンときました。

上京以後、同郷の警官・綿引(竜星涼)らの協力を得ながら父を探していましたが、みね子は代役で生CMに出演した際に知り合った女優の世津子のマンションで、記憶を失い彼女の家で暮らす父と再会します。

ミルトモライターミルトモライター

父はみね子のことも覚えていませんでしたが、そこから奥茨城へ戻るまでのみね子と父の関係が少しずつ変わっていくところが秀逸でした。

一方、みね子は「すずふり亭」の料理人・前田秀俊(磯村勇人)に励まされ、前向きに変わっていきます。

『ひよっこ』

出典:U-NEXT

店主の鈴子(宮本信子)から新しい制服のデザイン考案を命じられたみね子と新メニュー考案を命じられた秀俊は一緒に勉強するうちに両思いになり、やがて結婚を前提に交際を始めます。

ドラマ最終話では婚姻届けを記入しています。

ミルトモライターミルトモライター

みね子は身の丈にあった職場仲間を伴侶に選んだのですね。みね子らしいです。

『ひよっこ2』では昭和45年の時点で秀俊とともにあかね荘に住んでおり、新婚生活は順調なようです。

いずれは秀俊との2人の店を持つことが夢のようです。

『ひよっこ』

出典:U-NEXT

ミルトモライターミルトモライター

みね子の穏やかな性格、気を遣うあまりに嘘やお世辞を言ってしまうところ、自分に対しては筋の通っているところ、家族思いなところ…有村架純のみね子は魅力がいっぱいでした。

▼動画の無料視聴はこちら▼

有村架純ドラマおすすめランキングTOP10:まとめ

気になる今後の有村架純の出演作ですが、2020年の終戦記念日に放送予定の戦争ドラマ『太陽の子』があります。

第二次大戦末期に軍から新型爆弾の開発を命じられ、苦悩する兄弟の物語で、有村架純は兄弟が思いを寄せるヒロイン・朝倉世津を演じます。

同題の映画もまだ公開日は未定ですが制作されます。

また新型コロナウィルスの影響で2020年夏から2021年ゴールデンウィークに公開延期になりましたが、『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の二部作で主人公・剣心の運命の女性・雪代巴役を演じています。

また2021年には菅田将暉と共演の恋愛映画『花束みたいな恋をした』も公開予定。

これからも有村架純の活躍に目が離せません!