『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第2話あらすじ・ネタバレ感想!ついに始動した春組メンバー。

アニメ『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第2話あらすじ・ネタバレ感想!ついに始動した春組メンバー。

出典:『A3!』公式ページ

劇団員はたったひとり、お客はゼロ、借金まみれの老舗劇団のMANKAIカンパニーを立て直すために動き始めた主人公、立花いづみ。

引き続き新たなメンバーを探しつつ、脚本の準備と稽古がスタートした第2話では、それぞれのキャラクター像が少しずつ明らかになりました。

何やら個性的なメンバーも登場し、ますます目が離せない展開になってきました。

かつては「1番人気だった」ともいわれていた初代春組。

新生春組がどのようなお芝居をするのか、非常にワクワクしますね。

『A3! SEASON SPRING & SUMMER』前回第1話のあらすじと振り返り

失踪した父親を探すため、MANKAIカンパニーという劇団からの手紙を手に天鵞絨(ビロード)町にやってきた立花いづみ。

かつて父が立ち上げたMANKAIカンパニーは大人気だったものの、現在は借金まみれで劇団員もひとりという有様でした。

いづみはたったひとりの劇団員、咲也とともに新たなメンバーを集め、MANKAIカンパニーの立て直しを決意します。

アニメ『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第1話あらすじ・ネタバレ感想!超人気ゲームが待望のTVアニメ化!

【ネタバレ】『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第2話あらすじと感想


直近の危機は回避したものの、新生春組の課題は山積みのまま。

春組はメンバー集め、脚本の準備、稽古と大忙しです。

新たに加わったメンバーは外国からの留学生、シトロンとサラリーマンの茅ヶ崎至。

綴が1週間カンヅメになって脚本を書き上げ、本格的に旗揚げ公演に向けた稽古が始まる……と思った矢先、至が「体調不良」を訴えて部屋に戻ってしまいます。

心配になって至の部屋を訪れたいづみが見たものは、それまでの爽やかなイメージとは真逆の至でした。

少しずつ見えてきた団員のキャラクター像と寮生活

現役高校生の咲也、真澄がMANKAIカンパニーの寮に住む許可を貰うため、いづみはふたりの保護者に連絡をします。

いづみは海外にいる真澄の両親にメッセージを残し、咲也の保護者に電話をかけます。

苗字が違うことを不思議に思いながら許可を得たいづみは、咲也から「両親が亡くなっていること」、「親戚の家にお世話になっていること」を伝えられるのでした。

いつも明るく頑張り屋な咲也ですが、どうやら複雑な事情がありそうです。

MANKAIカンパニーの寮で食事をすることになった劇団員といづみ。

「ごちそうができた」と嬉しそうな支配人ですが、出されたのは得体のしれない謎の料理でした。

思わずいづみは「私がカレーを作ります!」と宣言し、美味しそうなカレーを調理します。

ルーを使うのは怠慢。カレーに対する冒涜」と熱く語るいづみは、実は超がつくほどのカレー好きだったのです。

田中泉

美味しいカレーに嬉しそうな咲也がかわいい!

新たに加入した、不思議な外国人留学生と爽やかなサラリーマン

いづみたちは初代春組が5人だったこと、団員が少ないと脚本が膨らませられないことから引き続き団員を集めることに。

まだまだ上手くいかないストリートACTを続けるうち、いづみたちは不思議な雰囲気の外国人留学生、シトロンと出会います。

「天鵞絨町に前から興味があった」と話すシトロンに、いづみは「住み込みだから生活には困らないし、演劇の勉強もできる」と勧誘。

晴れてMANKAIカンパニーへの加入が決まりました。

続いていづみたちが声をかけたのは、天鵞絨町の物件を探していた茅ヶ崎至。

爽やかで物腰が柔らかいサラリーマンの至にいづみは「うちなら寮費と食費が無料」とアピールします。

田中泉

立て続けに春組メンバーが集まるのは、かなり幸先が良いですね。それにどちらもイケメン!

旗揚げ公演に向けた脚本の準備

メンバーも無事集まり、いづみたちは脚本について話し合うことに。

旗揚げ公演まで1ヶ月というスケジュールのために初代春組の演目をそのまま使おうとしていた支配人に対し、綴は自らが脚本の執筆を申し出ます。

田中泉

もともと綴は脚本家志望でしたね。自宅の本棚にも、演劇関連の本がたくさんあるようでした。

綴は1週間で脚本を書き上げることを約束し、他のメンバーは稽古を始めます。

1週間後、綴はなんとか初代春組も演じた「ロミオとジュリエット」をモチーフにした脚本「ロミオとジュリアス」を完成させるのでした。

田中泉

ジュリエットを男性に置き換えた「ロミオとジュリアス」、すごく面白そうな感じが脚本を読んだいづみたちのリアクションからも伝わってきました。観てみたい!

その夜、体調不良だと話す至の様子を見にきたいづみ。

部屋にいたのは、真っ暗な荒れた部屋で口汚くゲームをする至でした。

田中泉

あんなに爽やかな至はどこに?それに壁ドンでまさかの終わりとは驚きでした。

『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第2話まとめ

初対面の至は爽やかでスマートな佇まいでしたが、いづみが部屋で目撃したのはだらしない部屋着でゲームに没頭する至でした。

かなり口も悪く、荒々しい様子の至は本当に同一人物なのでしょうか?

メンバーも集まり、脚本もなんとか完成した春組ですが、まだまだ前途多難な様子

無事に旗揚げ公演を成功させ、MANKAIカンパニーを存続させることはできるのか気になります。

※『A3! SEASON SPRING & SUMMER』次回第3話も続けて読みたい方はこちら

アニメ『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第3話あらすじ・ネタバレ感想!スパルタ指導で春組の結束が強まる!